ワルビアル/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

バトン受けつけあがる型 節を編集

特性:いかく
性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 耐久素早さ調整
持ち物:いのちのたま/アッキのみ/タラプのみ/ラムのみ/オボンのみ
確定技:つけあがる
優先技:ビルドアップ
選択技:じしん/はたきおとす/めざめるパワー(飛)/つばめがえし

新規習得のつけあがるによってバトン受けとして使えるようになった。
アシストパワーと違って無効が無い点がエーフィとの差別化点。
無効が無いために十分な能力上昇を引き継いだ状態ではほぼつけあがるしか使わないので、残りの技は単体で戦うことになる場合を想定。

イーブイのナインエボルブーストバトンを受ける場合、めざパ飛行orつばめがえしはマッシブーンピンポイント対策として採用の価値がある。
H252マッシブーンは無補正無振り特攻↑↑めざ飛で確1、補正ありA252攻撃↑↑つばめがえしで超高乱数。
B振りやD振りも存在するがチョッキ持ちはまずいないので、確実に倒したいならCにある程度振った上でめざ飛採用。

実用性が見出せておらず、考案者も考察を放棄しているためノート入りさせています。
この型に実用性が見出せない理由としては、
・バトンエースとして運用する以上は抜き性能が求められるのにも関わらず、特性の選択肢に自信過剰がない。
・ほぼつけあがるしか使わないと謳っておきながら、道具の選択肢にハチマキがなく、それでいて地震が確定技ではない。
・仮想敵として大きくかけ離れているマッシブーン対策に重きを置いている時点で、それはもう「抜きエース」としての役割を果たせていない。