メタグロス/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

通常メタグロスでの運用がほぼ見られません。
6世代wikiではXYリーグに配慮して残されていた節がありましたが、
現状では不要と判断し移動しました。必要であれば議論をお願いいたします。


通常メタグロス:基本型 節を編集

特性:クリアボディ
性格:いじっぱり

「とつげきチョッキ」タイプ 節を編集

努力値:HP252 攻撃252
確定技:バレットパンチ
選択技:しねんのずつき/コメットパンチorアイアンヘッド/アームハンマー/じしん/れいとうパンチ/いわなだれ/だいばくはつ

メガシンカのないXYリーグで主流な持ち物。
D無振り突撃チョッキで特防実数値165相当。耐久無振りでも第五世代で
よく見られた調整の1つであるH187D135メタグロスより高い特殊耐久を得られる。
その分の努力値を他に回せるのが強み。
H252だけで控えめC252ウルガモスの大文字をぴったり確定で耐える。

「ぼうじんゴーグル」タイプ 節を編集

努力値:攻撃調整 素早さ調整 余り耐久
確定技:バレットパンチ/しねんのずつき
選択技:コメットパンチorアイアンヘッド/アームハンマー/じしん/れいとうパンチ/いわなだれ/だいばくはつ/どくどく

主にメガフシギバナビビヨン対策として採用されるメタグロス。
防御特化メガフシギバナ確2ラインとなるA198(補正有りA196振り)以上は必須。
素早さもメガフシギバナを抜いておきたい。最速マリルリ抜きメガフシギバナ(113)を抜くにはS188振りが必要。

「こだわりハチマキ」タイプ 節を編集

努力値:耐久調整 余り攻撃
確定技:コメットパンチ/しねんのずつき/トリック
優先技:バレットパンチ/アームハンマー/だいばくはつ
選択技:じしん/おいうち/どくどく

鉢巻で一致技の火力を高め交代先への負荷を増やす。
実際は対受けループ+αを理由に採用されるパターンがほとんどであり、トリックを持つことで対受けループを担える。
素早さは準速ラッキー抜きなどに調整。

「じゃくてんほけん」タイプ 節を編集

努力値:耐久調整 余り攻撃
確定技:バレットパンチ/アームハンマー/しねんのずつき/じしん

どちらかというと対面構築向けの持ち物。基本先発。
元々の高いタイマン性能に加え、
ガルーラガブリアスゲンガーなどのトップメタからの弱点攻撃を耐える調整を施し、
弱点保険発動からの返しの攻撃で落とし、後続にA上昇のバレットパンチを入れる。
ただし、メガガルーラにグロウパンチから入られたり、ゲンガーが鬼火持ちや眼鏡持ちなど、不安定要素も大きい。

・実数値:187-176-159-x-129-91(努力値:HP252/攻撃36/防御68/特防148/素早6)
A:H183B116ガブリアス ランク+2じしん+バレットパンチで丁度撃破。
 H207B126メガガルーラ ランク+2アームハンマー 101.4%~119.8% 確定1発。
B:A194メガガルーラ 親子愛ねこだまし+じしんを最高乱数を除き耐え。
 A200ガブリアス じしん 77%~90.9%。
 A182ガブリアス じしん 65.2%~78% 鮫肌ダメージ1回込み耐え。
D:C222メガゲンガー シャドーボール 83.4%~99.4% 確定耐え。

「ゴツゴツメット」タイプ 節を編集

確定技:バレットパンチ/れいとうパンチ
選択技:しねんのずつき/コメットパンチorアイアンヘッド/アームハンマー/じしん/れいとうパンチ/いわなだれ/だいばくはつ/どくどく

カイリューのマルチスケイルを削って冷凍パンチで仕留める第五世代後期に流行した構成。

通常メタグロス:サポート型 節を編集

特性:クリアボディ
性格:いじっぱり
努力値:HP252 耐久調整 余り攻撃or素早さ
持ち物:ひかりのねんど/ふうせん/ノーマルジュエル
優先技:ステルスロック/リフレクター/ひかりのかべ
選択技:だいばくはつ/アームハンマー/バレットパンチ

先発に出し、ステルスロック撒きor両壁張りをするサポート要員。
アームハンマーとバレットパンチはパルシェンの起点阻止のため採用される。