ポケモン危機一髪! - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

ポケモン危機一髪! 節を編集

レギュレーションページ 節を編集

https://3ds.pokemon-gl.com/dl-regulation/6006

基本ルール 節を編集


使用可能ポケモン一覧 節を編集

最終進化系と一部の進化前ポケモンのみ記載

全国No.ポケモン名タイプ1タイプ2弱点とくせい
12バタフリーむしひこうふくがん-いろめがね
47パラセクトむしくさほうしかんそうはだしめりけ
62ニョロボンみずかくとうちょすいしめりけすいすい
76ゴローニャいわじめんいしあたまがんじょうすながくれ
80ヤドランみずエスパーどんかんマイペースさいせいりょく
95イワークいわじめんいしあたまがんじょうくだけるよろい
103ナッシーくさエスパーようりょくそ-しゅうかく
103ナッシー(アローラ)くさドラゴンおみとおし-しゅうかく
105ガラガラ(アローラ)ほのおゴーストのろわれボディひらいしんいしあたま
121スターミーみずエスパーはっこうしぜんかいふくアナライズ
123ストライクむしひこうむしのしらせテクニシャンふくつのこころ
124ルージュラこおりエスパーどんかんよちむかんそうはだ
142プテラいわひこういしあたまプレッシャーきんちょうかん
154メガニウムくさ-しんりょく-リーフガード
166レディアンむしひこうむしのしらせはやおきてつのこぶし
178ネイティオエスパーひこうシンクロはやおきマジックミラー
182キレイハナくさ-ようりょくそ-いやしのこころ
185ウソッキーいわ-がんじょういしあたまびびり
189ワタッコくさひこうようりょくそリーフガードすりぬけ
192キマワリくさ-ようりょくそサンパワーはやおき
199ヤドキングみずエスパーどんかんマイペースさいせいりょく
215ニューラあくこおりせいしんりょくするどいめわるいてぐせ
248バンギラスいわあくすなおこし-きんちょうかん
254ジュカインくさ-しんりょく-かるわざ
267アゲハントむしひこうむしのしらせ-とうそうしん
275ダーテングくさあくようりょくそはやおきわるいてぐせ
284アメモースむしひこういかく-きんちょうかん
286キノガッサくさかくとうほうしポイズンヒールテクニシャン
291テッカニンむしひこうかそく-すりぬけ
292ヌケニンむしゴーストふしぎなまもり--
319サメハダーみずあくさめはだ-かそく
332ノクタスくさあくすながくれ-ちょすい
337ルナトーンいわエスパーふゆう--
338ソルロックいわエスパーふゆう--
342シザリガーみずあくかいりきバサミシェルアーマーてきおうりょく
344ネンドールじめんエスパーふゆう--
357トロピウスくさひこうようりょくそサンパワーしゅうかく
377レジロックいわ-クリアボディ-がんじょう
380ラティアスドラゴンエスパーふゆう--
381ラティオスドラゴンエスパーふゆう--
409ラムパルドいわ-かたやぶり-ちからずく
413ミノマダム(くさき)むしくさきけんよち-ぼうじん
414ガーメイルむしひこうむしのしらせ-いろめがね
416ビークインむしひこうプレッシャー-きんちょうかん
421チェリムくさ-フラワーギフト--
426フワライドゴーストひこうゆうばくかるわざねつぼうそう
455マスキッパくさ-ふゆう--
460ユキノオーくさこおりゆきふらし-ぼうおん
461マニューラあくこおりプレッシャー-わるいてぐせ
464ドサイドンじめんいわひらいしんハードロックすてみ
465モジャンボくさ-ようりょくそリーフガードさいせいりょく
468トゲキッスフェアリーひこうはりきりてんのめぐみきょううん
469メガヤンマむしひこうかそくいろめがねおみとおし
470リーフィアくさ-リーフガード-ようりょくそ
473マンムーこおりじめんどんかんゆきがくれあついしぼう
478ユキメノコこおりゴーストゆきがくれ-のろわれボディ
497ジャローダくさ-しんりょく-あまのじゃく
512ヤナッキーくさ-くいしんぼう-しんりょく
526ギガイアスいわ-がんじょうすなおこしすなのちから
528ココロモリエスパーひこうてんねんぶきようたんじゅん
542ハハコモリむしくさむしのしらせようりょくそぼうじん
546モンメンくさフェアリーいたずらごころすりぬけようりょくそ
547エルフーンくさフェアリーいたずらごころすりぬけようりょくそ
549ドレディアくさ-ようりょくそマイペースリーフガード
553ワルビアルじめんあくいかくじしんかじょういかりのつぼ
556マラカッチくさ-ちょすいようりょくそよびみず
561シンボラーエスパーひこうミラクルスキンマジックガードいろめがね
567アーケオスいわひこうよわき--
586メブキジカノーマルくさようりょくそそうしょくてんのめぐみ
609シャンデラゴーストほのおもらいびほのおのからだすりぬけ
623ゴルーグじめんゴーストてつのこぶしぶきようノーガード
635サザンドラあくドラゴンふゆう--
639テラキオンいわかくとうせいぎのこころ--
640ビリジオンくさかくとうせいぎのこころ--
652ブリガロンくさかくとうしんりょく-ぼうだん
655マフォクシーほのおエスパーもうか-マジシャン
658ゲッコウガみずあくげきりゅう-へんげんじざい
666ビビヨンむしひこうりんぷんふくがんフレンドガード
673ゴーゴートくさ-そうしょく-くさのけがわ
697ガチゴラスいわドラゴンがんじょうあご-いしあたま
699アマルルガいわこおりフリーズスキン-ゆきふらし
701ルチャブルかくとうひこうかるわざじゅうなんかたやぶり
709オーロットゴーストくさしぜんかいふくおみとおししゅうかく
711パンプジンゴーストくさものひろいおみとおしふみん
724ジュナイパーくさゴーストしんりょく-(未解禁)
740ケケンカニかくとうこおりかいりきバサミてつのこぶしいかりのつぼ
741オドリドリ(ふらふら)エスパーひこうおどりこ--
741オドリドリ(まいまい)ゴーストひこうおどりこ--
743アブリボンむしフェアリーみつあつめりんぷんスイートベール
745ルガルガン(まひる)いわ-するどいめすなかきふくつのこころ
745ルガルガン(まよなか)いわ-するどいめやるきノーガード
754ラランテスくさ-リーフガード-あまのじゃく
756マシェードくさフェアリーはっこうほうしあめうけざら
763アマージョくさ-リーフガードじょおうのいげんスイートベール
770シロデスナゴーストじめんみずがため-すながくれ
774メテノいわひこうリミットシールド--
779ハギギシリみずエスパービビッドボディがんじょうあごミラクルスキン
781ダダリンゴーストくさはがねつかい--
784ジャラランガドラゴンかくとうぼうだんぼうおんぼうじん
787カプ・ブルルくさフェアリーグラスメイカー-(未解禁)
799アクジキングあくドラゴンビーストブースト--

特徴 節を編集

要注意ポケモン 節を編集

  • ゲッコウガ
    非常に素早く、「へんげんじざい」で弱点5つ以上の縛りを無視している
    火力アイテムがないので無振りラティオスすら確一にできないのは穴となるだろう
    ユキノオーと組ませれば必中ふぶき
  • ユキノオー
    ゆきふらし+ふぶき。
    先手を取られると脆いが通常ルールより一致技の通りが格段によい
  • プテラ
    テッカニンに次ぐ素早さからの一致いわなだれ、特性「きんちょうかん」持ち
    おいかぜ、フリーフォール、ワイドガード
  • ハギギシリ
    ねこだましを防ぎつつトリックルーム
    特性によって先制技を制限できるのはハギギシリとアマージョのみ
    特性「いかりのつぼ」のケケンカニにこおりのいぶきで攻撃最大
    ただし、きあいのタスキ+Lv1戦法が使えないのでコンボ成立に時間がかかる
  • トゲキッス
    数少ないフェアリータイプの一角
    エスパーへのあくのはどうや、テラキオン+ふくろだたきのコンボをこのゆびとまれで吸い寄せられる
    相方のトリックルームサポート、自身はおいかぜサポートが可能
  • エルフーン
    いたずらごころで悪以外に先制
    ひかりのかべ・おいかぜ・ちょうはつ・アンコール
    ふくろだたきでテラキオンの相方も
  • テラキオン+ふくろだたき
    岩の一貫性が強い
    いわなだれで怯み狙いも
  • ラティアスラティオス
    両壁・おいかぜ・りゅうせいぐん
    サポートもアタッカーもこなせるポテンシャル
    フェアリーが少なく鋼がいないので、りゅうせいぐんの大火力が通りやすい
  • サザンドラ
    アタッカー&おいかぜ
    フェアリーが少なく鋼がいないので、りゅうせいぐんの大火力が通りやすい
  • ジャラランガ
    このルールで貴重な草・岩・悪全てに耐性を持つポケモン。他はくさ×かくとうのみ
    H4振りだけでA+4テラキオンのいわなだれやカプ・ブルルのウッドハンマーを2回耐える
    H156+バコウ+壁でA+4コアメテノの倍加アクロバットを確定耐えできるのが草/格闘にない長所となる
    「ぼうじん」で粉技耐性を持つ他、おたけびによる遂行力低下も狙える
  • カプ・ブルル
    唯一のカプ系統であり、フィールド系の技を覚えるポケモンがいないので、グラスフィールドを上書きされない
    ドラゴン技無効だが、サブに多い炎・氷が辛い
  • ダダリン
    はがねつかい+ヘビーボンバーによる屈指のメテノ&フェアリーキラー
    特化ヘビーボンバーでH振りカプ・ブルル(威力100)が高乱1(75%)、壁+H振り殻メテノ(威力120)が中乱1(44%)
    自身のタイプによる攻撃技も通りやすい
  • バンギラス
    「すなおこし」でDが高い
    いたずらごころ無効、豊富な攻撃技、でんじは・ちょうはつ等の小技も
  • ギガイアス
    「すなおこし」でDが高い
    ワイドガード・じゅうりょく・だいばくはつ
    鈍足高火力なので、トリパもあり
  • ルガルガン(まひる)
    すなおこしと組み、特性すなかきで素早さ倍化
    アクセルロック・ちょうはつ・いわなだれ・かわらわり
    相手が自分より遅ければ、ファストガードでねこだましを防げる
  • アーケオスルチャブルネンドールネイティオ
    サイドチェンジ
    相方に相性補完のある程度優れているポケモン(特に氷耐性⇔地面弱点)を置き、両者の弱点からの緊急回避を行う
    (ルチャブルはユンゲラーからの遺伝が可能であるが、
    アーケオスは「第五世代でサイドチェンジを覚えさせたネイティ系統」などを送ってくる必要がある
    ネイティオ自身も第五世代の技マシンが無ければ他に遺伝方法が無い
    ネンドールは遺伝技が存在しないため、第五世代の技マシンで直接覚えさせた個体のみが可能)
  • メテノ
    からをやぶる+シールド解除+じゃくてんほけんで超火力
    いわなだれで怯みも
    条件はキツイが、一旦発動してしまうと全抜きの危険
  • ビビヨン
    りんぷんでねこだまし無効、フレンドガード
    おいかぜ、ねむりごな、ひかりのかべ、いかりのこな。専用技ふんじんで晴れパへの牽制
    エレキネットやむしのていこうもあるので、ちょうはつされても腐りにくい
    岩4倍の上低耐久だが、サポートとして優秀
  • ラムパルドガチゴラス
    おいかぜorトリックルームのエース
    ラムパルドのもろはのずつきはCSサザンドラ程度の中耐久高速アタッカーを確一
    岩耐性は少なく、いわなだれと違いワイドガードで防げない
  • ドサイドン
    トリックルームパーティのエース
    ラムパルドギガイアス等がライバルだが、ハードロック+じゃくてんほけんのコンボが特色
    ドリルライナー・れいとうパンチ・つのドリルと、差別化には困らない
  • シザリガー
    特性てきおうりょくで、物理水・悪の最高火力。いたずらごころ無効
    一致はたきおとす、アクアジェット、クラブハンマー
    素早さがいまいちなので、トリパでの採用になるか
  • マニューラダーテングルージュラ
    本ルールで使えるねこだまし持ち
    最終進化以外にはニューラがいるが、理由がなければマニューラでいい
    ニューラは特性せいしんりょくで怯まない(今大会唯一のせいしんりょく持ち)ので、採用理由はその辺りか
    ただし搭載率の高い「いわなだれ」が弱点になるので注意
  • パラセクト
    キノコのほうし・いかりのこな・ワイドガード・アロマセラピー・ひかりのかべ
    素早さが低いので、トリックルーム下では要注意
  • マシェード
    ドラゴン技無効、地面半減
    キノコのほうし・ひかりのかべ・ちからをすいとる
    素早さが低いので、トリックルーム下では要注意
  • ココロモリ
    特性たんじゅん+じゃくてんほけんにより、味方から低威力の弱点技を受けて超火力アシストパワーを放てる
    めいそう・ドわすれ・かげぶんしんもあるので、自身で積んでもよい
    ねっぷうやエアカッターで全体攻撃も可能
    いかりのまえば・おいかぜ・リフレクター・でんじは等でサポートも
  • マンムー
    特性あついしぼうにより実質弱点4つ
    数の多い草や岩にタイプ一致&A130で攻撃出来る
  • シャンデラ
    数の少ない炎タイプ。脅威のC145
    特性すりぬけで壁や身代わりを無視し、クリアスモッグで積み技無効化
    シャドーボールは一貫性が非常に高く、ねっぷうで全体攻撃も
    トリックルーム+ふういんも可能だが、オーロットの方が向いているか
  • スターミー
    高いSを持ち、ちいさくなるを積めれば弱点もなにも苦にしない要塞になり得る
    ちいさくなる状態ではヘビーボンバーのダメージが2倍になるが、
    鋼タイプ自体がおらずタイプ一致になるのは特性で擬似的に行われるダダリンしかいない(210kgと80kgのため威力は60、2倍で120)
    ただし水タイプで鋼タイプを半減するとはいえ防御は低めで確2~乱3であるため、草・ゴースト技以外でも相手にする際は注意が必要
  • はたきおとす全般
    持ち物の都合上必ず1.5倍のダメージになる(ナモのみ除く)
  • トリックルーム持ち全般
    弱点が多いため、通常以上に素早さが重要になる
    行動順をひっくり返せるトリックルームの重要性は大きい
    ドサイドンラムパルド等のトリパエースにも注意
  • 先制技持ち全般
    先制技を特性で規制できるのがハギギシリアマージョしかいないため、通常よりも重要となる
    サイコフィールドを覚えるポケモンもいないので、上記の二体以外だとファストガードとまもるくらいでしか防げない
  • いわなだれ持ち全般
    このルールに限らず基本のダブルでの注意技であるが、相手より遅い場合は2体に各々3割の確率で行動不能の運ゲーを強いられてしまう
    命中も90とそこまで低くないため、岩タイプが弱点で遅めのポケモンは連続怯みによって何も出来ずに倒される覚悟もしておくこと
    特に素早さが130あり、きんちょうかんでヨロギの実の発動を無効にしながら撃ってくるプテラ
    すなかきによって砂嵐下で素早さ112をさらに2倍にし、ほぼ先行を取ってくるルガルガン(まひる)
    こちらの取りたい行動にタイミングを狂わせてきやすい(誓いパの攻撃役を動けなくする、壁張りやトリックルーム役を動けなくするなど)
    岩タイプ自体を無効にできるタイプは無く、怯みを防ぐ特性「せいしんりょく」持ちも岩タイプが弱点のニューラしかいないため、
    出来れば岩タイプを半減して複数回は受けられるポケモンが1体は欲しい