カプ・ブルル(カプブルル) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

カプ・ブルル(カプブルル) 節を編集

No.787 タイプ:くさ/フェアリー
通常特性:グラスメイカー(場に出た時、フィールドがグラスフィールドになる
             地面にいるポケモンはくさタイプの技の威力が上がりHPを毎ターン少しずつ回復(最大HPの1/16)
             じしん、マグニチュード、じならしの技で受けるダメージが1/2になる)
体重  :45.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
草/妖HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カプ・ブルル70130115859575570グラスメイカー
グラス下草技(無振り)205137
グラス下草技(全振り)221153
エルフーン6067857775116480いたずらごころ/すりぬけ/ようりょくそ
マシェード6045809010030405はっこう/ほうし/あめうけざら

ばつぐん(4倍)どく
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/ひこう/はがね
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/かくとう/じめん/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしドラゴン

フィールド展開特性を持つ、アローラの守り神の一柱。
くさ×フェアリー」複合タイプのこのポケモンはグラスフィールドを展開する。
また、の中で最鈍であり、この性質とタイプ相性の優位性が相俟って守り神キラーとして優秀。

総じて有用で使い道の多いグラスフィールドを展開でき、パーティーコンセプトを担えるポケモン。
グラスメイカー(グラスフィールド)の詳細については後述。
ただし、運用に当たっては自身のタイプの頼りなさが課題となる。
主力となるくさ技は通りが悪く、かつ物理フェアリー技のじゃれつくを覚えず、弱点が多いため流されやすい。
防御面でも弱点が多い上に守り神で唯一4倍弱点を持ち、サブウェポンで役割破壊をされやすいため居座りがたい。極端な例では圧倒的有利なはずのガブリアスにどくづきを受けあっさり退場となることも。
総じて単体で切り込んでいける他の守り神と比べてやや対応力が低く、そのためかカプ系の中ではシングル・ダブルともに最も採用率が低く特にシングルでは4体の中で唯一トップ30にランクインできていない。
グラスフィールドの性質を鑑みても味方との連携が基本のポケモンと言え、多弱点・多耐性・高火力ゆえにサイクル戦に向くポケモンと言える。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

グラスメイカー
場に出たときに場の状態をグラスフィールドにする。

グラスフィールドの効果 節を編集

  1. くさ技のダメージ1.5倍
    地面にいるポケモンが使う草技のダメージが1.5倍になる。
    グラスフィールド下の特化ウッドハンマーの指数は持ち物無しでも54000と脅威的。
    無振りガブリアスを高乱1、特化きせきポリゴン2を中乱2と数値受けを成立させない。
    こだわりハチマキを持たせた場合は81000となり、半減でもH252メガゲンガーまで確1をとれるほどの破壊力。
    有利対面を作った際のアドバンテージには目を瞠るものがあるが、くさ技は半減されやすく草1/4の相手を呼びやすいことには留意。
  2. 自動回復
    地面にいるポケモンのHPを毎ターン最大HPの1/16回復する。
    たべのこしを持っているような状態になるため、自身の耐久を底上げできるほか、味方の耐久型を大きく強化することが可能。
    たべのこしと重複させた場合、毎ターンの回復量が1/8となるため、フィールド展開中はHPを減らさずみがわり×まもるを選択することも可能である。
    ただし、この回復は相手にも作用するため、擬似的に相手の耐久型も強化される。
    単純にグラスフィールドの回復分で確定数がズレてしまうこともあるため、細やかな調整を施した味方と組ませる場合にはアンチシナジーにならないよう注意したい。
    なお飛行タイプがはねやすめを使って耐性が変化した場合も、ターン終了時に回復判定が行われる。
  3. じしん、じならし、マグニチュードのダメージ1/2
    地面にいるポケモンが受ける上記技のダメージが1/2倍になる。飛行・ふゆうには影響しないが、もともとそれらには地面技が無効。
    じしんは地面技の中でも頻繁に使用されるため、実質地面技半減と読み替えてもよい。
    自身はすでに地面半減であるが、地面弱点となる味方と組ませればその弱点をひとつ減らす活躍が期待できる。
    補完に優れるうえ、上述の自動回復とも噛み合うドヒドイデヒードランとの組み合わせは特筆に値する。
    これも両者に作用するため、じしんを使う味方との同時選出には注意を払いたい。
    だいちのちからやホネブーメラン、10まんばりき(習得者:カビゴンゴルーグバンバドロ)、ライジングランドオーバー等は半減しないのでそちらを使うのも手。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
ウッドハンマー120(180)100反動1/3タイプ一致技。グラスフィールド下では威力270、半減でも威力135。
反動が非常に痛いため、ウッドホーンとの両立や不採用のケースも。
ウッドホーン75(112)100HP吸収タイプ一致技。グラスフィールド下では威力168、回復効果付き。
フィールドの回復効果もあわせて高い効果が期待できる。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎・飛行・虫。高威力・命中難。
いわなだれ7590怯み30%4倍狙い。怯みは狙いにくい。中威力・命中不安。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。交代読みや後続のサポートにも。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対鋼。撃ち逃げ向き。高威力・命中安定。
メガホーン12085対草。無効はないが半減されやすい。高威力・命中不安。
しねんのずつき8090怯み20%対毒。交代読みで。対面は厳しい。
しぜんのいかり90優秀な削り技。一貫性が高く、草耐性のある相手にも刺さる。
変化技タイプ命中解説
やどりぎのタネ90削り技兼回復技。草以外の相手には刺さる。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。ウッドホーンと相性がよい。
つるぎのまい-攻撃を強化。全抜きを狙うには素早さが足りない。
ちょうはつ100補助技対策。対面から撃つには素早さが足りない。
かなしばり100強力だが、対面から撃つには素早さが足りない。
まもる-やどりぎのタネやグラスフィールドのターン稼ぎに。
みがわり-状態異常回避や交代読み、やどりぎとのコンボに。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ブルームシャインエクストラウッドハンマー190(285)A特化+グラスフィールド時の指数は85550。
莫大な反動を踏み倒せるのは優秀だが、ややオーバーキルか。
ぜんりょくむそうげきれつけんばかぢから190能力低下のデメリット無し。
ワールズエンドフォールストーンエッジ180必中。
ぜったいほしょくかいてんざんメガホーン190必中。
マキシマムサイブレイカーしねんのずつき160A特化でH振りメガフシギバナを中乱1。
ガーディアン・デ・アローラしぜんのいかり-カプ系の専用Zワザ。最強クラスの役割破壊技だが研究は進んでいない。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:グラスメイカー
性格:いじっぱり/しんちょう/ようき
努力値:A252 H252orS調整
持ち物:こだわりハチマキ/とつげきチョッキ/いのちのたま/こだわりスカーフ/カプZ
確定技:ウッドハンマーorウッドホーン(両立可)
攻撃技:ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ/ばかぢから/メガホーン/しねんのずつき/しぜんのいかり
補助技:やどりぎのタネ/ビルドアップ/ちょうはつ

グラスフィールド下での圧倒的な威力のウッドハンマーorウッドホーンにより相手に圧力をかけていくアタッカー型。
サブウェポンの岩、エスパー、虫、格闘技によって、草技が通らない炎、飛行、草、毒、鋼などもある程度見ることができる。
ただし威力は、半減ウッドハンマー>等倍メガホーン、半減ウッドホーン>等倍しねんのずつき。
H種族値は高くないためウッドホーンはそこそこ使いやすいが、ウッドハンマーの反動には注意したい。

またグラスメイカーにより毎ターン回復+じしん・じならし・マグニチュードを1/4で受けられるようになる。
しかしそれは相手も同じで、回復を逆に利用されてしまわないように注意しなければいけない。
他のカプにもタイプ上不利ではなく、むしろその微妙な素早さのおかげで対面時フィールドを奪いやすいので対カプとしても有効。

スカーフ運用時は75族という絶妙な種族値のおかげで調整の幅が広い。
特定の相手に後出しすることを考えない場合、クロバットなどのいる130族を抜けるようき212振りまで調整して残りを耐久に回すのが基本になるか。
準速スカーフでも120族までは抜けるが少し上にファイアローなどの天敵も多い。

C下降補正・無降りのめざ炎でH252メガハッサム確3と役割破壊としてはほぼ使えない。スカーフ型で対カミツルギ想定くらいか。

グラスフィールド耐久型 節を編集

特性:グラスメイカー
性格:いじっぱり/わんぱく/しんちょう
努力値:H16n+1調整 残りABD
持ち物:たべのこし/おおきなねっこ/グラスシード
確定技:ウッドホーン/やどりぎのタネ
優先技:まもる/みがわり/ビルドアップorしぜんのいかり
選択攻撃技:いわなだれorがんせきふうじ/メガホーン/しねんのずつき
選択補助技:ちょうはつ/どくどく

グラスフィールド・ウッドホーン・やどりぎのタネにより回復し続ける耐久型。
アタッカー型と違い火力が低くなり草や鋼を呼びやすいのが難点だが、特性のお陰で5ターンの間は草技の威力はそこそこ。
ビルドアップで耐久と同時に火力も補うか、しぜんのいかりで火力を保つか。
耐久型ではあるがウッドホーンによる回復もあるため、Aにある程度振ってもよい。

H16n+1となるのはH252振り(177)か124振り(161)か無振り(145)。

持ち物は基本的にたべのこし安定。
H無振りで半アタッカー型にするのであればおおきなねっこも候補。


対カプ・ブルル 節を編集

  • 注意すべき点
    グラスフィールドにより強化されるウッドハンマーの破壊力が脅威。
    特にこだわりハチマキを持たせた場合はH252ギルガルド(SF)でも確2。
    ウッドホーンも強化され、回復されるケースにも注意が必要。
    草半減の相手に通るサブウェポンも豊富。高耐久のポケモンもしぜんのいかりで削られる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1グラスフィールド--くさ変化10
1ウッドハンマー120100くさ物理15
1ばかぢから120100かくとう物理5
1くろいまなざし--ノーマル変化5
1かなしばり-100ノーマル変化20
1ふきとばし--ノーマル変化20
1からにこもる--みず変化40
1このは40100くさ物理40
8つのでつく65100ノーマル物理25
14ギガドレイン75100くさ特殊10
20こわいかお-100ノーマル変化10
26やどりぎのタネ-90くさ変化10
32ウッドホーン75100くさ物理10
38たがやす--じめん変化10
43しぜんのいかり-90フェアリー特殊10
48しねんのずつき8090エスパー物理15
53メガホーン12085むし物理10
58ロケットずつき130100ノーマル物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技04めいそう--エスパー変化20
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技33リフレクター--エスパー変化20
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技54みねうち40100ノーマル物理40
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技66しっぺがえし50100あく物理10
技67スマートホーン70-はがね物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技80いわなだれ7590いわ物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技95バークアウト5595あく特殊15
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技99マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明