ナマコブシ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ナマコブシ 節を編集

No.771 タイプ:みず
通常特性:とびだすなかみ(倒れた時、最後に残っていたHP分のダメージを相手に与える)
隠れ特性:てんねん(相手の能力変化を無視する)
体重  :1.2kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
最鈍HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ナマコブシ5560130301305410とびだすなかみ/てんねん
ツボツボ2010230102305505がんじょう/くいしんぼう/あまのじゃく
ゴンベ135854040855390ものひろい/あついしぼう/くいしんぼう
86138(489)しんかのきせき(B振り)
てんねんHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ナマコブシ5560130301305410とびだすなかみ/てんねん
ヌオー959585656535430しめりけ/ちょすい/てんねん
ピクシー957073959060483メロメロボディ/マジックガード/てんねん

耐久値比較

ポケモン物理耐久指数特殊耐久指数
補正HB252 D4ナマコブシ(括弧はオボン)32400
(40500)
24462
(30577)
補正HB252 D4ツボツボ(括弧はオボン)39370
(49212)
31877
(38983)
補正HB252 D4きせきゴンベ3654238478
補正HB252 D4ヌオー(括弧はオボン)30300
(37875)
17372
(21715)
補正HB252 D4ピクシー(括弧はオボン)27674
(34592)
22422
(28027)

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

ツボツボゴンベに並ぶ最鈍の一角となる単みずタイプ。
ソーナンス同様に能動的な攻撃技を一切習得できず、攻撃面の種族値はほぼ意味を為さない。
一応反射技をダイマックス化させると攻撃可能だが、火力は低く追加効果も相性が悪いので使うタイミングはほぼ無い。
これらの特徴からトリックルーム下でエース運用することも出来ず、純粋な耐久型運用が基本。

てんねんの中で最も総合耐久指数が高く、耐性も単タイプ故に優秀。
積みで崩されないので多くの積みエースを後投げから機能停止に追い込むことが出来るのも魅力的。
安易に起点化されない為に補完として採用することも可能で、相手の選出を縛る性質も強い。
ただし、ちょうはつやみがわりには致命的に弱く、マジックガードマジックミラーへの有効打も存在しない。
マジックミラーで無ければちょうはつでそれらを封じることも可能だが、最鈍なので相手の交代際にしか決まらない。

専用特性、とびだすなかみは瀕死になった際に、直前に残っていたHPの数字だけ相手にダメージを与える。
条件の緩いゆうばくのようなもので、効果自体は優秀だが低HPのナマコブシとはあまり噛み合わない。
採用する場合はいたみわけを併用する、仕事終了後の退場際に相手に負担をかける等、使い方を想定しておきたい。

第八世代ではミラーコートを習得。特殊アタッカーにも反撃を行えるようになった。
没収された技で目立つのはリサイクル、じこあんじ程度。習得者が激減したどくどくは今回もちゃんと覚えられる。
Zワザの廃止に伴い、Zじょうかからのバトンタッチは消滅。バトンできる技はみがわり、のろい、かたくなるだけに。

ダイマックスとの相性は悪い。耐久力は上がるが変化技は全てダイウォールになるので、時間稼ぎにしかならない。
余程ナマコブシで相手のダイマックスエースを流さなければならない時ぐらいしか使わないだろう。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

とびだすなかみ
専用特性。こちらがH全振り、相手がH無振りと仮定して86族あたりまでは一撃圏内。
第八世代では、ダイマックスの状況下で一撃で倒されると同条件で249族まで一撃圏内に。つまり、無振りラッキーハピナス以外一撃。ただし、相手もダイマックスしていたら同じく86族までになる。逆に相手がダイマックスしている状況で此方が通常状態の時、他の条件が同じでも6族まで、つまりヌケニンしか倒せなくなってしまう。
このダメージはみがわり・ふしぎなまもり・ばけのかわ・アイスフェイスを貫通する。
低HP高BDという能力との相性は悪いが、超火力の相手を牽制する意味はある。
特にこだわり持ちなど、攻撃が読みやすい相手に対しては奇襲の選択肢になる。
著しく火力の高まった相手に交換出しして一撃必殺してもらうのが基本かと思われるが
相手がこちらより高HPだったり、攻撃を受けて半端に耐えてしまったりしても
いたみわけで同HP(=とびだすなかみ圏内)にする事が可能なので、耐久調整した受け型でも採用可能。天然の能力低下無視を嫌う場合も。
てんねん
隠れ特性。物理はヌオーより、特殊はピクシーより一回り高い耐久力をもったてんねん持ちであり、積みアタッカーへの受け性能はかなり高い。
とびだすなかみは取り扱いが特殊なので、能力値を活かすならばこちらが無難。
りゅうせいぐん、リーフストーム等での能力低下も無視してしまう点に注意。
また、かたやぶりの能力変化も無視できない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
カウンター-100優先度-5物理技を倍返し。なお、がまんは削除された。
ミラーコート-100優先度-5特殊技を倍返し。遺伝技。
変化技タイプ命中解説
どくどく90耐久型に必須級の削り技。最も安定したダメージ源。
みずびたし100相手の一致技の火力低下、どくどくの一貫性向上、反射技が通用する様に。
ギルガルドのキングシールドなどによる上書きに注意。
相手ポケモンのダイマックス化で上書きされるか要検証。
じこさいせい-耐久型に必須級の回復技。最も安定した回復ソース。
ねむる-状態異常も含めて全回復。カゴのみとあわせて。
いたみわけ-削り技兼回復技。低めのHPと相性が良い。
いばる85運任せだが強力なダメージ源。てんねんと相性が良い。遺伝技。
みがわり-状態異常技対策や、どくどく等とのコンボに。バトンタッチ可。
まもる-ターン稼ぎに。どくどくやたべのこしとあわせて。
いえき100かたやぶりやマジックガード、その他の強特性対策に。
ただしマジックミラーには反射され、逆に自分の特性が無くなるので注意。
ちょうはつ100補助技対策に。カウンターとの相性がよい。
相手からのちょうはつ対策にもなるが、遅いので使いにくい。
リフレクター-後続のサポートに。物理耐久を強化。
ひかりのかべ-後続のサポートに。特殊耐久を強化。
おきみやげ100自己退場技。後続の起点作りに。
間違ってもあまのじゃく持ちに使ってはならない。
とおせんぼう-USUM教え技。有効打を持たない相手を逃さず狩る。どくどく、みずびたしとあわせて。
じょうか-専用技。対象の状態異常回復&自身のHPを半分回復。
Zワザが廃止され、使う機会が減った。主にダブルでの補助手段として。
バトンタッチ-のろいをバトンタッチ。後攻バトンタッチで後続の無償降臨も。

ダイマックス技考察 節を編集

ナマコブシはダイマックスには向いていない。するとしてもHPを2倍にしないと相手の攻撃をしのげない場合だけ。
それもナマコブシを犠牲にして後続をダイマックスさせたほうがいい場合の方が多い。

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイナックルカウンター75味方全体の攻撃↑唯一の物理技。Aが上がってもいいことはない。
ダイサイコミラーコート100サイコフィールド唯一の特殊技。サイコフィールドを貼って草や電気の妨害。
状態異常技を防ぐミストフィールドの除去にも。
ダイウォール変化技-まもる状態相手の猛攻を凌ぐ。連続使用で失敗しやすくなる。

型考察 節を編集

てんねん耐久型 節を編集

特性:てんねん
性格:ずぶといorのんきorおだやかorなまいき
努力値:H252orH244 BorD252
持ち物:ゴツゴツメット/アッキのみ/タラプのみ/メンタルハーブ/たべのこし
確定技:じこさいせい/どくどく
選択技:カウンター/ミラーコート/いたみわけ/いえき/ちょうはつ/とおせんぼう/みずびたし

高い耐久と優秀な耐性、特性てんねんを活かした持久戦を展開する型。
再生回復技を覚えて特性てんねんにより積み技も無効、弱点タイプも2つと少ないため受けとしては優秀なステータスを誇る。
軽いのでくさむすびも怖くはない。
守ってばかりでは勝てないのでどくどくは必須。

パルシェンをはじめとした積み技ありきの積みアタッカーにはめっぽう強く、弱点さえ突かれなければ突破困難な壁となる。
現環境は積みアタッカーが蔓延しており、それらの多くに対して役割を持てて、場合によっては後出しからでも処理していける。
耐久は高いといってもギルガルドに劣る程度なので過信は禁物。

型サンプル1
性格 :ずぶといorのんき
努力値:H252 B252
持ち物:タラプのみ
技構成:みずびたし/どくどく/じこさいせい/カウンター

相手を選んで選出すれば全抜きもあり得る。
B特化+タラプのみorD特化+アッキのみも1つの選択肢。

型サンプル2
持ち物:たべのこし
技構成:どくどく/じこさいせい/まもる/みずびたし

まもる+たべのこしで麻痺怯み狙いの相手にも危なげなくターンを稼げて便利。
たべのこしを持たせるなら、HPが偶数となる252振りよりも16n+1となる244振りの方が良い。

対ナマコブシ 節を編集

注意すべき点
高耐久に優秀な耐性、再生回復技を揃え、耐久型として申し分のないスペックを持つ。
特に積みアタッカーに滅法強く、てんねんなら突破困難、とびだすなかみなら相打ちに持ち込まれる。
どくどくやいたみわけでの削り、バトンタッチや両壁での後続サポート等、変化技が豊富。
対策方法
反射技と変化技しか覚えないため、ちょうはつやみがわりで機能停止する。
どくどく+みずびたしのコンボはギルガルドで対策可能。物理型ならカウンターも無効。
かたやぶりならてんねん無効。
火力補強アイテムや各種フィールド等で積み技に依存せず高火力を出せるポケモンも有利。
いたずらごころ持ちヤミラミのちょうはつがあればほぼ完封できる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

7th8th威力命中タイプ分類PP備考
11バトンタッチ--ノーマル変化40
55てだすけ--ノーマル変化20
910ちょうはつ-100あく変化20
1315しんぴのまもり--ノーマル変化25
1720カウンター-100かくとう物理20
2125じょうか--どく変化20
2530のろい--ゴースト変化10
2935いえき-100どく変化10
3340いたみわけ--ノーマル変化20
3745じこさいせい--ノーマル変化10
4150みずびたし-100ノーマル変化20
4555どくどく-90どく変化10
4960おきみやげ-100あく変化10
1-みずあそび--みず変化15
1-どろあそび--じめん変化15
1-かたくなる--ノーマル変化10
1-がまん--ノーマル物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技17ひかりのかべ--エスパー変化30
技18リフレクター--エスパー変化20
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21ねむる--エスパー変化10
技25まもる--ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技33あまごい--変化5
技35あられ--こおり変化10
技41てだすけ--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技06どくどく-90どく変化10Lv
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技60さきおくり-100あく変化15
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技87いばる-85ノーマル変化15タマゴ
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th8th威力命中タイプ分類PP備考
くすぐる-100ノーマル変化20
Uうらみ-100ゴースト変化107th:教え
いばる-85ノーマル変化15
ミラーコート-100エスパー特殊20
こらえる--ノーマル変化10技レ26
ベノムトラップ-100どく変化20技レ91
ギフトパス--ノーマル変化15

教え技 節を編集

現状無し。

過去世代

7th威力命中タイプ分類PP備考
いえき-100どく変化10Lv
うらみ-100ゴースト変化10タマゴ
てだすけ--ノーマル変化20Lv
いたみわけ--ノーマル変化20Lv
とおせんぼう--ノーマル変化5
リサイクル--ノーマル変化10

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技29バトンタッチ--ノーマル変化40
技37ちょうはつ-100あく変化20
技91ベノムトラップ-100ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中1
孵化歩数3840歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
いばるレベルニョロトノ/ヤドキング/Gヤドキング/トドグラー/トドゼルガ/カラマネロ系統
うらみレベルサニゴーン系統
旧自力7th:教え技(8BP)
くすぐるリレーモジャンボ系統(植物)→ハスボー(水中1/植物)
ミラーコートレベルサニーゴ/オニシズクモ系統/サニゴーン系統