ジュペッタ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ジュペッタ/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


第6世代の型サンプル 節を編集

型サンプル1:いじっぱりHA先発型
性格 :いじっぱり
努力値:H252 A252
技構成:シャドークロー/ふいうち/おにび/みちづれ

主に先発で使用。
1ターン目にいたずらごころが未適用なことと耐久の関係上サポートをメインにするのは厳しいので、
先制みちづれができるアタッカーとして運用。
メガシンカさえしてしまえば好きなタイミングで死に出し⇒みちづれが可能なため使うなら先発推奨。
シャドークローやふいうちの火力がそこそこあるため、1体突破してみちづれができる場面も多い。
型サンプル2:いじっぱりHB先発型
性格 :いじっぱり
努力値:HBベースS調整
技構成:みちづれ/おにび/かげうち/はたきおとす

主に先発で使用。
HBベースにする利点として先制おにびを合わせた物理耐久で物理アタッカーに対し強気に出ていけることや、
A特化メガガルーラのかみくだくを耐えつつおにびを入れられるため最低限の役割破壊ができることが挙げられる。
A無振りでもA特化メタグロスとほぼ同じ実数値になるため火力に関しては不自由しない。
型サンプル3:いじっぱりHBねこのてPT型
性格 :いじっぱり
努力値:HBベースS調整
技構成:みちづれ/ゴーストダイブ/まもる/よこどり

ねこのてパーティで使用。
メガジュペッタはねこのての対象外になる技だけでもそこそこ使えるため、ねこのて構築に組み込める。
初手まもるでメガシンカ→みちづれ→ゴーストダイブが基本で、相手の行動に合わせてよこどりを使う。
1対1交換以上は確実にできる上、つるぎのまい等をよこどりすれば全抜きも可能。

レパルガッサの弱点であるむしのさざめきを受けられるため、相性補完に優れる。
ただし、メガガルーラを筆頭にノーマルタイプには有効打が無く、みちづれのPPが切れるまで交代されるだけなので注意。

タグ: ノート