データ集/オシャレボール - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

オシャレボール 節を編集



オシャレボール(オシャボ)とは 節を編集

オシャレボール(略称:オシャボ)とは、ポケモンの育成におけるオマケ要素であり、
ポケモンを捕獲する各種モンスターボールを個人が任意に選択し、ポケモンのコレクション性を高めるプレイスタイル、およびそのボールのことである。
第6世代において、タマゴから孵化したポケモンが親となったポケモンのボールを引き継ぐ仕様となったことで広く認知・普及した。
ポケモンの外見・設定、あるいはトレーナーのこだわりなどによって似合うボールが選択され、
ポケモンとボールの組み合わせによっては希少性の高いものもあり、珍重される。
当然ながら入っているボールによるステータスの違いは存在しないため、ポケモンの対戦には本来関係ない要素である。

しかしながら、オシャボには育成上の制限がいくつか存在し、
入っているボールによっては、そのポケモンの特性・技構成を推定することが可能な場合がある。
このページでは、そのデメリットを知ることで対戦時の情報アドバンテージを確保することを目的として資料をまとめる。

対戦用のポケモンでオシャボを使用する場合はこれらのデメリットを理解したうえで上手く無視・軽減していくべきだろう。


オシャボのデメリット 節を編集

具体的なオシャボのデメリットとは、特性・ボールの遺伝の仕様から
「隠れ特性の有無」「過去作限定の技の有無」がボールからポケモンを繰り出した時点で判明することである。
実際には繰り出し時点でそれらが確定するポケモンは少ないものの、「オシャボ」「隠れ特性」「過去作技」の両立能否については多くのポケモンが該当し、
「隠れ特性だから過去作技はない」あるいは逆に「過去作技があるから隠れ特性ではない」という推定は簡単に成り立つ。

対戦でのポイント 節を編集

通常のレーティングバトルでは第5世代以前のポケモンは使用できないため、
第6・第7のどちらの世代で捕まえたかが焦点となる。
WCSルールなど過去作の個体が使用できないルールでは、第4世代出身の両性のないポケモンに夢特性がないこと以外のデメリットはなくなる。

  • 主に注意すべきボール
    ボール解説
    ウルトラボール第7世代出身であり、過去作技がないことが確定する。
    対戦では第7世代で登場したポケモン以外には使用すべきではない。
    サファリボール第4世代の個体を親としていることが確定し、隠れ特性と過去作技とのどちらかしか持ち得ない。
    両方の性別が存在しないポケモンについては隠れ特性でないことが確定する。
    対戦では隠れ特性のないポケモン以外には使用すべきではない。
    コンペボールサファリボールと同様。
    入れられるポケモンは全て隠れ特性を持つため対戦では使用すべきではない。
    ガンテツボールそのポケモンが登場する世代によってウルトラ/サファリと同様の制限がかかる。
    対戦では基本的に使用すべきではない。
    プレシャスボール配布により入手した個体であることが確定する。
    特性・性格・技構成など、多くの情報が露見する恐れがあるため、理由なく使用すべきではない。

ボール別の世代ごとの対応表 節を編集

項目説明
ボールモンスターボールのグループ
隠れ特性「かくれとくせい」を持ったポケモンが存在しうるかどうか。
タマゴ技「タマゴ技」を覚えさせられるかどうか。
世代技「世代限定技(わざマシン・教え技)」を覚えさせられるかどうか。
出身世代その世代で各要素を持ったポケモンを新規に入手できるかどうか。
数字1~7各世代を表す。1はVC版赤緑青ピカチュウを指す。
背景色そのボールで野生のポケモンを捕獲できない世代。

ボール要素出身世代備考
モンスターボール隠れ特性1--567第1世代:全て隠れ特性。
タマゴ技-34567
世代技134567第1世代:第3~6世代の技との両立不可。
マスターボール隠れ特性---567
タマゴ技---56-第5世代:PDWに出現するポケモンの一部が覚えている。
第6世代:ORASのずかんナビを用いることで1つだけ覚えられる。
世代技-34567
世代共通ボール隠れ特性---567
タマゴ技---567第5世代:PDWに出現するポケモンの一部が覚えている。
世代技-34567
クイックボール
ダークボール
ヒールボール
隠れ特性---567
タマゴ技---567第5世代:PDWに出現するポケモンの一部が覚えている。
世代技--4567
サファリボール隠れ特性-----7両性が存在しないポケモンは両立不可。
タマゴ技----67第6世代:両性が存在しないポケモンは両立不可。
世代技-34567
コンペボール隠れ特性-----7
タマゴ技----67
世代技--4567
ガンテツボール隠れ特性-----7
タマゴ技----67
世代技--4567
ドリームボール隠れ特性---567第5・6世代:♀が存在しないポケモンは全て隠れ特性。
タマゴ技---567第5世代:PDWに出現するポケモンの一部が覚えている。
世代技---567
ウルトラボール隠れ特性-----7
タマゴ技-----7
世代技-----7
プレシャスボール隠れ特性---567
タマゴ技------
世代技--4567
  • 表中での組み合わせ自体は可能でも、ポケモンごとにその世代・バージョンで出現するかは異なり、両立の能否は変わる。
    例)オニドリルはガンテツボールに入っていても4・6・7のどの世代で捕まえたかわからないが、
      第6世代で登場したファイアローは第7世代の出身が確定し、過去作技との両立が不可能となる。

モンスターボールの種類と概要 節を編集

使用可能なモンスターボールには、第7世代現在26種類が存在しており、いくつかのグループにわけることができる。

世代共通ボール(11種)
モンスターボール
スーパーボール
ハイパーボール
マスターボール
プレミアボール
ネットボール
ネストボール
タイマーボール
リピートボール
ダイブボール
ゴージャスボール
第3世代以降の全ての世代で使用可能なボール。
育成上の制限は存在しない。

唯一、マスターボールは親からボールが遺伝しないため、野生のポケモンとして捕まえたことが確定する。
これにより基本的にはタマゴ技を覚えていないことになるが、
第5世代の「ハイリンクの森」では出現するポケモンの一部が、
第6世代(ORAS)ではずかんナビを使うことで出現するポケモンが覚えているため、
この6作で出現するポケモンについては例外となる。
第4世代以降(3種)
ヒールボール
クイックボール
ダークボール
第4世代以降全ての世代で使用可能なボール。
このボールに入ったポケモンは第3世代限定技との両立ができない。
第4世代以降に登場したポケモンに関してはなんの制限もない。
サファリボール
サファリボール
第3・4世代の「サファリゾーン(RSE/FrLg/HgSs)」「ノモセだいしつげん(DPt)」でのみ使用可能なボール。
このボールに入ったポケモンは「隠れ特性」と「過去作技」の両立ができない。
♀が存在しないポケモンは第7世代でも「隠れ特性」が存在しない。
コンペボール
コンペボール
第4世代の「虫取り大会(HgSs)」でのみ使用可能なボール。
このボールに入ったポケモンは「隠れ特性」と「過去作技」の両立ができない。
ガンテツボール(7種)
スピードボール
レベルボール
ルアーボール
ヘビーボール
ラブラブボール
フレンドボール
ムーンボール
第4世代(HgSs)と第7世代(SM)でのみ使用可能なボール。
第4世代にしか出現しないポケモンは「隠れ特性」と「過去作技」の両立ができない。
ドリームボール
ドリームボール
第5世代の「ハイリンクの森」と(BW2)連動ソフト「ポケモンARサーチャー」でのみ使用可能なボール。
「第5世代限定技」は「通常特性」「タマゴ技」との両立ができない。
♀が存在しないポケモンは第6世代までは「通常特性」が存在しない。
ウルトラボール
ウルトラボール
第7世代(SM)のみで使用可能なボール。
このボールに入ったポケモンは「過去作技」を覚えられない。
プレシャスボール
プレシャスボール
第4世代で登場した配布ポケモン専用のボール。
ポケモンによっては特性や性格を特定できる場合があり、限定技の使用も考慮されうる。

タグ: データ集