さかさ基礎 - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

さかさバトル 節を編集

第6世代で初登場し、第7世代ではスペシャルバトルシーズン5で再登場した特殊ルール。



レギュレーション 節を編集

基本的な仕様は「シングルバトル」に準ずる。詳しくはhttps://3ds.pokemon-gl.com/battle/205/regulation/

さかさバトルとは 節を編集

さかさバトルとは、相性が反転するふしぎなバトルのことです。
例えば、かくとうタイプのわざでエスパータイプのポケモンを攻撃した場合、
通常はダメージが半減しますが、さかさバトルではダメージが2倍になります。
※ただし、とくせいの効果は変わりません。
(PGLより引用)

詳細 節を編集

  • 通常では半減・無効化される相性の技が抜群になり、抜群で通る技が半減される。
    • よってタイプによる無効化は存在しない。(特性・技・道具による無効化は存在する)
  • 複合タイプの相性の計算は「相性を計算してから反転」ではなく「相性を反転してから計算」である。
    • 例えばリザードンは通常は地面を無効化(2×0)するのでさかさバトルでは地面が抜群(0→2)になるように思えるがそうではなく、
      炎に地面はさかさルールで半減、飛行に地面はさかさルールで抜群となり、これらが相殺するのでさかさバトルでは等倍(0.5×2)になる。
  • タイプ特性はそのまま残る。(例:電気タイプは「まひ」状態にならない)

さかさバトル相性表 節を編集

攻\防備考
ノーマル---------------
ほのお----------
みず------------特性「ちょすい」「よびみず」「かんそうはだ」には無効
でんき------------特性「ちくでん」「ひらいしん」「でんきエンジン」には無効
くさ--------特性「そうしょく」には無効
こおり----------特性「あついしぼう」には半減
かくとう-------
どく-----------
じめん----------特性「ふゆう」には無効
ひこう------------
エスパー-------------
むし--------
いわ-----------
ゴースト--------------
ドラゴン---------------
あく-------------
はがね-----------
フェアリー------------

※特性「もらいび」には無効、特性「あついしぼう」「たいねつ」には半減、特性「かんそうはだ」には1.25倍


タイプ別考察 節を編集

  • ノーマル
    攻撃が一切半減されず、弱点はゴーストのみと非常に強力。
  • ほのお
    同属性同士で弱点を突き合う。弱点が6タイプで鋼に次いで多い。スペシャルに出場可能なドラゴンタイプ全員に抜群を取れる。
    氷以外の半減相手には草で抜群がとれる。
  • みず
    水ポケモンは半減が2タイプと少なめ。同属性同士で弱点を突き合う。
  • でんき
    同属性同士で弱点を突き合うが、電気無効化特性を持つ電気も多い。半減の水と飛行両方の弱点を突けるタイプがない。
  • くさ
    同属性同士で弱点を突き合う。7タイプに抜群が取れる。流行しているポケモンのほとんどに等倍以上が取れる。
  • こおり
    同属性同士で弱点を突き合う。弱点が同族の氷のみ。
  • かくとう
    ノーマルに半減される。エスパー・ゴースト含め6タイプに抜群が取れる。
  • どく
    同属性同士で弱点を突き合う。耐性面は弱く、攻撃面では5タイプに弱点をつけるがそのうち岩・ゴースト・鋼はノーマルでも弱点を突ける。
    半減の草とフェアリー両方に弱点をつけるタイプがない。
  • じめん
    飛行に通るが、依然としてふゆう、ふうせん等対策手段が多い。
  • ひこう
    技はノーマルと範囲がかぶりやすく、利点は電気に抜群となることくらい。
  • エスパー
    弱点2タイプと比較的優秀。同属性同士で弱点を突き合う。半減相手には虫で抜群をとれる。
  • むし
    草と並び、7タイプに抜群が取れる。
  • いわ
    ノーマルに弱点を突かれる。氷以外の半減相手には草で抜群がとれる。
  • ゴースト
    唯一ノーマルの弱点を突けるため非常に重要な属性。ただしゴースト自体もノーマルに弱点を突かれる。半減相手には格闘で抜群をとれる。
  • ドラゴン
    半減がドラゴンのみ、抜群が鋼フェアリーのみで、等倍範囲が非常に広い。半減相手には炎で抜群が取れる。
  • あく
    同属性同士で弱点を突き合う。半減相手には格闘で抜群をとれる。
  • はがね
    ノーマルに弱点を突かれる。弱点が非常に多い。同属性同士で弱点を突き合う。
  • フェアリー
    鋼や毒に強いが、どちらもさかさバトルにおいて弱点が多いタイプなので優位性は低め。

要注意ポケモン 節を編集

五十音順

  • アグノム
    高い素早さからの一貫性の高いエスパー技。エスパーと相性のいいとんぼがえり持ち。サブウェポン豊富。
  • エテボース
    高い素早さからのねこだまし→とっておきの一貫性。
  • オオスバメザングースリングマ
    特性こんじょう(どくぼうそう)による一致からげんき。
  • オニゴーリ
    弱点氷のみで特性ムラっけ。長居されると手を付けられなくなる。ぜったいれいど持ち。
  • カイリュー
    一貫性の高いしんそく&げきりん。4倍弱点は草。くさむすび威力120。
  • ガブリアス
    高い素早さに加え、げきりんの一貫性の高さ。電気4倍弱点。
  • ガルーラ
    半減しようがないノーマル技を超火力で放ってくる文句なしのトップメタ。
    グロウパンチを決められると受け不能。
  • キノガッサ
    嵌め性能に加え、草・格闘の技範囲が優秀。
    キノコのほうしを無効化できる草では対策不能。
  • クレセリア
    耐性ではなく数値で受けられる高耐久。ただしグロウパンチが重い。
  • クレベース
    弱点氷のみで高物理耐久。
  • ゲンガー
    メガガルーラの一致弱点を先手で突ける。ただし確1は要メガネ。H振りは乱数。
  • ゴーゴート
    高耐久で、そうしょくなのでキノガッサに強い。
  • サンダース
    特性ちくでん。高い素早さからの一貫性の高さが売り。
    シャドーボールでメガガルーラが乱2(44.1%)
  • ジャローダ
    通常ルールと同じく麻痺撒き・壁貼りのサポート能力は健在である上に、
    あまのじゃくと弱点を突きやすいリーフストームのコンボによりアタッカー性能が高く、第6世代では使用率上位に位置した。
  • デンチュラ
    11タイプに抜群を取れる虫+電気の組み合わせを使うポケモンの代表格。
  • ヌケニン
    無効がほとんど存在しないさかさバトルにおいて、数多の技を封じることができる。
    弱点は、草・毒・虫・地面・ノーマル・格闘
    弱点技を覚えていないことはほとんどないであろうが、頭の片隅は入れておきたい。
  • パルシェン
    弱点が水、こおりのみで、物理技に対する性能が高くなっている。
  • フリーザー
    耐性優秀かつ高耐久。さらに再生技や一撃必殺コンボも。
    はねやすめの効果を含めると全てのタイプを等倍以下に抑えられる。
  • ポリゴン2
    弱点が技の威力に乏しいゴーストのみ。
  • ボルトロス(化身)
    ガブリアスラティオスを上から一致抜群で叩ける。
    単電気相手の弱点を突け、電気を等倍で受けられる
  • マッスグマ
    はらだいこ+しんそく。
  • マンムー
    弱点が少なく(電気、毒のみ)、半減5個と優秀な耐性のおかげでキノガッサメガリザードンYなどに強い。
    こおりのつぶてで氷タイプに強いのも特徴。
  • ミルタンク
    弱点が物理技の威力に乏しいゴーストのみ。そうしょくでキノガッサに強い。
  • ラッキー・ハピナス
    弱点が物理技の威力に乏しいゴーストのみ。
  • ラティオス
    こだわりメガネりゅうせいぐんの一貫性の高さ。エスパー技も通りやすい。起点作りも。
    ガブリアスサザンドラの一致技を両方半減できる
  • ラプラス
    特性ちょすいで弱点氷(4倍)のみ。
  • レジアイス
    弱点氷のみで高特殊耐久。
    氷・電気・格闘で範囲も文句なし。