サンドパン(アローラのすがた)/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ポケモン名/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集

矢印の指摘の通りゆきかきに依存せずに無天候でアタッカー運用する利点が不明瞭。


HAアタッカー型 節を編集

特性:ゆきかきorゆきがくれ
性格:いじっぱりorわんぱく
努力値:HAをベースに調整
持ち物:Zクリスタル/半分回復実/半減実/きあいのタスキ/いのちのたま
優先技:つららばりorつららおとし/カウンターorメタルバースト
攻撃技:アイアンヘッド/じしん/アクアテール/いわなだれ/きゅうけつ/シャドークロー/はたきおとすorじごくづき
補助技:どくどく/つるぎのまい

Sは低いものと割り切り、高いBを活かして戦うアタッカー型。
補正ありH振りでランドロス?(霊獣)のじしんを耐え、カウンターやメタルバーストで倒すことが出来る(つららばりやつららおとしだと威嚇込で乱数になる)。
また、対ミミッキュ性能が非常に高く、連続技によるばけのかわ剥がしやタイプ一致抜群技を持つ上、補正ありH振りで補正なしA振りミミッキュの+2シャドークローZを確定耐えするため、比較的後出しがしやすいポケモンと言える。

特性は、ゆきかきの場合Sに28振ると最速Aキュウコンをあられ下で抜けるが、調整を行わない場合ゆきがくれでも良い。

ゆきかき前提のアタッカーの場合つるぎのまいが採用されやすいが、行動回数が稼ぎづらいためかなり採用しづらい。
↑Dが薄く4倍弱点も2つあり、何より先制技もないこいつを「無天候で鈍足と割り切って運用」する理由がよくわからん。
セオリーどおりゆきかきエースとして運用すれば全抜きも狙えるのに対し、この型ではせいぜい1:1交換に持ち込むのがやっと。
ゆきかき発動状態ならミミッキュ、ランドも先手を取って処理できる。スカーフ型以外でこいつを無天候運用する利点が無いように感じる。
↑この型の最大のメリットはミミッキュに後出しが効くということ。耐久無振りの場合は+2シャドークローで確定一発だったり、+2ミミッキュZ+かげうちで確定である。
それだったら他のポケモンでも良いという声もあると思うが、上記にあるようにランドロスなどの高火力物理アタッカーにはカウンター、メタルバーストで対抗でき、ランドロス以外の氷四倍組(ガブリアス、火炎放射なしのボーマンダ等)にも役割が持てたり、調整しだいでは天候アタッカーでは火力補強がないと勝てないコケコにも10まんボルト耐えからメタルバーストで反撃できる。指摘された通り、1:1交換にしか持ち込めない場合も多いが、一匹倒したあとにどくどくを打つなど、スカーフ型と違い小回りが利くのもこの型のメリットである。
また、ここまでの記載通り、生半可な物理アタッカーの攻撃は4倍弱点でなければ耐えられるし、4倍弱点持ちや特殊アタッカーはほかのポケモンで見れば良いし、氷・鋼という独自の耐性を活かした耐久振りアタッカーはこのポケモンのこの型にしかできない強みであるため、差別化もできていると思います。
追記:よく考えたらこの型ボスゴドラとの差別化に困りますね…。
実際自分で使っていても思ってはいたのですが、どうしてもパワーが足りず、Aに振っているのにメタルバースト頼りになってしまうことが多く、
メタルバーストを使う前提なら似た耐性で且つ、より物理耐久が高く(特殊耐久はサンドパンの方が高い)、優秀な特性を持ったボスゴドラの方が良いですね。
一応スカーフ型などとは差別化はできてるつもりなので、ノートの方にだけでも置いといてください。

型サンプル
性格 :わんぱく
努力値:H196 A108 B92 D108 S4
持ち物:半分回復実
技構成:つららばり/じしん/メタルバースト/どくどく

H:16n-1かつ8n-1(実数値175)
A:端数
B:A特化ランドロス(霊獣)のじしん確定耐え A特化+4ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム高乱数耐え(93.7%)
D:無補正C振りカプ・コケコのフィールド補正込み命の珠10まんボルト高乱数耐え(93.7%)
S:端数

実際に使っている型。ミミッキュや物理型のボーマンダやカイリュー、ポリゴン2などに後投げできる。
カプ・テテフは元々不利なため、アイアンヘッドを打つ相手がほぼミミッキュしかいないので採用しなくてもよい。
火力がないため積みの起点にされたり、耐久型に嵌められたりするのでどくどくは有用。


タグ: ノート