キュワワー - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

キュワワー 節を編集

No.764 タイプ:フェアリー
通常特性:フラワーベール(味方の草タイプのポケモンは能力が下がらなくなり、状態異常にならない)
     ヒーリングシフト(HP回復技の優先度が+3される)
隠れ特性:しぜんかいふく(手持ちに戻ると状態異常が治る)
体重  :0.3kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
フラワーベール妖HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
キュワワー51529082110100485フラワーベール/ヒーリングシフト/しぜんかいふく
フラージェス78656811215475552フラワーベール/きょうせい

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)どく/はがね
いまひとつ(1/2)かくとう/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしドラゴン

回復技に特化した単フェアリーの新ポケモン。
強力な専用特性「ヒーリングシフト」により、やどりぎのタネ以外のHP回復を含む技を全て優先度+3で撃てるのが個性。
ねこだましと同速で、しんそくをも超える優先度により妨害されにくい。
ドレインキッスを無効タイプの無い先制攻撃として扱うことも可能だが、他の先制技と同様にじょおうのいげんビビッドボディ、サイコフィールドなどに無効化される。
その挙動は第6世代のファイアローに近い。

素早さ種族値は100と高めだが、素早さに振らずともしんそくや「いたずらごころ」より早く先制回復が可能なので、
耐久に特化し、回復しつつやどりぎのタネや毒のスリップダメージで削る耐久型としての運用が基本となる。
上記の通りやどりぎのタネは「ヒーリングシフト」適用外なので、逆に先制でちょうはつされないよう注意したい。

B・Dは高いもののHが低めで、火力も控えめなため、突破も起点化もされやすい点にも注意。
努力値振りや、めいそうやZおいわい等の積み技で補強したい。

ひかりのかべ、しんぴのまもり、てだすけ、トリックルームなど便利な補助技も多く覚える。
それらに加えて先制フラワーヒールによる相方の回復も可能なため、シングルはもちろんダブルへの適正も見込まれる。

ちなみに、くさタイプ以外でやどりぎのタネを覚えるのはキュワワーとテッカグヤのみ。
フェアリータイプの先制技を扱えるのは他にニンフィア(「フェアリースキン」+でんこうせっか)のみである。
USUMにてギガドレインを習得。勿論ヒーリングシフト適応。
他にもおいかぜ、なやみのタネ、トリック、 いたみわけ、マジックコートなども覚えた。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ヒーリングシフト
専用特性。
回復を含む技を優先度+3で使用できる。
基本的にはこの特性を選択。
特筆すべきはドレインキッスが対象である点。
サイコフィールド下では無効化される点に注意。
フラワーベール
自身が対象外であり、発動状況が極めて限定的。また、ダブルでも毒が一貫してしまいがち。
しぜんかいふく
隠れ特性。
悪くない特性ではあるのだが、特殊アタッカーなのでやけどは怖くなく、ヒーリングシフトなら麻痺もそれほど問題にならない。麻痺による行動停止を嫌う場合や他の技を使いたい場合は候補になってくるか。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
ドレインキッス50(75)100HP吸収3/4ヒーリングシフトにより攻撃と回復を兼ねる先制技(優先度+3)という高性能技になる。
素早さが勝っていればねこだましも怖くない。特殊技だが接触技である点に注意。
マジカルシャイン80(120)100タイプ一致技。ムーンフォースは覚えない。ダブルでは相手全体攻撃。
ギガドレイン75100HP吸収1/2サブウェポン。ヒーリングシフト適応。
この技に限らないが、草技は妖技と半減範囲が被りやすいので注意。
エナジーボール90100特防↓10%サブウェポン。性能安定。
くさむすび20~120100スイクンカバルドン等の重い相手に。
まきつく1590拘束ダメ逃がさず固定ダメージで削る。やどりぎやどくどく、しめつけバンドとあわせて。
まとわりつくは覚えない。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退。交代読みやタスキ潰しに。トリル後の退場にも。
めざめるパワー60100呼ぶ毒・鋼へのじめんや、ナットレイへのほのおなど。
なげつける100かえんだまとあわせて。道具を消費するので一度きり。
変化技タイプ命中解説
こうごうせい-ヒーリングシフト対象。自身の回復に。天候依存なのが懸念事項。
ドレインキッスでは足りない場合。
フラワーヒール-ヒーリングシフト対象。自分以外の対象1体を最大HPの1/2[1]回復する。ダブルで味方の回復に。
やどりぎのタネ90ヒーリングシフト対象外である点に注意。削りと回復を兼ねる妨害技。
どくどく90ダメージ源。呼ぶ毒・鋼に無効。
めいそう-特攻・特防を補強。
ドわすれ-自身の特防を強化。
ひかりのかべ-味方の特防を強化。リフレクターは覚えない。
てだすけ-相方の火力を補強。
しんぴのまもり-味方を状態異常から守る。
ちょうはつ100補助技対策。
トリックルーム-トリパ用。発動後も回復技は先制可能。とんぼがえりで退場可な点も高評価。
グラスフィールド-ヒーリングシフト対象外。フラワーヒールや草技の強化に。
おいわい-Zワザ化で全能力上昇。ポケモンセンターの誕生日プレゼント限定。
隠れ特性・遺伝技併用不可。性格ようき・プレシャスボール固定。

型考察 節を編集

やどりぎ瞑想型 節を編集

特性:ヒーリングシフト(推奨)/しぜんかいふく
性格:ずぶとい/おだやか/ひかえめ
努力値:HB252/HD252/HC252
持ち物:たべのこし/アッキのみ/タラプのみ/ラムのみ/メンタルハーブ
確定技:やどりぎのタネ/めいそう/ドレインキッス(推奨)orマジカルシャイン
選択技:ギガドレイン/こうごうせい/みがわり/どくどく/めざめるパワー

先制回復技+非草タイプのやどりぎのタネ使いという個性を活かす型。
やどりぎのタネに加えアンコール・ちょうはつ等も覚える先制補助技使いのエルフーン
耐性・耐久が優秀な非草タイプのやどりぎ使いのテッカグヤがライバルとなる。
これらとの差別化にめいそうを積み、火力と耐久を上げて戦う。
B特化なら物理も受けられ、D特化なら特殊相手に対し安定感が増す。
ドレインキッスの火力・吸収量が上がるC特化も候補。

特性は基本的にヒーリングシフト。優先度+3の先制回復はキュワワーのみの強み。
しぜんかいふくは状態異常を回復できるが、めいそうを積むこの型との相性は悪い。
麻痺の素早さ低下も回復技には影響しないヒーリングシフトの方が優秀だろう。

攻撃技はドレインキッス推奨。ヒーリングシフトなら回復効果付きの先制技となる。
素の状態では火力不足だが、めいそうを積めばマジカルシャインに近い威力を出せる。
無補正C12振り+めいそうドレインキッスで無振りサザンドラを確1。
残る1枠は再生回復できるこうごうせいや、削りを加速できるどくどく、
相性補完のめざパ、物理アタッカー対策のなげつける(かえんだま)等。
フェアリー技・やどりぎ・毒のいずれも通らないフシギバナナットレイは後続での対処が必要。

【ダブル】サポート型 節を編集

特性:ヒーリングシフト
性格:ずぶとい/おだやか/おくびょう
努力値:HBD調整
持ち物:メンタルハーブ/ラムのみ
確定技:フラワーヒール
攻撃技:ドレインキッスorマジカルシャイン/めざめるパワー
変化技:てだすけ/こうごうせい/アロマセラピー/みがわり/ちょうはつ/やどりぎのタネ/どくどく/ひかりのかべ/トリックルーム/グラスフィールド

フラワーヒールを中心としたサポート型。しんそくやフェイントより速く、トリックルーム下でも先制可能。
ねこだましは同速なので素早さに注意。また、アロマセラピーはヒーリングシフト対象外である。
てだすけやひかりのかべ等、回復以外のサポート技も豊富なのでパーティにあわせて選択。


対キュワワー 節を編集

  • 注意すべき点
    専用特性ヒーリングシフトと専用技フラワーヒールを持ち、回復に長ける。
    しんそくをも超える優先度+3からの回復技の発動阻止は困難を極める。
    ドレインキッスを先制技として扱える点、やどりぎを覚える点にも注意。
  • 対策方法
    回復量を上回る高火力で攻める。先にちょうはつを撃っておくと楽。
    フェアリー半減の炎・毒・鋼ならドレインキッスの吸収量も抑えられる。
    フシギバナナットレイならやどりぎ・毒も無効なため圧倒的有利。
    他には特性ヘドロえきを持つドククラゲマルノームも有用。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1てだすけ--ノーマル変化20
1つるのムチ45100くさ物理25
1フラワーガード--くさ変化10
4やどりぎのタネ-90くさ変化10
7ドレインキッス50100フェアリー特殊10
10マジカルリーフ60-くさ特殊20
13せいちょう--ノーマル変化20
16まきつく1590ノーマル物理20
19てんしのキッス-75フェアリー変化10
22しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
25はなふぶき90100くさ物理15
28こうごうせい--くさ変化5
31あまいかおり-100ノーマル変化20
34くさむすび-100くさ特殊20
37フラワーヒール--フェアリー変化10
40はなびらのまい120100くさ特殊10
43アロマセラピー--くさ変化5
46グラスフィールド--くさ変化10
49じゃれつく9090フェアリー物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技56なげつける-100あく物理10
技62アクロバット55100ひこう物理15
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技92トリックルーム--エスパー変化5
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技99マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
こらえる--ノーマル変化10
ドわすれ--エスパー変化20
おさきにどうぞ--ノーマル変化15
おまじない--ノーマル変化30

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細備考
おいわい--ノーマル変化30配布(ポケモンセンター お誕生日サービス)ようき固定・通常特性

遺伝 節を編集

タマゴグループ植物
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:3

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
おさきにどうぞレベルマラカッチ
おまじないレベルナゾノクサ/チェリンボ
こらえるタマゴフシギダネ/パラス/ハネッコ
ドわすれタマゴフシギダネ/ハネッコ/タネボー/ナエトル


[1] グラスフィールド時最大HPの2/3