カプ・コケコ(カプコケコ) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

カプ・コケコ(カプコケコ) 節を編集

No.785 タイプ:でんき/フェアリー
通常特性:エレキメイカー(場に出た時、フィールドがエレキフィールドになる。
                      地面にいるポケモンはねむり状態にならなくなり、でんきタイプの技の威力が1.5倍になる)
体重  :20.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
高速電気HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カプ・コケコ70115859575130570エレキメイカー
エレキ下電技(無振り)182152
エレキ下電技(全振り)198168
メガライボルト70758013580135575いかく
サンダース65656011095130525ちくでん/はやあし
ライコウ908575115100115580プレッシャー
ボルトロス(霊獣)791057014580101580ちくでん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん/どく
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/かくとう/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしドラゴン

アローラの守り神の一柱にして、「でんき×フェアリー」タイプの一角。
素早さの臨界点とされる「130族」の一角で、これより速いわずかなポケモン及びこだわりスカーフ持ちを除きほとんどのポケモンに先手をとれる俊足が最大の特徴。
主力となるでんき技はエレキフィールドにより強化され、最大火力であるデンキZを考慮すると、でんきに耐性のないほとんどのポケモンを上から縛ってしまう驚異的な対面性能を持っている。
これに加え、物理型・特殊型の別、しぜんのいかり・ちょうはつ・リフレクター・ひかりのかべ等の小技、逃げる相手にボルトチェンジやとんぼがえりを合わせられる択を持ち、動きを単一に絞れないカスタマイズ性の高さを誇る。
その強力さ・器用さから、シングル・ダブルを問わずトップメタに君臨しており、構築におけるでんき一貫切りの重要性をより高めている。

総じて非常に強力ではあるが、あくまでその脅威は高火力のでんき技に集約される。
フィールドで補強されない他の技は素の威力の低さも相俟って火力不足であり、無補正252振りマジカルシャインは一致弱点を突いても無振りガブリアスに確定耐え、同条件すなあらしバンギラスに確定3発となるほどに頼りない。
そのため、他のでんき以上にじめんや「ひらいしん」・「ちくでん」で受けるのが有効であり、種族値の都合上めざめるパワーやくさむすびで返り討ちにするのも容易ではない。
運用の際には、あくまでメインタイプはでんきと割り切り、無理をする必要はないことを心得ておきたい。
また、の中では最速なのでフィールドを奪われやすく、フィールド前提の戦法を組み立てる際には相手の守り神とかち合わないよう注意を払う必要がある。

なお、前述通り物理型・特殊型の両方が存在するが、物理ではフェアリー技を覚えずサブウェポンも狭くなる一方、特殊技にはマジカルシャイン・ボルトチェンジやくさむすび・めざめるパワー氷のような補完に優れる選択肢が多く存在し、大部分は特殊型での採用となっている。
特攻種族値は95止まりと一見心許ないものの、エレキフィールド+無補正C振り10まんボルトの指数は29767であり、C特化霊獣ボルトロスのそれ(29160)をわずかに凌駕するほど。
上から叩ける範囲の広さ・アイテムによるのびしろを考慮すれば充分な高火力と言える。
また、個体数は限られるが物理型のワイルドボルトはこれ以上の火力があり、じめんには打点を持てないがくさへの役割破壊となるひこう技を持てるなど奇襲性が高い。
いずれにせよ高火力で受けにくく、型を決めつけてかかるのは危険。

配信された色違いのカプ・コケコについて
性格はおくびょう固定、個体値は3V確定でランダム。
特別な技などは無く性格が筒抜けになるデメリットがあるため通常色の使用が推奨されるが、
とんぼがえりが読まれにくいメリットはある。

ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

エレキメイカー
場に出たときに場の状態をエレキフィールドにする。

エレキフィールドの効果 節を編集

  1. 電気技のダメージ1.5倍
    地面にいるポケモンが使う電気技のダメージが1.5倍になる。
    概要部の通り控えめな種族値を補う形になっており、でんきタイプのアタッカーとして十分な火力を出す事ができる。
    ただし、相手パーティーに強力なでんきタイプがいる場合は利用されかねないので注意したい。
    メジャーなでんきでもボルトロス・各種ロトムサンダーなど接地しておらずエレキフィールドの対象外なポケモンも多いが、
    相性上不利なジバコイルデンジュモクに起点化されかねないリスクがある。
    ふうせんを持っていると無意味な事に注意。
  2. 眠り無効
    地面にいるポケモンは眠らなくなる。
    相手のあくび・さいみんじゅつ・キノコのほうしなどを無効化でき、耐久型のねむるを阻止できるなど活きる場面は多い。
    ちなみにあくびは2ターン目の眠りが無効となるのではなく技自体が無効となるのでフィールド終了を狙って眠らせるということもできない。
    特にあくび+積み展開のようなギミックパーティに関しては、選出を抑制できるほどの致命的な打撃を与えられる。
    敵味方両方に影響するため、自身がこういった戦法を採る場合は注意したい。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。エレキフィールド下では威力202。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。エレキフィールド下では威力247。
素では命中不安なので雨やZクリスタルとあわせて。
ほうでん80(120)100麻痺30%タイプ一致技。攻撃しつつ麻痺撒き。サポート型で。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退可能。こだわり型で。
地面やひらいしんによる無効化に注意。
マジカルシャイン80(120)100タイプ一致技。電気技とあわせて全18タイプに等倍以上。ムーンフォースは覚えない。
めざめるパワー(氷)60100-ランドロスグライオン。かつ四倍ドラゴンにもまとめて通る。
ただし確一ラインには程遠いため基本的には受け出しを許さない技。
(地)60100-ジバコイルAガラガラ
(炎)60100-ナットレイメガフシギバナには等倍。
くさむすび20~120100-対地面。カバルドンドサイドンマンムー、水/地に。
しぜんのいかり90優秀な削り技。一貫性が高く、交代読みで撃ちやすい。
他のカプと違いボルトチェンジやとんぼがえりがあるので優先度は低い。
サポート型なら有用になる。
物理技タイプ威力命中効果解説
ワイルドボルト90(135)100反動1/4タイプ一致技。エレキフィールド下では威力202。
かみなりパンチ75(112)100麻痺10%タイプ一致技。反動はないが低威力。指数はようきかみなりパンチ<おくびょう10まんボルト。
ブレイブバード120100反動1/3対草。ねむりごなやキノコのほうし持ちへの遂行技。
フィールド上書きを狙うカプ・ブルルにも。
アクロバット55→110100対草。状況次第では高火力。エレキシード等の消費アイテムとあわせて。
どろぼう60100道具奪取相手の持ち物次第では有用。エレキシード等の消費アイテムとあわせて。特にAガラガラなどへ。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退可能。ボルトチェンジと違い無効は無いが接触技で火力も低い。
アイアンヘッド80100怯み30%対フェアリー。カプ・ブルルにも通り鉢巻でミミッキュを確1。
でんこうせっか40100優先度+1唯一の先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中解説
どくどく90耐久型対策。毒・鋼に無効。
でんじは90サポート用。電気・地面、ひらいしん等に無効。
リフレクター-サポート用。物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。特殊耐久を強化。
あまごい-サポート用。天候の始動役や上書き、かみなり必中化に。
ちょうはつ100補助技対策。起点化回避に。
ほえる-積み技対策。起点化回避に。
めいそう-特攻・特防を補強。
はねやすめ-回復技。カプ系で唯一習得。

Zオウムがえしについて

Zパワーによって攻撃を2段階上昇させた後、相手が最後に使った技を「Zワザにして」返す。
自己完結なら「まもる」→「相手の技を見る」→「Zオウムがえし」で可能。
相手がなにか技を使っている状態ならよいので、死に出しで発動すると「まもる」いらず。

物理型ならZワザで上昇したAをワイルドボルトに転用できるが、特殊型でもAガラガラピンポイントならありえるか?
下降補正無振りでもAランク+2のZシャドーボーンやZじしんでAガラガラ余裕の確1、ただしZホネブーメランでは落とせない。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
スパーキングギガボルト10まんボルト175(262)フィールド無し・無補正C振りでH振りカプ・レヒレを確1。
ワイルドボルト175(262)反動無し。
ラブリースターインパクトマジカルシャイン160(240)無補正C振りで無振りカプ・コケコを中乱1。
ガーディアン・デ・アローラしぜんのいかり-カプ系の専用Zワザ。最強クラスの役割破壊技だが研究は進んでいない。
ブルームシャインエクストラくさむすび160威力固定。
ファイナルダイブクラッシュブレイブバード190反動無し。Zオウムがえし採用時のもう一つの利用方法。
Zオウムがえしオウムがえし-上述通り。Aガラガラを筆頭に、ゴーストへの奇襲として。
ドラゴン技に無償降臨からのZオウムがえしでドラゴン狩りも。

型考察 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

特性:エレキメイカー
性格:おくびょう/むじゃき/せっかち
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりメガネ/Zクリスタル/シュカのみ
確定技:10まんボルトorかみなり
優先技:マジカルシャインorめざめるパワー氷/ボルトチェンジorとんぼがえり
攻撃技:くさむすび/めざめるパワー(炎/地)/ブレイブバード/しぜんのいかり(カプZ)/でんこうせっか
補助技:めいそう/ちょうはつ

技範囲が広めの特殊AT型。一致技に加えてくさむすび、めざパが使える。
特性によりでんき技は霊獣ボルトロス以上の火力となる。
でんき技以外は火力不足気味だが、ひかえめ等ではゲッコウガメガボーマンダを抜けないので基本最速。
いのちのたまやこだわりメガネで補強するか、きあいのタスキで攻撃回数を稼ぐ事でカバーしたい。

マジカルシャインは一見搭載すべきように見えるが、一貫性は高いものの一撃で倒せないシチュエーションが圧倒的に多いため、
受け出しを成立させないならばほぼ同一の範囲をカバーしつつそれ以上に4倍弱点を狙えるめざめるパワー氷を取るケースが多い。
下記のスカーフ型でも一貫はさせられるが火力は補強できないためほぼ同様。
ただしこだわりメガネやフェアリーZレベルで威力補強している場合はその一貫性の高さが存分に活かされるため十分有用。
またアローラ図鑑ルールの場合はフェアリー技で十分一貫が取れるためこちらもマジカルシャインを優先したい。

物理アタッカー型 節を編集

特性:エレキメイカー
性格:ようき/いじっぱり/むじゃき/せっかち
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/こだわりハチマキ/Zクリスタル/シュカのみ
確定技:ワイルドボルト/ブレイブバード
優先技:ボルトチェンジorとんぼがえり
攻撃技:どろぼう/アイアンヘッド/くさむすび/マジカルシャイン/めざめるパワー/しぜんのいかり(カプZ)/でんこうせっか
補助技:まもる/オウムがえし(ヒコウZ)/ちょうはつ

フェアリー技は使えなくなるが代わりにひこう技を使える。
特性とあわせてねむりごな持ちの草・虫に強いのが利点。
地や電で止まりやすくなるので交代技はとんぼがえりもあり。A振りのおかげでなかなかのダメージが出る。
ほのおのからだやきあいのタスキが怖いが、舞われていないウルガモスを一撃で落とせる。

持ち物はH振りカプ・ブルルを確1で落とせるヒコウZがおすすめ。Zオウムがえしも使える。
また特殊型の場合だと厳しいカプ・テテフは耐久に振られなければデンキZで確1にできる。
基本的に性格でSに補正をかければよいが確定数がズレるケースもそこそこあるためAにかけてもよい。

しぜんのいかり(カプZ)とも好相性。後出しされやすいガブリアスマンムー等をそのままブレイブバードで突破できる(スカーフには注意)
カバルドングライオンドリュウズあたりはしぜんのいかりで削っても厳しいので出て来たら撤退推奨。
交代を読まれやすいので、役割が薄いと判断したらあえて退かずにちょうはつを使い後続の起点にしてしまうのもあり。
受け出しされるラッキーメガフシギバナをカプZ+ワイルドボルトorブレイブバードで突破できるため、受けループに強い。

スカーフ型 節を編集

特性:エレキメイカー
性格:おくびょう
努力値:CS252 防御4
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:10まんボルト/ボルトチェンジorとんぼがえり
選択技:かみなり/くさむすび/しぜんのいかり/めざめるパワー/マジカルシャイン

コケコミラー・スカーフガブリアスメガゲンガー・すいすいキングドラ等に上から攻撃を仕掛ける型。
序盤からの展開や終盤の掃除に優れる。
特に1舞メガボーマンダ、2舞メガギャラドス、殻を破ったパルシェンなどより速く動けるため積みエースに対するストッパーとして優秀。
ただし、火力は据え置き(ボーマンダは一撃では落とせず、メガギャラドスは10まんボルトだと分の悪い乱数)なのでサイクルを回しつつ、役割対象にある程度削りを入れておくのが前提となる。
とにかく上を取ることが最優先の型のため、ひかえめキングドラ・ようき1舞ボーマンダの上を取れなくなるひかえめスカーフは非推奨。
カプ・コケコが呼びやすい電気無効への対抗手段にボルトチェンジととんぼがえりの両立もあり。

壁張り起点型 節を編集

性格:おくびょう/ようき
努力値:S252 H252orAC調整余りH
持ち物:ひかりのねんど/きあいのタスキ/オボンのみ/ふうせん
確定技:ひかりのかべ/リフレクター
攻撃技:10まんボルトorほうでんorワイルドボルト/ボルトチェンジorとんぼがえり/しぜんのいかり/マジカルシャイン/ブレイブバード
補助技:ほえる/ちょうはつ/でんじは

速い素早さを活かし壁を張って積みアタッカーの起点にしていく型。
ちょうはつにより妨害されにくく、退場技や流し技で自身の起点化も阻止できる。
すりぬけクロバットとは同速勝負だが退いてくる事が多い。

火力に振らないのでマジカルシャインの必要性は低め。

壁張り型ならおくびょうである必要なくない?ワイルドボルトの反動で退場を加速させたり無効化されないとんぼがえりの火力アップでようきも選択肢になりそう。
しかもダメージソースになるしぜんのいかりはC↓でもダメージ同じだし。
↑性格や攻撃技に追加しました。

どくまも型 節を編集

特性:エレキメイカー
性格:おくびょう/ようき
努力値:S252 HC調整
持ち物:たべのこし
確定技:どくどく/10まんボルトorかみなりorワイルドボルト/まもる/みがわり

基本はフィールドにまかせて電気技で殴るが、有利対面で相手の交代を読んでみがわりを張り次ターンにどくどくを使ってどくまもでハメる。
エレキフィールドによってねむるでの回復を許さない点がほかのどくまも型ポケモンにない利点。
様子見にもなり、出て来る相手によってはどくまもをせずに2回攻撃する選択肢も生まれる。
みがわりターンにホネブーメランや音技使いが出てくることを読むなら、まず「どくどく」、次ターン「まもる」、その次のターンに交代という手順で。
どうしても2ウェポンにしたいならまもるかみがわりを切ることになるが、基本は【どくどく/まもる/みがわり/10まんボルト】でよい。

はねやすめだと回復するターンに攻撃を受ける前提になるため、低耐久のカプ・コケコには扱いづらい技である。
逆に最速からSを減らし、はねやすめで後攻を取れるように調整するのも一考である。

でんき技について

かみなりは命中不安だが対面でじしん持ちメガギャラドステッカグヤを迅速に処理したい場合。
C244振りでH84D4振りメガギャラドス、C116振りでH252振りテッカグヤが確1。
※H84A252B4D4S164振りメガギャラドスはりゅうのまい1回で130族抜き&コケコの10まんボルト耐え。
↑この型攻撃技はワンウェポンでフェアリー技を切るのだから特殊技に拘る理由もなければ物理技を排除する理由もない。
つまり命中安定最高火力のワイルドボルトが候補に入らない理由がないです。嵌めている時は使わないので反動ダメージも気になりません。
いかくなしでASメガギャラドス・H振りテッカグヤ共に確1。
テッカグヤはB振りもいればチョッキ持ちもいるので物理特殊どちらでも撃破の保証はないとはいえ、H振りテッカグヤ中乱数の10まんボルトよりワイルドボルトの方が優秀です。
↑カプ・コケコもギャラドスも互いに確2が取れるため後出しは難しく、みがわり張ったカプ・コケコや舞ったメガギャラドスには出せないから偶発対面での想定になる。
ワイルドボルトそのものを否定するわけではないが、いかくなしだけで考えるのはなかなか難しいかと。
↑いかくワイルドボルトでも10まんボルトでも基本的に2発要する。ただしみがわり状態で偶発したらワイルドボルト1発、10まんボルト2発。
テッカグヤ相手の場合、毒が入らず固いので消極的ですがほうでんで麻痺、麻痺バグを狙ってみた方が。

努力値について
努力値1:H0 C252 (HP16n+1)
努力値2:H12 C244 (HP16n+3)
努力値3:H140 C116 (HP16n+3)
努力値4:H252 C4 (HP16n+1)

基本的に努力値1,2でよい。ロトムなど中火力高耐久の電気や水などに合わせて調整。
HとCのみ書いてあるが、Cに振る努力値をDに回して耐久を厚くしてもよい。


対カプ・コケコ 節を編集

注意すべき点
高い素早さから、特性で強化されたでんき技を放つ。
いのちのたまやこだわりメガネ、Zクリスタルも考慮すると、種族値の印象からは想像できない火力が発揮される。
アタッカーのみならず、壁張りサポート等も可能。
まひに加えねむりも無効なため動きを止めにくく、あくびによる起点作りや、ねむるによる受けを許さない。
後続の霊獣ランドロスとトンボルチェンを繰り返しサイクルを回されることが多い。
対策方法
でんき技以外は低火力。フェアリー技は物理は何も覚えず、特殊も威力80のマジカルシャイン止まり。エレキフィールドの性質上風船持ちはほぼいない。
地面タイプのほか、ラッキーポリゴン2等の特殊受けなら安定して受けられる。
特に、Aガラガラは特性ひらいしんも合わせてカプ・コケコの主要な技をほとんど半減以下に抑えるほかめざ地も確定耐えし、
無振りカプ・コケコを一撃で落とせる火力も持っているので強力なメタとなる。
めざ地こそ痛いがとつげきチョッキを持ちヒードランジバコイルも有効。ヒードランなら電気技等倍の代わりにめざ地でも確3。
また、壁張りカプ・コケコに対してもかわらわりを撃ってくる可能性があり、攻撃力が高いため迂闊に退くこともできず有利な対面を作りやすい。
ただし、(採用は稀だが)Zオウムがえしでじしん・シャドーボーン・ホネブーメラン等を返されると落とされる可能性もある。
電気技の高火力はフィールド依存につき、他の守り神でフィールド変更してしまうのも有効。
でんき技を半減にできるカプ・ブルルか、とつげきチョッキで特防を高めたカプ・テテフが安定。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1エレキフィールド--でんき変化10
1ブレイブバード120100ひこう物理15
1パワースワップ--エスパー変化10
1くろいまなざし--ノーマル変化5
1でんこうせっか40100ノーマル物理30
1みねうち40100ノーマル物理40
1からにこもる--みず変化40
1でんきショック40100でんき特殊30
8スパーク65100でんき物理20
14でんげきは60-でんき特殊20
20いやなおと-85ノーマル変化40
26じゅうでん--でんき変化20
32ワイルドボルト90100でんき物理15
38オウムがえし--ひこう変化20
43しぜんのいかり-90フェアリー特殊10
48ほうでん80100でんき特殊15
53こうそくいどう--エスパー変化30
58エレキボール-100でんき特殊10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技04めいそう--エスパー変化20
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技19はねやすめ--ひこう変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技33リフレクター--エスパー変化20
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技51はがねのつばさ7090はがね物理25
技54みねうち40100ノーマル物理40
技58フリーフォール60100ひこう物理10
技62アクロバット55100ひこう物理15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技72ボルトチェンジ70100でんき特殊20
技73でんじは-90でんき変化20
技76そらをとぶ9095ひこう物理15
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技93ワイルドボルト90100でんき物理15
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技99マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明