カプ・テテフ(カプテテフ) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

カプ・テテフ(カプテテフ) 節を編集

No.786 タイプ:エスパー/フェアリー
通常特性:サイコメイカー(場に出た時かこの特性を得た時、フィールドがサイコフィールドになる。
                      地面にいるポケモンはエスパータイプの技の威力が1.5倍になり、先制技が無効化される。)
体重  :18.6kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
エスパー/フェアリーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カプ・テテフ70857513011595570サイコメイカー
サイコ下超技(無振り)137205
サイコ下超技(全振り)153221
サーナイト68656512511580518シンクロ/トレース/テレパシー
メガサーナイト688565165135100618フェアリースキン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ゴースト/はがね/どく
いまひとつ(1/2)エスパー
いまひとつ(1/4)かくとう
こうかなしドラゴン

アローラの守り神の一柱にして、「エスパー×フェアリー」複合タイプの一角。
特性「サイコメイカー」による超火力・先制技無効という絶大なアドバンテージにより、現レーティング環境においてシングル・ダブルともにトップメタに君臨するポケモン。
メインのエスパー技と補完に優れるフェアリー複合、有用なサブウェポンの習得もあって汎用性が高く、相性のよい持ち物も多岐に渡る。
とりわけこだわりスカーフとのシナジーは凶悪で、先制技による追随を許さず広大な範囲を縛ることができ、エスパーの一貫するポケモンや紙耐久のアタッカーで固めたパーティーはそれだけでこのポケモンに全抜きされる危険性を孕み、第7世代における特殊アタッカーの代表であることに疑いの余地はない。

カプ・テテフ本体の強力さもさることながら、サイコフィールドの先制技無効効果も多大な支配力を持つ要素。
マリルリクチートハッサムといった先制技がメインウェポンの重火力アタッカー、特性「いたずらごころ」持ちのサポーターはいずれもサイコフィールド下では機能不全に陥るため、第6世代以前と比べて非常に動きにくくなった。
ダブルにおいてもねこだましの信頼性が低下しており、プレイングの定石にも変化が現れている。
反面、従来先制技で縛られがちだったバシャーモパルシェンはその弱点を克服する形となり使い勝手が向上。
この環境の変化はそのまま採用率の変動に反映されており、このポケモンの甚大な影響力が伺えるところ。
先制技で落とせなくなった高速アタッカーを仕留めるためにこだわりスカーフの採用率も上昇、中にはゲッコウガのように元から非常に速いポケモンがスカーフを持つケースも生まれており、素早さインフレの一因を担っていると言える。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

サイコメイカー
場に出た時か、スキルスワップ等でこの特性を得た時、場の状態をサイコフィールドにする。
この特性を得た時、場がすでにサイコフィールドだった場合、上書き(ターンのリセット)はされない。

サイコフィールドの効果 節を編集

  1. エスパー技のダメージ1.5倍
    地面にいるポケモンが使うエスパー技のダメージが1.5倍になる。
    特化サイコキネシスの威力は持ち物無しでも特化こだわりメガネラティオスと同威力禁止伝説を除きエスパータイプとしては最高峰の火力を持つ。
    相手にメガフーディンメガメタグロスエーフィ辺りがいる場合は気を付けたい。
  2. 先制技無効
    「(使用者から見て)相手を対象とする優先度+1以上の技」を無効化する。
    まもるやマジックコート等、「自身を対象とする優先度+1以上の技」は使用可能。
    特性により優先度が付加された技も対象になり、はやてのつばさいたずらごころヒーリングシフト等にも効果は及ぶ。
    本来の弱点であるかげうち・バレットパンチを気にせず上から攻撃でき、低めの物理耐久を擬似的に補える。
    先制技に弱いポケモンの強化にも使える。特にメガフーディンエスパー技も強化されるため非常に強力。ただし弱点が被る。
    こちらにも影響するため先制技持ちを入れている場合には注意。
    • なお、先制技を使えなく(選べなく)するのではなく接地しているポケモンに先制技耐性を付与する効果である。
      ゆえに使用は可能で、そのタイミングで相手が浮いているポケモンに交換していればそのまま当たる。
      浮いているポケモンへの交換読み先制技、という行動も不可能ではない。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果備考
サイコキネシス90(135)100特防↓10%タイプ一致技。サイコフィールド下では威力202の超火力。
威力100以下の抜群サブウェポンより等倍サイコキネシスのほうが強い。
サイコショック80(120)100ダメージ
防御依存
特殊受け対策。サイコキネシスとの両立もありで、疑似両刀にできる。
サイコフィールド下ではC特化で無補正B振りラッキーを高乱2。
ムーンフォース95(142)100特攻↓30%タイプ一致技。エスパー技との補完に優れ、鋼以外には等倍以上をとれる。
マジカルシャイン80(120)100--タイプ一致技。ダブルでの相手全体攻撃に。シングルでは不要。
きあいだま12070特防↓10%対鋼。一致技との補完に優れる。高威力・命中難。
カクトウZで必中になり鋼を強引に突破可能に。
シャドーボール80100特防↓20%対エスパー。鋼に通るのでギルガルドメタグロスにも。
フェアリー技とあわせて全18タイプに等倍以上。
10まんボルト90100麻痺10%水・飛行に抜群、鋼に等倍と広範囲。
通常ギャラドステッカグヤエアームドに。
かみなり11070麻痺30%10まんボルトと選択。高威力・命中難。
サイコフィールド下でも抜群かみなり>等倍サイコキネシス。
くさむすび20~120100--スイクンバンギラスカバルドン。草4倍の相手にも。
めざめるパワー--60100--4倍ピンポイント。対ハッサムナットレイの炎が最有力。
しぜんのいかり--90--優秀な削り技。一貫性が高く、交代読みで撃ちやすい。
カプ・テテフは普通に攻撃した方がダメージが大きいことが多く、優先度は低い。
変化技タイプ命中備考
ひかりのかべ--サポート用。特殊耐久を強化。
リフレクター--サポート用。物理耐久を強化。
めいそう--特攻・特防を補強。
ちょうはつ100補助技対策。素早さは高めなので使いやすい。
スキルスワップ--主にダブル用。フィールドを奪い返し、相手の強特性を得る。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
マキシマムサイブレイカーサイコキネシス175(262)最大火力。サイコフィール下C特化で無振りバシャーモをまもる貫通で確1。
サイコショック160(240)サイコショック単採用の場合に。特殊と物理のスイッチ。
ラブリースターインパクトムーンフォース175(262)C特化でH振りバンギラスを砂補正込みで確1。
マジカルシャイン160(240)ダブル用。全体攻撃と単体攻撃のスイッチ。
ガーディアン・デ・アローラしぜんのいかり-カプ系の専用Zワザ。最強クラスの役割破壊技だが編成を見抜きかつ交代読みが必須であるため上級者にしか扱えない。
ぜんりょくむそうげきれつけんきあいだま190必中。鋼に対する強力な役割破壊。
むげんあんやへのいざないシャドーボール160無補正C振りで無振りカプ・テテフを確1。メタグロスへの交代読みやギルガルドへも。
スパーキングギガボルト10まんボルト175C特化でH振りテッカグヤを確1。対エアームドギャラドスならZワザにする価値は薄い。
ブルームシャインエクストラエナジーボール175C特化でH振りスイクンを中乱1。

技に関する雑談

4倍めざパ(威力240)=2倍きあいだま>等倍サイコキネシス(202)>> 2倍めざパ(120=等倍きあいだま≒半減サイコキネシス(101)
めざパ炎はハッサムピンポイント。耐久に振ってるナットレイは一撃では落とせない。
↑それは耐久を振ってなければ落とせるってことでしょ? メガネなんか持たせれば半端な耐久振りじゃ貫通だしピンポイントとまではいかない。
↑耐久に全く振ってないナットレイなんて見た事無いし所詮威力60に過ぎないめざパなんて4倍弱点ピンポイントのサブウェポンなんだが…過信し過ぎじゃないか?2倍相手ならきあいだまや他のサブウェポンで抜群突いた方がダメージ出るぞ。
めざパ地はだれに撃つんだ?ヒードランはきあいだまでいいぞ。
シャドーボールは特にH振りギルガルドやメタグロスに撃つ場合はめざパと比較するといずれも確定数が変わってくる。
めざパ必須だと思うが?ハッサムとか呼ぶしきあいだまは命中不安だからな。
きあいだまは命中不安だが、ヒードランとナットレイの両方に刺さる強みがある。パーティのバランス次第ではめざパ炎は必要になり得るが、メインサブ共に充実しており必須とまでは言えない。受け出しメガハッサムはメガネサイコキネシスで確定2発。
めざパないカプテテフはかなり使いにくい。ハッサム等の鋼を呼ぶ呼ぶ。めざパは必須技。逆に命中不安定なきあいだまは優先度低。ハッサムにも等倍。
↑ハッサムを呼ぶのは分かるけどハッサム以外に有効な相手があまりいない気がする。レートシーズン1なら解禁ポケモンの絶対数が少ないからハッサムもまあ会うけどバンク解禁すればさらにハッサムは減るわけだから、めざパは有効ではあるけど必須とは言えないと思う。
単純に鋼対策をしたいならきあいだまで十分どころか素の威力が高いこっちの方がサブウェポンとして応用が利く。逆に素の威力が低いめざパは4倍弱点を突いて初めて有効なサブウェポンという事を忘れない方がよい。そもそもハッサム対策と鋼全般への対策がハッキリ言って別物な時点で必須とまではいかないし、炎と闘では同じ鋼タイプでも刺さる相手が違うのだからそれこそパーティや他のサブウェポンや仮想敵に応じて“選択”すればOK 。
エナジーボールが各型の選択技に入ってるけどエナジーボール撃つ相手って誰?抜群エナジーボールより等倍サイコキネシスの方が威力出るし居なくね?
↑ラグラージとかヌオーの4倍だろうな。
↑↑エスパー・フェアリーとの相性補完になり仮想敵が明確なシャドーボールのような例外はあるけど、2倍で等倍サイコキネシスの威力を超えられるきあいだまやかみなり以外は基本的に4倍狙いかな。

型考察 節を編集

スカーフアタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:特攻252 素早さ調整 残りHP
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:サイコキネシスorサイコショック(両立もあり)/ムーンフォース
選択技:きあいだま/10まんボルト/エナジーボール/しぜんのいかり/シャドーボール/めざめるパワー(炎)

特性による先制技封じとこだわりスカーフにより、多くの相手より先に行動し、フィールドの恩恵を受けた高火力で上から叩く型。
PGL統計より一番多く持たれているアイテム。
特殊耐久がまずまず高く、場合によっては特殊アタッカーへ後出しもできる器用さを持つ。
一方で物理耐久は低めなので、物理への受け出しは危険。
もっとも、補正無しA振りガブリアスのどくづきやじしん程度は確定で耐える。

カプ系の中では珍しく技範囲が広く、メインウェポンのエスパーと相性補完に優れるフェアリーの複合タイプに加え、
エスパー・フェアリーがとまる鋼もきあいだまで突破できる(ただし命中難)。
それに加えてほかにも優秀なサブウェポンが多く揃っている。
4倍弱点を突けるケースや命中安定という点ではめざめるパワーも有効だが、
一部の仮想敵を除けば多くの場合でめざめるパワーはきあいだまで代用できることに加え、
半減のサイコキネシスと2倍弱点のめざめるパワーでは威力は20程度しか違わないため、
確定数に影響するケースは少なく、めざめるパワーは選択技まで優先度を下げている。

性格・素早さ調整について
性格はどちらも一長一短。
ひかえめは火力補強ができ、これにより確定数が変わるパターンも少なからず存在する。
おくびょうは下記の通りひかえめでは抜けないポケモンも抜けるようになる。

【ひかえめ】
努力値素早さ目安
252(準速)Sランク+1最速ギャラドスカイリューバシャーモ抜き
180最速135族(メガミミロップメガライボルト:実数値205)抜き。スカーフ最速70族も抜ける
メガミミロップ、メガライボルト共に耐久無振りならフィールドサイコキネシスで確1
148130族抜き。メガゲンガーがいる130族抜き(148振り)はほぼ必須
【おくびょう】
努力値素早さ目安
252(最速)準速108族スカーフ抜き。準速+2パルシェン(素早さ実値244)は最速でも抜けない
212無補正スカーフガブリアス抜き抜き。スカーフガブリアスを意識したスカーフ持ちの後出し意識
196準速+1メガバシャーモ抜き。
耐久に厚く振らないとまもる→フレアドライブで倒されるため、メガバシャーモを強く意識するなら

特殊アタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:特攻252 HP252or素早さ252
持ち物:こだわりメガネ/きあいのタスキ/各種Zクリスタル/いのちのたま
確定技:サイコキネシスorサイコショック(両立もあり)/ムーンフォース
選択技:きあいだま/10まんボルト/エナジーボール/しぜんのいかり/シャドーボール/めざめるパワー(炎/地)

こだわりスカーフを持たず素の素早さで殴り合う純粋な特殊アタッカー。
素早さは95と速い方なのでこちらも充分強力。

こだわりメガネならそのエスパー技は圧倒的な火力で、半減タイプですら多くは確2以内におさまる。
そのため交代が読めても後続に強くプレッシャーをかけていくことができ、不利対面でも悪タイプやエスパー1/4以外でカプ・テテフより素早さが低いポケモンは一切受け出しができなくなる。
半減で確3で受けきるためにはH振りギルガルドクレセリア級の耐久力が必要で、H振りジバコイル程度では到底受けきれない。
等倍であれば特殊受け特化ポリゴン2クラスの耐久力でも受け出しした場合は超高乱2で一方的に落とされ、H252振りガブリアス程度は確一。
相手の方が速い場合であっても、ようきガブリアスのどくづき程度は確定で耐えるため、返しのサイコキネシスで逆に倒してしまえる。

火力優先ならメガネだが、技の撃ち分けを重視するならいのちのたまやZクリスタルもあり。
きあいだまの命中補佐としてカクトウZ、一度きりだがメガネ以上の火力を出しつつ技の撃ち分けをする目的でエスパーZ、その他特定の敵ピンポイントでデンキZやゴーストZなどが候補。
また、カプZもありだが、素の火力が高いためあまり活きる機会はない。

チョッキアタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:特攻252 耐久および素早さ調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:サイコキネシスorサイコショック(両採用可)/ムーンフォース
選択技:きあいだま/10まんボルト/エナジーボール/しぜんのいかり/シャドーボール/めざめるパワー炎

攻守共に広い等倍範囲を活かした型。
こだわりアイテムと違い技を撃ち分けられ、エスパー・フェアリー(格闘)で多くのポケモンに等倍以上を取れる。
また耐性も少ないが弱点も少なく、元々高めの特殊耐久をとつげきチョッキでさらに増すことで低~中火力特殊への受け出しが可能。
多少Hに振るとはいえ物理耐久はお察しのため両刀型(特に弱点技が)が考えられる相手には注意が必要。

上にもあるが素早さは準速でちょうど最速81族抜き。
Sに振らないならばH92D164振りで特殊最硬。特定の相手からの役割破壊やとんぼがえり(特にカプ・コケコの)を意識するならHに多く振るのも有効。
おくびょうS196振りで最速86族(FCロトムなど)や準速100族(メガガルーラ)抜きとなる。
最速スイクンや準速ウルガモスサンダーなども抜ける。
他、ひかえめS96振りで最速バンギラスを抜くなど。


対カプ・テテフ 節を編集

  • 注意すべき点
    高い特攻に加え特性により大きく強化されるサイコキネシスやサイコショックが脅威。
    エスパー技が通らない悪もフェアリー技で落とされ、エスパー・フェアリーが通らない鋼にはきあいだまがある。
    持ち物の選択肢も多岐に渡り、持ち物の推察ミスが敗北に直結することもある。
    その技範囲と攻撃火力、並以上の素早さと先制技封じから攻撃面ではほぼ隙がない。
    防御面も一致等倍や不一致弱点程度は耐えられるうえ、先制技やドラゴン技には無償降臨可能。
    参考として無振りでもいじっぱりガブリアスのじしんをギリギリ確定耐え。
  • 対策方法
    メインウェポンを半減でき、弱点を突いていける鋼は有利。
    だがサブでめざパ炎を持っている事があるので、鋼であってもDが低いか炎4倍だと厳しい事が。
    その他フィールドを張り替える技や特性を持つポケモンで強みであるフィールドを無効化できる。
    物理耐久は低めなので、物理アタッカーだと等倍でもかなり削れて突破しやすい。
メガメタグロス
エスパー1/4、フェアリー半減、きあいだま等倍。一致鋼技で弱点を突けるがシャドーボールには注意。
マフォクシー
エスパー・フェアリー・きあいだま・めざパ炎半減。もうか一致等倍か不一致抜群が関の山で特殊の撃ち合いになるため火力は不足気味だが、マジカルフレイムにより機能停止も。シャドーボールに注意。
アローラベトベトン
エスパー無効かつめざパ以外で弱点を突かれず、高特殊耐久、高物理火力を持つため有利。
パルシェン
きあいのタスキを持たせ準速にすることで死に出しから安全に起点にできる上にフィールド効果を逆利用できる。
ギルガルド
エスパー・フェアリー半減、きあいだま無効。ただしシャドーボール持ちも多く、こだわりメガネ持ちも考慮すると後出しは不安定。
特殊型はたつじんのおび以上を持たせてラスターカノンかシャドーボールで確1。物理型なら持ち物なしでもアイアンヘッドかシャドークローで確1。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1サイコフィールド--エスパー変化10
1アロマミスト--フェアリー変化20
1アロマセラピー--くさ変化5
1くろいまなざし--ノーマル変化5
1ドレインキッス50100フェアリー特殊10
1おどろかす30100ゴースト物理15
1からにこもる--みず変化40
1ねんりき50100エスパー特殊25
8サイコウェーブ-100エスパー特殊15
14サイケこうせん65100エスパー特殊20
20あまいかおり-100ノーマル変化20
26スキルスワップ--エスパー変化10
32サイコショック80100エスパー特殊10
38くすぐる-100ノーマル変化20
43しぜんのいかり-90フェアリー特殊10
48じんつうりき80100エスパー特殊20
53おだてる-100あく変化15
58ムーンフォース95100フェアリー特殊15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技03サイコショック80100エスパー特殊10
技04めいそう--エスパー変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技33リフレクター--エスパー変化20
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技56なげつける-100あく物理10
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技99マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明