ムクホーク - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ムクホーク 節を編集

No.398 タイプ:ノーマル/ひこう
通常特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
隠れ特性:すてみ(反動でダメージを受ける技の威力が1.2倍になる)
体重  :24.9kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
物理N/飛行HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ムクホーク85120705060100485いかく/すてみ
ウォーグル10012375577580510するどいめ/ちからずく/まけんき
ドデカバシ8012075757560485するどいめ/スキルリンク/ちからずく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん/ゴースト

第4世代の「ノーマル×ひこう」複合ポケモン。
速攻アタッカーとして扱いやすい種族値配分を誇り、メイン・サブ共に高威力技を多く備えており数値以上に火力が高い。
とりわけインファイトの習得は特徴的であり、タイプ上珍しいだけではなく一致技双方との補完に優れており実用性も抜群。
不利対面からはとんぼがえりで引け、引き先がいなければ「いのちがけ」での1:1交換も狙えるなどなかなかに多芸である。
その火力をさらに高める「すてみ」・とんぼがえりともシナジーがあり擬似的な物理耐久を付与する「いかく」と特性も秀逸なものであり、同複合タイプの中でも完成度の高いポケモンと評される。

もっとも、「すてみ」によるアタッカーとしては絶妙な素早さによる叩かれやすさ、「いかく」によるサイクル導入では自身の耐性の貧弱さがやや気にかかるところ。
インフレによる素早さの二極化によりムクホークの素早さでは高速とは呼べなくなっており、役割を定めて火力アイテムを持つか、こだわりスカーフによる上への抵抗を狙うかの二択となる。
いかく」を採る場合は何度も繰り出すことを考えず、あくまで自身の対面性能を確保し、競り負けた時にも後続のサポートを狙える程度の認識に留めるとよい。
現環境での使用率はいまひとつ奮わないが、そのポテンシャルには光るものがある。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

いかく
繰り出し性能の向上、物理アタッカーに対する流し性能の強化を目的に。
素の物理耐久が低く、反動ダメージやインファイトの耐久低下があるので受けは厳しいが、
スカーフ型だと小回りが利くので使いやすい。とんぼがえりとあわせれば複数回発動できる。
すてみ
メインウェポンの火力を一気に高める。その火力は並の物理受けでも等倍ならゴリ押せる程。
すてみ・A特化@ハチマキのブレイブバードでB特化ポリゴン2@奇石、クレセリアを確2。
高耐久の草タイプも確1圏内に入るが、反動も増すので短命になる。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力すてみ命中追加効果備考
ブレイブバード120(180)216100反動1/3タイプ一致技。すてみなら威力が上がるが、反動も大きくなる。
すてみ・無補正A振り@珠でB特化メガフシギバナを確1。
すてみタックル120(180)216100反動1/3タイプ一致技。すてみなら威力が上がるが、反動も大きくなる。
一貫性は高いが岩・鋼には半減。
おんがえし102(153)-100-タイプ一致技。性能安定。
かたきうち70(105)/
140(210)
-100-タイプ一致技。死に出しで威力倍増。すてみではすてみタックル以下。
でんこうせっか40(60)-100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
インファイト120-100防御・特防↓対岩・鋼。一致技との相性補完に優れる。
とんぼがえり70-100自分交代攻撃しつつ撤退。いかくやスカーフと相性が良い。
がむしゃら--100-削り技。HP調整が難しい。
いのちがけ--100自分瀕死最大192ダメージ(無振り116族まで)。スカーフとあわせて。
変化技タイプ命中備考
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
フェザーダンス100物理アタッカー対策。いかくとあわせて。
はねやすめ-回復技。反動技やフェザーダンスとあわせて。耐性変化に注意。
オウムがえし-Zワザ化でオウムがえし前にAランク+2。
どくどく90耐久型対策。毒や鋼には無効。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ウルトラダッシュアタックすてみタックル190(285)反動無し。
ファイナルダイブクラッシュブレイブバード190(285)反動無し。
Zオウムがえしオウムがえし-ZパワーでAランク+2。オウムがえしで返す技もZワザとして発動できる。
ぜんりょくむそうげきれつけんインファイト190能力低下のデメリット無し。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

特性:いかく/すてみ
性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS252
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/ヒコウZ
確定技:ブレイブバード/インファイト
選択技:とんぼがえり/おんがえしorすてみタックル/いのちがけ/がむしゃら/でんこうせっか

持ち物で火力を補強し100族のSからの高い打点と広い攻撃範囲で相手を叩く型。

降臨機会を得やすく後続も有利になるいかくと、ブレバの威力を補強するすてみでは運用が全く異なるので注意。
言うまでもないが特性は2種類で、片方がいかくなので場に出した時点で特性が相手に割れる。

火力は等倍でも充分に高く、すてみ・無補正A振り@ハチマキのブレイブバードで無振りガブリアスを確1。
強力な物理受けでも後出しさせない力を持っている。
因みにB特化ヤドランで受け、次のターンメガヤドランで受けようと考えても
上記同条件でピッタリ落ちる(2発の最低ダメージの合計が202)。
対面では2耐えされることもあるので大人しくとんぼが有効。

スカーフ型 節を編集

特性:いかく/すてみ
性格:いじっぱり/ようき
努力値:A252 S252or調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ブレイブバード/インファイト/とんぼがえり
選択技:すてみタックル/いのちがけ

速攻低耐久アタッカーを上から叩ける。とんぼがえりとの相性も良い。
この型もいかくとすてみでは運用が全く異なる。
いかくの場合はいかくを序盤で撒きつつ、終盤ブレバで抜いていくという動きができる。
スカーフを巻くことでガブリアスファイアローのおにびに先制できる。
すてみの場合は基本的に高火力で上から殴るというスタイル。
他のスカーフ持ちの事も考えてようきも候補に入る。

他のスカーフ持ちや、竜舞ギャラドス等に先制することを意識したASベースか
先制技や撃ち合いに強くいのちがけも採用しやすいHAベース、
いのちがけに特化したHSベースに分かれる。

いかくの場合性格は基本的に意地っ張りでいいと思われる。
意地っ張りスカーフガブリアスなどを抜きたい場合のみ陽気も選択肢になるが、火力に差が出る。
例えば、意地っ張りだとブレバで無振りゲッコウガが確1だが、陽気だと乱1(50%)になる。


対ムクホーク 節を編集

  • 注意すべき点
    高い攻撃種族値からのブレイブバード、すてみタックル、インファイト。
    繰り出し性能を高めるいかくと、主力のタイプ一致技2つを強化できるすてみ、どちらの特性も非常に強力。
    すてみ+ハチマキだとB特化ギャラドスでいかくを入れても受けきれず、クレベースクラスでないと数値受けは難しい。
    いのちがけを使えるポケモンの中では、禁伝除き最もHPが高い点も留意しなければならない。
    スカーフ持ちが多く、素早い電気タイプ等でも先制できずとんぼがえりで撤退されてしまう。
  • 対策方法
    ブレイブバードやインファイトを多用するため、いかく込みでも耐久は低い。
    問題はいかに被害を減らすかだが、ノーマル・飛行・格闘半減以下のポケモンは通常ロトムギルガルドの2種類だけである。
    ドータクンメタグロスエアームドクレッフィなどでも受けられるが、
    こちらはいのちがけで落とされるため全ての型を完封するのは難しい。
    ただし、ほとんどがこだわりアイテム持ちであり、サイクル戦を回せるほどの耐久も無いため、
    ある程度型を絞って立ち回れば受け流せる。ステルスロックがあればなお良い。
    速さと火力を押さえつけるための麻痺や火傷を入れてしまうのも有効。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

4th~SM威力命中タイプ分類PP備考
ムックルムクバードムクホーク
--1*インファイト120100かくとう物理5*SM以降
111たいあたり40100ノーマル物理35
111なきごえ-100ノーマル変化40
-11でんこうせっか40100ノーマル物理30
--1つばさでうつ60100ひこう物理35
555でんこうせっか40100ノーマル物理30
999つばさでうつ60100ひこう物理35
131313かげぶんしん--ノーマル変化15
171818がむしゃら-100ノーマル物理5
212323ふきとばし--ノーマル変化20
252828つばめがえし60-ひこう物理20
293333とっしん9085ノーマル物理20
--34※インファイト120100かくとう物理5
333841こうそくいどう--エスパー変化30
374349ブレイブバード120100ひこう物理15
41*48*57*いのちがけ-100かくとう特殊5*BW以降

※SMでは進化したときに覚える。

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技51はがねのつばさ7090はがね物理25
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技76そらをとぶ9095ひこう物理15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技67かたきうち70100ノーマル物理5
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第5世代
技88ついばむ60100ひこう物理20
第4世代まで
技58こらえる--ノーマル変化10
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15

タマゴ技 節を編集

4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
フェザーダンス-100ひこう変化15
みだれづき1585ノーマル物理20
おいうち40100あく物理20
おどろかす30100ゴースト物理15
すなかけ-100じめん変化15
みやぶる--ノーマル変化40
すてみタックル120100ノーマル物理15
はがねのつばさ7090はがね物理25技51
さわぐ90100ノーマル特殊10教え
はねやすめ--ひこう変化10技19
みきり--かくとう変化5
リベンジ60100かくとう物理10
オウムがえし--ひこう変化20

教え技 節を編集

4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
がむしゃら-100ノーマル物理5Lv
さわぐ90100ノーマル特殊10タマゴ
ねっぷう9590ほのお特殊10
HSおいかぜ--ひこう変化30
HSゴッドバード14090ひこう物理5
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
エアカッター6095ひこう特殊25
スピードスター60-ノーマル特殊20
どろかけ20100じめん特殊10
たつまき40100ドラゴン特殊20
ねごと--ノーマル変化10技88
はねやすめ--ひこう変化10タマゴ/技19

遺伝 節を編集

タマゴグループ飛行
孵化歩数3840歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2295歩)
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

おいうちオニスズメ(L13)/ドードー(L19)/ヤミカラス(L5)/キャモメ(L30)
オウムがえしポッポ(L45)/オニスズメ(L21)/チルット(L34)/ペラップ(L9)/シンボラー(L34)/オドリドリ
おどろかすズバット(L8)/ヤミカラス(L1)/チルット(L4)/ジュナイパー系統
すてみタックルトゲチック(L45)/オニスズメ(旧作教え技)
すなかけポッポ(L5)/カモネギ(L1)/エアームド(L6)
はがねのつばさ技51/エアームド(L34)/オニスズメ(卵)
さわぐドードー(L23)/ホーホー(L13)/ペラップ(L45)
はねやすめ技19/ポッポ(L37)/オニスズメ(L33)/ホーホー(L53)/キャモメ(L26)/ペラップ(L41)/マメパト(L18)/コアルヒー(L30)/ファイアロー系統/オンバーン系統/ドデカバシ系統/オドリドリ
フェザーダンスポッポ(L25)/ペラップ(L53)/マメパト(L36)/コアルヒー(L21)/ジュナイパー系統/ドデカバシ系統/オドリドリ/オニスズメ(卵)
みきりマメパト(L22)
みだれづきオニスズメ(L9)/カモネギ(L7)/ドードー(L14)/エアームド(L17)/チルット(L10)/ペラップ(L17)/ワシボン(L5)/ジュナイパー系統/ドデカバシ系統
みやぶるホーホー(L1)/ジュナイパー系統
リベンジカモネギ(卵)