マッスグマ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ノート 節を編集

議論・提案スペース 節を編集

禁止伝説での対策が必要かの議論

わざわざアルセウス復元しているけど必要か?? アルセウス使えるなら、こっちもマッスグマ使わずアルセウス使うと思うが?
伝説つかえるバトルにコイツは選出しないし、伝説OKならギラティナやゲノセクトでも止めれると思うが? 
またマイナーポケモンを伝説で対策すると言っているのはコイツぐらいしかいないのだが? 準伝までにしてくれないか?
↑「準伝までに~」という理由がわからん。レートで採用できないとはいえ、対策であることにはなんら変わりはないし。
↑↑ギラティナは実は結構苦しい。
マッスグマがじゃれつくを採用していると、A252珠6段階上昇のじゃれつくがHB特化アナザーギラティナに確1。
シャドークローでもかなりのダメージを受ける。
なぜゲンガーだけがゴーストから対策として挙がっているのか、というのを考えて欲しい。一応ユキメノコでもいけるが。
汎用性のかけらもないが、こだわりスカーフを巻いてはどうだんを入れれば一応対策はできる。
↑準伝までが同じルールで出れるからだけど、それすらわからないのなら価値はないよ。
本来はアルセウスの方を対策しなければいけないレベル。アルセウスはマッスグマを対策するために採用するわけではないよ。
超偶発的な対面でしかありえない妄想対策は記載すべきではないと思うが。
↑マッスグマより早いしんそく使いはメガルカリオとアルセウスしかいないってことが言いたいんだろうけど、それと対策はまた別の問題。
ギラティナ倒せるからアルセウスしか居ないな!ってことを話しているんじゃない。そのぐらいわかろうな。
↑↑ここ何のページかわかってるか?「ポケモンの考察と対策」のページだぞ?
公式大会ですらないシングルレートに絞った対策は無意味だと思うんだがね。
「マッスグマのためにアルセウス採用しよう!」と言ってるんじゃない。
「アルセウスが使えるルールなら、労せず対策できるよ」と言っているんだ。

あなをほるについての議論

穴掘られても交代すれば良いだけで、別に苦しくはないが。
↑交代しなければいけない時点で対策にはなりえない。
ラス1同士だったり、後ろに地面技が苦しいポケモンしかいなかったらどうするんだ?
↑逆ですよ。鋼はしんそくを受けるために出てきているんだから、穴を掘るで交代しようが、
しんそくのPP減らせている時点で、しんそくを撃てなくさせている時点で対策されているんですよ。
鋼に対してはシャドークローの方が当たらない穴を掘るなんかよりよっぽど有用かと。
↑ダメージ計算ちゃんとしてるか?はらだいこ+しんそくを2発以上受けられる鋼ポケモンはほとんどいない。
つまり鋼を繰り出した後、あなをほるをされて技を透かされ、
次にそれに対抗するポケモン(例えばひこうタイプのポケモン)にこちらが交代したとする。
この時相手のマッスグマがはらだいこをしていれば、相手のマッスグマはしんそく安定なんだよ?
なにせ鋼ポケモンもはらだいこしんそく2発を受けられない事が多いから交代で出すことができない。
で、対抗するポケモンをしんそくで倒した後、鋼が出てきたらまた相手のマッスグマはあなをほるをすればいい。
この時こちらのポケモンはどうするの?対策できなくなるよ?
メタグロス、ハッサム、クチートあたりが対策に上がっているのは、マッスグマの選択技をしんそくで縛るため。
特にメタグロスとハッサムはバレットパンチが使えるので、はらだいこしんそくされても耐えることができ、
かつマッスグマを先制技で殴って倒すことができるから対策としてなりたつわけで。
他の鋼ポケモン(ヒードランやジバコイルなど)だと他の技を使われるので何の意味もないです。
ジバコイルは頑丈なら、相手次第では倒せますが。

対策方法欄にあった議論をこちらに移動しました。


型名 節を編集

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:
  
本ページに書いておけない理由を述べる。
(例)○○の仕様変更でこの型の運用ができなくなった。
(例)実用性が低い。

タグ: