シルヴァディ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

メモリ考察 節を編集

本ページ通りメモリの有用性には疑問が残る。
あえて使うならば、選出画面ではタイプを見抜かれず、ノーマル前提の選出を誘いやすいことを活かしたい。
詳しくは下記のメモリ型に委ねるが、持ち物なしのハンデは非常に厳しく、こうした情報アドバンテージを織り混ぜての運用でなければ有用性が見出だせない。
なお、場に出たシルヴァディのタイプはワンタッチで確認されるため、18色のトサカと対応するタイプを覚える必要は皆無。
似た色のメモリで相手を撹乱するといったことも当然できず、情報の秘匿は選出画面に限られる。

メモリ型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS
持ち物:必要なタイプのメモリ
確定技:マルチアタック
選択技:かみくだく/アイアンヘッド/とんぼがえり/ニトロチャージ/すてゼリフ/つるぎのまい/でんじは/どくどく

メモリを持たせて任意のタイプにする型。
選出の段階ではタイプがわからず、相手は基本的にノーマルと思い込むことが多いので、
メモリを持たせることで算段を狂わせることができる。
タイプ一致のメインウェポンとなるマルチアタックは必須。

A無補正マルチアタックの火力指数は19845しかなく、火力不足は深刻。
メモリの採用理由は、マルチアタックで攻撃できるタイプの変更ではなく、『ノーマル以外の単タイプになれる』という耐性の面を重視すべき。
「必要なタイプのメモリ」という投げっぱなしな考察ではなく、具体的は「○○メモリを持たせると××というポケモンに有利になる」という記述が欲しい。
もっとも、それぞれのタイプにおいてより適任なポケモンが存在するのが実情であり、上記にある情報アドバンテージの活用が差別化の鍵となるか。