バイウールー - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

バイウールー 節を編集

No.832 タイプ:ノーマル
通常特性:もふもふ(接触技で受けるダメージが半分になるが、ほのおタイプの技のダメージは2倍になる)
     ふくつのこころ(怯むと素早さが1段階上がる)
体重:43.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
もふもふHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
バイウールー7280100609088490もふもふ/ふくつのこころ/ぼうだん
キテルグマ12012580556060500もふもふ/ぶきよう/きんちょうかん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

特性もふもふの場合、ほのお2倍


第8世代で登場したノーマルタイプのポケモン。キテルグマに次ぐ特性もふもふ使い。

高めの防御を持ち、更にもふもふなら接触技を半減できる。
ただし、今作はダイマックス技が非接触になってしまうため、もふもふを前提とした受けは安定性が低い。
また、ノーマルタイプ故に耐性が少なく、再生回復技も覚えないため、耐久型としては扱いにくい部類と言える。

タイプの都合上「ダイホロウ」を受けない為、防御面を崩されにくいのは利点。
反面、自身もゴーストに対しての有効打が「しっぺがえし」しかない。技構成によっては引かざるを得なくなる。
単純に受けとして使うのではなく、「でんじは」や「コットンガード」を絡めてうまく立ち回っていきたい。

「コットンガード」と「バトンタッチ」を両立する唯一のポケモンである。防御以外の積み技も豊富。
弱点が少なく一撃で落とされる事は少ないため、バトン役としての運用も考えられるか。

隠れ特性は「ぼうだん」であるが、剣盾では入手手段が存在しない。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

もふもふ
接触技半減によりかなりの耐久力を誇る。
ただ、ダイマックス技は全て非接触扱いで効果を発揮しない為過信は禁物。
かたやぶりにも無効化される。
フレアドライブ等の接触ほのお技は、半減×二倍で等倍計算となる。
ふくつのこころ
発動すれば高い素早さを得られるが、相手依存であり優先度は低い。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
すてみタックル120(180)100-一致技。反動が痛い。
のしかかり85(127)100麻痺30%一致技。麻痺も狙える。
ワイルドボルト90100-ギャラドスなど。
しっぺがえし50100後攻時威力2倍ゴースト
とびはねる8585麻痺30%ターン稼ぎ。ダイマックス化でS↑。
ボディプレス80100-高い防御と好相性。コットンガードと合わせると更に強力。
しねんのずつき8090怯み20%対闘、毒。
カウンター-100優先度-5物理技を倍返し。
変化技タイプ命中解説
でんじは90後続サポートにも。
コットンガード-B↑↑↑。
つるぎのまい-火力補強。
こうそくいどう-素早さ補強。
バトンタッチ-上がった能力を引き継がせる。
ねむる-唯一の回復技。接触技なら素眠りでも間に合うくらいの耐久はある。

型考察 節を編集

物理受け型 節を編集

特性:もふもふ
性格:わんぱくorずぶとい
努力値:H252 B252
持ち物:オボンのみ/たべのこし/ゴツゴツメット
確定技:コットンガード/でんじは
選択攻撃技:ボディプレス/のしかかり/しねんのずつき/しっぺがえし/カウンター
選択変化技:つるぎのまい/こうそくいどう/バトンタッチ/まもる/ねむる

特性を活かした物理受け。
接触技なら驚異的な耐久を誇り、A特化ウオノラゴンの頑丈顎先制エラがみですら確3、オボン込みなら低乱3となる。
麻痺を入れれば先制されずに火力が落ちるため、実際は更にダメージが減る。
残りの技枠は、コットンガードを積んでボディプレスで殴るか、剣舞や高速移動をバトンするかはパーティによりけり。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対バイウールー 節を編集

注意すべき点
このポケモンを相手にするときに注意すべき点を記載
対策方法
このポケモンの対策方法を記載

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
シンカ1シンカ2

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01メガトンキック12075ノーマル物理5
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技14でんじは-90でんき変化20
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技39からげんき70-ノーマル物理20
技52とびはねる8585ひこう物理5
技57しっぺがえし50100あく物理10
技61ガードスワップ--エスパー変化10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技79かたきうち70100ノーマル物理5

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ここに技名

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ここに技名

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技00つるぎのまい--ノーマル変化20
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技20みがわり--ノーマル変化10
技21きしかいせい-100かくとう物理15
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技29バトンタッチ--ノーマル変化40
技69しねんのずつき8090エスパー物理5
技80エレキボール-100でんき特殊10
技86ワイルドボルト90100でんき物理15
技99ボディプレス80100かくとう物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数4112~4368歩
性別♂:♀=1:1
進化条件※無ければ項目不要

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
技名レベルポケモン(Lv.XX)/ポケモン系統
レベルアップで覚えるポケモン、および系統を記載する。
系統表記はその系統全てが覚える場合のみ。習得レベルの記載は任意。
技名自力Lv.XX
最新世代で自力で習得する方法を記載する。
技名タマゴポケモン(進化前の種族名)など
タマゴ技として覚えるポケモンをタマゴから生まれる状態の種族名で記載する。
必須の項目ではないが、複数の技を同時遺伝する場合に有用な系統がある場合には特記してもよい。
その性質上全ての系統を列挙しない場合があるため、その際は末尾に「など」と記述する。
技名リレーポケモン系統(タマゴグループ)→ポケモン(進化前の種族名)(タマゴグループ)
技の遺伝元もまたタマゴ技でしか覚えられない場合、自力習得可能な系統まで遡ってその経路を記載する。
直接遺伝させられないことを明示するため、タマゴグループの明記を推奨。
技名マシンポケモン系統(技XX)
技マシンで覚えるポケモンを記載する。マシン番号の併記を推奨。
技名教えポケモン系統(コスト)
教え技で覚えるポケモンを記載する。必要BPなどコストの併記を推奨。
技名スケッチドーブル
スケッチしたドーブルからしか遺伝できないものを記載する。
技名旧自力VC1st:Lv.XX, 世代:技XX, 世代:教え技(XXBP)
技名旧レベル世代:ポケモン系統
技名旧マシン世代:ポケモン系統(技XX), 世代:ポケモン系統(秘0X)
技名旧教え3rd:ポケモン系統(FL, Em:XXBP), 4th:ポケモン系統(Pt:赤X青X黄X緑X), 5th:ポケモン系統(赤XX)
過去作でしか覚えられない技を方法別に記載する。基本的な記法は旧なしと同じ。
旧自力は現在自力で覚えられないもののみ記載。
旧レベルは現在のレベル技から削除されているもののみ記載。
旧マシンは現在の技マシンに存在しないあるいは覚えられないもののみ記載。
旧教えは最新作での覚え方を記載し、それ以前のものは任意。

共通タグ 節を編集

タグ名説明
ポケモンポケモンの個別考察ページ
第〇世代初登場の世代
タイプそのポケモンが持つタイプ
メガシンカメガシンカするポケモン
進化前最終進化系ではないポケモン
原種リージョンフォームに対して既に知られていたポケモン
リージョンフォーム原種とは異なる姿で新たに登場したポケモン
アローラのすがた第7世代にて新たな姿で登場したポケモン
タマゴグループそのポケモンが属すタマゴグループ
各特性その特性を持つポケモン
データ集対戦に関わるデータをまとめたページ
レギュレーション対戦ルールに関するページ