エルフーン - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

エルフーン 節を編集

No.547 タイプ:くさ/フェアリー
通常特性:いたずらごころ(使用する変化技の優先度が+1される。ただし悪タイプには変化技が無効になる。)
     すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)
隠れ特性:ようりょくそ(天気が「ひざしがつよい」の時に素早さが2倍になる)
体重  :6.6kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
草/妖HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
エルフーン6067857775116480いたずらごころ/すりぬけ/ようりょくそ
マシェード6045809010030405はっこう/ほうし/あめうけざら
カプ・ブルル70130115859575570グラスメイカー

ばつぐん(4倍)どく
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/ひこう/はがね
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/かくとう/じめん/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしドラゴン

珍しい複合タイプ「くさ×フェアリー」にして、最速のいたずらごころ使い。
草タイプではジュカインに次ぐ2位、フェアリータイプでは3位の素早さを誇る。
新たにマシェードカプ・ブルルが同族に加わったが、性質が大きく異なるため差別化の必要はない。

いわゆるやどみが戦法(やどりぎのタネ×みがわり)の代名詞として知られる。
これらの技を優先度つきで繰り出せ、耐久振りと先制やどみがを両立できるのが最大の魅力。
アンコールの習得やドラゴン・粉技無効耐性により、自身でやどみがの起点を作れる点も非常に優秀。
低耐久ゆえ無理な立ち回りはできず、みがわりとアンコールの択を生むなど不確定要素もあるが、
無対策の相手を一方的に削り取ることができる。

第七世代では天敵のファイアローが弱体化したものの、
アンコールが通用しないZワザの登場、毒タイプのメジャー化、悪タイプへのいたずらごころによる変化技が無効などマイナス要素が多い。
幸い悪タイプには一致弱点をつけるものの、無振りムーンフォース程度で牽制できる悪は限られる。
また、カプ・テテフのサイコフィールド下では、アンコールややどりぎのタネ等、相手を対象としたいたずらごころによる変化技が無効化されてしまう。
自身を対象とするみがわりやコットンガード等は問題なく先制で使えるが、それらが使えたところでカプ・テテフへの有効打は無く、フィールド効果を打ち消すこともできない。
フェアリーの選択肢が増加したことも逆風だが、役割が似通ったポケモンはおらず、やどみが戦法そのものの強力な性能も健在。
とはいえ見せ合い時点で警戒されカプ・テテフ等の対策要員を強く呼ぶので、逆にそれらに強く出られるポケモンを用意したいところ。

いたずらごころ弱体化により、すりぬけを活かしたアタッカー型や、
おいかぜ・おきみやげ等で後続の起点を作るサポート型も数を増やしつつある。

ガブリアスのメインウェポンを半減以下に抑えられるが、
前作以上にどくづきを持った個体が増加しており、安定した繰り出しはできない。
ムーンフォースでH4振りガブリアスを確1で落とすには、C特化で珠以上を持つ必要がある。
また、最速ガブリアスを追い越すためにはこちらもS上昇補正にする必要があり、C無補正ではメガネをかけないと一撃で倒せない。



技候補 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付き。耐久型で。
エナジーボール90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
くさむすび20~120(180)100-タイプ一致技。威力不安定。100.1kg以上ならエナジーボール超え。
ムーンフォース95(142)100特攻↓30%タイプ一致技。性能安定。
マジカルシャイン80(120)100-タイプ一致技。ダブルでは相手全体攻撃。
ぼうふう11070混乱30%対草・虫。雨やZクリスタルとあわせて。
サイコキネシス90100特防↓10%対毒。草/毒や炎/格闘にはぼうふうの方が高威力。
シャドーボール80100特防↓20%一貫性は高いが威力は低い。
とんぼがえり70100自分交代対草。攻撃しつつ撤退。
がむしゃら-100-削り技。ゴースト以外の相手に刺さる。
ふくろだたき-100-ダブル用。テラキオンのせいぎのこころの発動に。
変化技タイプ命中備考
アンコール100起点作りに。最速アンコールは強力かつ有名。
やどりぎのタネ90削り技。やどみが型の要。そうしょくやマジックガード、草には無効。
どくどく90削り技。草やそうしょくにも有効だが、毒や鋼・マジックガードには無効。
しびれごな75妨害技。みがわりと相性が良い。電気や草、そうしょくには無効。
いばる85妨害技。みがわりと相性が良い。物理アタッカー相手にはハイリスク。
ちょうはつ100補助技対策。撃たれる前に撃てれば強力。
おきみやげ100起点作りに。Zワザ化で後続のHP全回復。
すりかえ100こだわりアイテムや、くろいてっきゅう等とあわせて。
コットンガード-防御超強化。物理に滅法強くなる。
みがわり-やどみが型の要。いばるやしびれごな、アンコールとも相性が良い。
まもる-ターン稼ぎに。やどりぎのタネやたべのこしとあわせて。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
しんぴのまもり-サポート用。味方の状態異常を予防。
トリックルーム-サポート用。発動後も変化技は先制可能。
しぜんのちから-通常時はトライアタック。各種フィールド下で変化。
Zワザ化で高威力の先制技となる。詳細下記。
なやみのタネ100強特性持ちの相手や、ねむる持ちの相方に。
くさぶえ55命中難だが、そうしょくやぼうじん、草にも有効。
+  Zしぜんのちからについて

型考察 節を編集

起点作り兼任やどみが型 節を編集

特性:いたずらごころ
性格:ずぶといorおくびょう
努力値:H252 BorS252
持ち物:たべのこし
確定技:ムーンフォース/やどりぎのタネ/みがわり/アンコール

環境にいるエルフーンの主要構成。やどみがにより単体突破を図りながら、
状況に応じアンコールして落ち後続の起点作りを担うことができる。

有利な相手に後出しし、交代読みみがわりか居座り読みアンコールの二択を相手に迫り、択を制して起点化していく。
択を制していく必要が有るためトレーナーのスキルが問われる側面がある。
配分は耐久力重視のHBベースと、化身ボルトロス相手に先手身代わりができるS振りに大別される。

基本的な配分

おいかぜ脱出型 節を編集

特性:いたずらごころ
性格:おくびょう/ずぶとい
努力値:H252 S調整 余り耐久
持ち物:だっしゅつボタン
確定技:おいかぜ/ちょうはつorアンコール
選択技:おきみやげ/しびれごな/やどりぎのタネ/ムーンフォース/がむしゃら

いたずらごころによる先制おいかぜ→だっしゅつボタン発動で後続をサポートする型。
攻撃してこなさそうな補助型の相手はちょうはつをかける。アンコールも選択肢。

化身トルネロスファイアローでも似たようなことができることに注意。彼らは攻撃性能も高い。
電気半減の耐性を活かして後続をサポートするなど、バランスを考えて適任者を選びたい。

選択技について
基本的に再登場時に何をするかを見越して選ぶ。
おきみやげ3枠目の積みアタッカーへのサポート。
しびれごな相手スカーフアタッカーなどを止める手段。
やどりぎのタネ後続サポート。化身トルネロスやファイアローとの差別化にも。
がむしゃら削り手段。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:すりぬけ/いたずらごころ
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/きあいのタスキ
確定技:ムーンフォース/ギガドレインorエナジーボールorくさむすび
攻撃技:ぼうふう/サイコキネシス/シャドーボール/めざめるパワー(炎/岩)/とんぼがえり/がむしゃら
変化技:しぜんのちから/すりかえ/アンコール/おいかぜ/しびれごな/おきみやげ

ガブリアスのメイン技を半減以下にしつつ上から叩けるのが強み。
無補正C振り@メガネのムーンフォースの火力指数は27573と、無補正C振り@スカーフニンフィアのスキンハイパーボイス(26244)を僅かに上回る。
C特化@スカーフサーナイトのムーンフォース(27645)も同程度だが、素早さで劣る点には注意。

すりぬけ@メガネでムンフォ/エナボ/めざ岩/すりかえで使用しているが、
対面不利でも突っ張ってくるポケモンが多く遅いポケモンであれば奇襲で1体持っていく場面が多かった。
特に相手に身代わりがある場合はほぼ居座ってくるのですりぬけはかなり使い勝手が良かった。
めざパ岩はエルフーン対策に交代読みで出てくる特性すりぬけのオンバーンシャンデラクロバットには確2で
ファイアローは確1なので炎よりも岩を私は勧めたい。
しかしやはり火力はメガネを持たせて弱点を突けば何とか倒せるぐらいしかないので、後ろに全抜きアタッカーは必須。
フシギバナが重かったので、サイコキネシスの搭載もいいかもしれない。
↑めざ岩をサイキネにした型を使ってるが有用な場面は多い。
メガフシギバナなど毒を呼びまくるので交代読みサイキネが良く刺さる(H振りメガフシギバナは確2)。
しかし火力不足が目立ち、対面からの役割破壊には使えない(無振りメガゲンガーすら超低乱1)。
めざ炎も使ってたがハッサムはバレパンの関係で狩れず、
ナットレイもH振りを確2なのでこちらも交代読みくらいでしか使う場面はなかった。
どちらにしろサブ技で確1を取れることは稀なので、サブ技は交代読み前提でピンポイントに挿していく形になると思う。

壁張りサポート型 節を編集

特性:いたずらごころ
性格:おくびょう/ずぶとい
努力値:H252 S調整 余り耐久
持ち物:ひかりのねんど
確定技:ひかりのかべ/おきみやげ
選択技:ちょうはつ/アンコール/ムーンフォース

壁を張っておきみやげで退場。リフレクターは覚えない。
いたずらごころ持ちで両壁使いのニャオニクス♂クレッフィとは自主退場できる点で差別化可能。

【ダブル】サポート型 節を編集

特性:いたずらごころ
性格:おだやか/ずぶとい/おくびょう
努力値:H252 BorDorS252
持ち物:きあいのタスキ/たべのこし/オボンのみ/メンタルハーブ/あついいわ
攻撃技:がむしゃら/くさむすびorギガドレイン/ぼうふう/ムーンフォースorマジカルシャイン/ふくろだたき
選択技:アンコール/ちょうはつ/ひかりのかべ/まもる/うそなき/いばる/あまえる/おいかぜ/しんぴのまもり/にほんばれ/てだすけ/トリックルーム

いたずらごころを利用して豊富な補助技によるサポートを行う型。
出来ることが多いので具体的な役割を定めて運用したい。

ダブルのいたずらごころ枠にはねこだまし・両壁持ちのニャオニクス♂もいるが、
せいぎのこころテラキオンのパートナーとして非常に優秀なほか、
素早さ種族値が同特性の中で最も高く、先手で挑発を撃てることが優位な点と言える。

参考までに、
最速テラキオン(実値176)を抜くには補正ありで196振る必要があり、
準速テラキオン(実値160)を抜くには補正ありで84振り、補正無しで196振りする必要がある。

対エルフーン 節を編集

  • 注意すべき点
    特性「いたずらごころ」による優先度+1の補助技。
    やどみが、いばみが、コットンガード、壁張り等、様々な搦め手を安定して使える。
    下手に補助技などを使うと上からアンコールで固定されてしまうため要注意。
    加えてタイプも優秀で、粉技無効、メジャーなドラゴンタイプ無効と恵まれている。
  • 対策方法
    優先度+1で弱点の飛行技を撃て、かつエルフーンより素早いファイアローが有効。
    はやてのつばさこそ弱体化したが、それでも抑止力としては充分な効力を持つ。準速だと調整次第では先手を取られてしまう点には注意。
    第七世代から悪タイプにいたずらごころが無効になったので、素早いうえにタイプ一致で弱点を突ける悪タイプのマニューラ
    または素早くはないもののフェアリー等倍・草半減にできるガオガエンなども候補に挙げられる。
    サイコフィールドのほか、じょおうのいげんやビビッドボディも、自身や味方への先制変化技を無効化できるため有効である。
    ただし、これらはみがわりやおいかぜ等の技は無効化出来ないため完全な対策とは限らない。
    その他、毒技が4倍なので、メガフシギバナのような耐久系の毒タイプなら楽に相手を出来る。

    【やどみが型への対策】
    補助技を封じる(ちょうはつ、アンコール等)。
    やどりぎのタネを無効化(草タイプ、特性そうしょく・ヘドロえき・マジックミラー等)。
    みがわりを貫通(メガガルーラ、連続技、音技、特性すりぬけ等)。
    エルフーンより速い先制技(ファイアロー、しんそく等)。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
モンメンエルフーン
1-すいとる20100くさ特殊25
1*-ようせいのかぜ40100フェアリー特殊30*XY以降
41せいちょう--ノーマル変化40
81やどりぎのタネ-90くさ変化10
10-しびれごな-75くさ変化30
-10かぜおこし40100ひこう特殊35
131メガドレイン40100くさ特殊15
171わたほうし-100くさ特殊40
19-はっぱカッター5595くさ物理25
22-どくのこな-75どく変化35
26-ギガドレイン75100くさ特殊10
28-あまえる-100フェアリー変化20
-28おいかぜ--ひこう変化30
31-てだすけ--ノーマル変化20
35-エナジーボール90100くさ特殊10
37-コットンガード--くさ変化10
40-にほんばれ--ほのお変化5
44-がむしゃら-100ノーマル物理5
46-ソーラービーム120100くさ特殊10
-46ぼうふう11070ひこう特殊10
-50*ムーンフォース95100フェアリー特殊15*XY以降

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技56なげつける-100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技92トリックルーム--エスパー変化5
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技99マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20

タマゴ技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
アンコール-100ノーマル変化5
うそなき-100あく変化20
おきみやげ-100あく変化10
くさぶえ-55くさ変化15
くすぐる-100ノーマル変化20
すりかえ-100あく変化10
しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
なやみのタネ-100くさ変化10教え
ふくろだたき-100あく物理10
ゆうわく-100ノーマル特殊20

教え技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
ほしがる60100ノーマル物理25
タネばくだん80100くさ物理15
いびき50100ノーマル特殊15
はたきおとす65100あく物理20
ギガドレイン75100くさ特殊10Lv
おいかぜ--ひこう変化30Lv
なやみのタネ-100くさ変化10タマゴ
てだすけ--ノーマル変化20Lv
がむしゃら-100ノーマル物理5Lv
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝 節を編集

タマゴグループ植物 /妖精
孵化歩数5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件モンメン+たいようのいし

遺伝経路 節を編集

アンコールレベル技ピッピトゲチックプラスルマイナン
うそなきレベル技クチートプラスル(XY)・マイナンペロリーム系統
おきみやげレベル技ワタッコ系統
くさぶえレベル技キマワリ系統・ロゼリアユキノオー系統
くすぐるレベル技モジャンボ系統
すりかえレベル技マイナン
しぜんのめぐみレベル技ナゾノクサ・クサイハナタマタマメガニウム系統・キマワリ系統・ハスボートロピウスモジャンボ系統・キュワワー
なやみのタネレベル技フシギバナ系統・タマタマワタッコ系統・キマワリ系統・キノココチェリム系統
自力習得(ORAS教え技)
ふくろだたきリレー遺伝ヘルガー系統/ニューラ(Lv)/ドーブル(スケッチ)→タネボー
ゆうわくレベル技エネコ