ナマコブシ - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

ナマコブシ 節を編集

No.771 タイプ:みず
通常特性:とびだすなかみ(倒れた時、最後に残っていたHP分のダメージを相手に与える)
隠れ特性:てんねん(相手の能力変化を無視する)
体重  :1.2kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
最遅HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ナマコブシ5560130301305410とびだすなかみ/てんねん
ツボツボ2010230102305505がんじょう/くいしんぼう/あまのじゃく
ゴンベ135854040855390ものひろい/あついしぼう/くいしんぼう
86138(489)しんかのきせき(B振り)
てんねんHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ナマコブシ5560130301305410とびだすなかみ/てんねん
ヌオー958585656535430しめりけ/ちょすい/てんねん
ピクシー957073959060483メロメロボディ/マジックガード/てんねん
+  耐久値比較

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

単みずタイプの新ポケモン。
ツボツボゴンベに並ぶ最鈍のポケモンであり、ソーナンスのように自発的な攻撃技を一切習得しない。
そのためHBD以外の数値はまず意味をなさず、純粋な耐久型として運用される。
最鈍であるがゆえにトリル下で最速になるが、ツボツボやゴンベと異なり、おさきにどうぞやいわなだれを覚えられず、
味方のサポートにしても相手への妨害にしてもそれらに劣る。
Sの低さを無理に長所に活かすようなことはできないため、そこは割り切ること。

てんねんを持つポケモンの中ではもっとも硬く、耐性も優秀。
積みにより崩されないため扱いやすく、多くの積みエースを後投げからストップできる点は魅力的である。
安易に起点化されない点も魅力的であり、補完的に採用することもできる。
ただし性質上、ちょうはつやみがわりに非常に弱いことには留意。
こちらもちょうはつでちょうはつやみがわりを封じることはできるが、非常に遅いので相手の交代際でしか決まらない。

専用特性「とびだすなかみ」は効果こそ強力だが、低HP高BDのナマコブシと噛み合っておらずやや扱いにくい。
わざとBD実数値を下げて発動させやすくする工夫は本末転倒であり、「てんねん」が推奨される。



特性考察 節を編集

とびだすなかみ
専用特性。こちらがH全振り、相手がH無振りと仮定して86族あたりまでは一撃圏内。
このダメージはみがわり貫通。ばけのかわ貫通。
低HP高BDという能力との相性は悪いが、超火力の相手を牽制する意味はある。
特にこだわり持ちなど、攻撃が読みやすい相手に対しては奇襲の選択肢になる。
著しく火力の高まった相手に交換出しして一撃必殺してもらうのが基本かと思われるが
相手がこちらより高HPだったり、攻撃を受けて半端に耐えてしまったりしても
いたみわけで同HP(=とびだすなかみ圏内)にする事が可能なので、耐久調整した受け型でも採用可能。
てんねん
物理はヌオーより、特殊はピクシーより一回り高い耐久力をもったてんねん持ちであり、積みアタッカーへの受け性能はかなり高い。
とびだすなかみは取り扱いが特殊なので、能力値を活かすならばこちらが無難。
リーフストーム等での能力低下も無視してしまう点、かたやぶり持ちの能力変化は無視できない点に注意。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
カウンター-100優先度-5高い物理耐久を活かして倍返し。ミラーコートは覚えない。
がまん--優先度+1
行動固定
物理・特殊問わず倍返し。見返りは大きいがスキも大きい。
変化技タイプ命中解説
じょうか-専用技。Zワザ化で全能力上昇。バトンタッチとあわせて。
バトンタッチ-Zじょうかとあわせて。後攻バトンタッチで後続の無償降臨も。
どくどく90耐久型に必須級の削り技。最も安定したダメージ源。
みずびたし100相手の火力低下、どくどくの一貫性向上に。
ギルガルドのキングシールドや、フシギバナのメガシンカによる上書きに注意。
じこさいせい-耐久型に必須級の回復技。最も安定した回復ソース。
ねむる-状態異常も含めて全回復。カゴのみとあわせて。
いたみわけ-削り技兼回復技。低めのHPと相性がよい。
いばる85運任せだが強力なダメージ源。てんねんと相性がよい。
みがわり-状態異常技対策や、どくどく等とのコンボに。バトンタッチ可。
かげぶんしん-運任せだが強力な積み技。バトンタッチ可。必中のZワザに注意。
ちいさくなるより上昇速度は遅いが、ヘビーボンバー等で対策されない。
まもる-ターン稼ぎに。どくどくやたべのこしとあわせて。
いえき100かたやぶりやマジックガード、その他の強特性対策に。
ちょうはつ100補助技対策に。カウンターとの相性がよい。
相手からのちょうはつ対策にもなるが、遅いので使いにくい。
リフレクター-後続のサポートに。物理耐久を強化。
ひかりのかべ-後続のサポートに。特殊耐久を強化。
おきみやげ100後続の起点作りに。Zワザ化で後続のHP全回復。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
Zじょうかじょうか-攻撃・防御・特攻・特防・素早さ1段階UP。
Zおきみやげおきみやげ-交代先のHP全回復。

型考察 節を編集

てんねん耐久型 節を編集

特性:てんねん
性格:ずぶといorのんきorおだやかorなまいき(防御or特防↑ 攻撃or素早さ↓)
努力値:H252 残り防御or特防
持ち物:ゴツゴツメット/アッキのみ/タラプのみ/メンタルハーブ/ドクZ/たべのこし
確定技:じこさいせいorいたみわけ/どくどくorいばるorカウンター
選択技:おきみやげ/いえき/ちょうはつ/どくどく/ねむる/かげぶんしん/じょうか(ドクZ)

高い耐久と優秀な耐性、特性てんねんを活かした持久戦を展開する型。
再生回復技を覚えて特性てんねんにより積み技も無効、弱点タイプも2つと少ないため受けとしては優秀なステータスを誇る。
軽いのでくさむすびも怖くはない。
守ってばかりでは勝てないのでどくどく、いばる、カウンターのどれかは必須。

パルシェンをはじめとした積み技ありきの積みアタッカーにはめっぽう強く、弱点さえ突かれなければ突破困難な壁となる。
現環境は積みアタッカーが蔓延しており、それらの多くに対して役割を持てて、場合によっては後出しからでも処理していける。

耐久は高いといってもギルガルド(シールド)には劣るので過信は禁物。

型サンプル1
性格 :ずぶといorのんき
努力値:H252 B252
持ち物:タラプのみ
技構成:みずびたし/どくどく/じこさいせい/ねむる

相手を選んで選出すれば全抜きもあり得る。
ZじょうかにはB・Dを両方あげられる強みがあるが、能力上昇に1ターンとZワザ枠を使ってしまう。
B特化+タラプのみorD特化+アッキのみも1つの選択肢。
型サンプル2
持ち物:たべのこし
技構成:どくどく/じこさいせい/まもる/みずびたし

まもる+たべのこしで麻痺怯み狙いの相手にも危なげなくターンを稼げて便利。

Zじょうかバトンタッチ型 節を編集

特性:てんねん/とびだすなかみ
性格:防御or特防↑ 攻撃or素早さ↓
努力値:H252 残り防御or特防
持ち物:ドクZ
確定技:じょうか/バトンタッチ
選択技:どくどく/じこさいせい/いたみわけ/カウンター/みがわり/リフレクター/ひかりのかべ

Zじょうかの全能力上昇をバトンタッチする型。
非常に遅いので後攻バトンタッチしやすい。
当然ながら自身のACSが上がっても意味がないためバトンタッチ前提。
リフレクターやひかりのかべでさらに後続をサポートできるが、技スペースは厳しい。

バトンタッチをした後に仕事がなくならないような技構成が必要。
特性てんねんを選ぶなら残り2枠はどくどくとじこさいせいが候補。
回復しつつ毒で削り、ストッパーとしての性能を加える。
特性が「とびだすなかみ」ならいたみわけとちょうはつが候補。
ちょうはつで攻撃技だけにしていたみわけを連打すれば1体持っていけるし、退かれても削りを入れることができる。


対ナマコブシ 節を編集

  • 注意すべき点
    高耐久、優秀な耐性、再生回復技を揃え、耐久型として申し分のないスペックを持つ。
    特に積みアタッカーに滅法強く、てんねんなら突破困難、とびだすなかみなら相打ちに持ち込まれる。
    どくどくやいたみわけでの削り、Zじょうかバトンタッチや両壁での後続サポート等、変化技が豊富。
  • 対策方法
    カウンター・がまん・変化技しか覚えないため、ちょうはつやみがわりで機能停止。
    どくどく+みずびたしのコンボはギルガルドで対策可能。カウンターも無効。
    かたやぶりならてんねん無効。メガギャラドスならちょうはつも撃てる。
    火力補強アイテムや各種フィールド等で積み技に依存せず高火力を出せるポケモンも有利。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1バトンタッチ--ノーマル変化40
1みずあそび--みず変化15
1どろあそび--じめん変化15
1かたくなる--ノーマル変化10
1がまん-100ノーマル物理10
5てだすけ--ノーマル変化20
9ちょうはつ-100あく変化20
13しんぴのまもり--ノーマル変化25
17カウンター-100かくとう物理20
21じょうか--どく変化20
25のろい--ゴースト変化10
29いえき-100どく変化10
33いたみわけ--ノーマル変化20
37じこさいせい--ノーマル変化10
41みずびたし-100ノーマル変化20
45どくどく-90どく変化10
49おきみやげ-100あく変化10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技33リフレクター--エスパー変化20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技60さきおくり-100あく変化15
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
こらえる--ノーマル変化10
ベノムトラップ-100どく変化20
ギフトパス--ノーマル変化15
くすぐる-100ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中1
孵化歩数3840歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

こらえるサニーゴアメタマ(卵)・ビッパ(卵)・ママンボウ(卵)・マッギョウデッポウ(卵)
ベノムトラップクズモー(卵)・ヒドイデ
ギフトパスデリバード(卵)
くすぐるラプラス(卵)・オムナイトマリル(卵)・ハスボー(卵)・ヒンバス(卵)・ママンボウ(卵)