バタフリー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

※一部第6世代の情報です
元祖複眼催眠の使い手。
第六世代では特攻種族値が90への上昇、虫のさざめきの身代わり貫通などが強化された。
しかし眠り粉の草無効、痺れ粉の電気無効、眠りのターン経過数が交代でリセットがなくなり、催眠吹き飛ばし戦法の機能が低下した。
加えて同じ虫/飛、特性複眼で、素早さも技でも勝る、ビビヨンというライバルの存在により非常に厳しくなった。
案の定ビビヨンが、ORASでバタフリーが覚える大半の教え技を習得し、差別化点が減ってしまった。
ビビヨンより特防が高く、蝶舞のD上昇を生かしやすいのがわずかな強み。

今作からレベルアップでエアスラッシュを覚えるようになり、エアカッター止まりだった飛行技の威力が増した。

【バタフリーが覚えて、ビビヨンが覚えない有用そうな技】
シャドーボール、スキルスワップ、あさのひざし(XD)、ベノムショック、ゆうわく、ふきとばし


基本型 節を編集

※一部第6世代の情報です
性格:おくびょうorひかえめ
特性:ふくがんorいろめがね
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりスカーフ
確定技:むしのさざめき
攻撃技:エアスラッシュ/サイコキネシス/ギガドレイン/シャドーボール/エレキネット
補助技:ちょうのまい/ねむりごな

差別化に使える技はシャドーボールのみ。
実用面で絶対に必要な技というわけではないが、この技がない限りビビヨンの劣化になってしまうことは留意。

無限型 節を編集

※一部第6世代の情報です
性格:おくびょう
特性:ふくがん
努力値:HP16n+1~3調整 素早さ252 余り特攻
持ち物:たべのこし
確定技:ねむりごな/みがわり/ちょうのまい
攻撃技:むしのさざめき/エアスラッシュ/サイコキネシス/ゆめくい/ギガドレイン

眠り粉→みがわり→蝶の舞で完封を狙う型。
ビビヨンの劣化になるので注意。あくまでバタフリーができる有用な型のひとつとして割り切って使うこと。

催眠吹き飛ばし型 節を編集

※第6世代の情報です
性格:おくびょう
特性:ふくがん
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/たべのこしorひかりのこな
確定技:ねむりごな/ふきとばし/ちょうのまい/みがわり

高命中催眠からの吹き飛ばしで眠り撒きをする型。
催眠ターンの仕様が変更されているので、吹き飛ばした相手を2度と起きないままにハメることはできなくなった。
みがわりさえあれば戦法自体は安定するので、相手の手持ちを調べる偵察要員、積み対策要員としてならかろうじて使える。
ダメージ源がなく、やるにしても著しく効率が悪いためできればステロはほしい。

普通に無限型にしたほうが強いが、一応ビビヨンと唯一差別化可能な型。

サポート型 節を編集

※第6世代の情報です
性格:おくびょう
特性:ふくがん
努力値:素早さ252 特攻252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:おいかぜ/とんぼがえりorむしのさざめき
補助技:ねむりごな/しびれごな

追い風を用いたサポート型。
状況に応じて、追い風や粉技を使い分けていく。
それはそれでライバルも多いのだが、特性複眼(色眼鏡)で個性は発揮できる。

これもビビヨンの完全劣化になったので注意。