ベトベトン(アローラのすがた) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

このページはリージョンフォームのものです。
通常フォームはこちら→ベトベトン

ベトベトン(アローラのすがた) 節を編集

No.089 タイプ:どく/あく
通常特性:どくしゅ(接触技で攻撃した相手を30%の確率で毒にする)
     くいしんぼう(本来、HPが最大HPの1/4以下の時に使用するきのみを、HPが最大HPの半分以下の時に使うようになる)
隠れ特性:かがくのちから(瀕死になった味方の特性をコピーする)
体重  :52.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ベトベトンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ベトベトン(アローラ)105105756510050500どくしゅ/くいしんぼう/かがくのちから
ベトベトン105105756510050500あくしゅう/ねんちゃく/どくしゅ
毒/悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ベトベトン(アローラ)105105756510050500どくしゅ/くいしんぼう/かがくのちから
ドラピオン7090110607595500スナイパー/カブトアーマー/するどいめ
スカタンク1039367716184479あくしゅう/ゆうばく/するどいめ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)くさ/どく/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

ベトベトンのリージョンフォーム。
種族値はそのままだがあくタイプが追加され、3種目の「どく×あく」複合となった。
同族のドラピオンスカタンクに比べて特殊耐久・物理火力とも優れるためサイクル適性が高い。
物理耐久もドラピオンにこそわずかに劣るが高HPのおかげで平均以上。鈍足を補うかげうちの習得もあって隙がない。

構築上一貫しやすいゴースト・悪半減でありながら、悪タイプの苦手な格闘・フェアリーを等倍に抑える優秀な耐性が魅力。
流行のカプ・テテフに強く、一致はたきおとすの習得によりポリゴン2の牽制になるのも嬉しい。
どくどく無効・いたずらごころ耐性を両立できるタイプなので、各種積み技による居座りも一考の価値あり。

一方で物理最メジャー技のじしんが弱点であるため、弱点の少なさに反し役割破壊されやすい点がネック。
火力も同族では一番高いとは言え最高火力の毒技は一貫性が低く、悪技は持ち物補正がないと無振りガブリアスすら確2にできない。
優秀な能力を持つアタッカーだが万能ではないため、役割を定めて運用することが重要である。
また、原種が前作技マシン・教え技で習得できたグロウパンチや3色パンチは現状習得できないため注意。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

どくしゅ
火力不足になりがちなベトベトンの疑似的な火力補強になる。
悪技やかげうちなどメイン技のほとんどが接触技のため発動機会も充分。
くいしんぼう
ピンチ系・フィラのみ系きのみとのコンボが考えられる。
耐久も並以上にはあり弱点も少ないため相性はとても良い。
一方でフィラのみ系との組み合わせは実質耐久が1.5倍になるように思えるが、
Zワザなど一撃で落ちる攻撃には意味が無いため、あくまで「擬似的」な耐久上昇であることには注意。
混乱しない実を選ぶことには留意。ベトベトンにはフィラのみ(A↓性格混乱)・バンジのみ(D↓性格混乱)・イアのみ(B↓性格混乱)あたり。
かがくのちから
隠れ特性。ダブル用。味方が倒れた時にそのポケモンの特性を引き継ぐ。
ナゲツケサルのレシーバーと同性能。コンボ特性として様々な使い道が考えられる。
例として、味方からふゆうを得られれば実質弱点無しに。
ナゲツケサルの特性考察も参照。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果接触解説
ダストシュート120(180)80毒30%×タイプ一致技。高威力・命中難・非接触。
どくづき80(120)100毒30%タイプ一致技。中威力・命中安定・接触。どくしゅとあわせて追加効果51%。
どくどくのキバ50(75)100猛毒50%タイプ一致技。低威力・命中安定・接触。どくしゅとあわせて追加効果65%。
かみくだく80(120)100防御↓20%タイプ一致技。性能安定。
はたきおとす65(97)/
97(145)
100道具排除タイプ一致技。追加効果が優秀だがメガストーン・Zクリスタル持ちには分が悪い。
しっぺがえし50(75)/
100(150)
100-タイプ一致技。鈍足と相性が良く撃ち合い向きだが、耐性上交代戦になりがちなので優先度低め。
おいうち40(60)/
80(120)
100-タイプ一致技。エスパー・ゴーストへの遂行技。有利な相手に確実に負荷を与えられる。
かげうち40100優先度+1火力と素早さを補える先制技。
ストーンエッジ10080急所ランク+1×広範囲のサブウェポン。威力重視。非接触。
いわなだれ7590怯み30%×ストーンエッジと選択。命中重視。非接触。怯みは狙いにくい。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%×後続のサポートやウルガモスメガリザードンYを強く意識するなら。非接触。
かわらわり75100壁破壊対岩・悪・鋼。対バンギラスの他、壁構築に強くなる。
だいばくはつ250100自分瀕死×大ダメージを与えつつ退場。
特殊技タイプ威力命中効果解説
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。
ヘドロウェーブ95(142)100毒10%タイプ一致技。性能安定。ダブルでは周囲全体攻撃。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%タイプ一致技。威力は劣るが追加効果発生率が高い。
ゲップ120(180)90-タイプ一致技。きのみ消費の条件付き。くいしんぼうと相性が良い。
アシッドボム40(60)100特防↓↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
だいもんじ11085火傷10%対鋼。威力重視。
かえんほうしゃ90100火傷10%だいもんじと選択。命中・PP重視。
まとわりつく20100拘束ダメダメージ源。耐久型で。接触技。
クリアスモッグ50(75)必中能力変化解除とつげきチョッキでも使える積み技対策。ミミッキュのばけのかわを剥がしつつ起点回避できる。
一方でメガクチートハッサムといった鋼には無力。
変化技タイプ命中解説
どくどく必中必中。呼ぶHDメガボーマンダなどには最も効果的。
かなしばり100起点作りに。みがわりとあわせて。
みがわり--補助技対策や、くいしんぼうの発動に。
ちいさくなる--回避率強化。各種積み技とあわせて。
のろい--攻撃・防御を補強。素早さ低下はかげうちでカバー。
とける--防御を強化。交代読みで。
たくわえる--防御・特防を補強。Zワザ化でHP全回復。
ロックカット--素早さ強化。準速でも130族抜き。
ちょうはつ100補助技対策。交代読みで。
ねむる--回復技。カゴのみとあわせて。
おきみやげ100相手を弱体化させつつ退場。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

性格:いじっぱり/ゆうかん
特性:どくしゅ/くいしんぼう
努力値:HA252ベースにBDS調整 
持ち物:とつげきチョッキ/くろいヘドロ/フィラのみ(くいしんぼう)/ふうせん/オボンのみ/ラムのみ/シュカのみ/こだわりハチマキ/いのちのたま
確定技:ダストシュートorどくづき/かみくだくorはたきおとす/かげうち
選択攻撃技:おいうち/かわらわり/だいもんじ/ストーンエッジ/だいばくはつ/クリアスモッグ
選択補助技:どくどく/ちいさくなる/おきみやげ/ちょうはつ

少ない弱点と優秀な特殊耐久を生かし、一貫性の高いメインウェポンで負荷を掛ける。
鈍足だが先制技のかげうちがあるため、ダメ押しやタスキ潰しなどの最低限の仕事ができるのが魅力。
原種と違い鋼には一致悪技が等倍で通るため、残り技1枠はピンポイントでの採用となる。

メインウェポンの毒+悪の両方を半減以下にするポケモンは毒/悪以外に、
鋼/悪(キリキザン)、鋼/闘(コバルオンルカリオ)、鋼/妖(クチートクレッフィ
悪/地(ワルビアル)、岩/悪(バンギラス)、闘/岩(テラキオン)、毒/闘(ドクロッグ
メガハッサムやクチートなどの、格闘等倍ではたきおとすが通りづらい鋼を意識するならだいもんじ、
壁破壊やバンギラスを始めとする岩複合を意識するならかわらわりと言った所。

呼ぶメジャーポケモンとしてはゴツゴツメット持ちの物理受けテッカグヤやメガハッサム、ルカリオなどの鋼。
またHに多く振ったメガボーマンダも、はねやすめとりゅうのまいで無理やり起点にしてくることがあるため注意。
積みアタッカーを多く呼ぶ傾向があるため、起点化を嫌うなら自主退場技も採用候補。
有用な技は多いものの技スペースには限りがあるため、ベトベトンの苦手な相手は控えで対応できるようパーティ全体でサポートしたい。

HP種族値が高いため、努力値はHに振るよりBDに振り分けたほうが固くなる。
Sは鈍足激戦区でAガラガラマリルリなど、上を取るか否かで戦局が大きく変わる相手がいるため要調整。
特殊技採用時にはゆうかんも候補。ギルガルドを下から叩くことも可能だがキングシールドがあるため安定はしない。

持ち物考察

とつげきチョッキ
PGLランキングでの所持率半数以上で最多。特殊への役割をこなしやすくなる。
H132D92でC特化カプ・テテフのこだわりメガネムーンフォースを確定3発。
攻撃への努力値を減らさずに特殊耐久を補強でき、技構成上フルアタになることも多いため相性は良い。
くろいヘドロ
長期戦により強くなる。とつげきチョッキと違い補助技も使えることがメリット。
フィラのみ・ウイのみ
くいしんぼう用。疑似耐久1.5倍でとつげきチョッキと違い物理耐久も大幅に補強できる。
一方でどくしゅによるスリップダメージが狙えなくなり、ガブリアスのじしんなど
最初から受けられない技には意味がないことがネック。
勇敢の場合はウイのみも採用可能。機会は稀だがむしくいに対して混乱を誘発が期待できる。
ふうせん・シュカのみ
ふうせんの場合こだわりアイテム持ちの地面タイプに大きなアドバンテージが持てることがメリット。
シュカのみは対面で持ち物が割れないため奇襲になりうるが、メジャーな地面技持ちを1撃で落とせるほどの火力はないため微妙。
各種火力増強アイテム
火力よりも場持ちを優先する傾向が強く、PGLでの採用率はあまり高くない。
持たせるなら努力値を耐久に多く振った場合に遂行火力を確保する目的での採用になるか。

かげうちを優先技に。採用率ほぼ100%の毒技、悪技に比べると75%止まりと差がある(小さくなる型の影響はそもそも小さくなるが圏外のため誤差。)
最大の仮想敵の1体であるカプ・テテフが出て来た場合は完全に腐ってしまうのが痛い。そのうえで交代で積みポケが出て来たら悲惨。
あれば便利ではあるもの役割対象を絞る場合や、特殊受け枠に採用する場合は役割破壊技や妨害技、退場技を増やした方がいいことも。

↑言ってることは分かるけど採用率2位の75%で優先技扱いは流石に無理があるのでは。そもそも鈍足のこいつに先制技がないんじゃ他のポケモン使ったほうがいい。
テテフ意識ならおいうち同時採用で逃さずダメージ与えればいいし、(無振りテテフに交代際で確2、こだわり型の超技読みで一回無償降臨できれば確実に2サイクル目で狩れる。採用率も確定技のすぐ下5位。)
そもそもベトベトンを見たら警戒してテテフが出てこず、先制技がないことで不利益を被る可能性のほうが高いのでは?テテフ一体のために汎用性を欠くことはないと思う。
あとサイクル戦になりやすいとはいうが、実際に使ってみるとこいつは等倍だと全然火力足りない。
テテフ以外が相手だと攻撃を等倍で受けることが多いので消耗も激しく、役割対象を一匹狩ったらお荷物になりかねない。
なので自主退場技が重要なのはわかるけど、それ以上に積みポケを抑止できる控えを入れるとか構築単位でのサポートをすることの方が重要だと思う。
どうしてもパーティで対応しきれない場合にのみ、自主退場技を候補に入れたら良いんじゃないかな。

ちいさくなる積み型 節を編集

性格:わんぱく/しんちょう/のんき/なまいき
特性:どくしゅ/くいしんぼう
努力値:HBDS調整
持ち物:くろいヘドロ/カゴのみ/フィラのみ(くいしんぼう)
確定技:ちいさくなる/はたきおとすorかみくだく
優先技:みがわり
攻撃技:どくづき/かげうち/まとわりつく/かわらわりorきあいだま/かえんほうしゃorだいもんじ
補助技:かなしばり/どくどく/のろい/ちょうはつ/ねむる

強力な積み技であるちいさくなるを軸にした型。
高い特殊耐久と毒/悪特有の有利相性により積む機会も作りやすい。
一方で環境上位にいるテッカグヤのヘビーボンバーや、Zワザ等の必中技には注意。

【持ち物】

  • くろいヘドロ
    6.25%/ターン回復。大幅な確定数ずらしはできないが永久的に発動することにより積んだ後は楽。ターン数が増えるほど効力を発揮する。
  • カゴのみ
    ねむるでダメージ全回復+状態異常回復。回復量が大きいため確定数ずらしで優秀。
    くろいヘドロと比べて、等倍相性の相手に強引に3積みするなど起点にできる相手が広がる。
    自動発動ではないので、確定数を読み間違えたり、急所でずらされたり、ひるまされたりすると回復する前に落とされる危険はある。
  • フィラのみ
    50%回復。こちらも回復量が大きいので確定数ずらしで優秀。カゴのみと比べると、自動発動により事故が少なくねむるが必須ではない。
    特性がくいしんぼうになるためどくしゅのメリットは得られない。

対ベトベトン(アローラのすがた) 節を編集

  • 注意すべき点
    高い特殊耐久と弱点1つの優秀な耐性を持ち、特殊アタッカーにとって難敵となる。
    ちいさくなる等の積み技の起点にされやすく、対処が遅れると複数回積まれてしまう。
    一致技・サブ技ともに追加効果に優れたものが多く、どくしゅやかげうちもあり攻撃性能も高い。
  • 対策方法
    等倍火力はそこまで高くないためある程度の耐久があるポケモンなら受け出しは可能。
    メガルカリオメガクチートならメイン技に耐性があり、技構成次第では後出しから積み起点にできる。

    地面弱点かつ物理耐久は並程度なので、じしんが最も有効。ガブリアス等で上から速攻。
    耐性5タイプ以外は等倍で通り、Zワザなら高威力かつ必中で大ダメージを与えられる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
ベトベターベトベトン
-1ベノムトラップ-100どく変化20
11はたく40100ノーマル物理35
11どくガス-90どく変化40
-1かたくなる--ノーマル変化30
-1かみつく60100あく物理25
44かたくなる--ノーマル変化30
77かみつく60100あく物理25
1212かなしばり-100ノーマル変化20
1515アシッドボム40100どく特殊20
1818どくどくのキバ50100どく物理15
2121ちいさくなる--ノーマル変化10
2626なげつける-100あく物理10
2929はたきおとす65100あく物理20
3232かみくだく80100あく物理15
3737いやなおと-85ノーマル変化40
4040ダストシュート12080どく物理5
4346とける--どく変化20
4652ゲップ12090どく特殊10
4857おきみやげ-100あく変化10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技60さきおくり-100あく変化15
技63さしおさえ-100あく変化15
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技69ロックカット--いわ変化20
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技80いわなだれ7590いわ物理10
技83まとわりつく20100むし特殊20
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技95バークアウト5595あく特殊15
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
くろいまなざし--ノーマル変化5
ふういん--エスパー変化10
のろい--ゴースト変化10
かげうち40100ゴースト物理30
たくわえる--ノーマル変化20
はきだす-100ノーマル特殊10
のみこむ--ノーマル変化10
こわいかお-100ノーマル変化10
クリアスモッグ50-どく特殊15
おいうち40100あく物理20
ダメおし60100あく物理10
うらみ-100ゴースト変化10

遺伝 節を編集

タマゴグループ不定形
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化ベトベター(Lv38)→ベトベトン

遺伝経路 節を編集

くろいまなざしゲンガー系統・ムウマヨノワール系統・デスカーン系統
ふういんサーナイト系統・ランプラー
のろいゲンガー系統・ジュペッタ系統・ミカルゲヨノワール系統・デスカーン系統・ランプラーオーロット系統
おいうちヨノワール系統・ミカルゲ
かげうちジュペッタ系統・ミカルゲヨノワール系統・パンプジン系統・ミミッキュ
たくわえるマルノーム系統・フワライド系統
のみこむマルノーム系統・フワライド系統
はきだすマルノーム系統・フワライド系統
こわいかおデスカーンパンプジン系統
クリアスモッグマタドガス系統・マグカルゴ系統・ドーブルコダックカラナクシ
ダメおしマタドガス系統
うらみゲンガー系統・ムウマージ系統・ヨノワール系統