ガブリアス/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ガブリアス/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集

基本型の技候補にアイアンテールの追加を提案。
採用理由はカプ・テテフへの打点。
持ち物補正無しA182でカプ・テテフがちょうど確定1発と、きあいのタスキを持てば対面から打ち負けない。
特にスカーフだった場合、先制技を撃たれないフィールド効果を利用して相手の面子から全抜きできるかまで判断できる。
弱点タイプに突っ張る必要があるかはさておき、技候補への追加自体は十分検討の余地があると思って提案しました。
↑技考察には入れた

メガガブリアスの事ですが努力値A252で残りをHS調整も考慮に入る。ガブリアスがメガシンカすると耐久が上昇し、意外に強力な一致技も耐える。
例えばH188で臆病C252眼鏡コケコのマジカルシャインを1耐え。だが控えめならさすがに無理。
その他の理由はどうせメガガブリアスの素早さが減ってるので、その素早さにあまり期待しすぎてはいけず、素早さの問題を一応解ける岩石封じも覚えるし、それを意識して努力値を調整する意味もあると思う。


型考察 節を編集

ゴツゴツメット 節を編集

確定技:げきりん/じしん
攻撃技:ストーンエッジ/どくづき/ほのおのキバorだいもんじ/りゅうせいぐん
変化技:つるぎのまい

さめはだとゴツゴツメットでメガガルーラを後出しから縛る目的で採用される。
接触技を受けるたびに、相手のHPを1/4以上削れる(1/8+1/6=7/24)。おやこあいは2回攻撃なのでさらにその倍。
性格はメガガルーラに先手を取る必要性からようき。
グロウパンチ+ふいうち耐えなどの耐久調整を施すのもよい。

メガガルーラの弱体化により、ゴツメガブリアスで対策する意義が薄れたためノートに移動。

ADハチマキ型 節を編集

特性:さめはだ
性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 HD調整残り素早さ
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:じしん/げきりん

タイマンでクレセリアに勝つことができるガブリアス。

攻撃面は、補正ありこだわりハチマキのげきりんで防御特化クレセリアを高乱数2発。
耐久面は、C無振りクレセリアのれいとうビーム+ゴツゴツメット2回分のダメージを確定耐え。

ガブリアスを見てからクレセリアが後出しされるようなら、そのまま高確率で潰すことができ、
タイマンになっても1発は確実に耐えるので安定感がある。
ただしSに振っていない分、上からの圧力には弱いので注意。

耐久調製例としてはH60D192振り。準速70族抜き(S4)のためにA244かD188にするなど。

どくどくみがまも型 節を編集

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:HP16n+1調整 素早252
持ち物:たべのこし
確定技:どくどく/まもる/みがわり/じしん

ガブリアスが呼ぶ物理受けを交代読みからどくどくみがまもで突破する。
ターゲットはクレセリアポリゴン2バルジーナメガヤドラン辺り。
一致じしんによりどくどく無効の鋼や毒タイプを呼びづらい点が噛み合っている。

第7世代では役割対象だったクレセリアが環境から大きく減少、新たな物理ドラゴン受けとしてテッカグヤが幅を利かせている。
毒無効地面等倍のナットレイが増えていることもあり、現環境との噛合いはあまり良いとはいえない

じゃくてんほけん型 節を編集

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:耐久調整 残りAS
持ち物:じゃくてんほけん
確定技:じしん/げきりん/つるぎのまい
選択技:こらえる

耐久に振ることで相手の弱点技(主にめざめるパワー氷)を耐え、じゃくてんほけんから反撃をしかける。
Aに振らなかった分の火力を補い、同時に爆発力を高めるつるぎのまいはなるべく入れておきたい。

PDW限定技だが、こらえるを覚えていれば努力値AS振りからのさめはだによる削り+じゃくてんほけんという怒涛のコンボが可能。
特性がすながくれでもよいなら第4世代から技マシンで覚えさせて持ってくることもできる。

H252だけで、おくびょうボルトロスのめざパ氷は確2。
H252B92で攻撃特化マリルリのじゃれつくが確2。
H252B148で攻撃特化ローブシンのれいとうパンチ確2。


タグ: ノート