ジュナイパー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

未解禁のえんかくを型に入れてるのと
一度に沢山型をこの短い期間に同一人物が書いてあるが実践経験に基づいてかは疑われるので
ひとまずノートと判断

アタッカー型 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

物理速攻型 節を編集

特性:自由に
性格:いじっぱりorようき
努力値:AS252、H6
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/きあいのタスキ/ジュナイパーZ
確定技:かげぬい/リーフブレード
選択技:ふいうち/とんぼがえり/ブレイブバード/ついばむorローキック/フェザーダンス/はねやすめorこうごうせい

スタンダードな物理アタッカー型。かげぬいが優秀なうえ他の技も追加効果などに優れており性能は悪くない。
弱点が多く一撃でやられることもあるので、タスキも選択肢に入る。

物理鈍足耐久型 節を編集

特性:自由に
性格:攻撃・防御・特防のどれかが上がり、特攻または素早さの下がる性格
努力値:HAベース
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/こだわりハチマキ/じゃくてんほけん/ジュナイパーZ
確定技:かげぬい/リーフブレード
選択技:ふいうち/とんぼがえり/ブレイブバードorついばむ/フェザーダンス/つるぎのまい/はねやすめorこうごうせい

基本的には上から叩くのが良いのだが、素早さが早くなくHPに振ればそれなりの耐久力を得られる。
不意打ちは素早さにほとんど関係がないので、あれば便利。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:自由に
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252、H6
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/こだわりメガネ/こだわりスカーフ/きあいのタスキ
確定技:エナジーボールorくさむすび
選択技:シャドーボール/めざめるパワー(岩or闘)/しぜんのちから/かげぬい/とんぼがえり/フェザーダンス/はねやすめorこうごうせい/わるだくみ

スタンダードな特殊アタッカー型。特殊型でもかげぬいやとんぼがえりは便利で使いやすいが、無理に入れなくとも良い。
飛行技が無いのは難点と言えば難点だが、威力不足とはいえめざめるパワーである程度は対処できる相手が増えるのは良いこと。
鈍足にするには、それほど特徴的と言える技が無いので速攻で上から叩くのが吉。

両刀アタッカー型 節を編集

特性:自由に
性格:さみしがりorおっとりorせっかち
努力値:ACS168、H6 または S252、AC128
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/こだわりスカーフ/きあいのタスキ/だっしゅつそうち/ジュナイパーZ
確定技:かげぬい/リーフブレードorエナジーボールorくさむすび
選択技:ふいうち/とんぼがえり/ブレイブバード/めざめるパワー(岩or闘)/フェザーダンス/あやしいひかり/はねやすめorこうごうせい/のろい

スタンダードな両刀アタッカー型。特防は高めなので、低めの防御の方を切り捨てる。
性能の良い技がそろっており、飛行技がなくともめざめるパワーでメタを張れるし不意打ちで先制攻撃もできる。補助技も豊富な部類。

サポート型 節を編集

物理耐久型 節を編集

特性:自由に
性格:のんき
努力値:HBベース、あるいはHSベース
持ち物:たべのこし/オボンのみ/ラムのみ/きあいのタスキ など
確定技:フェザーダンス
選択技:かげぬい/とんぼがえり/ふいうち/どくどく/はねやすめorこうごうせい/みがわり/まもる/かげぶんしん

HPに努力値を振り、フェザーダンスで物理耐久を補いながらじわじわと削る。
やや鈍足よりなのでSに振るのも良いが、HB252振り性格補正有りならば
A特化補正有りの鉢巻ガブリアスの噛み砕く、同じく補正有り特化マニューラでも道具無しなら不意打ちでも確2に抑えられる。
相手側が不一致だったりと参考にならない部分もあるだろうけれど、目安として一応載せておきます。問題があるようならば消してください。

特殊耐久型 節を編集

特性:自由に
性格:しんちょう
努力値:HDベース、あるいはHSベース
持ち物:たべのこし/オボンのみ/ラムのみ/きあいのタスキ など
選択技:かげぬい/とんぼがえり/どくどく/はねやすめorこうごうせい/ひかりのかべ/みがわり/まもる/かげぶんしん

HPに努力値を振るのは同上。
もともと特防は高いので、HPに振るだけでも十分な耐久は得られる。弱点である炎・氷・霊も技は特殊寄りなのも嬉しいところ。
ただ、ブレイブバードや不意打ちなど無視できない技もあるので、多少相手を選ぶ。

対ジュナイパー 節を編集

  • 注意すべき点
    技が多彩で能力値も低くなく、型が読みにくい。
    特防は100と高めで弱点を突いても努力値や技次第では耐えられることがある。
    かげぬいが高性能で、他の技もフェザーダンスやとんぼがえりなど厄介なものが揃っている。
  • 対策方法
    素の耐久力や素早さは高くなく、弱点も多めかつメジャー寄り。
    基本的に上からタイプ一致技で弱点を突けば容易に撃破はできる。
    ただ、特殊技の場合は特防が高めなので、Hに振られた耐久型だと耐えられることもあるので物理での対処が基本。