フーディン/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

型考察 節を編集

メガフーディン行動封じ型 節を編集

※第6世代の情報です
性格:おくびょう
特性:マジックガード→トレース
努力値:HBSを軸に調整(例:H124 B244 S140)
攻撃技:サイコキネシスorサイコショック
補助技:アンコール・かなしばり・まもるorみがわり

本家の格下げ(消えてたので移転)。

上記の「メガフーディン型」の一例だが、この型は全ての技をコンボとして使う特殊な型のため特記。
基本的には初手のまもるで様子見し、
1、普通にサイコキネシスで攻撃する。
2、金縛りで初手の技を封じ、直後にアンコールで悪あがき状態にする。
3、初手の技をアンコールし、直後に金縛りで悪あがき状態にする。
の3つのどれかで戦う。

1は非拘りガブリアスやライボルトを相手にする場合に使う戦術。
2は拘り持ちやこちらへの有効打が明確な相手に使う戦術(例:ライコウの10まんボルト、襷ゲンガーのシャドーボール)。初手まもるのターンに出した技を次のターンに変えてくることは少ない。
3は「悪あがきを加味した上で」一撃食らっても大丈夫な技やこちらにダメージがない技に対して使う戦術(例:みがわり、ふいうち、ゲッコウガのれいとうビーム、スイクンの熱湯)。

2、3で悪あがき状態になると高確率で相手は交代するので、交代先にサイコキネシスorショックを打ったり、交代読み交代をすることでアドバンテージを稼ぐ。

2、3を1度見せた場合、まもるを見せるだけで実質的に相手がいちゃもん状態になる(次の金縛りを警戒せざるを得ないため)ので、同じポケモンが相手でも1の戦術にシフトすることを推奨。

本来フーディンが弱いはずの相手のふいうち持ちをカモにできるのが特徴的。
ふいうちは失敗する場合でも先手をとってしまうため、前のターンに違う技を選択していても金縛りを決められる。

コンボ自体は通常のフーディンでも使えるが、以下の理由からメガフーディンを推奨する。

・トレース
特性のトレースによっていたずらごころ・加速に対応できるため、コンボを決められる相手が増える。

・種族値
「多くの相手に先手をとれる素早さ」
「交代する相手に負担をかける・普通に殴りあいをしても主要ポケモンを2確にできる特攻」
「わるあがき+何かを受けてもある程度耐える物理耐久(3の戦術において重要)」
を確保するにはメガフーディンの種族値が必要。

例示した努力値による実数値については以下の通り。適宜調整。

素早さ
206(140振り)
メガライボルト抜き。
メガシンカ前にガブリアスを抜けるのも重要。ステロ所持が疑われる場合はまもるでの様子見はしたくない。

HP・防御
HP146・防御116(H124・B244振り)
余った努力値を全振り。
A146ファイアローの鉢巻きブレイブバードを81%で耐える。それ以下の指数の攻撃(ガブリアスの岩石封じ+地震など)も概ね耐える。

特攻
調整なし。
195(臆病無振り)
無振りガブリアスがサイコキネシスでぎりぎり確定2発。

特防
115(無振り)
調整なし。
臆病全振りオンバーンのメガネ暴風を確定耐え(実際にはまもる+金縛りで受けることは少ないが)。

↑素早さについて、自分は最速で使っているが正直この型は最速安定かと思う。
理由は最速で+1最速80族や無補正95族を抜けるから。この辺りはスカーフや積み持ちが非常に多く先手を取れればそれだけで相手を詰ませる事が可能だからである。

この型は相手の行動を読めるかによって強さが大きく変わるので、極端な話ランダムで技を選択されるorこの型の存在がバレている場合は不利になることを理解されたし。

↑物理耐久紙だし、アンコ金縛りはフーディンの十八番と言っても過言ではないからバレるバレない以前に普通守ったり身代わりされたら撃つ技変えるかと…
初心者相手にしか正直通用しない上、悪あがきでもそこそこのダメージを受けてしまう為ネタ枠の戦術かと。
↑自分は実際にレートでこの型を使用しているが確かに警戒される場面はそれなりにある。
しかし警戒してもどうしようもない相手(拘り持ち、補助技中心の相手など)はキッチリ嵌めて交代先に負担をかけてサイクルを崩壊させる場面も多かった。あとわるあがきのダメージをくらうとあるが、大抵はコンボが決まった時点で相手は引くのでそのような場面は少ないしB無振りでもガブの悪あがきが50ダメくらい。
わるあがきに撃ち負ける事など殆どないのでそこは大した問題ではない。自分が使った限りでは充分実用に耐える構成かと思う。


実践例
マジガおくびょうCSショックみがわりアンコしばり@フーディナイト
レーティングで大活躍した子を紹介します。同じ型を考察してる方の参考になれば幸いです。
努力値について:正直BSかHSでいいです。Cは十分すぎるから振らなくていい
        Bのラインはアロー球ブレバ、ガブげきりん、みがわりがテクニガッサ鉄拳武神マッパ耐え
技構成について:まもるよりみがわりの方がよいです。
        相手の交代時にみがわりを張った状態で相手できる場面が非常に多かったです。
        またこいつで悪の相手もしたいなら思い切ってショック→マジカルシャインもありだと思いました。竜も殴れる
活躍試合
1:ツボツボのねばねばネットをアンコ→サーナイトのハイパーボイスを頑丈耐えて縛りアンコ流し
2:対面からメガライボルトの避雷針トレース10万アンコ S全振りが活きた試合
3:ゲッコウガのかげうちをノーマル変幻自在アンコ Bが欲しいと思った試合
4:クレッフィのいたずらごころトレース ファイアローのブレバより先にみがしば