カミツルギ - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

カミツルギ 節を編集

No.798 タイプ:くさ/はがね
特性:ビーストブースト(相手を倒す毎に自分の最も高い能力値が上昇する)
体重:0.1kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
高速物理鋼HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カミツルギ591811315931109570ビーストブースト
アイアント(はりきり)581891124848109(564)むしのしらせ/はりきり/なまけ

ばつぐん(4倍)ほのお
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)ノーマル/みず/でんき/エスパー/いわ/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしどく

数少ない「くさ×はがね」複合タイプのウルトラビースト。
耐久型配分のナットレイとは異なり、181ものAを誇る純然たる高火力アタッカー。
メガシンカや禁止伝説を含めても全ポケモン中3位という驚異的な値である。
単純比較はしがたいが、はりきりアイアントをそのまま種族値に起こしたような配分で、アイアントのように命中率の心配をしなくて済むのは大きい。
さらにウルトラビーストの特権としてビーストブーストによる抜き性能も備え、刺さるパーティには滅法刺さり全抜きも狙えるポケモン。
タイプの関係から相性のいい相方が多く、特にアローラダブル(WCSルール)におけるレヒレツルギウインディの並びは有名。

ただし、高いA種族値の代償か、覚える技が全体的に低威力である。
一致技はリーフブレード・スマートホーン止まりであり、半減されやすい事もあって数値ほどの圧倒的な攻撃性能はない。
広く撃ち合いを任せるより、明確な役割対象を想定した上での運用が好ましいだろう。
また、低威力をカバーできるZワザとの相性は非常によく、ビーストブースト発動のサポートを兼ねることも可能である。

物理耐久はガブリアス程度とそれなりに硬く、優秀な耐性も相俟って物理アタッカーに対する一定の流し性能を確保している。
その一方で特殊耐久はパルシェン以下と極端な紙耐久。
半減であっても一致のメインウェポンで確2~乱1をとられてしまう具合であり、C200カプ・テテフのフィールド込みサイコキネシスクラスになると確1になってしまう。
Aは振り切らなくても充分な値を確保できるため、これらの攻撃を耐える程度までDに割く調整も一考。
なお4倍弱点となる炎技には極端に弱く、めざパ程度でもまず耐えられないため注意が必要。

ビーストブーストの効果は種族値の関係上、半自動的に攻撃上昇が決定づけられてしまっている。
しかし、性格おくびょう、A個体値21以下の無振り、S最速という特殊な調整を施すことで素早さアップさせることが可能。
現状カミツルギのSを上げる積み技がZ含めても皆無なので自力で110族以上に先手を取りたい時はこの状態で相手を倒すしかない。
PGL統計により、シングルではおくびょうの個体が5%程存在している。
もちろん、下記のHS基本型より更に火力が落ちるため明確な仮想敵がいなければ本末転倒でしかない。
また、防御を上げることも可能だが、特防が低すぎて役割破壊されやすいので推奨できない。



技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
リーフブレード90(135)100急所ランク+1タイプ一致技。クサZで威力175。
はっぱカッター55(82)95急所ランク+1タイプ一致技だが火力不足。
非接触且つ複数攻撃の為、ダブルで削り・トドメに。
スマートホーン70(105)必中タイプ一致技。威力はおんがえしと大差無い。
せいなるつるぎ90100対鋼。相手のB上昇を無視できる。
かわらわり75100壁破壊対鋼。威力は落ちるが壁構築に強くなる。
シザークロス80100対草。一致技と半減範囲が被る。
つじぎり70100急所ランク+1エスパー・ゴーストに抜群、鋼にも等倍。ギルガルドメタグロスに。
サイコカッター70100急所ランク+1対毒。フシギバナ等に。
つばめがえし60必中対虫。4倍ピンポイント。
ギガインパクト15090行動不可最高火力。急所ランク込みでも期待値はリーフブレードを上回る。
おんがえし102100等倍範囲は広い。一致技半減の炎にも通る。
ハサミギロチン-30一撃必殺どうしようもない相手に。不利対面突破からブースト発動で全抜きも。
特殊技タイプ威力命中効果解説
しんくうは40100優先度+1唯一の先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中解説
こうごうせい-回復技。使う余裕はあまり無い。
つるぎのまい-攻撃を強化。積めれば超火力。
どくどく90交代読みで。
みがわり-状態異常対策に。

Zワザ考察 節を編集

解説欄は無補正A振りでの火力目安。

Zワザ元にする技威力解説
ブルームシャインエクストラリーフブレード175(262)B特化カバルドンを確1。
ちょうぜつらせんれんげきスマートホーン140(210)H振りヌメルゴンを確1。
ぜんりょくむそうげきれつけんせいなるつるぎ175B特化ナットレイを超低乱1。
ぜったいほしょくかいてんざんシザークロス160H振りエーフィをリフレクター込みで確1。※つじぎりだと低乱1。
マキシマムサイブレイカーサイコカッター140H振りメガフシギバナを中乱1。
ブラックホールイクリプスつじぎり140H振りAガラガラを確1。
ファイナルダイブクラッシュつばめがえし120B特化マッシブーンを中乱1。
ウルトラダッシュアタックギガインパクト200無振りメガリザードンXを低乱1。無振りメガリザードンYを確1。

型考察 節を編集

AS基本型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:ようき
努力値:ASベース
持ち物:きあいのタスキ/ラムのみ/いのちのたま/こだわりハチマキ/Zクリスタル
確定技:リーフブレード/せいなるつるぎ
選択技:スマートホーン/つじぎり/シザークロス/つばめがえし/ハサミギロチン/つるぎのまい/みがわり/どくどく

超火力の代名詞となるカプ・ブルルの特化鉢巻ウッドハンマーは無振りでも確3。こちらからはA全振り珠スマートホーンで確1。
また、A213クサZで無振りガブリアス確1、A218+剣舞クサZでB特化クレセリア確1、非接触なので鮫肌もゴツメも無効。
仮想敵を設定し確定数が変わらない場合は多少HDに回すのはアリ。
大きく振る場合は下のHS振りになるため、こちらは軽い調整程度。

下には108族やカイリキー含む最速55族のスカーフが控えている。

HS基本型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:ようき
努力値:S252 HD調整
持ち物:ラムのみ/こだわりハチマキ/Zクリスタル/とつげきチョッキ
確定技:リーフブレード/せいなるつるぎ
選択技:スマートホーン/つじぎり/シザークロス/つばめがえし/ハサミギロチン/つるぎのまい/みがわり/どくどく

A振りと無振りで確定数の変わらない相手やスカーフ持ち、交代際などを考えて一撃受けれるようにする。

↑こいつはBが高くHが低いからH削ってBに割いたらB耐久下がらない?
↑H252B4を基準に物理耐久を考えるとH196B60振りのH=B=159で物理最硬になる。
無振りでもB実数値151だからH152(140振り)未満でBに振るのは悪手。
ただ、4振りは努力値効率的にアリ?
一方で、ダメージ計算式の関係上、Bに降っても乱数が変わらない場合もあり、特殊耐久も考えH>Bが基本。

同じ耐久調整が複数可能な場合は、必要努力値の小さい方を載せている。

総じて不一致格闘や一致等倍は耐えられるが、高火力の一致格闘は基本的に耐えられない。

特殊耐久は最低クラスだが、耐性は優秀なのでH4D100まで振ればカプ・コケコの珠10万を確2、
H4D124でC特化カプ・テテフのサイコキネシスを確2。
このようにD耐久だけでよいなら必要努力値が少なく済み、Aに回す余裕ができることも。
以下にH252D4を始めとする特殊耐久に傾倒したパターンを示していく。

  • 特殊耐久 調整ライン 実数値(努力値)と確2にできるもの

H165 D53(H244 D 12):カプ・コケコの珠10万@エレキフィールド、アブリボンのむしのさざめき
H161 D56(H212 D 36):特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシス、特化ジバコイルの眼鏡10万ボルト
H159 D60(H196 D 60):ウツロイドのC1↑珠パワージェム
H157 D61(H180 D 76):特化ニンフィアの眼鏡スキンハイパーボイス
H154 D64(H156 D100):アローラキュウコンの吹雪

H152 D62(H140 D108):このH未満でのD振りは無駄が多く、Hに振るべき。

H149 D69(H116 D140):C4メガゲンガーのシャドーボール
H143 D75(H 68 D188):特化アシレーヌの眼鏡ハイドロポンプ
H135 D83(H 4 D252):特殊最硬振り

スカーフ型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:いじっぱり/ようき
努力値:耐久または素早さ調整、残りA
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:リーフブレード/せいなるつるぎ/スマートホーン
選択技:つじぎり/サイコカッター/ハサミギロチン

スカーフや積み技(補助Z含む)を使う低~中速、高速特殊アタッカーに対して強気に出られる。
準速でも最速95相当で警戒したい相手には概ね勝てるため基本的には意地っ張り推奨。
意地殻破パルシェンや最速カプ・テテフを確実に抜きたい場合は陽気を選択。
要所での死に出しやつっぱりから全抜きを狙うので、基本型で動き方を覚えてからの方が立ち回りやすいだろう。

耐久調整はHS基本型を参照。また選択技はつじぎりが無難か。
サイコカッターはマッシブーンに打点を持てるがゲンガー以外の霊複合に弱くなる。


対カミツルギ 節を編集

  • 注意すべき点
    半減こそ多いが無効化されない優秀な技範囲から放つ超火力のZ技、S109という絶妙な素早さと高い物理耐久。
    通常技の火力こそ控えめだが、その分命中率の高い技が多いため、有利な相手に確実に役割を遂行しにくる。
    主力技のスマートホーンは必中の鋼技なので特にピクシーにハメを許さない。
    トップメタであるカプ・テテフを筆頭に中速~鈍足の多いフェアリーや、水/地にとってもかなりの難敵。
    腐ってもA181なため上からZ技で叩かれると受けきれないポケモンが多い。一度でも舞われたりビーストブーストが発動すると手が付けられなくなる。
    タスキやスカーフ持ちの個体も相当数いるので時には熾烈な読み合いを強いられる事も。
    耐性の多さを生かしチョッキを持たせた耐久調整なども存在するので単純な高速物理と侮ると痛い目を見る。
  • 対策方法
    炎タイプに弱いのは火をみるより明らか。4倍弱点を突け、じしんやエッジも覚えない。
    防御は高めだが特防は低く、特殊技なら一致等倍やめざパでも致命傷を与えられる。
    素早さを上げる積み技も無いので、S110以上のポケモンで上から叩くかスカーフ等も有効。
    逆に言えばこれらの有利対面を作れるポケモンを抑えられてしまうと途端に対策難易度が跳ね上がる。相手のパーティ単位でメタる事が重要。
    ガブやコケコ、マンムー、ポリ2などただでさえ相性のいい相方が多いため、半端なメタを張ると役割集中で突破されかねない。
    単に弱点を突くだけでなく、タイプ相性上基本的に優位に立てるボーマンダテッカグヤでこちらも圧力をかけていきたい所。
    もっとも効率的な対策方法として、かつてのハッサム対策のような、とりあえず起点にされそうなポケモン(圧倒的不利な単草タイプなど)にめざめるパワー炎などを仕込むというのも有用
    特殊耐久が乏しいわりにきあいのタスキはPGL統計(2017年5月現在)では所持率10%程度であり、各種Zや威力強化アイテムを持つことも多い
    耐久調整やきあいのタスキ持ちでも大ダメージを与えられ、調整がない・他のアイテムを持ってる場合はそのまま倒すことができる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1せいなるつるぎ90100かくとう物理15
1きりばらい--ひこう変化15
1しんくうは40100かくとう特殊30
1エアカッター6095ひこう特殊25
1れんぞくぎり4095むし物理20
1いあいぎり5095ノーマル物理30
7みねうち40100ノーマル物理40
13はっぱカッター5595くさ物理25
19こうごうせい--くさ変化5
23つばめがえし60-ひこう物理20
29とぎすます--ノーマル変化30
31つじぎり70100あく物理15
37つるぎのまい--ノーマル変化20
43リーフブレード90100くさ物理15
47シザークロス80100むし物理15
53みきり--かくとう変化5
59エアスラッシュ7595ひこう特殊15
67サイコカッター70100エスパー物理20
73ハサミギロチン-30ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技54みねうち40100ノーマル物理40
技67スマートホーン70-はがね物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技81シザークロス80100むし物理15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明