ジガルデ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ジガルデ 節を編集

No.718 タイプ:ドラゴン/じめん
通常特性:オーラブレイク(オーラの効果が逆になり、技の威力が3/4になる)
特殊特性:スワームチェンジ(HPが半分以下になるとパーフェクトフォルムに変化する)
体重:10%フォルム     33.5kg (けたぐり・くさむすびの威力60)
   50%フォルム     305.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
   パーフェクトフォルム 610.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
ジガルデHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
10%54100716185115486オーラブレイク/スワームチェンジ
50%108100121819595600
100%216100121919585708スワームチェンジ
地面/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ジガルデ108100121819595600オーラブレイク
ガブリアス108130958085102600さめはだ
フライゴン80100808080100520ふゆう

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/どく/いわ
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

ガブリアスフライゴンと同タイプの禁止伝説ポケモン。レーティングバトルには参加できない。
素早さ・火力ではガブリアスに劣るものの、耐久力としんそく・りゅうのまいが強みで特に物理耐久はドラゴンタイプ最高である。
物理、特殊両刀可能な種族値だが、特殊型は毒技や格闘技を覚える一方、積み技がなく火力不足かつPP不足になりがちなので物理技+変化技の構成が基本。
なお、ドラゴンタイプには珍しく物理特殊問わず炎技を覚えない。

通常特性オーラブレイクは、ゼルネアスイベルタルが持つ特性の効果を反転し、フェアリー/あくタイプの技の威力が3/4になるもの。
ジガルデでゼルネアスイベルタルとタイマンするのはタイプ相性的に厳しいが、オーラ適用時より被ダメージを半分近くまで抑えられるため効果自体はなかなか強力。
シングルバトルよりはダブルバトルなど集団戦でサポートに回る事で活きる特性。

第7世代では新形態の10%フォルム、パーフェクトフォルムに加え、新たに専用技を3つも習得するという大幅な強化を遂げた。
なお、2つの特性を持つが、オーラブレイクとスワームチェンジの個体はそれぞれ別種としてカウントされるため、とくせいカプセルを使用して特性を変更することはできないので注意。

新特性のスワームチェンジはターン終了時にHPが半分以下になっているとパーフェクトフォルムに変化しつつ、元のフォルムとの最大HPの差分(レベル50で元が10%なら162、50%なら108)を回復する効果を持つ。上手く扱えば驚異的な粘り強さを発揮し、ジガルデの難点である火力の低さを行動回数でカバーできる。

新専用技のコアパニッシャーのとくせいが効かなくなる効果は、相手がみがわり状態で本体にダメージを与えなくても発動する。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

オーラブレイク
発動機会が非常に限定的で発動してもシングルバトルでは大きく優位になるわけでもない。
ダブルバトルでは味方のダメージを抑えるサポート用の特性になり得るものの、相手のパーティにゼルネアスイベルタルがいなければ腐ってしまう。
このため基本的には、先発対面における特性の発動順序により素早さを推測する特性と考えて利用する事になるだろう。
またスワームチェンジによる回復より素早さの減少の方のデメリットが大きいのであれば、フォルムチェンジしないこちらを選択。
スワームチェンジ
強力な回復能力だがタイプの関係で扱いが難しく、きあいのタスキなど耐久を補う道具を持たない場合、4倍弱点を突かれて一発でひんしになり発動し損ねる可能性が少なくない。
だがタスキ等を持ったとしても「一発でひんし寸前まで持っていかれる≒スワームチェンジでHPを回復しても同じ攻撃を再度受ければ倒れる」という状況に陥る事もある。
パーフェクトフォルムになると素早さが低下するため、行動順が逆転して上から叩かれる可能性も。
攻撃性能はパーフェクトフォルムになってもほぼ変わらないため、無理に発動を狙うより、お互い確2・確3の技を撃ち合う展開で自然に発動した方が恩恵は大きく、特に先制技による止めを防ぎやすい点はメリットとなる。
積極的に発動を狙うなら、自分からHPを減らしつつ確定数をずらしたり状態異常を防いだりできるみがわりが役立つか。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
げきりん120(180)100行動固定物理最高火力だがフェアリーで止まる。
ドラゴンクローは覚えない。
じしん100(150)100-同じくメインウェポン。威力・命中共に安定でドラゴン技との相性補完に。
サウザンウェーブ90(135)100交代不可専用技。交代を封じることで有利に試合を運べる。
ダブルでは相手全体を攻撃する。グランドフォースの上位互換。
サウザンアロー90(135)100ひこうタイプ、特性ふゆうが無効専用技。下記で解説。こちらもグランドフォースの上位互換。
ストーンエッジ10080急所率+1命中不安も地面との相性補完に優れる技。炎技を覚えないため氷対策に岩技は重要。
いわなだれ7590怯み30%命中を重視する場合にストーンエッジとの選択。りゅうのまいと合わせて怯みの範囲は広い。
しんそく80100優先度+2禁止伝説において激戦区の素早さにあるため違いを出すためにもほぼ必須。
かわらわり75100壁破壊威力不足だが追加効果は優秀。
かみくだく80100防御↓20%対超に。
ドラゴンテール60(90)90優先度-6
強制交代
積みの起点にされるのを防いだり、麻痺撒きに。
ばかぢから120100自分攻防↓対ノーマル、悪など。高威力だがりゅうのまいとの相性は悪い。
アイアンテール10075防御↓30%フェアリー対策。ようきA252振りで無振りゼルネアスを確2。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓うち逃げしたい場合やダブルで採用する。
コアパニッシャー100(150)100そのターンに技を使った相手の特性を消す専用技。りゅうせいぐんより威力は劣るが連発が利く。ダブルなら相手全体攻撃。ゲンシカイオーガなどの特性がねらい目。
だいちのちから90(135)100特防↓10%特殊型のメインウェポン。ゲンシグラードンにはこちらのほうが強い。
きあいだま12070特防↓10%高威力のサブウェポン。
ヘドロウェーブ9510010%で毒フェアリー対策。
くさむすび~120100-このクラスでは火力不足か。
変化技タイプ命中備考
へびにらみ100優秀な妨害技。電気タイプに無効。
りゅうのまい-攻撃を上げるのも大きいが激戦区の素早さを上げるのが大きい。ほぼ必須。
ほごしょく-地形やフィールドに合わせて自分のタイプを変える。対戦時・フィールドなしだとノーマルタイプ。
しんそくが一致になるが、じしんやげきりんが不一致になる。
みがわり-おにびなどを防ぎ、積みの起点にできる。
どくどく90耐久型への役割破壊。交代読みで当てたい。
とぐろをまく-攻撃・防御をより強化できる他、ストーンエッジやいわなだれが当たりやすくなるのは大きい。
しんぴのまもり-サポートに優れた技。ダブルでは特に候補。
くろいきり-積み技を無効にする。Zワザ化で全回復。パーフェクトフォルムや、りゅうせいぐんとの相性もよい。
いたみわけ-スワームチェンジ前のHP調整に。フォルムチェンジ後の相性は悪い。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
アルティメットドラゴンバーンげきりん190(285)行動不能(+ダブルでの対象選択不可)を踏み倒せる。
りゅうせいぐん190(285)特殊型用。特攻2段階ダウンを踏み倒せる。
コアパニッシャー140(210)なぜか威力が低いので奨められない。
ライジングランドオーバーじしん180(270)味方を巻き込まない+全体技補正のない攻撃技になる。
サウザンアロー180(270)じしんと同じ威力。りゅうのまいを1回行えば、H148振りゼルネアス確1。
サウザンウェーブ175(262)威力は少し低い。アローでもウェーブでもZ技化で追加効果は消える。
だいちのちから175(262)ゲンシグラードンを狙うならこちら。ほぼ確1にできる。
ちょうぜつらせんれんげきアイアンテール180フェアリーに。より耐久に振ったゼルネアス狙い。
ぜんりょくむそうげきれつけんばかぢから190無補正252振りかつ、りゅうのまい1回でH252振りアルセウス(ノーマル)確1。
Zくろいきりくろいきり-Zパワーで全回復。互いの能力上昇を無効化にする。

サウザンアローについて 節を編集

  • 飛行タイプ、特性:ふゆうにも当たる。
    • 「そらをとぶ」「とびはねる」「でんじふゆう」「テレキネシス」「フリーフォール」状態の相手に対しても当たる。
  • ダブルでは相手全体を攻撃する。
  • 受けた相手は「うちおとす」を受けたときと同じ状態になる。
    • 地面技を受けるようになる、フィールドの影響を受けるようになるなど。
  • 地面技を受けない相手にサウザンアローを初めて当てた場合、タイプに関わらず等倍でダメージを計算する。
    • テッカグヤシビルドンビビヨンなど、飛行タイプやふゆうを考慮しなければ抜群や半減になるポケモンに当てても等倍になるということ。
    • 2発目以降は前述のうちおとす効果が発動するので、タイプ相性を用いて計算する。
  • 通常、威力90の技をZワザにすると威力175となるが、サウザンアローの場合はZワザにすると威力180となり一般の技より僅かに高い。

型考察 節を編集

10%フォルムりゅうのまい型 節を編集

特性:スワームチェンジ
性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/ラムのみ
確定技:りゅうのまい/じしんorサウザンアローorサウザンウェーブ
選択攻撃技:いわなだれorストーンエッジ/しんそく/げきりん/ドラゴンテール/ばかぢから
選択補助技:へびにらみ/みがわり

りゅうのまいを活かした積みアタッカー。パーフェクトフォルムに変化して素早さが下がっても準速りゅうのまい1積みで最速135族と同速。
最速なら10%フォルム時の高い素早さが活かしやすく、状況に応じて積まずに攻撃したり補助技で後続に繋いだりする動き方がしやすくなる。
10%フォルムは低耐久なのでタスキを持たせればほぼ確実にスワームチェンジが発動する。また50%フォルムよりHPの回復量が多い分、パーフェクトフォルム時の耐久も高く確保しやすい。

S上昇といわなだれのひるみも好相性で、専用技のサウザンアローにより一貫性も高い。
げきりんは高威力で禁止級ドラゴンとの撃ち合い想定ならあると便利だが、
禁止伝説ありのルールでもカプ系などのフェアリーは多く、一貫性はあまり優秀とはいえない。
加えて、行動固定によりゼルネアスの起点にされるリスクは無視できないため、サウザンアローの一貫性も考えると必ずしも必須ではない。

50%フォルムHA型 節を編集

性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:ゴツゴツメット/ヤチェのみ/コオリZ/たべのこし
確定技:じしんorサウザンアローorサウザンウェーブ
選択攻撃技:いわなだれorストーンエッジ/しんそく/げきりん/ドラゴンテール/りゅうせいぐんorコアパニッシャー
選択補助技:へびにらみ/とぐろをまく/くろいきり/みがわり

高い物理耐久をさらに伸ばし、耐えてから殴る。
素早さに努力値を回さなくてもしんそくがあるため、相手を倒し損ねた時も処理がしやすい。
ゼルネアスはへびにらみの麻痺で素早さを削いでもジオコントロールの上昇分で打ち消されるため起点にされやすく、パーティ単位で要対策。
くろいきりを搭載する場合はそれを逆手に取り、ジオコントロールを無駄遣いさせてから後続へ繋ぐのも手。

【ダブル】サポート型 節を編集

性格:ようきorむじゃき
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:オボンのみ※/フィラ・ウイ※・マゴ・バンジ※・イアのみ/ヤチェのみ/ノーマルジュエル/プレート
確定技:しんそく
選択攻撃技:じしんorサウザンアローorサウザンウェーブ/いわなだれorストーンエッジ/ドラゴンテールorりゅうせいぐんorコアパニッシャー/かわらわり/かみくだく
選択補助技:りゅうのまい/へびにらみ/ないしょばなし/くろいきり/しんぴのまもり

ダブルでの補助役を務める。
役割としては主にへびにらみでの麻痺撒きからの攻撃。
素早さはすぐ下の90族や85族に大量の伝説ポケモンがいるので最速推奨。

しんそくがあるので仕事をした後に一矢報えるのは大きいが、げきりんが使えないダブルでは物理ドラゴン技がドラゴンテールしかないのが辛い。
よって特殊技のりゅうせいぐん、コアパニッシャーの採用もアリである。コアパニッシャーは相手全体攻撃で威力が落ちるため、攻撃よりは妨害目的での使用が主になるか。

専用技・サウザンアローとサウザンウェーブはじしんと違って味方へのダメージがない、相手全員対象攻撃。
ただし威力はじしんに劣る。どちらを採用するかはPTメンバーと相談。

ないしょばなしはみがわりはもちろん、まもるも貫通する。
まもるが採用されやすいダブル以上では悪くない技。

※オボンのみは特性オーラブレイクの場合、ウイのみは性格むじゃき・バンジのみは性格ようきで特性スワームチェンジの場合にのみ選択

対ジガルデ 節を編集

  • 注意すべき点
    伝説のポケモンとしては種族値が控えめで、突出した破壊力は持たないものの、専用技のサウザンアローによる高い一貫性が最大の特徴。
    特性スワームチェンジによる回復もあり、中途半端な火力で攻めても長期戦に持ち込まれやすい。
    また、へびにらみ/サウザンアロー/サウザンウェーブ/しんそく/しんぴのまもりと言った、ダブルで有用な技を多数使いこなせる。
    サポートポケモンだからと後回しにすると、りゅうのまいを積んでアタッカーに豹変する事も。
    ふぶきが使えるポケモンにはほごしょくで身を守り、しんそくの威力をあげる等、かなり個性的な強さを持つ。
  • 対策方法
    特性スワームチェンジの発動を許さず一撃で落とすのが理想。
    もし発動されてパーフェクトフォルムになっても、一度HPを半分以下に削っているので即座に対処すれば数値ほど打たれ強くはない。
    このため4倍弱点の氷技、できれば高威力なれいとうビームやふぶきを使うのがベター。れいとうパンチなど中途半端な威力の技はタイプ一致での使用を推奨。
    また非常に刺さるのが連続攻撃のつららばり。最低の2発止まりでもスワームチェンジと相性の良いみがわりを崩しつつ本体にもダメージを通せる。
    氷技が使えない場合はタイプ一致かつ、火力補強アイテムを持たせたりZワザを用いたりして一撃で可能な限りの高火力を叩き込みたい。
    下手に受け出しを狙うと、りゅうのまいを積んだりみがわりを展開する隙を与えかねないので注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

6thSM威力命中タイプ分類PP備考
11へびにらみ-100ノーマル変化30
11じならし60100じめん物理20
11りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
11かみつく60100あく物理25
55しんぴのまもり--ノーマル変化25
1010あなをほる80100じめん物理10
1818しめつける1585ノーマル物理20
2626グランドフォース90100じめん物理10
3535すなあらし--いわ変化10
4444くろいきり--こおり変化30
5151かみくだく80100あく物理15
5555じしん100100じめん物理10
5959ほごしょく--ノーマル変化20
6363りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
8072とぐろをまく--どく変化20
9380げきりん120100ドラゴン物理20
72-りゅうのまい--ドラゴン変化20教え技
88-しんそく80100ノーマル物理5教え技

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技37すなあらし--いわ変化10
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10Lv
技94ひみつのちから(ORAS)70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

タマゴ技なし

教え技 節を編集

6th7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
コアパニッシャー100100ドラゴン特殊10ジガルデキューブ
りゅうのまい--ドラゴン変化20ジガルデキューブ
しんそく80100ノーマル物理5ジガルデキューブ
サウザンアロー90100じめん物理10ジガルデキューブ
サウザンウェーブ90100じめん物理10ジガルデキューブ
アイアンテール10075はがね物理15
いたみわけ--ノーマル変化20
いびき50100ノーマル特殊15
うらみ-100ゴースト変化10
げきりん120100ドラゴン物理15Lv
しねんのずつき8090エスパー物理15
しめつける1585ノーマル物理20Lv
だいちのちから90100じめん特殊10
でんげきは60-でんき特殊20
とおせんぼう--ノーマル変化5
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
ばかぢから120100かくとう物理5
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴみはっけんグループ
性別性別不明