メタグロス/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

メタグロス/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集

通常メタグロスでの運用がほぼ見られません。
6世代wikiではXYリーグに配慮して残されていた節がありましたが、
現状では不要と判断し移動しました。必要であれば議論をお願いいたします。

メガメタグロスの概要 節を編集

第7世代での強化 節を編集

メガシンカの仕様変更
メガシンカするターンからメガシンカ後の素早さが適用されるようになったことで、初速がネックだったメガメタグロスの使い勝手が大幅に改善された。
これまでのようにシビアな立ち回りを迫られることもなくなり、純粋な高速アタッカーとして起用しやすくなった。
直接の関係はないが、これに伴いコメットパンチに変わるメインウェポンとしてアイアンヘッドが定番化している。
これまでのように命中不安に悩まされることはなくなり、怯みの追加効果により勝ち筋を拾えるようになったため、最大の肝となる安定性に大きく貢献していると言える。
役割対象の増加・苦手なポケモンの減少
フェアリーの流行により、それらに一致はがね技で遂行できるメタグロスの価値は相対的に上昇した。
特に猛威を奮うカプ・テテフに対する圧倒的な優位性には目を瞠るものがあり、メタグロスの採用理由にも直結する。
スイクンクレセリアといった苦手な耐久型ポケモンの減少も大きく、総じて第6世代当時より大幅に動かしやすくなった。
フィールドを発生させる特性の登場
サイコフィールド除き第6世代から存在していた「○○フィールド」だが、第7世代にて自動展開するポケモンが登場した。
メガメタグロスにとってはひでりあめふらしすなおこしゆきふらしよりも得られる恩恵が大きい。
「じだんだ」の習得
USUMで習得した「じだんだ」は、メタグロスにとって待望の単体攻撃じめん技である。
かたいツメ」によりじしんと遜色ない威力で扱えることもあり、ダブルではじしんに代わる定番ウェポンとして定着した。
まもるが飛び交うダブルでは追加効果も望みやすく、じしんのようにグラスフィールド下で威力減衰しない点も非常に大きい。
これによりメタグロスの役割範囲はより安定し、ダブルでの地位をより確固たるものにしたと言える。

第7世代における長所・短所のまとめ 節を編集

長所 節を編集

フィールドとの相性のよさ
第7世代より目まぐるしく書き換えられるようになった4種のフィールドは、いずれもメタグロスとシナジーがある。
該当のフィールドを展開するポケモンと組ませた能動的な活用は勿論、相手が張ったフィールドの逆利用も可能で非常に戦術性が高い。
特にサイコフィールドを展開するカプ・テテフとの相性は敵味方両方で抜群で、両者を組ませた「テテフグロス」はダブルにおけるトップ構築のひとつ。

各種フィールドとの相性考察

  • エレキフィールド
    サブウェポンであるかみなりパンチを強化できる。
    これによりテッカグヤなどの現実的な突破が望めるようになる。
    かみなりパンチの採用率が大幅に上昇していることからも影響力の大きさがうかがえよう。
  • サイコフィールド
    苦手なかげうち・ふいうちを無効化しつつしねんのずつきを強化できる。
    説明不要の強力さであり、ダブルではもっともよく組まれる組合わせ。
    ただしこちらもバレットパンチを使えなくなるのには注意。
  • グラスフィールド
    弱点となるじしんのダメージを半減できる。
    自身が使うじしんは前述のじだんだで代用できる。
  • ミストフィールド
    脅威となる各種状態異常を無効にできる。
    フィールド展開要員の中でもカプ・レヒレとは特にタイプ相性に優れ、シングルのサイクル重視の構築でよく組まれる。
圧倒的な種族値による安定性・不特定多数の相手に互角以上の戦いを望める
構成次第ではあるが「メガメタグロス側が引かなければならない対面」というものが非常に少ない。
一方相手視点では「メガメタグロスから引かざるをえない対面」「メガメタグロスから引くべきかわからない対面」となり圧力が大きい。
安定した火力の先制技
対面性能の向上に繋がる。
バレットパンチはタイプにより無効にされることのない先制技である。
サイコフィールドの影響下では無効にされてしまうが、メガメタグロスの性質上強くカプ・テテフを牽制する。

短所 節を編集

一致技の通りの悪さ
はがねタイプの技はフェアリーの増加により抜群相手が増えたものの、半減される相手が環境上位には多く存在している。
また、エスパータイプの技は抜群相手がかなり少ない。
しねんのずつきはシングルバトル・ダブルバトルともに各種サブウェポンと同等の採用率である。
技威力の不足・積み技の欠如
メガメタグロスが扱うほぼすべての攻撃技が威力100以下しかない。
攻撃面を強化する技はコストパフォーマンスの悪い「つめとぎ[1]」「グロウパンチ[2]」あるいは活用にはギミックが必要な「じこあんじ」しかない。
そのため種族値や特性とは反して火力で押す戦いは不得手となっている。
必然的に手数や技範囲でカバーしていく必要がある。

メガメタグロスが覚える威力100より大きい攻撃技(抜粋)

  • おんがえし
  • やつあたり
  • だいばくはつ
  • くさむすび[3]
  • すてみタックル[4]
耐性がやや生かしにくい
現環境ではがねへの役割破壊としてメジャーなほのおじめんが両方とも抜群であることに加え、シングル使用率1位常連のミミッキュ、メガメタグロスから打点を持ちづらいギルガルドからゴースト技を抜群で受けてしまう。
等倍技に関してもカプ・コケコのデンキZのような超火力の前だと豊富な耐性を生かせないまま突破されてしまうことも。
そもそも鋼×超の耐性自体は現環境では微妙寄りであり、それが通常メタグロスの使用率の低さにも表れている。

型考察 節を編集

通常メタグロス:基本型 節を編集

特性:クリアボディ
性格:いじっぱり

「とつげきチョッキ」タイプ 節を編集

努力値:HP252 攻撃252
確定技:バレットパンチ
選択技:しねんのずつき/コメットパンチorアイアンヘッド/アームハンマー/じしん/れいとうパンチ/いわなだれ/だいばくはつ

D無振り突撃チョッキで特防実数値165相当。耐久無振りでも第五世代で
よく見られた調整の1つであるH187D135メタグロスより高い特殊耐久を得られる。
その分の努力値を他に回せるのが強み。
H252だけで控えめC252ウルガモスの大文字をぴったり確定で耐える。

「ぼうじんゴーグル」タイプ 節を編集

努力値:攻撃調整 素早さ調整 余り耐久
確定技:バレットパンチ/しねんのずつき
選択技:コメットパンチorアイアンヘッド/アームハンマー/じしん/れいとうパンチ/いわなだれ/だいばくはつ/どくどく

主にメガフシギバナビビヨン対策として採用されるメタグロス。
防御特化メガフシギバナ確2ラインとなるA198(補正有りA196振り)以上は必須。
素早さもメガフシギバナを抜いておきたい。最速マリルリ抜きメガフシギバナ(113)を抜くにはS188振りが必要。

「こだわりハチマキ」タイプ 節を編集

努力値:耐久調整 余り攻撃
確定技:コメットパンチ/しねんのずつき/トリック
優先技:バレットパンチ/アームハンマー/だいばくはつ
選択技:じしん/おいうち/どくどく

鉢巻で一致技の火力を高め交代先への負荷を増やす。
実際は対受けループ+αを理由に採用されるパターンがほとんどであり、トリックを持つことで対受けループを担える。
素早さは準速ラッキー抜きなどに調整。

「じゃくてんほけん」タイプ 節を編集

努力値:耐久調整 余り攻撃
確定技:バレットパンチ/アームハンマー/しねんのずつき/じしん

どちらかというと対面構築向けの持ち物。基本先発。
元々の高いタイマン性能に加え、
ガルーラガブリアスゲンガーなどのトップメタからの弱点攻撃を耐える調整を施し、
弱点保険発動からの返しの攻撃で落とし、後続にA上昇のバレットパンチを入れる。
ただし、メガガルーラにグロウパンチから入られたり、ゲンガーが鬼火持ちや眼鏡持ちなど、不安定要素も大きい。

・実数値:187-176-159-x-129-91(努力値:HP252/攻撃36/防御68/特防148/素早6)
A:H183B116ガブリアス ランク+2じしん+バレットパンチで丁度撃破。
 H207B126メガガルーラ ランク+2アームハンマー 101.4%~119.8% 確定1発。
B:A194メガガルーラ 親子愛ねこだまし+じしんを最高乱数を除き耐え。
 A200ガブリアス じしん 77%~90.9%。
 A182ガブリアス じしん 65.2%~78% 鮫肌ダメージ1回込み耐え。
D:C222メガゲンガー シャドーボール 83.4%~99.4% 確定耐え。

「ゴツゴツメット」タイプ 節を編集

確定技:バレットパンチ/れいとうパンチ
選択技:しねんのずつき/コメットパンチorアイアンヘッド/アームハンマー/じしん/れいとうパンチ/いわなだれ/だいばくはつ/どくどく

カイリューのマルチスケイルを削って冷凍パンチで仕留める第五世代後期に流行した構成。

サポート型 節を編集

特性:クリアボディ
性格:ようき/いじっぱり/わんぱく/しんちょう
努力値:HP252 耐久調整 余り攻撃or素早さ
持ち物:ひかりのねんど/ふうせん/ノーマルジュエル
優先技:ステルスロック/リフレクター/ひかりのかべ
選択技:だいばくはつ/がんせきふうじ/アームハンマー/バレットパンチ

先発に出し、ステルスロック撒きor両壁張りをするサポート要員。
アームハンマーとバレットパンチはパルシェンの起点阻止のため採用される。


Zワザ考察 節を編集

ダメージはA特化でいずれも必中非接触。習得技の大半が命中不安・接触技なので相性は良い。
いずれもメガメタグロスのかたいツメ補正込みの技より高威力。

Zワザ元にする技威力解説
ちょうぜつらせんれんげきコメットパンチ175(262)メガメタグロスの特性込みコメットパンチよりも高威力。
B4振りガブリアス75%の乱1。H252マリルリ87.5%の高乱1、H252カプ・レヒレは超低乱数1。
マキシマムサイブレイカーしねんのずつき160(240)B特化メガフシギバナを確1。H252ウォッシュロトム、H252ギャラドス共に56.3%の乱1。
ライジングランドオーバーじしん180ダブルでは単体攻撃、H252ギルガルド87.5%の高乱数1。
ワールズエンドフォールいわなだれ140ダブルでは単体攻撃、必中。
ぜんりょくむそうげきれつけんアームハンマー180S低下なし、H252メガガルーラ、H252ナットレイ共に確1。B特化ナットレイは確2。
レイジングジオフリーズれいとうパンチ140H252ランドロス、H252メガボーマンダ共に確1。
スパーキングギガボルトかみなりパンチ140H252テッカグヤ低乱数1、B特化の場合はZかみなりパンチ+かみなりパンチでも乱数でしか落ちない。

タグ: ノート


[1] 第5~6世代わざマシン
[2] 第6世代わざマシン
[3] 相手のおもさが200.0kg以上の場合
[4] 第3世代限定技