ドサイドン/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

反射型 節を編集

特性:ハードロック
性格:いじっぱり
努力値:HA252
持ち物:とつげきチョッキ/きあいのタスキ
確定技:カウンター/メタルバースト

XYで習得したメタルバーストを活かす型。
特性をハードロックにしてとつげきチョッキを持たせれば、4倍弱点ですらも耐えられる。
物理が来たらカウンター、特殊が来たらメタルバーストで対抗する。

特殊型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょうorれいせい
努力値:HC252(ひかえめorれいせいの場合)or CS252(おくびょうの場合)
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/フォーカスレンズ
必須技:だいちのちから
選択技:げんしのちから/だいもんじ/かえんほうしゃ/10まんボルト/れいとうビーム/
    きあいだま/りゅうのはどうロックカット/かみなり/ふぶき

型サンプル
性格 :れいせい
持ち物:フォーカスレンズ
技構成:だいもんじ/ふぶき/かみなり/じしん

意表を突けて、さらにおにびやいかく等物理メタの影響が小さい。
ひらいしんの場合、うまく交代読みで電気を受ければ、107族相当の特攻になれる。

スカーフ型 節を編集

性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
技:じしん/ストーンエッジ/メガホーン/げきりん/がんせきほう 等

砂パの奇襲用員として。最速スカーフで最速85族まで抜ける。
キングドラを抜いてげきりんで確1。
雨起動ルンパッパへのメガホーン、エンペルトへのじしん、
くさむすびを撃ってくるドゲキッスなどへのがんせきほう等。

てだすけサポート型 節を編集

性格:いじっぱりorようきorわんぱく
努力値:HA252orAS252orHB252
持ち物:きあいのタスキorラムの実orいのちのたま
特性:ひらいしん
確定技:てだすけ
選択技:メガホーン ロックブラスト ストーンエッジ じしん まもる ロックカット

XDでのみ手に入る。

サイドン基本型 節を編集

性格:いじっぱりorゆうかん
特性:いしあたま
努力値:AD252or耐久素早さ調整
持ち物:しんかのきせき/こだわりハチマキ/きあいのタスキ
確定技:じしん/ストーンエッジorいわなだれ
選択技:すてみタックル/ロックブラスト/メガホーン/れいとうパンチorゆきなだれ/
    ドラゴンテール/ほのおのパンチ/アームハンマーorばかぢから/つのドリル

しんかのきせきによりドサイドンと同程度の耐久を得る。
進化前とは言え攻撃種族値は130。
サイドン=しんかのきせきのイメージを利用して、ドサイドン宜しくこだわりハチマキで殴るのもよい。

特性いしあたまにより反動なしで使えるすてみタックルはドサイドンとの差別化を考えるなら必須だが、正直必要無いと思う。

カントーカップサンプル1
性格 :わんぱく
努力値:H252 B52 D204
持ち物:しんかのきせき
技構成:つのドリル/ステルスロック/カウンター/ほえる

こだわりハチマキカイリューのじしん確3だが、ここまで振るとカイリキーのこんじょうインファイトも耐える。
カイリューを後出しからステルスロックの起点にしてカウンターで処理、
その後起点にしようとしたパルシェンをほえるで流したりヤドランをつのドリルで落としたりと大活躍だった。
特殊面も、サンダースのめざ氷程度ではたいしてダメージは入らない。
カントーカップという限定的な環境の話だが、ゴローニャよりよほど有効だった。
カントーカップサンプル2
性格 :いじっぱり
努力値:HA252 B4
持ち物:しんかのきせき
技構成:じしん/ロックブラスト/メガホーン/つるぎのまい

特殊な環境のため、トリパエースとしてドサイドンのように立ち回ったが、水技を切ってるヤドランに対して強かった。
A2段階上昇メガホーンでHBヤドランがピッタリ確1。こだわりハチマキカイリューのげきりんも2耐えと、環境に適していた。