フラージェス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

フラージェス 節を編集

No.671 タイプ:フェアリー
通常特性:フラワーベール(味方の草タイプのポケモンは能力が下がらなくなり、状態異常にならない)
隠れ特性:きょうせい(道具を失った味方に自分の道具を渡す)
体重  :10.0kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
高特防妖HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
フラージェス78656811215475552フラワーベール/きょうせい
ニンフィア95656511013060525メロメロボディ/フェアリースキン
サーナイト68656512511580518シンクロ/トレース/テレパシー
メガサーナイト688565165135100618フェアリースキン
カプ・レヒレ70751159513085570ミストメイカー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)どく/はがね
いまひとつ(1/2)かくとう/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしドラゴン

非常に高い特防を持つフェアリー
種族値は同タイプのニンフィアに似通っているが、特性の関係でフェアリー技の火力は劣る。
よってあちらはアタッカー型が主流なのに対し、こちらは耐久型が主流となる。
特性はどちらもシングルでは活かせないため、ダブルのほうが活躍しやすいだろう。

フラベベ系統には赤・青・黄・オレンジ・白の5色が存在するが、XYのフレンドサファリには赤・青・黄しか出現しない。
この色はタマゴで遺伝するため、オレンジ・白のフラージェスは相手に通常特性と知られてしまう恐れがあるためダブルでは注意。

フラベベ・フラエッテ時のレベル技は、有用なものはほぼ全てフラージェス時の基本技に設定されており思い出し可能。
ソーラービームは思い出せないが技マシンで習得可能。

アタッカー型運用した際のニンフィアとの比較

ひかえめHC振り前提として、特殊耐久指数はほとんど差がなく、フェアリー技の火力で完敗。
第七世代のフェアリースキン下方修正により差は縮まったが、依然として下回っている。
更にニンフィアがCを削ってDに回した場合、フェアリー技の火力・耐久共に劣化となる。
(フラージェスがD特化すれば耐久面で差別化になるうるが、それはアタッカー型から外れる。)
ハイパーボイスにはみがわり貫通効果もあるため、アタッカーとしての性能もニンフィアの方が高い。

めざめるパワーで差別化しようにも僅か120の指数差しかなく、草技で差別化するにしても
抜群(2倍)エナジーボールの指数32400はニンフィアの等倍ハイパーボイス28836と
でんこうせっか5472の上乗せで同じくらいになる。
めいそう・ねがいごとはニンフィアも覚える。
よって差別化となる要素は素早さ、こうごうせい、ギガドレイン、サイコキネシス など。

特にニンフィアの場合回復技はカゴのみ必須のねむるか、技スペを圧迫するねがいごと+まもるのみのため、
高速再生回復技のこうごうせいの存在は差別化においても重要といえる。

ひかえめHC振りフラージェスニンフィア備考
物理耐久指数1628017170
特殊耐久指数3219030300
フェアリー技2565028836フラージェス:ムーンフォース/ニンフィア:ハイパーボイス
エナジーボール16200-
先制攻撃技-5472

過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

フラワーベール
味方の草ポケモンを「クリアボディ」同様の効果+状態異常無効化。
自分の攻撃による能力変化には効果が及ばないため、フラージェスの横で無反動でリーフストーム連打などはできない。
味方のもりののろいかグラスフィールド+ほごしょくでフラージェス自身が草タイプになればフラージェスにも有効。
物理アタッカー型の草タイプとの相性は良好であり、第七世代では、カプ・ブルルやカミツルギなどが登場した。
ダブルバトルにおいて、この手のポケモンが苦手な威嚇や状態異常を防いでくれるのは心強い。
特にカミツルギやキノガッサは、草技も妖技も半減する鋼タイプに格闘技を打つことができる。
きょうせい
ダブルで道具を消費した味方ポケモンに自分の道具を渡す。シングルでは発動しない。
自動的かつ発動率100%なので、タイミングよく渡せない恐れもあるが、
味方にいばる→キーのみ消費→ラムのみを渡す→いばる→ラムのみ消費で攻撃4段階UPや、
じゃくてんほけん消費→火力強化アイテムを渡すなどのコンボが狙える。
ただし、メガストーンやZクリスタルは渡せない。

技候補 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ムーンフォース95(142)100特攻↓30%タイプ一致技。性能安定。
はなびらのまい120100行動固定フェアリー技と半減範囲が被る。行動固定が痛い。
くさむすび20~120100-威力不安定。最大でもはなびらのまいと同等。
エナジーボール90100特防↓10%最も安定した草技。
ギガドレイン75100HP吸収回復効果付き。めいそうと相性が良い。
サイコキネシス90100特防↓10%対毒。炎にも等倍だが鋼には半減。
めざめるパワー-60100-相性補完の地面や、4倍狙いの炎など。
がむしゃら-100-苦手な鋼タイプを削れるが、素早さが足りないか。
変化技タイプ命中備考
こうごうせい-回復技。天候変化に注意。
ねがいごと-回復技。主にサポート用。
どくどく90ダメージ源。毒・鋼に無効。
めいそう-特攻・特防を補強。
ひかりのかべ-味方の特殊耐久を強化。サポート用。
なやみのタネ100相手の特性上書きや、味方のねむるとあわせて。
グラスフィールド-草技の補強、回復ソース、じしん半減。フィールド上書きにも。
しぜんのちから100少ないサブを補う。通常時はトライアタック。各種フィールド下で変化。
おさきにどうぞ-ダブルで使用。そこまで速いわけではないが。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ラブリースターインパクトムーンフォース175(262)最大火力。道具補正したニンフィアの妖技を上回る。
マジカルシャイン160(240)ダブル用。全体攻撃と単体攻撃のスイッチ。
マキシマムサイブレイカーサイコキネシス175対毒への最大火力。
ブルームシャインエクストラはなびらのまい190C特化でH振りカプ・レヒレ乱数1(81.3%)。ソーラービームでも同じ。
エナジーボール175アタッカー型での性能ならこれが安定している。
くさむすび160威力固定。
ギガドレイン140流石にこれでは低いか。
Zアロマセラピーアロマセラピー-HPが全回復。後続の状態異常も治せる。
ウルトラダッシュアタックはかいこうせん200デメリット無し。C特化+めいそうで無振りメガリザードンYを高乱1。
Zしぜんのちからしぜんのちから-通常時はトライアタック。各種フィールド下でZ技が変化。

型考察 節を編集

めいそう特殊受け型 節を編集

性格:おだやか/ひかえめ/おくびょう
努力値:HD252ベースでCS調整
持ち物:たべのこし/オボンのみ
確定技:めいそう/ムーンフォース/こうごうせい
優先技:めざめるパワー(炎/地)/サイコキネシス
攻撃技:エナジーボールorくさむすびorギガドレイン
補助技:どくどく/ねがいごと/まもる/みがわり

高い特防種族値から相手のアタッカーを止める特殊受け型。
めいそうを積めるうえ、ムーンフォースで特攻ダウンも狙える。
更に回復技があるので並の特殊アタッカーでは突破できない。

ニンフィアでもめいそう型自体は運用できるため、素早さ調整とこうごうせいの有無が大きな差別化ポイント。
3枠で確定枠が埋まるため、残りは範囲確保の2ウェポンにするか、みがわりやどくどくなどの補助技が候補となる。

第七世代に入り、フェアリータイプが激増したことによる毒、鋼技の搭載率上昇はマイナス傾向だが、
メガボーマンダやメガガルーラのような強力な特性が一部弱体化していったのはプラス傾向である。

スカーフ型 節を編集

性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ムーンフォース/はなびらのまいorくさむすび/サイコキネシス/めざめるパワー(炎/地)

ニンフィアより高い素早さを活かすスカーフ型。
ただし、ニンフィア以上にサーナイトとの差別化が問題。サーナイトがCを削ってHに回せば物理耐久でも敵わない。
特殊耐久の高さとエナジーボールより威力が高いはなびらのまいにより際どいながらも差別化が成る。

ひかえめにすることでH183D105ガブリアスを確1にできるが、
フェアリー技の威力はおくびょうニンフィアのハイパーボイス>ひかえめフラージェスのムーンフォースであり、
S実数値184~191の間に抜きたい相手がいなければおくびょうニンフィアの方が良い。
参考にまで書いておくとS184~191までの間にはスカーフバンギラスゲッコウガなどメジャーなポケモンも多い。
ニンフィアとの差別化を明確にするならおくびょうの方が賢明である。

【ダブル】フラワーベールサポート型 節を編集

特性:フラワーベール
性格:ひかえめ/ずぶとい/おだやか/おくびょう
努力値:S調整 C調整 残り耐久
持ち物:たべのこし/グラスシード
確定技:グラスフィールド
優先技:マジカルシャイン/ムーンフォース/はなふぶき
攻撃技:エナジーボール/ソーラービーム/ギガドレイン/サイコキネシス/めざめるパワー(地)
補助技:まもる/いばる/しんぴのまもり/アロマセラピー/にほんばれ/あまごい

草タイプのポケモンをサポートしていく型。
特性フラワーベールによる能力低下阻止、グラスフィールドによる草タイプの技威力1.5倍、
はなふぶきによる特性そうしょくの発動、にほんばれによる特性ようりょくその発動ができる。
にほんばれだけでなく、ルンパッパの特性すいすい/あめうけざら発動や決定力向上が狙えるあまごいも選択肢に入る。
天候依存の技・特性に頼らない型なら、炎技の半減という点で他の草ポケモンでも有用。

グラスフィールドには草技の強化だけでなく、じしん・じならし・マグニチュードを半減させる効果もあり、
地面技に弱いポケモンの延命にも繋がるため、草タイプ以外にも恩恵を受けられるポケモンは少なくない。
メインのサポート対象である草タイプと共に、晴れパなら炎タイプ、雨パなら電気タイプのポケモンを組み合わせても良いだろう。

【ダブル】きょうせいサポート型 節を編集

特性:きょうせい
性格:ひかえめ/ずぶとい/おだやか/おくびょう
努力値:S調整 C調整 余り耐久
持ち物:味方に渡す持ち物(こだわりメガネ、こだわりスカーフなど)
確定技:ムーンフォース/マジカルシャイン/コンボに必要な技
攻撃技:エナジーボール/サイコキネシス/めざめるパワー(炎/地)
補助技:まもる/いばる/しんぴのまもり/アロマセラピー/ミストフィールド/グラスフィールド/あまごい/にほんばれ

特性きょうせいを活かしたコンボのパーツとして採用される。
道具を渡した後は一貫性の高いフェアリー技を放っていきたい。

  • コンボ例
    フラージェスのいばる→味方キーのみ発動→きょうせい発動→こだわりハチマキを渡す→味方いわなだれ拘り
    フラージェスのはなふぶき→味方じゃくてんほけん発動→きょうせい発動→こだわりスカーフを渡す→味方いわなだれ拘り
    味方のはらだいこ→味方フィラのみ発動→きょうせい発動→回復アイテム等を渡す

対フラージェス 節を編集

  • 注意すべき点
    高い特防に加え、めいそうやこうごうせいを覚えるため、特殊耐久はトップクラス。
    ダブルではフラワーベール・きょうせいや豊富な補助技を活かしたサポートに長ける。
  • 対策
    防御は低い。鋼への有効打はめざパ程度なので、鋼タイプの物理アタッカーが有利。
    補助技を多用するのでちょうはつも効果的。きょうせいコンボにははたきおとす等。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

  • フラベベ・フラエッテ
6th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
フラベベフラエッテ
11たいあたり40100ノーマル物理35
11つるのムチ45100くさ物理25
-1*ようせいのかぜ40100フェアリー特殊30*SM以降
66ようせいのかぜ40100フェアリー特殊30
1010おまじない--ノーマル変化30
1515はっぱカッター5595くさ物理25
2020ねがいごと--ノーマル変化10
2225マジカルリーフ60-くさ特殊20
2427グラスフィールド--くさ変化10
2833はなふぶき90100くさ物理15
3338アロマセラピー--くさ変化5
3743ミストフィールド--フェアリー変化10
4146ムーンフォース95100フェアリー特殊15
4551はなびらのまい120100くさ特殊10
4858ソーラービーム120100くさ特殊10
  • フラージェス
6th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
1チャームボイス40-フェアリー特殊15
1おまじない--ノーマル変化30
1ねがいごと--ノーマル変化10
1マジカルリーフ60-くさ特殊20
1フラワーガード--フェアリー変化10
1くさむすび-100くさ特殊20
1グラスフィールド--くさ変化10
1はなふぶき90100くさ物理15
1ミストフィールド--フェアリー変化10
1ムーンフォース95100フェアリー特殊15
1はなびらのまい120100くさ特殊10
1アロマセラピー--くさ変化5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技99マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20

タマゴ技 節を編集

6th7th威力命中タイプ分類PP備考
まねっこ--ノーマル変化20
ゆうわく-100ノーマル変化20
ほごしょく--ノーマル変化20

教え技 節を編集

6th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
いやしのすず--ノーマル変化5
おさきにどうぞ--ノーマル変化15
がむしゃら-100ノーマル物理5
ギガドレイン75100くさ特殊10
こうごうせい--くさ変化5
タネばくだん80100くさ物理15
てだすけ--ノーマル変化20
なやみのタネ-100くさ変化10
ほしがる60100ノーマル物理25
マジックコート--エスパー変化15

遺伝 節を編集

タマゴグループ妖精
性別♀のみ
孵化歩数5120歩
進化フラべべ(Lv19)→フラエッテ(ひかりのいし)→フラージェス

遺伝経路 節を編集

ほごしょくマッギョドラミドロ(Lv)→マリル(卵)
まねっこエネコプラスルマイナン(Lv)
ゆうわくエネコ(Lv)