データ集/技の効果/攻撃技1 - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

データ集/攻撃技 節を編集

読みやすくするため、五十音順に並べて効果が同じ場合は読みが早い方に誘導してください。



技の効果・攻撃技 節を編集

共通の特徴
「ちょうはつ」状態でも使う事ができる。
自分より先に行動した相手の「ふいうち」が成功する。
「さきどり」の対象になる。
「よこどり」「マジックコート」の対象にならない。

通常攻撃技 節を編集

通常のダメージ計算が行われ、特殊な効果や威力の変化などがない技。

  • はたく、メガトンパンチ、ひっかく、はさむ、いあいぎり、たたきつける、メガトンキック、つのでつく、たいあたり、かいりき、タマゴばくだん、
    つばさでうつ、つつく、ドリルくちばし、つるのムチ、タネばくだん、パワーウィップ、メガホーン、シザークロス、いわおとし、ドラゴンクロー、アクアテール
    グランドフォース、はなふぶき
  • みずでっぽう、ハイドロポンプ、りゅうのはどう、パワージェム、ハイパーボイス、ばくおんぱ、マジカルシャイン、ようせいのかぜ
  • ネコにこばん

固定ダメージ技 節を編集

相手に固定ダメージを与える攻撃技。
「カウンター」「ミラーコート」「メタルバースト」可能
「みちづれ」可能
「きあいのハチマキ」「きあいのタスキ」「こらえる」「がんじょう」で耐えることができる
ダメージ計算は行われない。
タイプ相性の影響は無効の場合のみ受ける
特性「ふゆう」の影響を受ける。
特性「ふしぎなまもり」の影響を受ける(効果抜群となるタイプの技ならダメージを与えられる)
急所に当たらない
攻撃・防御・特攻・特防の影響を受けない
「ホズのみ」の影響を受けない(発動しない)
「いのちのたま」によるダメージ増加はないが、HPは減少する(未確認)
「さきどり」「てだすけ」などの影響を受けない
技によってダメージ量が異なる。
ダメージ量
自分の残りHPと同値いのちがけ
相手の残りHPと同値つのドリル、ハサミギロチン、じわれ、ぜったいれいど
相手の残りHP×0.5いかりのまえば
相手の残りHP-自分の残りHPがむしゃら
20ソニックブーム
40りゅうのいかり
攻撃側のレベルと同値ちきゅうなげ、ナイトヘッド
攻撃側のレベル×0.5~1.5(11段階)サイコウェーブ
最後に受けたダメージ×1.5メタルバースト
最後に受けたダメージ×2カウンター、ミラーコート
一撃必殺技(つのドリル、ハサミギロチン、じわれ、ぜったいれいど)のみの特徴
命中率=30%+自分のレベル-相手のレベル。
⇒命中率・回避率補正(ランク・特性・持ち物)の影響を受けない。
⇒「ノーガード」「こころのめ」「ロックオン」により必中になる。
特性「がんじょう」のポケモンには無効。
自分よりレベルの高い相手には無効。
特性「きけんよち」の対象になる。
「じわれ」は地中にいる相手にも当たる。(必中ではない)
「がむしゃら」のみの特徴
相手の残りHPが攻撃側の残りHP以下(未満?)の場合は失敗する。
「いかりのまえば」で残りHPが1のポケモンを攻撃した場合、相手に1ダメージを与えられる。
「いかりのまえば」「がむしゃら」でみがわりに攻撃した場合、本体の残りHPで換算され、みがわりの破壊も可能。
「カウンター」「ミラーコート」は優先度-5
「ねこのて」で選ばれない。
「オウムがえし」で返せない。
最後に受けたダメージ(カウンター、ミラーコート、メタルバースト)
連続攻撃技に対しては、最後の1回のダメージ
弱点半減の木の実が発動した場合は、その補正後のダメージ
最後に受けた技が「ふくろだたき」の場合は失敗する(未確認)
ダブルバトルで複数のポケモンに攻撃された場合、最後に受けたダメージをそのダメージを与えてきたポケモンに返す。
最後のダメージを「みがわり」人形が代わりに受けていた場合、失敗する。

連続攻撃技 節を編集

大きく下記のグループに分かれ、それぞれ細かい特徴が異なる。
  • 2~5回連続で攻撃する。
    • おうふくビンタ、れんぞくパンチ、みだれづき、ミサイルばり、とげキャノン、たまなげ、みだれひっかき、ボーンラッシュ、つっぱり、タネマシンガン、つららばり、ロックブラスト、スイープビンタ
  • 2~5回連続で攻撃してかつ先制技
    • みずしゅりけん
  • 必ず2回攻撃する
    • にどげり、ホネブーメラン、ダブルアタック、ギアソーサー、ダブルチョップ
  • 必ず2回攻撃し、追加効果がある
    • ダブルニードル
  • 3回攻撃し、命中するごとに威力が上がる
    • トリプルキック
  • 手持ちのポケモンが攻撃に参加する
    • ふくろだたき
共通の特徴
命中判定はそれぞれの攻撃ごとには行われない(例外:トリプルキック)
追加効果(「ダブルニードル」「おうじゃのしるし」)の判定は、それぞれの攻撃ごとに行われる
急所に当たるかどうかの判定は、それぞれの攻撃ごとに行われる。
「さめはだ」「ほうし」などの特性の判定は、それぞれの攻撃ごとに行われる。技の途中で「ねむり」「ひんし」になった場合は技は中断される。
「きあいのタスキ」「がんじょう」「きあいのハチマキ」は判定ごとに行われる。すなわち、1回目で耐えても2回目以降の攻撃で倒れる場合はそのまま倒れる。
弱点半減の実・ホズのみの効果が出るのは最初のダメージ判定のみ。
「いのちのたま」によるHP減少は、攻撃回数に依らず1回のみ。
カウンターに適用されるのは最後の1回分のダメージ(総ダメージではない)。最後の1回のダメージが0の場合はカウンターは失敗する。
※みずしゅりけんは先制技。
トリプルキックについて
1ターンに最大3回攻撃する。
威力は1回目は10、2回目は20、3回目は30になる。
命中判定は攻撃のたびに行われ、はずれると以後の攻撃は行われない。
ふくろだたきについて(BWから威力表示が無くなったため変更された可能性あり。要確認)
「ひんし」や状態異常になっていない控えのポケモンが1回ずつ相手を攻撃する。
ダブル・トリプルバトルでも、隣にいる味方のポケモンは攻撃に参加できる。
ダブル・トリプルバトルで味方のポケモンに使用した場合も、そのポケモンが攻撃に参加する
ダメージ計算では「こうげき」の代わりに攻撃に参加するポケモンの攻撃種族値が使われる
ダメージ計算では「ぼうぎょ」の代わりに相手のポケモンの防御種族値が使われる
ランク補正や特性・持ち物などによる攻撃・防御の変化は全て無視される(未確認)
この技に対する「カウンター」は失敗する(未確認)
タイプ強化アイテム・「テクニシャン」「いのちのたま」「でんきだま」の効果を受けない(後ろ2つは要確認)
「てだすけ」の効果は受ける

※2~5回攻撃技の攻撃回数

攻撃回数確率
2回3/8
3回3/8
4回1/8
5回1/8

期待値は3回
ただし、特性「スキルリンク」のポケモンが使った場合は必ず5回攻撃になる。

束縛技 節を編集

  • しめつける、まきつく、ほのおのうず、からではさむ、すなじごく、まとわりつく、マグマストーム
  • うずしお
追加効果で、相手を「しめつける」状態などにする。
「しめつける」状態などのポケモンはターン終了後に(最大HP×1/8)だけHP減少する(特性「マジックガード」のポケモンはダメージを受けない)
既に「しめつける」状態などになっている場合は追加効果なし。
「しめつける」状態などは、「こうそくスピン」の追加効果で解除できる。
「しめつける」状態などは、「みがわり」を使うと解除される。
「しめつけバンド」を持っている場合、毎ターンのダメージが最大HP×1/6になる。
束縛技を使用したポケモンが交代などでいなくなると解除される。
継続ターン数は4~5(ランダム)
「ねばりのかぎづめ」を持っている場合は7ターン継続する。
最後のターンは解除メッセージのみでダメージなし。
拘束されている間はポケモンを入れ替えることができない。
「きれいなぬけがら」を持っているポケモンは交換可能。
ゴーストタイプポケモンは交換可能。
「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」による交換は可能。
「バトンタッチ」による交換は可能で、「しめつける」状態は引き継がれない。
「ほえる」「ふきとばし」「ともえなげ」「ドラゴンテール」による交換は無効化されない。
備考
「うずしお」は水中にいる相手にも威力2倍で命中する。
第5世代までターン終了時のダメージは1/16だった。

吸収技 節を編集

  • すいとる、メガドレイン、きゅうけつ、ギガドレイン、ドレインパンチ、ウッドホーン、パラボラチャージ
  • ドレインキッス、デスウイング
  • ゆめくい
相手にダメージを与えると自分のHPが回復する
回復量は与えたダメージの50%(ドレインキッス、デスウイングは75%
「おおきなねっこ」を持つポケモンの回復量は1.3倍になる
「かいふくふうじ」状態のポケモンがこの技を使うと技自体が失敗する
特性「ヘドロえき」のポケモンにダメージを与えた場合は回復せず、回復するはずだった分だけHPが減る
「みがわり」状態のポケモンにも有効(例外:ゆめくい)
パラボラチャージは自分以外攻撃技
「ゆめくい」のみの特徴
「ねむり」状態のポケモンに対してのみ有効。
「みがわり」状態のポケモンには無効

必中技 節を編集

データ集/技の効果/その他の技参照。

先制攻撃技 節を編集

優先度+1
でんこうせっか、マッハパンチ、しんくうは、バレットパンチ、こおりのつぶて、かげうち、アクアジェット、ふいうち、みずしゅりけん
優先度+2
しんそく、フェイント
優先度+3
ねこだまし

先制技が使えるポケモン一覧
※ねこだまし・ふいうち・フェイントも先制攻撃技だが仕様が異なるので注意(リンク先参照)

反動技 節を編集

技によって反動量が異なる。

反動
とっしん、じごくぐるま、アフロブレイク、ワイルドボルト与えたダメージの1/4
すてみタックル、ブレイブバード、ウッドハンマー与えたダメージの1/3
ボルテッカー与えたダメージの1/3
フレアドライブ与えたダメージの1/3
もろはのずつき与えたダメージの1/2

特性「いしあたま」「マジックガード」のポケモンは反動を受けない。
特性「すてみ」のポケモンが使う場合、威力1.2倍。
「フレアドライブ」は「こおり」状態でも使用でき、使用した場合「こおり」状態が治る。

急所技 節を編集

急所参照。

急所ランク+1
からてチョップ、はっぱカッター、クラブハンマー、きりさく、エアロブラスト、クロスチョップ、エアカッター、リーフブレード、ドリルライナー、つじぎり、シャドークロー、サイコカッター、ストーンエッジ、こうげきしれい、あくうせつだん、ポイズンテール、クロスポイズン、ゴッドバード、かまいたち、ブレイズキック
急所ランク+3(必ず急所に当たる)
やまあらし、こおりのいぶき

はかいこうせん系 節を編集

  • はかいこうせん、ブラストバーン、ハイドロカノン、ハードプラント、ギガインパクト、がんせきほう、ときのほうこう
攻撃が命中した場合、次のターンは反動で動けない。交代も不可。
相手に数値上のダメージを与えられなかった場合(身代わりに攻撃、HP1で「きあいのハチマキ」など)も、次のターンは反動で動けない。
攻撃が外れた・守られた場合は次のターンの行動制限はなし。
反動で動けないターンは相手の「ふいうち」は失敗する
「いちゃもん」状態のとき、反動で動けなかったターンを挟んだ次の行動でも同じ技を使う事ができない。
とくせい「なまけ」で反動のターンを消化できる(交代することはできない)。

1ターン消える技 節を編集

  • そらをとぶ・とびはねる・あなをほる・ダイビング・ゴーストダイブ・シャドーダイブ
    1ターン溜めて2ターン目に攻撃する。
    「パワフルハーブ」を持っている場合は消費し、そのターンだけ溜めなしで即座にダメージを与えられる。
    相手の「ふいうち」は1ターン目・2ターン目のどちらも成功する(ただし場にいない相手に命中させられる訳ではない)。
    特性「ノーガード」、相手の「ロックオン」「こころのめ」の効果がある場合はどの場合においても相手の攻撃が命中する。
    溜めてから攻撃までの間は一部の例外を除き相手の技が当たらない(味方の「てだすけ」も含む)。「なきごえ」等の変化技も基本的に当たらないが、いかくは普通に通る。
    どくタイプからの「どくどく」は1ターン消えている間も必ず受ける。
そらをとぶ・とびはねる
空中にいる間も「すなあらし」「あられ」のダメージを受ける。
相手の「スカイアッパー」は命中する。
相手の「ぼうふう」は命中する。
相手の「かみなり」は命中する。必中ではない。
相手の「たつまき」「かぜおこし」が威力2倍で命中する。
場が「じゅうりょく」状態のときは技を選択することができない。
空中にいる時に「じゅうりょく」状態になると、技そのものが解除される。
あなをほる
地中にいる間は「すなあらし」「あられ」のダメージを受けない。
相手の「じしん」「マグニチュード」が威力2倍で命中する。
相手の「じわれ」は命中する。必中ではない。
地中にいる間は「ひざしがつよい」時の「かんそうはだ」でダメージを受けない。
地中にいる間も「あめがふりつづいている」時の「かんそうはだ」でHPを回復できる。
ダイビング
水中にいる間は「すなあらし」「あられ」のダメージを受けない。
相手の「なみのり」「うずしお」が威力2倍で命中する。
ゴーストダイブ・シャドーダイブ
姿が消えているときも「すなあらし」「あられ」のダメージを受ける。
相手の「まもる」「みきり」「ワイドガード」「ファストガード」「たたみがえし」状態を解除して攻撃することができる。

ふみつけ技 節を編集

  • ゴーストダイブ・シャドーダイブ・ドラゴンダイブ・のしかかり・ハードローラー・ヒートスタンプ・ふみつけ・フライングプレス・ヘビーボンバー
    相手が「ちいさくなる」状態の時は必中かつ、ダメージが2倍になる。

誓い技 節を編集

  • ダブル・トリプルでのみ組み合わせると4ターン(発生ターン含む)場の状態を変化させる。
    • 草の誓い + 水の誓い→湿原(相手の素早さを6段階下げる)
    • 炎の誓い + 草の誓い→焼野原(相手のHPをターンごとに1/8減少させる)
    • 水の誓い + 炎の誓い→虹(味方の追加効果発生確率が上昇)

以下、トリプルwikiより転載。

  • 最初に「誓い」を使ったポケモンは「待っている」状態となり、その直後にもう一体のポケモンは「コンビネーション技」を使用する。
    (以下、誓いを最初に使ったポケモンをトス役、後に使ったポケモンをアタック役とする)
  • コンビネーション技の詳細
    タイプ分類PP効果
    草の誓い+水の誓い150100くさ特殊104ターンの間、相手の場に湿原を発生させる
    炎の誓い+草の誓い150100ほのお特殊104ターンの間、相手の場に焼野原を発生させる
    水の誓い+炎の誓い150100みず特殊104ターンの間、味方の場に虹を発生させる
  • コンビネーション技のダメージは、アタック役のステータスに依存する
  • トス役が行動不能な場合、アタック役は通常の誓い技を使用する。
  • コンビネーション技を「まもる」や特性の効果で無効化された場合、場は変化しない。
  • コンビネーション技は常にタイプ一致技として扱われる(ドーブルが使用した場合でも同様)
  • 誓いを3匹のポケモンで使用すると、最初の2匹のコンビネーション技が発動する。
  • 特性「しんりょく」「もうか」「げきりゅう」はコンビネーション技のタイプが該当するタイプの場合のみ発動する。

だいばくはつ・じばく 節を編集

ダブルバトルでは自分以外の3体に当たる。
使うと自分がひんしになる。自分の「きあいのタスキ」「きあいのハチマキ」「がんじょう」も無効。

「いのちのたま」による補正を受ける。
場に特性「しめりけ」のポケモンがいる時は失敗する(自分はひんしにならない、PP消費する)。技を選ぶことはできる。
自分が技を使う前に、自分以外のポケモンがすべてひんしになった場合は失敗する(自分はひんしにならない)。
ダブルバトルで対象が「2体」だった場合のみ、与えるダメージが3/4にならない(ダブルバトル参照)
特性「きけんよち」の対象になる。

こおりが溶ける技 節を編集

  • 自分が「こおり」状態でも使用でき、使用した場合「こおり」状態が治る。
    • かえんぐるま・フレアドライブ・せいなるほのお・クロスフレイム・ねっとう
  • 相手の「こおり」状態が治る技
    • 炎タイプの攻撃技、ねっとう

追加効果 節を編集

確率102030405070100
どくポイズンテール
クロスポイズン
ヘドロウェーブ
ダブルニードルどくばり
ヘドロこうげき
ヘドロばくだん
どくづき
ダストシュート
スモッグ
もうどくどくどくのキバ
やけどほのおのパンチ
ひのこ
かえんほうしゃ
だいもんじ
ねっぷう
かえんぐるま
ブレイズキック
フレアドライブ
ほのおのキバ
あおいほのおふんえん
かえんだん
ねっとう
せいなるほのおれんごく
こおりれいとうパンチ
れいとうビーム
こなゆき
ふぶき
こおりのキバ
まひかみなりパンチ
でんきショック
10まんボルト
ボルテッカー
かみなりのキバ
らいげきのしかかり
したでなめる
スパーク
りゅうのいぶき
はっけい
ほうでん
かみなり
とびはねる
でんじほう
ほっぺすりすり
ねむりいにしえのうた
こんらんサイケこうせん
ねんりき
シグナルビーム
ピヨピヨパンチ
みずのはどう
ロッククライム
ぼうふうばくれつパンチ
おしゃべり
ひるみホネこんぼう
ひっさつまえば
じんつうりき
ほのおのキバ
こおりのキバ
かみなりのキバ
たきのぼり
あくのはどう
ドラゴンダイブ
しねんのずつき
たつまき
まわしげり
ずつき
かみつく
いわなだれ
ニードルアーム
おどろかす
エアスラッシュ
アイアンヘッド
ゴッドバード
ふみつけ
いびき
つららおとし
ハートスタンプ
ハードローラー
ねこだまし
確率102030405070100
相手攻撃↓オーロラビーム
じゃれつく
相手防御↓かみくだくアイアンテールいわくだき
ブレイククロー
シェルブレード
相手特攻↓ムーンフォースミストボールむしのていこう
バークアウト
マジカルフレイム
相手特防↓↓シードフレアアシッドボム
相手特防↓ようかいえき
サイコキネシス
むしのさざめき
きあいだま
エナジーボール
だいちのちから
ラスターカノン
シャドーボールラスターパージ
相手素早↓バブルこうせん
からみつく
あわ
こごえるかぜ
がんせきふうじ
マッドショット
こごえるせかい
じならし
ローキック
相手命中↓だくりゅう
どろばくだん
ミラーショット
ナイトバーストオクタンほう
グラスミキサー
どろかけ
確率102030405070100
攻撃↑メタルクローコメットパンチグロウパンチ
防御↑はがねのつばさロケットずつき
特攻↑ほのおのまいチャージビーム
素早↑ニトロチャージ
全能力↑げんしのちから
ぎんいろのかぜ
あやしいかぜ
攻撃・防御↓ばかぢから
防御・特防↓インファイト
防御・特防・素早↓Vジェネレート
特攻↓↓オーバーヒート
サイコブースト
りゅうせいぐん
リーフストーム
素早さ↓アームハンマー
能力変化解除クリアスモッグ
その他トライアタックひみつのちからなげつける
確率102030405070100

※「ダブルニードル」の追加効果発動率は実質36%
※ほのおのキバ・かみなりのキバ・こおりのキバの2つの追加効果(確率はそれぞれ10%)は独立。両方発生することもありうる。

ア行 節を編集

アイスボール 節を編集

5ターン続けて攻撃し、その間は交代したり他の技を選んだりする事ができない。5ターン目の攻撃が終了するか、その前に攻撃が外れると、自由に動けるようになる。
威力は30から始まり、ターン毎に倍になっていく(30→60→120→240→480)
まるくなる状態のポケモンが使用した場合、威力が2倍。(60→120→240→480→960)

同じ効果の技
ころがる

アクロバット 節を編集

自分が道具を持っていないと威力が2倍になる。

アシストパワー 節を編集

エスパータイプの威力20で始まり、能力上昇+1ランクごとに威力+20
上限無しの可能性が高い(あったとしても威力700近くまでは上がるので実践では気にする必要が無い)。
上限は860(公式攻略本情報)。つまり、攻撃・防御・特攻・特防・素早さ・命中・回避の全てを6段階上げきったら上限。

+  検証結果

あばれる 節を編集

技選択時に2or3ターンが乱数で決定され、決定されたターンの間攻撃し続ける。その間は交代など全ての指示ができない。
決定されたターンの終了時に自分がこんらん状態になる。
決定されたターン以前に攻撃が外れたり怯まされた場合は攻撃が終了し、こんらん状態にもならないが、
決定されたターンに到達していた場合、攻撃は終了し、こんらん状態になる。
これらの混乱は「しんぴのまもり」では防げない。
とくせい「マイペース」を持っていれば混乱しない。その場合「○○はつかれはててこんらんした」という表示は出ない。

同じ効果の技
はなびらのまい、げきりん

イカサマ 節を編集

相手の「攻撃」ステータスをそのまま利用してダメージ計算を行う。
この計算には上昇・下降ランクも含まれる。
↑厳密には相手のパラメータ上の「攻撃」、そして相手に掛かっている能力変化を2つセットで利用している。
だからどうしたと言えばそれまでというレベルの話だけど、てんねん同士でいばるイカサマが効かなく、自分のみてんねんの普通のいばるイカサマではきっちり能力変化後の相手の攻撃でダメージ計算を行っていたので、一応書いておく。

持ち物「ふといホネ」や特性「ちからもち」は影響されない?(要検証)
「攻撃」だけでなく「素早さ」も利用する可能性アリ(要検証)

いかり 節を編集

使うと「いかり」状態になる。
「いかり」状態の時に技によるダメージを受けると攻撃ランクが+1される。
「いかり」状態の時に複数回攻撃する技を受けた場合、攻撃された回数分だけ攻撃ランクが上がる。
「いかり」状態は他の技を使うと解除される。
「いかり」状態が解除されても、攻撃ランク上昇は残る。バトンタッチで引き継ぐこともできる。

いにしえのうた 節を編集

メロエッタ ボイスフォルムが使用すると、ステップフォルムにフォルムチェンジする。
タイプ相性や「まもる」などで無効化された場合はフォルムチェンジしない。

いのちがけ 節を編集

自分は瀕死になるが相手に自分の現在HP分だけダメージを与える。
技が無効になったり当たらなかった場合には瀕死にならない

いびき 節を編集

自分がねむり状態の時でなければ失敗する。

ウェザーボール 節を編集

命中100、PP10の特殊技。天候によってタイプと威力が変わる。

天候タイプ威力
通常時ノーマル50
ひざしがつよいほのお100
あめみず100
すなあらしいわ100
あられこおり100

タイプ一致による補正(1.5倍)や、晴れ・雨の時の補正(1.5倍)、各種タイプのジュエル(1.5倍)の効果を受ける。

うちおとす 節を編集

ひこうタイプや特性「ふゆう」の相手にじめんタイプの技が当たるようになる
そらをとぶ・とびはねる状態、フリーフォール時の相手にもダメージと追加効果を与えられるが、
じゅうりょくなどと違って空中待機状態が解除にはならない。
また撃ち落された後もそれらの技を使用可能。
身代わり状態の相手に対しては追加効果無効。
撃ち落した場にまきびし・どくびし・ねばねばネット等が既に設置されていても発動したりはしない。

エコーボイス 節を編集

自分や味方が連続して使うと威力が上がる
1回ごとに40ずつ上昇。最高威力200。
(40→80→120→160→200→200→…)

1ターンの中のどこかに『●●のエコーボイス!』と表示されれば、
相手が霊であれ守るであれ、次のターンに威力は引き継がれる。

相手より先制し、エコーボイスを出した後で味方が倒れた場合は次のポケモンにも威力が引き継がれる。
エコーボイスを選んでいても技を出す前に倒された場合は引き継がれない。

エレキボール 節を編集

A=floor(自分の実際の素早さ÷相手の実際の素早さ)
威力=30×A+10×|A-2|+20
ただし最高威力は150(=素早さに4倍の差があれば最高威力になる)
※floor()は床関数を表す

「実際の素早さ」は、ステータスランクの増減、まひ、「くろいてっきゅう」などによる補正を含めた数値。
素早さが変動したからといって、それが必ずしも威力の変動に結びつかないことには注意したい。
「トリックルーム」状態は威力に影響しない。

すばやさ種族値表の ◆種族値による実際の能力の違いも参照。

上記の計算式により、自分の素早さが相手の素早さの
1倍未満であれば威力40
1倍以上2倍未満であれば威力60
2倍以上3倍未満であれば威力80
3倍以上4倍未満であれば威力120
4倍以上であれば威力150
となる。

おいうち 節を編集

対象のポケモンが交代をしようとした場合、相手の交代前に威力2倍で攻撃できる。
「とんぼがえり」・「ボルトチェンジ」にも有効。
「バトンタッチ」には効果がない。 
「きれいなぬけがら」を持つポケモンにも有効。
相手が「みがわり」状態で引っ込める時のおいうちはみがわりが代わりに攻撃を受ける。

味方のポケモンには通常の効果しか働かない。
「いやしのねがい」「みかづきのまい」に有効かどうかは不明。
ダブルバトルで使用した場合どちらかが交代すれば攻撃対象に選んでいなくてもそちらに「おいうち」する。
ダブルバトルで相手が両方が交代した場合、先に交代した方に「おいうち」する。後に交代した方には攻撃しない。

なお、第四世代前半でみられた特殊な効果(自分のこだわり系を固定しない、いのちのたまのダメージがない、相手のきあいのタスキを貫通する等)は修正されている。

おしおき 節を編集

相手のステータス・回避率・命中率の上昇ランク合計によって威力が決まる。

ランク上昇数合計威力
060
180
2100
3120
4140
5160
6180
7以上200
「みやぶる」「かぎわける」「ミラクルアイ」を受けている場合
回避率上昇のランクもランク上昇数合計にカウントする
ランクが上昇しているステータスと、減少しているステータスがある場合
上昇ランクだけの合計によって決まる。
例:攻撃+1・防御+1・素早さ-1⇒ランク上昇数合計2、威力100

おんがえし 節を編集

なつき度が高いほど威力が高い(威力=なつき度×2/5)

最高威力は102
最低威力は1

カ行 節を編集

かぜおこし 節を編集

空中の相手にも威力2倍で命中する。

同じ効果の技
たつまき

かたきうち 節を編集

味方が倒れた次のターンに使うと威力が2倍になる。

かまいたち 節を編集

ダブルバトルでは相手2体に当たる。急所に当たりやすい。
「パワフルハーブ」を持っている場合は消費し、そのターンだけ溜めなしで即座にダメージを与えられる。
相手の「ふいうち」は1ターン目・2ターン目のどちらも成功する。

がまん 節を編集

全ての過程において優先度+1
「相手がゴーストタイプでも反撃が当たる」という効果は第5世代で消滅している。

かみなり 節を編集

「ひざしがつよい」時には命中率が50%になる。
「おおあめ」時には必中になる。
「すなあらし」「あられ」時には命中率は変化しない。
相手が「そらをとぶ」「とびはねる」で上空にいても当たる。(必中ではない)

からげんき 節を編集

攻撃したポケモンが「どく」「やけど」「まひ」「もうどく」状態のとき威力が2倍になる。
「ねむり」「こおり」「こんらん」状態では威力は上がらない。
自分が「やけど」状態でも与えるダメージが半減しない。

かわらわり 節を編集

相手にかかっている「リフレクター」の効果を無視して攻撃する。
相手にかかっている「ひかりのかべ・リフレクター」を破壊して、効果を消す。
「ひかりのかべ・リフレクター」が両方かかっていた場合、両方破壊する。

きあいパンチ 節を編集

優先度-3
技を使う前にダメージを受けている場合、失敗する。
ただし、ダメージを受けたのが「みがわり」人形の場合は失敗しない。
「いたみわけ」などによるHP減少はダメージとして扱われず、技を受けても「きあいパンチ」は成功する。
「ねごと」「ねこのて」で選ばれない。
「オウムがえし」で返せない。
「しゅうちゅうりょくをたかめている」のメッセージは交換より先に表示される。
技を使用したと判定されるのは攻撃した後なので「しゅうちゅうりょくをたかめた」後に「アンコール」を受けると
前のターンに使った技を拘束される。
「おさきにどうぞ」は有効(自分がダメージを受けていなければその場で割り込んで攻撃できる)。

きしかいせい 節を編集

使う側のHPに依存。

現在HP/最大HP威力
0/48~1/48200
2/48~4/48150
5/48~9/48100
10/48~16/4880
17/48~31/4840
32/48~48/4820
同じ効果の技
じたばた

きつけ 節を編集

対象がまひ状態だと威力が2倍になるが、攻撃された相手はまひ状態が治る。

きりふだ 節を編集

特殊ノーマル技。必中。PP:5、PPが少ないほど威力が上がる。

残りPP威力
5~840
450
360
280
1200

「ねごと」で使った場合、ねごとの残りPPによって技の威力が決定する。
きりふだの残りPPは一切影響しない(要検証)。

くさむすび 節を編集

相手の「おもさ」に依存して決まる。

おもさ威力
~9.9kg20
10.0kg~24.9kg40
25.0kg~49.9kg60
50.0kg~99.9kg80
100.0kg~199.9kg100
200.0kg~120

威力の詳細は体重表を参照。

同じ効果の技
けたぐり

クリアスモッグ 節を編集

必中技
命中率・回避率を無視して当てることができ、攻撃が当たると相手の能力変化を元に戻す。
タイプによって攻撃が無効化されたり、「みがわり」状態のポケモンに攻撃を当てても能力は戻らない?(みがわり要検証)

クロスサンダー 節を編集

そのターンにすでにクロスフレイムを使っていた場合に技を出すと威力が2倍になる

クロスフレイム 節を編集

そのターンにすでにクロスサンダーを使っていた場合に技を出すと威力が2倍になる
「こおり」状態でも使用でき、使用した場合「こおり」状態が治る。

げきりん 節を編集

あばれる」と同じ。

けたぐり 節を編集

くさむすび」と同じ。

ゲップ 節を編集

きのみを食べたことがないと失敗する。(「ゲップ」を選択することができない。)
1度きのみを食べた後ならば、その戦闘中はいつでも何度でも使用可能。
食べた後に交代していても使用可能。

要調査
むしくい・ついばむをされた時の挙動。

こうそくスピン 節を編集

追加効果
自分の場にある「まきびし」「ステルスロック」「どくびし」を解除する。
自分の「やどりぎのタネ」「しめつける」状態などを解除する。

ただし、ゴーストタイプに無効化or技が外れた場合は追加効果が発生しない。
「みがわり」状態のポケモンに使った場合でも効果は発生する。

こおりのいぶき 節を編集

必ず急所に当たる。
ただし特性「シェルアーマー」「カブトアーマー」と「おまじない」状態のポケモンにはこの効果は無効。

同じ効果の技
やまあらし

ゴッドバード 節を編集

急所に当たりやすく、30%の確率で相手をひるませる。
「パワフルハーブ」を持っている場合は消費し、そのターンだけ溜めなしで即座にダメージを与えられる。
相手の「ふいうち」は1ターン目・2ターン目のどちらも成功する。

ころがる 節を編集

アイスボール」と同じ。

サ行 節を編集

サイコショック 節を編集

ダメージ計算時に相手の『防御』を使用した計算を行う。

ひかりのかべで半減される。
ミラーコートで反射可能。カウンターは不可。

同じ効果の技
サイコブレイク、しんぴのつるぎ

サイコブレイク 節を編集

サイコショック」と同じ。

さばきのつぶて 節を編集

持たせた道具によってタイプが変わる。

持ち物タイプ
(下記以外)ノーマル
ひのたまプレートほのお
しずくプレートみず
いかずちプレートでんき
みどりのプレートくさ
つららのプレートこおり
こぶしのプレートかくとう
もうどくプレートどく
だいちのプレートじめん
あおぞらプレートひこう
ふしぎのプレートエスパー
たまむしプレートむし
がんせきプレートいわ
もののけプレートゴースト
りゅうのプレートドラゴン
こわもてプレートあく
こうてつプレートはがね
ようせいプレートフェアリー

さわぐ 節を編集

3ターンの間、さわぐで攻撃し続ける。攻撃成功後、技終了まで、場をさわぐ状態にする。騒いでいるポケモンは行動選択できない(たたかう・ポケモン・シューター・にげるを選べず、自動でさわぐを使う)。
ダブル・トリプルの攻撃範囲は敵ランダム選択。
3ターン経つか、攻撃が不発だったターンの終わりにさわぐ状態が解除される。1ターン目に攻撃が不発だった場合さわぐ状態にならない。
さわいでいるポケモンが場を離れた時もアナウンスはないが解除される。

攻撃が不発の例
  • 相手がゴーストタイプでこうかがないようだ
  • 特性「ぼうおん」でこうかがないようだ
  • 攻撃が外れる
  • かなしばり
  • まもり・みきり
さわぐ状態の効果
  • さわぐ状態に&b(){なった瞬間に};、すべてのポケモンが目を覚ます。さわぐの効果で目をさますのはこのときだけ。
    • 1ターン目に不発してさわぐ状態にならなかった場合、さわぐの効果で目を覚ますことはない。
  • さわぐ状態になってからポケモン交代で眠っているポケモンを出しても&b(){通常通りのターン消費で};目を覚ます。
  • さわぐ状態になったときから後に、新たにねむり状態にしようとしても「しかし○○は騒いでいて眠れない!」「しかし○○は騒がしくて眠れない!」と表示され眠らない。
    • さわぐ状態のときにもあくびは問題なくは使えるが、眠らせることは難しい。詳細は下記。


      「あさのひざし」「こうごうせい」「つきのひかり」の回復量が最大HPの1/4になる
      回復量の変化についての効果はなくなっている。
+  あくびとさわぐ

しおふき 節を編集

威力は使うポケモンのHPに依存。
威力=150×現在HP÷最大HP。
ただし最低威力は1。

同じ効果の技
ふんか

しおみず 節を編集

相手の残りHPが半分以下(?)ならダメージ2倍(補正位置は不明)。

じしん 節を編集

地中の相手にも威力2倍で命中する。
場が「グラスフィールド」のとき威力が0.5倍になる。

しぜんのめぐみ 節を編集

持たせた木の実によってタイプと威力が変わる。命中100、PP10の物理技。
木の実を消費する。(相手に「まもる」で防がれたり、攻撃が命中しなくても消費する)

消費した木の実は「リサイクル」を使えば復活する。
「ひらいしん」「よびみず」では引き寄せられないが、特攻Upの効果は発動する。
特性「ぶきよう」のポケモンが使った場合は失敗する。
「さしおさえ」「はたきおとす」状態のポケモンが使った場合は失敗する。

タイプと威力のリストはしぜんのめぐみを参照。

じたばた 節を編集

きしかいせい」と同じ。

じだんだ 節を編集

前ターンにわざが失敗していた状態で使用すると威力が2倍になる。
条件を満たすのであれば「わざに失敗したポケモン」と「じだんだを使うポケモン」は別でもよい。

・条件を満たすもの
命中率によりわざが外れた。
「しかしうまく決まらなかった」で失敗した。
タイプ相性によりわざが「効果なし」となった。
「もらいび」など相手の特性によりわざが無効化された。
「しんぴのまもり」などわざの効果によりこちらのわざが無効になった。
まひ、ねむり、こおりといった状態異常や技効果(ひるみ、ちょうはつ等)により技が出せなかった。
特性「なまけ」によりわざが出せなかった。
能力ランクを変化させるわざが「これ以上あがらない」「これ以上さがらない」で不発した。
現在の天候と同じ天候変化わざを使用して不発した。
残りHPが足りないことにより「みがわり」が失敗した。

・条件を満たさないもの
相手が「まもる」「みきり」などを使用し、こちらのわざが無効化。
こちらが「まもる」を発動したうえで、Zワザなどの貫通効果を受けまもるが無力化。
こちらが「フリーフォール」を受けたことにより上空に飛び上がり、技が出せなかった。

しっぺがえし 節を編集

優先度0
通常威力50、攻撃対象の相手より後に行動した場合(相手が入れ替えた場合は含まない)の威力100

じならし 節を編集

相手の素早さを必ず1段階下げる。
場が「グラスフィールド」のとき威力が0.5倍になる。
「あなをほる」状態のポケモンには当たらない。

しぼりとる 節を編集

威力=(120×相手の現在HP÷相手の最大HP)+1
ただし最高威力は120

同じ効果の技
にぎりつぶす

ジャイロボール 節を編集

威力=(25×相手の実際の素早さ÷自分の実際の素早さ)+1
ただし最高威力は150(=素早さに6倍の差があれば最高威力になる)

「実際の素早さ」は、ステータスランクの増減、まひ、「くろいてっきゅう」などによる補正を含めた数値。
自分が「くろいてっきゅう」や「きょうせいギプス」、パワー系を持つと威力は2倍、麻痺すると威力は4倍となる。
「トリックルーム」状態は威力に影響しない。

すばやさ種族値表の ◆種族値による実際の能力の違いも参照。

しんぴのつるぎ 節を編集

サイコショック」と同じ。

シンクロノイズ 節を編集

全体攻撃。
自分と同じタイプを一つでも有する相手にのみダメージを与える。

スカイアッパー 節を編集

空中の相手にも命中する(必中ではない)。

せいなるつるぎ 節を編集

相手の能力変化(防御・回避率)に関係なくダメージを与える

同じ効果の技
なしくずし

ソーラービーム 節を編集

「ひざしがつよい」時には溜めなしで即座にダメージを与えられる。
「おおあめ」「すなあらし」「あられ」時にはダメージが半分になる。
「パワフルハーブ」を持っている場合は消費し、そのターンだけ溜めなしで即座にダメージを与えられる(「ひざしがつよい」時は消費しない)。
相手の「ふいうち」は1ターン目・2ターン目のどちらも成功する。

タ行 節を編集

たたりめ 節を編集

相手が状態異常のときダメージ2倍

たつまき 節を編集

かぜおこし」と同じ。

ダメおし 節を編集

相手が既に何らかのダメージを受けていた場合、ダメージ2倍(補正位置は不明)
「ステルスロック」「まきびし」「さめはだ」によるダメージ、こんらん、「わるあがき」による自傷ダメージを含む。
「みがわり」「はらだいこ」「のろい(呪い)」等の「HPを○○だけ消費」するものは含まない。

ついばむ 節を編集

相手のきのみを奪い、自分に効果を発揮する。
「たべのこし」「きのみジュース」を奪うことはできない。
奪うのはダメージ計算後なので、弱点半減の実の発動は防げない。
「ジャポのみ」は奪うことで発動を防げる。
特性「ねんちゃく」のポケモンに使った場合はダメージのみ。
特性「ぶきよう」のポケモンが使った場合は奪った木の実を使用できない(消費させることはできる)。

同じ効果の技
むしくい

テクノバスター 節を編集

持っているカセットによってタイプが変化する。

ブレイズカセットほのお
アクアカセットみず
フリーズカセットこおり
イナズマカセットでんき

ゲノセクト以外のポケモンが使用しても、持っているカセットによってタイプが変わる。

とっておき 節を編集

そのポケモンが覚えている技のうち、とっておき以外の1~3つの技全てを使用していなければ失敗する。
交代した場合は再び戦闘に出たときに再度他の技を使わなければならない。
また、覚えている技がとっておきのみだと失敗する。
一度条件を満たせば、交代しない限り連続で使うことはできる。(1回使ったら再び他の技を全部使ってから、というわけではない)

とどめばり 節を編集

この技で相手を倒すと、自分の攻撃が2段階上がる。

とびげり 節を編集

特性「すてみ」のポケモンが使う場合、威力1.2倍。
場が「じゅうりょく」状態のときは技を選択することができない。

攻撃が外れる(まもられる、効果がない場合なども含む)と、自分の最大HPの1/2だけ自分がダメージを受ける。
特性「マジックガード」のポケモンは一連の反動を受けない。

とびひざげり 節を編集

とびげり」と同じ。

ともえなげ 節を編集

攻撃後、相手を強制的に交代させる(身代わりには交代効果無効)
ダメージを与えてHPが減っても相手のきのみは使用されず、再び出されたときに発動する
技を使ったポケモンがさめはだ・てつのトゲ・ゴツゴツメットで倒れた場合、交代効果は発動しない

同じ効果の技
ドラゴンテール

トライアタック 節を編集

追加効果の確率は「やけど」「こおり」「まひ」を合わせて20%。

ドラゴンテール 節を編集

ともえなげ」と同じ。

どろぼう 節を編集

相手が持ち物を持っていて、尚かつ自分が持ち物を持っていない場合、奪って自分の持ち物にする。
奪うのはダメージ計算後なので、弱点半減の実の発動は防げない。
「ジャポのみ」「レンブのみ」は奪うことで発動を防げる。
「いのちのたま」を奪った場合は直後にHP減少あり。ただし、ダメージ増加は次のターンから。
「かいがらのすず」を奪った場合は直後にHP回復あり。
「みがわり」状態のポケモンに使った場合はダメージのみ。
特性「ねんちゃく」「マルチタイプ」のポケモンに使った場合はダメージのみ。
「ねこのて」で選ばれない。
「こだわりハチマキ」「こだわりメガネ」「こだわりスカーフ」を奪った場合、次のターンに選んだ技が固定される。
自分がジュエルを使用してこれらの技で攻撃した場合、そのときは持ち物は奪えない(どろぼう、ほしがる共に奪えないのを確認)

同じ効果の技
ほしがる

とんぼがえり 節を編集

「とんぼがえり」を使用した後、「とんぼがえり」を覚えた拘り持ちに交代すると、「とんぼがえり」しか打てない。
「とんぼがえり」を使用した後、怯みアイテム持ちに交換すると、とんぼがえりダメージにも怯み効果が付く。
相手に命中しなかった場合(「まもる」等、当たらなかった、効果がなかった場合)は、手持ちと交代することができない。
「とんぼがえり」を使用した後、「とんぼがえり」を覚えた控えが技「かなしばり」をされたら、「とんぼがえり」が封じ込まれる。
相手がカウンターをしていた場合、交代して出てきたポケモンがカウンターによるダメージを受けることになる。
特性「ありじごく」、「ねをはる」状態、「まきつく」などの拘束技、「くろいまなざし」を無効化して戻る事ができる。
相手の「交代したときのおいうち」の対象になる。
「だっしゅつボタン」持ちの相手に使用した場合、「だっしゅつボタン」は発動するが、「とんぼがえり」の効果による交代は発動しない(ダブルバトルで確認、仕様かバグかは不明)

同じ効果の技
ボルトチェンジ

ナ行 節を編集

なげつける 節を編集

持たせた道具によって威力・追加効果が変わる。
道具を消費する。(相手に「まもる」で防がれたり、攻撃が命中しなくても消費する)
持ち物が投げられない道具だった場合は失敗する。

与えるダメージは持ち物による補正を受ける
「くろいメガネ」「こだわりハチマキ」「いのちのたま」などでの威力の上昇
「ピントレンズ」「するどいツメ」による急所率の上昇

消費した道具は「リサイクル」を使えば復活する。
「はたきおとす」状態のポケモンが使った場合は失敗する。
「さしおさえ」状態のポケモンが使っても失敗しない。
特性「ぶきよう」のポケモンが使うと失敗する。
追加効果の確率は100%で、特性の影響を受ける(「りんぷん」で無効化など)。

威力・追加効果についてはなげつけるを参照。

なしくずし 節を編集

せいなるつるぎ」と同じ。

なみのり 節を編集

水中の相手にも威力2倍で命中する。

にぎりつぶす 節を編集

しぼりとる」と同じ。

ねこだまし 節を編集

優先度+3
100%の確率で相手をひるませる。
初回ターンか入れ替え直後のターンでなければ失敗する。

のしかかり 節を編集

「ちいさくなる」状態の相手に対しては威力2倍・必中。&30%でマヒ

ハ行 節を編集

はじけるほのお 節を編集

ダメージを与えた相手の隣の相手にも最大HPの1/16だけ固定ダメージを与える。
「隣」とあるが、たとえば右端のポケモンに攻撃すると真ん中に加え左端のポケモンにもダメージを与えられる。
火花によるダメージは「もらいび」で無効化されず、まもる・みきり・ワイドガード・こらえるで防ぐ事もできない。
ただし、特性「マジックガード」で防ぐことができる。

はたきおとす 節を編集

相手が持ち物を持っていた場合、相手の持ち物は使えなくなる
初回のみ技の威力が1.5倍になる。
交換しても効果は継続する。
「リサイクル」「トリック」「すりかえ」「なげつける」「しぜんのめぐみ」が失敗するようになる。
この効果を受けた時点で特性「かるわざ」が発動するが、交換すると「かるわざ」の効果だけが消える。
特性「ねんちゃく」「マルチタイプ」のポケモンに使った場合はダメージのみ
特性「りんぷん」のポケモンに使った場合も、持ち物を使えなくさせられる。
「バトンタッチ」で引き継がれない(未確認)
「みがわり」状態のポケモンに使った場合はみがわりへのダメージのみ。
メガストーンは叩き落とせない。技の威力も上がらない。
「じゃくてんほけん」や「ナモのみ」、「きあいのタスキ」の発動は防げない。
オボンのみ、レッドカード、脱出ボタン等は発動しない。

はなびらのまい 節を編集

あばれる」と同じ。

はめつのねがい 節を編集

タイプによる影響を受ける。
攻撃した側が交代したり、瀕死になっても効果は無くならない。
攻撃された側が交代しても効果は残るが、瀕死になった場合は効果は無くなる。
「まもる」「みきり」で防げない。「こらえる」で耐えることができる。
特性「マジックガード」にダメージを与えられる。
2ターン後の攻撃が終了するまでは、同じ相手に使用しても効果がない。
「みがわり」人形が出ている相手に対しては、「みがわり」人形にダメージを与える(使用したターンの人形の有無は関係なし)
相手の「ふいうち」は「みらいよち」使用ターンのみ成功する。
ポケモンが倒れたターンには「みらいよち」のダメージは無効化される

第5世代の仕様

みらいよち→わるだくみ=ダメージはわるだくみ使用&bold(){後};のもの
みらいよち→(相手が)ドわすれ=ダメージはドわすれ使用&bold(){後};のもの&bold(){(壁によるダメージ軽減もある)};
みらいよち→敵Aが交代して敵Bと対峙=敵&bold(){B};の特防で算出したダメージを敵Bに与える&bold(){(敵Aは影響なし)};
みらいよち→発動ターンに相手がそらをとぶ=うまくきまらなかった
みらいよち→ダメージのターンに相手が倒れるメッセージ、ダメージ無し

つまり基本的に通常の攻撃と同様に扱われ、
2ターン後の攻撃時点のランク、2ターン後の攻撃時点の攻撃対象の特防に基づきダメージが計算される
なお、みらいよち使用者が2ターン後の攻撃時点で場にいない場合のみらいよちのダメージは
みらいよち使用者の特攻に基づき、ランク補正0でダメージ計算がされる。
バトンタッチによってみらいよち使用者のランク補正を別のポケモンに引き継いだ場合でもランク補正0としてダメージ計算が行われる。

同じ効果の技
みらいよち

ヒートスタンプ 節を編集

自分の体重が相手よりも重ければ重いほど威力が上がる。

相手の体重威力
自体重 / 5 以下120
自体重 / 4 以下100
自体重 / 3 以下80
自体重 / 2 以下60
上記より重い40

相手が「ちいさくなる状態」だと必中かつダメージが2倍になる。

同じ効果の技
ヘビーボンバー

ふいうち 節を編集

優先度+1で攻撃するが、相手が攻撃技を選択していなければ失敗する。
相手が既に技を使い終わっていた場合は失敗する。
相手が「ねむり」「こおり」状態で動けない場合も、相手が攻撃技を選択していた場合は成功する。
「しぜんのちから」は変化技のため、「ふいうち」は失敗になる。
「さきどり」は変化技だが、「ふいうち」が&bold(){成功する};。
「カウンター」「ミラーコート」「メタルバースト」も攻撃技の為、選択している相手には成功する。

ダブルバトルで使った場合、相手が攻撃技を選択したかどうかのみで成功・失敗を判定する。
相手の攻撃技の対象が「ふいうち」を使うポケモンである必要はない。

マルチバトルでは攻撃対象が攻撃技を使ったかどうかで成功・失敗を判定する。

フェイント 節を編集

優先度+2
相手の「まもる」「みきり」「ワイドガード」「ファストガード」状態を解除することができる。
相手が対象の技を使っていなくても成功する。

ふぶき 節を編集

「あられ」時には必中

フライングプレス 節を編集

格闘と飛行タイプを併せ持つ。タイプ一致判定は格闘で行われる。

・2倍→無・草・氷・闘・悪
・等倍→炎・水・地・虫・岩・竜・鋼
・半減→電・毒・飛・超・妖
・無効→霊

例えば相手がノーマル+電気の場合、格闘でノーマルの弱点は突けるが飛行は電気に半減されるため、併せて等倍。
格闘で4倍を突ける岩+鋼タイプに対しても等倍になり、ゴーストを持つ相手には当然無効化されてしまう。
ユキノオー、メブキジカ、ノクタス・ダーテング、ズルズキン・ゴロンダに対しては、抜群+抜群=4倍となる。
飛行で4倍を突ける草+虫タイプには格闘が半減なので2倍。

「ちいさくなる」状態の相手に対しては威力2倍・必中。
ひこうタイプ扱いのため、トリプルバトルで端の相手にも攻撃できる。
場が「じゅうりょく」状態のときは技を選択することができない。

フリーズドライ 節を編集

みずタイプのポケモンにも効果抜群になる。

水・草
水・地面
水・飛行
水・ドラゴン
のポケモンには4倍となる。

フリーフォール 節を編集

1ターン目に相手と共に飛び上がり、2ターン目に落として攻撃。
連れ去られた相手はその間行動不可。
ひこうタイプにはダメージが与えられない(特性「ふゆう」には有効)。
体重200kg以上のポケモンには無効
味方に対して使用しても無効。

「じゅうりょく」が使用された場合、その瞬間に技がキャンセルされる(相手にダメージは無し)

ダブルバトルで「このゆびとまれ」「いかりのこな」に引き寄せられない。
また上記の技を使用した相手ポケモンをフリーフォールで連れ去った場合、残ったポケモンの技も引き寄せられない。
(例)
相手ドーブル:このゆびとまれ
自分カプ・コケコ:フリーフォール
自分ラティオス:りゅうせいぐん
相手ガブリアス:ドラゴンクロー
の順に技を繰り出すと仮定する。

1.カプ・コケコがフリーフォールでガブリアスを狙った場合
このゆびとまれに引き寄せられずにガブリアスを連れ去る事ができる。
※ラティオスのりゅうせいぐんではなく、特性ノーガードのポケモンや空中の相手にも当たる技を使って2匹ともガブリアスを狙った場合の挙動については未検証。

2.カプ・コケコがフリーフォールでドーブルを連れ去った場合
ラティオスがりゅうせいぐんでガブリアスを狙っていても、このゆびとまれを使ったドーブルに引き寄せられる事なくガブリアスに攻撃が通る。

プレゼント 節を編集

確率効果
40%威力40
30%威力80
10%威力120
20%相手のHPが最大HPの1/4回復

上の4つの効果から1つが発動。
「かいふくふうじ」状態のポケモンが「プレゼント」で攻撃された場合、回復の効果が出てもHP回復できない。

ふんか 節を編集

しおふき」と同じ。

ベノムショック 節を編集

どく・もうどく状態の敵に使うと威力が2倍になる

ヘビーボンバー 節を編集

ヒートスタンプ」と同じ。

ぼうふう 節を編集

相手を30%の確率でこんらん状態にする
天候によって命中率が変化する。
雨時→必中、晴れ時→50%、他の天候→70%

ほしがる 節を編集

どろぼう」と同じ。

ボルトチェンジ 節を編集

とんぼがえり と同じ。

マ行 節を編集

マグニチュード 節を編集

確率威力
マグニチュード45%10
マグニチュード510%30
マグニチュード620%50
マグニチュード730%70
マグニチュード820%90
マグニチュード910%110
マグニチュード105%150

威力の期待値は71。

地中の相手にも威力2倍で命中する。
場が「グラスフィールド」のとき威力が0.5倍になる。

みねうち 節を編集

この攻撃で相手のHPを0にすることはない(=1までしか減らせない)
相手の残りHPが1の時にも成功し、ダメージを与えられない。

みらいよち 節を編集

はめつのねがい」と同じ。

むしくい 節を編集

ついばむ」と同じ。

めざましビンタ 節を編集

対象がねむり状態だと威力が2倍になるが、攻撃された相手はねむり状態が治る。

めざめるパワー 節を編集

威力60
ひらいしん」「よびみず」による攻撃対象変更の影響を受けない
ただし、直接該当の特性を持つポケモンに攻撃した場合、無効化効果の影響は受ける。
めざめるパワーのタイプについてはめざめるパワーを参照。

めざめるダンス 節を編集

タイプ1と同じタイプになる。
技や特性でポケモンのタイプが変化すると、めざめるダンスのタイプも変化する。
みずびたしを受けると水タイプになる。
もえつきるを使ってタイプ1の炎がなくなると、タイプ2のタイプになる。
炎単タイプがもえつきるを使ってタイプなしになると、タイプなしになる。この場合タイプ一致にならない。

ヤ行 節を編集

やきつくす 節を編集

相手が木の実かノーマルジュエルを持っていた場合、それを破壊する
オッカのみは「やきつくす」のダメージを半減する(結果的にはなくなる)
レンブのみは効果が発動する前に焼失するため、「やきつくす」使用者はダメージを受けない。

やつあたり 節を編集

なつき度が低いほど威力が高い(威力=(255-なつき度)×2/5)

最高威力は102
最低威力は1

やまあらし 節を編集

こおりのいぶき」と同じ。

ゆきなだれ 節を編集

優先度-4
そのターンに攻撃してきた相手に対しては威力が2倍になる

同じ効果の技
リベンジ

ラ行 節を編集

リベンジ 節を編集

ゆきなだれ」と同じ。

りんしょう 節を編集

同一ターンに同技を他のポケモンが使うと、素早さに関係なくその後に行動でき、さらにりんしょうの威力が2倍になる。

タグ: データ集