カミツルギ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

カミツルギ 節を編集

No.798 タイプ:くさ/はがね
特性:ビーストブースト(相手を倒す毎に自分の最も高い能力値が上昇する)
体重:0.1kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
高速物理鋼HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カミツルギ591811315931109570ビーストブースト
アイアント
(はりきり全振り)
58109
(189)
1124848109484
(564)
むしのしらせ/はりきり/なまけ

ばつぐん(4倍)ほのお
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)ノーマル/みず/でんき/エスパー/いわ/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしどく

数少ない「くさ×はがね」複合タイプのウルトラビースト。
耐久型配分のナットレイとは異なり、181もの攻撃と109という素早さを誇る純然たる速攻アタッカー。
特に攻撃はメガシンカや禁止伝説を含めても全ポケモン中3位という驚異的な値である。
単純比較はしがたいが、はりきりアイアントをそのまま種族値に起こしたような配分で、アイアントのように命中率の心配をしなくて済むのは大きい。
さらにウルトラビーストの特権として「ビーストブースト」による抜き性能も備え、刺さるパーティには滅法刺さり全抜きも狙えるポケモン。
タイプの関係から相性のよい相方が多く、特にWCSルールにおけるカプ・レヒレ、カミツルギ・ウインディの並びは有名。

ただし、高いA種族値の代償か、覚える技が全体的に低威力である。
一致技はリーフブレード・スマートホーン止まりであり、半減されやすい事もあって数値ほどの圧倒的な攻撃性能はない。
広く撃ち合いを任せるより、明確な役割対象を想定した上での運用が好ましいだろう。
なお、低威力をカバーできるZワザとの相性が非常によく、「ビーストブースト」発動のサポートを兼ねることも可能である。

物理耐久はガブリアス程度とそれなりに硬く、優秀な耐性も相俟って物理アタッカーに対する一定の流し性能を確保している。
その一方で特殊耐久はパルシェン以下と極端な紙耐久。
半減であっても一致のメインウェポンで確2~乱1をとられてしまう具合であり、C200カプ・テテフのフィールド込みサイコキネシスクラスになると確1になってしまう。
Aは振り切らなくても充分な値を確保できるため、これらの攻撃を耐える程度までDに割く調整も一考。
なお4倍弱点となるほのお技には極端に弱く、無振りだとC実数値74の不一致めざめるパワー程度でも耐えられないため注意が必要。
一致だいもんじやかえんほうしゃともなればどれだけ振っても無理で、カミツルギ側もほのおタイプの弱点を突く術を持たない。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ビーストブーストについて
場にいる他のポケモンを倒す度に、自分の能力の中で最も高い値のものが1段階上昇する。
ダブルバトルの場合、味方を倒すことでも発動する。
ビーストブーストの効果は種族値の関係上、半自動的に攻撃上昇が決定づけられてしまっている。
しかし、性格おくびょう、A個体値21以下の無振り、S最速という特殊な調整を施すことで素早さアップさせることが可能。
現状カミツルギのSを上げる積み技がZ含めても皆無なのでスカーフ以外で自力で110族以上に先手を取りたい時はこの状態で相手を倒すしかない。
PGL統計により、シングルではおくびょうの個体が5%程存在している。
もちろん、下記のHS基本型より更に火力が落ちるため明確な仮想敵がいなければ本末転倒でしかない。(型はノートにあります。)
また、防御を上げることも可能だが、特防が低すぎて役割破壊されやすいので推奨できない。
環境にいるのはほぼようきといじっぱりであり、結局のところ順当に攻撃を上げるのが一番使いやすい。
USUMにておいかぜを習得したため、これもS上昇技を覚えられたと言えるだろう。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
リーフブレード90(135)100急所ランク+1タイプ一致技。クサZで威力175。
はっぱカッター55(82)95急所ランク+1タイプ一致技だが火力不足。
非接触且つ複数攻撃のため、ダブルで削り・トドメに。
スマートホーン70(105)必中タイプ一致技。必中のため、害悪にある程度強く出られる。
せいなるつるぎ90100能力変化無視対鋼。相手の回避率、B上昇を無視できる。
かわらわり75100壁破壊対鋼。威力は落ちるが壁構築に強くなる。
はたきおとす65100持ち物消失+威力増エスパー・ゴーストに抜群、鋼にも等倍。ギルガルドメタグロスに。
つじぎり70100急所ランク+1アクZや、おいかぜをZワザ化して使うなら。
サイコカッター70100急所ランク+1対毒。フシギバナ等に。
つばめがえし60必中虫/格闘やキノガッサに。
シザークロス80100対草。一致技と半減範囲が被る。
ギガインパクト15090行動不可最高火力。急所ランク込みでも期待値はリーフブレードを上回る。
おんがえし102100等倍範囲は広い。一致技半減の炎にも通る。
ハサミギロチン-30一撃必殺どうしようもない相手に。不利対面突破からブースト発動で全抜きも。
ギガインパクトより威力は下がるがZワザとしても使用可能。
ゴーストやがんじょうには効果無し。
特殊技タイプ威力命中効果解説
しんくうは40100優先度+1唯一の先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中解説
こうごうせい-回復技。使う余裕はあまり無い。
つるぎのまい-攻撃を強化。積めれば超火力。
おいかぜ-一時的に素早さ倍増。後続の手助けにも。
どくどく90交代読みで。
みがわり-状態異常対策に。

Zワザ考察 節を編集

解説欄は無補正A振りでの火力目安。

Zワザ元にする技威力(効果)解説
ブルームシャインエクストラリーフブレード175(262)B特化カバルドンを確1。
ちょうぜつらせんれんげきスマートホーン140(210)H振りヌメルゴンを確1。
ぜんりょくむそうげきれつけんせいなるつるぎ175B特化ナットレイを超低乱1。
ブラックホールイクリプスつじぎり140H振りAガラガラを確1。
ぜったいほしょくかいてんざんシザークロス160H振りエーフィをリフレクター込みで確1。※つじぎりだと低乱1。
マキシマムサイブレイカーサイコカッター140H振りメガフシギバナを中乱1。
ファイナルダイブクラッシュつばめがえし120B特化マッシブーンを中乱1。
Zおいかぜおいかぜ急所ランク
2段階上昇
素早さを上げつつ、リーフブレードやつじぎりが必ず急所に当たるようになる。
ウルトラダッシュアタックギガインパクト200無振りメガリザードンXを低乱1。無振りメガリザードンY、4振り霊獣ボルトロスを確1。
ハサミギロチン180ギガインパクトと比べZワザおよび死に際の一発以外にも手を残せる。
A振りの場合メガリザードンY、霊獣ボルトロスは依然確1を取れるが、耐久に回した場合は威力低下が響く
(無振りでそれぞれ中乱数1、高乱数1)。

型考察 節を編集

AS基本型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:ようき
努力値:ASベース
持ち物:きあいのタスキ/各種Zクリスタル/ラムのみ/いのちのたま/こだわりハチマキ
確定技:リーフブレード/せいなるつるぎ
選択攻撃技:スマートホーン/はたきおとすorつじぎり/シザークロス/つばめがえし/サイコカッター/ハサミギロチン/ギガインパクト
選択変化技:つるぎのまい/みがわり/どくどく/こうごうせい/おいかぜ

超火力の代名詞となるA特化こだわりハチマキカプ・ブルルのウッドハンマーは無振りでも確3。こちらからはA全振りいのちのたまスマートホーンで確1。
また、A213 Zリーフブレードで無振りガブリアス確1、A218+つるぎのまいZリーフブレードでB特化クレセリア確1、非接触なのでさめはだもゴツゴツメットも無効。
仮想敵を設定し確定数が変わらない場合は多少HDに回すのはアリ。
大きく振る場合は下のHS振りになるため、こちらは軽い調整程度。

下には108族やカイリキー含むこだわりスカーフ持ち最速55族が控えている。

つじぎりはアクZを持たせた場合用。Zはたきおとす(120)よりZつじぎり(140)が強い。

HS基本型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:ようき
努力値:S252 HD調整
持ち物:ラムのみ/こだわりハチマキ/各種Zクリスタル/とつげきチョッキ
確定技:リーフブレード/せいなるつるぎ
選択攻撃技:スマートホーン/はたきおとすorつじぎり/シザークロス/つばめがえし/ハサミギロチン/ギガインパクト
選択変化技:つるぎのまい/みがわり/どくどく/こうごうせい/おいかぜ

A振りと無振りで確定数の変わらない相手やこだわりスカーフ持ち、交代際などを考えて一撃受けられるようにする。

H252B4を基準に物理耐久を考えるとH196B60振りのH=B=159で物理に対して最も硬くなる。
無振りでもB実数値151なので、H152(140振り)未満でBに振るのは悪手。
ただ、4振りは努力値効率的にアリ?
一方で、ダメージ計算式の関係上、Bに降っても乱数が変わらない場合もあり、特殊耐久も考えH>Bが基本。

同じ耐久調整が複数可能な場合は、必要努力値の小さい方を載せている。

物理耐久調整

努力値(実数値)仮想敵・確定数備考
H196 B28(H159 B155)ガブリアスのじしん確3、特化カイリューのハチマキげきりん確3、カイリキーのばくれつパンチ確2
H180 B 4(H157 B152)特化マリルリのばかぢから確2、特化メガガルーラのアームハンマー確2、特化ローブシンのマッハパンチ確3
H180 B 4(H157 B152)特化ファイアローのブレイブバード 確3
H164 B 4(H155 B152)特化ヘラクロスのA+1メガホーン確2
H140 B 4(H152 B152)B振り開始ライン
H 36 B 4(H139 B152)特化メガボーマンダのすてみタックル確2

総じて不一致格闘や一致等倍は耐えられるが、高火力の一致格闘は基本的に耐えられない。

特殊耐久は最低クラスだが、耐性は優秀なのでH4D100まで振ればカプ・コケコのいのちのたま10まんボルトを確2、
H4D124でC特化カプ・テテフのサイコキネシスを確2。
このようにD耐久だけでよいなら必要努力値が少なく済み、Aに回す余裕ができることもある。
以下にH252D4を始めとする特殊耐久に傾倒したパターンを示していく。

特殊耐久 調整ライン 努力値(実数値)と確2にできるもの

努力値(実数値)仮想敵・確定数備考
H244 D 12(H165 D53)カプ・コケコのいのちのたま10まんボルト[2]、アブリボンのむしのさざめき
H212 D 36(H161 D56)特化カプ・テテフのサイコキネシス[3]、特化ジバコイルのメガネ10まんボルト
H196 D 60(H159 D60)ウツロイドのC1↑いのちのたまパワージェム
H180 D 76(H157 D61)特化ニンフィアのメガネハイパーボイス[4]
H156 D100(H154 D64)アローラキュウコンのふぶき
H140 D108(H152 D62)このH未満でのD振りは無駄が多く、Hに振るべき
H116 D140(H149 D69)C4メガゲンガーのシャドーボール
H 68 D188(H143 D75)特化アシレーヌのメガネハイドロポンプ
H 4 D252(H135 D83)特殊最硬振り

スカーフ型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:いじっぱり/ようき
努力値:耐久または素早さ調整、残りA
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:リーフブレード/せいなるつるぎ/スマートホーン
選択技:はたきおとすorつじぎり/サイコカッター/ハサミギロチン

こだわりスカーフや積み技(Z変化技含む)を使う低~中速、高速特殊アタッカーに対して強気に出られる。
準速でも最速95相当で警戒したい相手には概ね勝てるため基本的にはいじっぱり推奨。
準速からをやぶるパルシェンや最速カプ・テテフを確実に抜きたい場合はようきを選択。
要所での死に出しや突っ張りから全抜きを狙うので、基本型で動き方を覚えてからの方が立ち回りやすいだろう。

耐久調整はHS基本型を参照。また選択技ははたきおとすが無難か。
サイコカッターはマッシブーンへの有効打になるが、ゲンガー以外のゴースト複合に弱くなる。

おいかぜ急所型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:いじっぱり/ようき
努力値:耐久または素早さ調整、残りA
持ち物:ヒコウZ
確定技:リーフブレード/おいかぜ
選択技:せいなるつるぎ/スマートホーン/つじぎり/サイコカッター/つばめがえし/みがわり

Zおいかぜからリーフブレードの必中急所で攻める。
防御力を上げてくる相手や、いかく持ちに対して強いのが特徴。
キングシールドも恐れなくて済む。
ビーストブースト発動と絡めて全抜きも狙える。

【ダブル】物理アタッカー型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:ようき/いじっぱり(スカーフ)
努力値:ASorHS252ベース
持ち物:きあいのタスキ/各種Zクリスタル/いのちのたま/こだわりハチマキ/とつげきチョッキ/各種シード
確定技:リーフブレード
優先技:せいなるつるぎ/スマートホーン
選択攻撃技:はたきおとすorつじぎり/はっぱカッター/シザークロス/つばめがえし/サイコカッター/ハサミギロチン/ギガインパクト
選択攻撃技:みきりorまもる/つるぎのまい/みがわり/どくどく/おいかぜ

基本はシングルバトルと同じだが、より特殊技で狙われやすい上、全体技のはっぱカッターの威力が55しかないので慎重に扱いたい。
フィールド展開を行うカプ系がシングル以上に選出されるため、スマートホーンの優先順位は高め。


対カミツルギ 節を編集

注意すべき点
半減こそ多いが無効化されない優秀な技範囲から放つ超火力のZワザ、S109という絶妙な素早さと高い物理耐久。
トップメタであるカプ・テテフを筆頭に中速以下の多いフェアリーや、水/地面にとってもかなりの難敵。
威力は控えめだがその分命中率の高い技が多いため、有利な相手に確実に役割を遂行しにくる。
特に必中鋼技のスマートホーンのよりピクシーにハメを許さない。
全ポケモン中でも屈指の攻撃力から放たれるZワザを受けきることは難しく、つるぎのまいを積まれたりビーストブーストが発動したりすると手が付けられなくなる。
きあいのタスキやこだわりスカーフ持ちも相当数いるので時には熾烈な読み合いを強いられる事も。
耐性の多さを活かしとつげきチョッキを持たせた耐久調整なども存在するので単純な高速物理と侮ると痛い目を見る。
対策方法
炎タイプ
タイプ相性上炎タイプは天敵。炎技で4倍弱点を突け、カミツルギ側は炎の弱点を突けない。
特殊アタッカーで先制する
防御は高いが特防は極端に低く、特殊技なら一致等倍やめざパでも致命傷を与えられるため、炎タイプでなくても高速特殊アタッカーなら対処できる。
S110以上のポケモンや、こだわりスカーフを持たせるとよい。
効率的な対策方法として、起点にされそうなポケモン(圧倒的不利な単草タイプなど)にめざめるパワー炎などを仕込むのも有用。
特殊耐久が乏しいわりにきあいのタスキはPGL統計では所持率10%程度[1]であり、Zクリスタルや火力強化アイテムを持つことも多い。
耐久調整やきあいのタスキ持ちでも大ダメージを与えられ、調整がない・他のアイテムを持っている場合はそのまま倒すことができる。
一般的なASカミツルギをめざパ炎で確1するのに必要なC実数値は74でよく、これは無補正無振りピッピ(C種族値60)のC実数値80よりも少ない。
対策として採用するなら概ねほとんどのポケモンが条件を満たせる。
逆に言えばこれらの有利対面を作れるポケモンを抑えられてしまうと途端に対策難易度が跳ね上がる。相手のパーティ単位で対策する事が重要。
ガブリアスカプ・コケコマンムーポリゴン2など相性のよい相方が多いため、半端な対策では役割集中で突破されかねない。
単に弱点を突くだけでなく、タイプ相性上基本的に優位に立てるボーマンダテッカグヤでこちらも圧力をかけていきたい所。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1せいなるつるぎ90100かくとう物理15
1きりばらい--ひこう変化15
1しんくうは40100かくとう特殊30
1エアカッター6095ひこう特殊25
1れんぞくぎり4095むし物理20
1いあいぎり5095ノーマル物理30
7みねうち40100ノーマル物理40
13はっぱカッター5595くさ物理25
19こうごうせい--くさ変化5
23つばめがえし60-ひこう物理20
29とぎすます--ノーマル変化30
31つじぎり70100あく物理15
37つるぎのまい--ノーマル変化20
43リーフブレード90100くさ物理15
47シザークロス80100むし物理15
53みきり--かくとう変化5
59エアスラッシュ7595ひこう特殊15
67サイコカッター70100エスパー物理20
73ハサミギロチン-30ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技54みねうち40100ノーマル物理40
技67スマートホーン70-はがね物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技81シザークロス80100むし物理15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明


[1] 2017年5月現在
[2] エレキフィールド込
[3] サイコフィールド込
[4] フェアリースキン込