カミツルギ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

カミツルギ/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察 節を編集

Sブースト型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:おくびょう
努力値:S252、Hベース耐久振り、A無振り(A個体値20or21)
持ち物:ラムのみ/いのちのたま/きあいのタスキ/Zクリスタル
確定技:リーフブレード/つるぎのまい
選択技:スマートホーン/はたきおとすorつじぎり/せいなるつるぎ/シザークロス/つばめがえし/ハサミギロチン/みがわり

臆病かつA個体値を抑えることで最速S177>A176となり、相手を倒すと素早さにブーストが掛かる。
ただ、「補正あり109族マイナス1」調整するということは、言い換えれば攻撃実数値が「補正あり全振りA種族値108(=補正無しA124の極振り)」と同じということ。
通常の型より間違いなく火力不足なので剣舞は必須だが、うまく積めればスカーフで止められない特異な抜き性能を見せるようになる。
そのまま使ってもHS型やスカーフの下位互換になってしまうのが関の山なのでこの特長を活かす構成・戦略が求められるだろう。

Aに振ってはいけないので、HS振りの耐久調整を参考に。
耐久振りのおかげで弱点を突かれない物理相手なら安全に剣舞を積むことができる。

つじぎりはアクZを持たせた場合用。Zはたきおとす(120)よりZつじぎり(140)が強い。

Zおいかぜ型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:ようき/いじっぱり
努力値:耐久または素早さ調整、残りA
持ち物:ヒコウZ
確定技:リーフブレード/おいかぜ
選択技:せいなるつるぎ/スマートホーン/つじぎり/サイコカッター/つばめがえし/みがわり

おいかぜ→クサZとの差別化が薄いため移転。

Zおいかぜからリーフブレードの確定急所で攻める。
防御力を上げてくる相手や、いかく持ちに対して強いのが特徴。
キングシールドも恐れる必要が無くなり、ビーストブースト発動と絡めて全抜きも狙える。

素早さ調整は追い風発動後を想定した振り方でも良いが、急所込でも3ターンで全抜きするということはかなり難しいため、
おいかぜ終了後も動けるように素早さは最速にしておいたほうが良い。

H252振りシールドフォルムギルガルドには、確定急所つじぎりでも67%~79%程度しか与えられない。

HDチョッキ型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:いじっぱり(推奨)/ようき/しんちょう
努力値:HD252をベースにAS調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:リーフブレード/せいなるつるぎ/スマートホーン
選択技:はたきおとすorつじぎり/サイコカッター/ハサミギロチン

無振りの約3倍、H振りナットレイの8割程度の特殊耐久を得られる。特殊アタッカーを返り討ちにしやすいほか、火力はジャイロボールに頼りきりのナットレイと比較するとAが高いため範囲が広く、S調整の余地やビーストブーストによる抜き性能など差別化要素は多い。

特殊耐久の比較は、「持ち物なしナットレイ[1]」と「とつげきチョッキを持ったカミツルギ」のものであり、現実的にはカミツルギとナットレイの対特殊性能は大きく異なる。
素早さを大きく犠牲にする影響で、本来のカミツルギが抜いていける相手にも抜き性能が低下しており中途半端である。


タグ: ノート


[1] つまり持ち物で強化する余地が残っている