コジョンド/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ノート 節を編集

議論・提案スペース 節を編集

さいせいりょく受けループ型はつい先日作られた型だが、考察不足かつ実用性にも疑問が残る。
実用に基づく型考察であるかも疑問であるため、暫く様子を見て異論がなければ雑記への移転を行いたい。


さいせいりょく受けループ型 節を編集

特性:さいせいりょく
性格:わんぱく/しんちょう
努力値:HBSorHDSで調整
持ち物:ゴツゴツメット/オボンのみ/たべのこし/ひかりのこな/カゴのみ/じゃくてんほけん(バトンタッチ採用時)/とつげきチョッキ(とんぼがえり採用時)/しんかのきせき(コジョフーの場合)
確定技:バトンタッチorとんぼがえり
優先技:ドレインパンチ
選択技:ねこだまし/どくどく/ちょうはつ/リフレクター
(バトンタッチ採用型の場合、ビルドアップ/めいそう/ふるいたてる/かげぶんしん/みがわり/ねむる/じこあんじ等も)

さいせいりょくバトンによる高い回復能力を活かした受けループ型。
ブラッキーシャワーズ等と組み双方にバトンタッチを覚えさせておけば能力変化を回し続けられる。
コジョンド自身の耐久は特化しても陽気ガブのドラゴンクローで高乱2発になるほどに貧弱なため、コスモパワーバトンや壁張りから繋いでもらうのが理想。
さいせいりょくとんぼがえりも可能だが、ねむる以外の回復技が無い代わりに耐久の高い霊獣トルネロスがライバル。

↑誰とバトンさせる前提なのか、そもそも低耐久のこいつがどれだけ耐えられるのか疑問なんだがダメ計もなしというのはちょっと…
どうみてもメジャーな型ではなさそうだし、さいせいりょく持ちで高耐久なママンボウヤドランを差し置いて受けルで採用する利点もよくわからん
ざっくりでいいのでせめて運用例とかは書いたほうが良いのでは?

↑上の指摘にもあるように耐久が全く足りていないためとんぼがえりでの受けループは不可能。
加えてバトン前提だとしても名前を上げている味方ポケモンとのタイプ相性の補完や役割の分担が全くできていない。
コスモパワーバトンができるのはノーマルタイプのミミロップエネコロロだけであり、やはり耐性・耐久とも足りていない。
積み前提であるため急所にも弱く、そもそも相方候補がねむる以外に回復ソースがない時点で受け回し性能はお察し。
普通にステロや毒を撒いてラキグライムドーなどの高耐久で補完の取れた定番のポケモンで受け回したほうが良い。
ライバルが受けルでの採用例が皆無で耐久も半端なトルネロスという記述もおかしい。
上記の指摘がされるまで最低限の考察もできていなかったことも踏まえると、実用に基づいた型考察かどうか自体が怪しいと思う

タグ: