モルペコ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

モルペコ 節を編集

No.877 タイプ:でんき/あく
通常特性:はらぺこスイッチ(ターンの終わりにまんぷくもようとはらぺこもようの姿が交互に入れ変わる。)
体重  :3.0kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
モルペコ589558705897436はらぺこスイッチ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん/むし/かくとう/フェアリー
いまひとつ(1/2)でんき/はがね/ひこう/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

第八世代で初登場のあく・でんき複合のポケモン。

一致技の組み合わせは一貫性が高く、両方を半減以下で受けられる今作登場のポケモンは、
ダーテングエルフーンサザンドラジャラランガマシェード、モルペコ自身の6系統のみ。
一方で防御面ではお互いを全く補完しておらず、多耐性だが弱点も多い。
耐久値も非常に低く、不一致サブウェポンでも弱点を突かれると致命傷になりかねない。

攻撃・素早さが高めの高速アタッカー傾向だが、どちらの数値も100に届かないなど、全体的に物足りない印象。
専用技の「オーラぐるま」で素早さは補えるので、上手く起点を見出してスペックを補いたい。

専用技「オーラぐるま」は、特性はらぺこスイッチによって1ターン毎にタイプが電気と悪で入れ変わる。
命中安定の威力110物理技かつ、使用時に素早さが1段階上昇するという破格の性能。
物理悪技としては最高威力、物理電気技でも「ボルテッカー」に次ぐ高さであり、その性能はダイマックス技に迫る。

技タイプの変化は受ける側としては厄介で、じめんタイプで電気を透かしても、次のターンは無効化できない。
電気・悪の両方を半減するポケモンは前述の通り限られるため、受け続ける事は困難。
一方で、電気で撃ちたい時に悪になってしまうなど、使う側としても扱いにくく、弱点を突き続ける事が難しい。

はらぺこスイッチは、一応フォルムチェンジという扱いであり、特性が無効になってもその時の姿で「オーラぐるま」のタイプが決まる。
「なやみのタネ」、ミイラかがくへんかガスといった、こちらの特性を消す効果を受けるという事である。
ただし、「なりきり」やトレースのような、相手が特性をコピーする効果は無効になる。
また、「へんしん」でモルペコに姿を変える場合、その時のフォルムをそのままコピーし、以降はフォルムチェンジしない。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

はらぺこスイッチ
他の特性は無い。
1ターンごとに姿が変わり、それに伴い「オーラぐるま」のタイプが変化する。
モルペコ自身のタイプや種族値など、その他の要素に変化は無い。
先発で出した、あるいは死に出しの場合はスイッチせず、最初はでんきタイプになる。
交代で出した場合はターン終了時にスイッチし、最初に攻撃するタイミングではあくタイプになる。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
オーラぐるま電/悪110(165)100素早↑100%一致技。1ターン毎に技のタイプが変化する。
ワイルドボルト90(135)100反動1/4一致技。『はらぺこ』の時でも電気技が使いたい場合。反動が痛い。
かみなりパンチ75(112)100麻痺10%一致技。ワイルドボルトと選択。威力は低いが反動は無い。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代一致技。特殊技だが物理型でも便利。
イカサマ95(142)100-一致技。こちらの攻撃力に関わらず火力が出せる。
かみくだく80(120)100防御↓20%一致技。性能安定。
タネばくだん80100-水/地面複合などの草4倍へ。
タネマシンガン25*2~5100-タスキやみがわりに強い。
サイコファング85100壁破壊対闘。壁構築に強くなる。
かわらわり75100壁破壊対悪。壁構築に強くなる。
じだんだ75100-電気技を透かされた後などに。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
ナットレイなどへ。
こおりのキバ6595凍り10%
怯み10%
対草、竜。
オーラぐるまが両方半減される相手のうち、
モルペコ以外全てに抜群を取れるが威力は低い。
こうそくスピン50100設置技除去・拘束解除
素早さ↑100%
追加効果が優秀。
ねこだまし40100優先度+3
怯み100%
タスキ潰し。ダイマックスには無力。
でんこうせっか40100優先度+1タスキ潰し。
いかりのまえば-90-削り技。
変化技タイプ命中解説
でんじは90後続サポートにも。
すてゼリフ100相手の攻撃・特攻を1ランク下げ、控えと交代。
ちょうはつ100素早いので使いやすい。
まもる-オーラぐるまのタイプ調整。
みがわり-オーラぐるまのタイプ調整。タスキ以外で。
こうそくいどう-素早さ補強。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:はらぺこスイッチ
性格:ようき(推奨)orいじっぱり
努力値:AS252、H6
持ち物:きあいのタスキ/こだわりハチマキ
確定技:オーラぐるま
優先技:タネマシンガンorタネばくだん/サイコファング/こおりのキバ
選択技:かわらわり/ほのおのキバ/じだんだ/ボルトチェンジorすてゼリフ/ねこだまし/いかりのまえば/でんこうせっか/まもる

叩き台として作成。オーラぐるまは一致高威力+命中安定+S上昇という、スペックだけ見ると最高峰の技。
ただし種族値の都合上どうしても限界はあり、サブ技は基本的に4倍狙いとなる。
幸い習得技の範囲は広く、4倍を狙える技自体は豊富に持っている。
まもるはオーラぐるまのタイプ調整に役立つ。ただしダイマックス技を食らうとタスキが潰されるので注意。

型名 節を編集

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:
※確定技・選択技の候補はスラッシュ(/)で区切る。ただし、基本的に同時に覚えさせない、覚えられない技同士はorで区切る(例:なみのりorハイドロポンプ)
※技の選択肢が複数ある場合、なるべく優先したい技が左にくるよう並べるのが望ましい


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対モルペコ 節を編集

注意すべき点
専用技「オーラぐるま」は高威力+S上昇、特性によりターン毎にタイプが変わる性質から一貫性が高い。
技範囲自体も広めで、4倍弱点持ちの場合安全に受けきる事は難しい。
突破できなくなった場合、「いかりのまえば」により役割破壊を狙ってくる可能性もある。
対策方法
種族値は全体的に控えめで、特に防御面は紙同然。上から叩けるポケモンなら苦労はしない。
なお、電気・悪の双方を半減以下に抑え込めるガラル地方のポケモンは、
ダーテングエルフーンマシェードジャラランガサザンドラ
これらはモルペコのサブウエポンで4倍を取られる事も無い。ただし、「こおりのキバ」で抜群は取られる。
モルペコ自身も両方半減できるが、何分耐久面が脆いので半減でも普通に痛い。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
シンカ1シンカ2

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技05かみなりパンチ75100でんき物理15
技14でんじは-90でんき変化20
技21ねむる--エスパー変化10
技23どろぼう60100あく物理25
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技26こわいかお-100ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技39からげんき70-ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技42リベンジ60100かくとう物理10
技43かわらわり75100かくとう物理15
技47うそなき-100あく変化20
技50タネマシンガン25100くさ物理30
技57しっぺがえし50100あく物理10
技58ダメおし60100あく物理10
技59なげつける-100あく物理10
技66かみなりのキバ6595でんき物理15
技67こおりのキバ6595こおり物理15
技68ほのおのキバ6595ほのお物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技80ボルトチェンジ70100でんき特殊20
技82エレキネット5595でんき特殊15
技85バークアウト5595あく特殊15
技90エレキフィールド--でんき変化10
技98じだんだ75100じめん物理10

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
いかりのまえば-90ノーマル物理10
いばる-85ノーマル変化15
こうそくスピン50100ノーマル物理40
ねこだまし40100ノーマル物理10
じゅうでん--でんき変化20
くすぐる-100ノーマル変化20
さきおくり-100あく変化15
すてゼリフ-100あく変化20

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ここに技名

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技0810まんボルト90100でんき特殊15
技09かみなり11070でんき特殊10
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技32かみくだく80100あく物理15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技37ちょうはつ-100あく変化20
技58あくのはどう80100あく特殊15
技59タネばくだん80100くさ物理15
技68わるだくみ--あく変化20
技80エレキボール-100でんき特殊10
技81イカサマ95100あく物理15
技86ワイルドボルト90100でんき物理15
技97サイコファング85100エスパー物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上/妖精
孵化歩数2827~3083歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
技名レベルポケモン(Lv.XX)/ポケモン系統
レベルアップで覚えるポケモン、および系統を記載する。
系統表記はその系統全てが覚える場合のみ。習得レベルの記載は任意。
技名自力Lv.XX
最新世代で自力で習得する方法を記載する。
技名タマゴポケモン(進化前の種族名)など
タマゴ技として覚えるポケモンをタマゴから生まれる状態の種族名で記載する。
必須の項目ではないが、複数の技を同時遺伝する場合に有用な系統がある場合には特記してもよい。
その性質上全ての系統を列挙しない場合があるため、その際は末尾に「など」と記述する。
技名リレーポケモン系統(タマゴグループ)→ポケモン(進化前の種族名)(タマゴグループ)
技の遺伝元もまたタマゴ技でしか覚えられない場合、自力習得可能な系統まで遡ってその経路を記載する。
直接遺伝させられないことを明示するため、タマゴグループの明記を推奨。
技名マシンポケモン系統(技XX)
技マシンで覚えるポケモンを記載する。マシン番号の併記を推奨。
技名教えポケモン系統(コスト)
教え技で覚えるポケモンを記載する。必要BPなどコストの併記を推奨。
技名スケッチドーブル
スケッチしたドーブルからしか遺伝できないものを記載する。
技名旧自力VC1st:Lv.XX, 世代:技XX, 世代:教え技(XXBP)
技名旧レベル世代:ポケモン系統
技名旧マシン世代:ポケモン系統(技XX), 世代:ポケモン系統(秘0X)
技名旧教え3rd:ポケモン系統(FL, Em:XXBP), 4th:ポケモン系統(Pt:赤X青X黄X緑X), 5th:ポケモン系統(赤XX)
過去作でしか覚えられない技を方法別に記載する。基本的な記法は旧なしと同じ。
旧自力は現在自力で覚えられないもののみ記載。
旧レベルは現在のレベル技から削除されているもののみ記載。
旧マシンは現在の技マシンに存在しないあるいは覚えられないもののみ記載。
旧教えは最新作での覚え方を記載し、それ以前のものは任意。
  • 技行の並びは五十音順。
  • 表の形態・習得方法の別および背景色は統一的なデータとするため一律とする。
  • 覚える系統は図鑑番号順に並べ、数が多くなる場合は世代単位を目安に5~6系統ごとに改行する。
  • 同時遺伝に特に有用な系統については背景色を指定し強調してもよい。
    • 背景色例:ポケモン系統/ポケモン系統/ポケモン系統
  • サンプルページ:フシギバナ/リザードン/カメックス/ウツボット(マシン)/ダーテング(スケッチ)

共通タグ 節を編集

タグ名説明
ポケモンポケモンの個別考察ページ
第〇世代初登場の世代
タイプそのポケモンが持つタイプ
メガシンカメガシンカするポケモン
進化前最終進化系ではないポケモン
原種リージョンフォームに対して既に知られていたポケモン
リージョンフォーム原種とは異なる姿で新たに登場したポケモン
アローラのすがた第7世代にて新たな姿で登場したポケモン
タマゴグループそのポケモンが属すタマゴグループ
各特性その特性を持つポケモン
データ集対戦に関わるデータをまとめたページ
レギュレーション対戦ルールに関するページ