ランドロス - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

ランドロス 節を編集

No.645
・けしんフォルム
タイプ :じめん/ひこう
通常特性:すなのちから(天気が「すなあらし」の時、じめん、いわ、はがねタイプの技の威力が1.3倍になる
            すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり、威力が1.3倍になる)
体重  :68.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)

・れいじゅうフォルム
タイプ:じめん/ひこう
特性 :いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
体重 :68.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ランドロス(化身)891259011580101600すなのちから/ちからずく
ランドロス(霊獣)89145901058091いかく
ガブリアス108130958085102600すながくれ/さめはだ
メガガブリアス1081701151209592700すなのちから
フライゴン80100808080100520ふゆう

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)みず
いまひとつ(1/2)かくとう/どく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき/じめん

じめん×ひこう」複合タイプの準伝説ポケモン。
高水準な種族値・優秀な耐性・豊富な技を備えたトップメタの一角で、主にいかくを持つ霊獣フォルムで運用される。
独特なタイプからサイクル戦のパーツとしても名高く、とりわけパーティに一貫しやすいでんきじめんの両方を無効化する点は特筆に値する。
相性のよい持ち物も多く、こだわりスカーフによる縛り性能・とつげきチョッキやゴツゴツメットによるクッション性能・きあいのタスキ+ステルスロックによる起点作り性能などを活かし多種多様な役割をこなせるため、存在そのものが情報アドバンテージの塊と言える強さを持つ。
型が割れるまでは相手に厳しい駆け引きを強いることができるため、持ち物を単一に絞らせないような立ち回りができるとなおよい。

元々強力なポケモンであったが、第七世代に入り更に採用率を伸ばしている。
いかく+とんぼがえりによる対ミミッキュ性能をはじめ、持ち物や戦術次第でトップメタの多くに対し優位に立ち回れる性質を持っており、そのスタンダードな強さが評価を高めている。
ライバルであったガブリアスが環境的に扱いにくくなったこともあり、新たなじめん枠代表としての地位を確立しつつある。

<霊獣フォルム>
高い種族値合計にいかくが加わり圧倒的なスペックとなる。
A145からアタッカーを務めることも耐久を活かしてクッション運用することも可能。
また、いかく持ち・いわなだれ習得・じしん無効などダブル適性の塊のようなポケモンで、
シングルでの活躍もさることながら、ダブルでは使用率トップに君臨することも稀ではない。
同じく氷4倍で技範囲の似たガブリアスとは比較されることが多いものの差別化は容易で、昨今ではシングルにおいてもガブリアスの使用率を上回るようになった。

<化身フォルム>
霊獣フォルムに比べ特殊技を活かせる、素早さ100族を抜けるといった利点があるものの、採用はほぼ見られない。
「すなのちから」により砂パエースを務められるが、物理型では素で高い攻撃を持つ霊獣フォルムとの差別化が困難である。
隠れ特性の「ちからずく」は対象技も多く強力だが、性質上通常のレーティングバトルに参加不可。
なお入手にはARサーチャー(3DSダウンロードソフト,300円)と、受取り用のBW2のソフトが必要となる。



技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
通常砂の力力ずく
じしん100(150)195-100-タイプ一致技。ダブルでは周囲全体攻撃。
そらをとぶ90(135)--95溜め攻撃タイプ一致技。Zクリスタルとあわせて。
ストーンエッジ100130-80急所ランク+1対虫・飛行。地面技との相性補完に優れる。
いわなだれ75979790怯み30%スカーフなら怯みも狙える。ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ60787895素早↓100%追加効果が優秀。起点作りに。
ばかぢから120--100攻撃・防御↓地面技と範囲が被る。能力低下が痛い。
アームハンマー100--90素早↓ばかぢからと選択。デメリットは小さいが威力も低い。
かわらわり75--100壁破壊壁構築に強くなれる。デメリット無し。
げきりん120--100行動固定等倍範囲は広い。行動固定が痛い。
とんぼがえり70--100自分交代対草。攻撃しつつ撤退。いかくやスカーフと相性がよい。
はたきおとす65/97--100道具排除追加効果が優秀だが、メガストーン・Zクリスタルには無効。
じわれ---30一撃必殺耐久型対策。命中率は低いが、当たれば一撃。
だいばくはつ250--100自分瀕死大ダメージを与えつつ退場。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
通常砂の力力ずく
だいちのちから90(135)175175100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
サイコキネシス90-117100特防↓10%格闘に。ちからずくならめざ飛より高威力。
ヘドロウェーブ95-123100毒10%対草。ダブルでは周囲全体攻撃。
きあいだま120-15670特防↓10%地面技と範囲が被る。高威力・命中難。
くさむすび20~120--100-地面技と半減範囲が被る。威力不安定。
めざめるパワー-60--100-タイプ一致の飛行や、相性補完の氷など。
変化技タイプ命中備考
ステルスロック-サポート用。高い流し性能を活かして。
つるぎのまい-攻撃を強化。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。
めいそう-特攻・特防を補強。
ロックカット-素早さ強化。
みがわり-補助技対策。
なりきり-ダブル用。味方の強特性をコピー。

型考察 節を編集

化身フォルム 節を編集

いのちのたまちからずく型 節を編集

特性:ちからずく
性格:おくびょう
努力値:CS252 H4
持ち物:いのちのたま
確定技:だいちのちから
選択技:きあいだま/サイコキネシス/ヘドロウェーブ/めざめるパワー(氷)/いわなだれ/めいそう

※SMレートでは使用不可能

ちからずく+いのちのたまの高火力で攻めるアタッカー型。対象技はほぼ特殊技なので特殊型になる。
サイコキネシスやヘドロウェーブで霊獣フォルムとは異なる範囲への有効打を持てる。

格闘技は命中難のきあいだましかないが、無補正C振りでH振りメガガルーラをちょうど確1にできる。
めざパを採用するなら氷タイプ。対格闘にはめざ飛よりサイコキネシスの方が威力が高い。
いわなだれは物理技だが、ストーンエッジに近い威力が出るので下降補正無振りでも充分候補になる。

  • はたきおとす
    はたきおとすを搭載することで、奇石無しラッキーをきあいだまで半分以上削れるので、受けループを崩せる芽がある。
    しかしタマゴうみを連打されると先にきあいだまのPPが切れるうえ、仮にラッキーを突破できてもヤドランクレセリアへの有効打に乏しい。
    技スペースをはたきおとすに割いてまでして無理に対受けループを担うのは推奨されない。

C167/A130ちからずく+いのちのたまの与ダメージ割合

相手割合確定数備考
H167D171ギルガルドだいちのちから102.9%~121.5%確1-
H212D120メガガルーラきあいだま100.4%~118.8%確1-
H325D157ラッキーきあいだま50.4%~60%確2奇石無し
H207D85ローブシンサイコキネシス109.1%~129.4%確1D92まで確1
H187D189メガフシギバナサイコキネシス54%~65.2%確2-
H207D101マリルリヘドロウェーブ98%~115.4%乱187.5%
H153B98メガリザードンYいわなだれ169.9%~200.6%確1-
H191B85ウルガモスいわなだれ152.3%~182.1%確1-
H155B90霊獣ボルトロスいわなだれ90.3%~107%乱143.8%

霊獣フォルム 節を編集

スカーフ型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:A252 S調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:じしん/ストーンエッジorいわなだれ/とんぼがえり
選択技:ばかぢから/はたきおとす/げきりん/だいばくはつ/じわれ

素早さを上げて縛り性能を高める。霊獣フォルムの定番とも言える型。
めざ氷持ちの電気やメガルカリオを縛れ、竜舞メガバンギラスを後出しからばかぢからで確1で落とせる。
不利対面でも上からとんぼでで削りつつ交代しやすくなる。
また、役割が済んだり体力が削れたら上からだいばくはつできる。
流行のミミッキュ対策として有力なのが強みの一つで、いかくをいれて火力を削ぎつつとんぼがえりでばけのかわを剥いで有利対面を作ることができる。

素早さ調整
無補正196振り(実数値136、スカーフで204):最速メガバンギラス(ランク+1)抜き
無補正212振り(実数値138、スカーフで207):最速135族(メガライボルト、メガミミロップ)抜き。
無補正220振り(実数値139、スカーフで208):準速スカーフFCロトム抜き。
+  詳細

チョッキ型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき/しんちょう
努力値:HA252
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:じしん/とんぼがえり
選択技:ストーンエッジorいわなだれ/ばかぢから/はたきおとす/めざめるパワー(氷)

スカーフと並んで採用率が高い持ち物。いかくでBを、とつげきチョッキでDを補えるのでかなりの耐久指数を誇る。
高い耐久値を用い後出しから削ったり、後手とんぼがえりでサイクルを回していくクッション。
必然的にフルアタになるが、フルアタになっても腐らないほどサブは優秀なものが多い。
めざ氷はミラー想定。

物理受け型 節を編集

性格:わんぱく
努力値:HB252
持ち物:ゴツゴツメット
確定技:じしん
選択技:ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ/はたきおとす/ばかぢから/とんぼがえり/じわれ/ステルスロック

非接触のじしん無効、岩技等倍の耐性から接触技を誘いやすく、ゴツゴツメットも相性がよい。
いかく込みでかなりの物理耐久指数になるが、それだけでなく攻撃力もかなり高く技範囲も広いのが強み。
B特化でA182ガブリアスのげきりんがいかく込みで確4になる程の耐久力を有するが、回復技はねむるしか覚えない。

タスキステルスロック型 節を編集

性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ステルスロック/じしん
選択技:がんせきふうじ/だいばくはつorとんぼがえり/はたきおとす/ばかぢから

テラキオンガブリアスに強いステルスロック撒きができるポケモン。
とんぼがえりやだいばくはつによる退場や、いかくのおかげで退いても腐りにくい点で優秀。
アタッカー気質が強いのでちょうはつも撃たれにくい。

サイクル型 節を編集

性格:いじっぱり
努力値:HA252
持ち物:オボンのみ/ゴツゴツメット/こだわりハチマキ/カゴのみ/ヤチェのみ
確定技:じしん/とんぼがえり
選択技:ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ/ばかぢから/はたきおとす/じわれ/ステルスロック/ロックカット/ねむる

物理アタッカーに繰り出し、とんぼがえりでサイクルを回す型。
鈍足の格闘ポケモンにも繰り出せるが、4倍弱点のれいとうパンチには注意。

  • ロックカット
    縛り関係を逆転するための手段。ランドロスの場合、役割対象の物理ATを起点に積むことで、
    本来ランドロスを縛る立場にあるめざ氷持ちの電を縛り返せるので比較的重宝。
    死に出しからめざ氷で落とすことを計算している相手の勝ち筋を消せ、火力が高いので全抜きに期待が持てる。
    素早さ無振りでも最速メガライボルトを抜けるため汎用性も損なわない。

そらをとぶヒコウZ型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252ベース
持ち物:ヒコウZ
確定技:じしん/そらをとぶ
優先技:つるぎのまい
選択技:ストーンエッジorがんせきふうじ/とんぼがえり/はたきおとす/ばかぢから

SMシーズン3~4にかけて徐々に採用率が増えてきているため作成。
地面飛行の範囲に種族値の高さと一致補正が合わさり、決して一発芸と切り捨てることはできない攻撃性能を得る。
特に飛行タイプでありながら有効打を持てずにいた格闘やメガフシギバナを狩れるのは他の型にはできない芸当である。
もともと相手の交代を誘いやすいので、流し際につるぎのまいを積むことで強引なサイクル破壊が可能となる。

テッカグヤは仮につるぎのまいを積むことに成功しても突破困難。FCロトムも調整次第での乱数かつこだわりスカーフ持ちも考えられるので、これらが見せ合いの段階でいる場合は様子を見た方がよいだろう。
(1舞してもH252B4テッカグヤは確1を取れず、同じくH252Wロトムもこちらがいじっぱりでないと確1を取れない)。
クレセリアはいじっぱりであれば2ランク↑Zそらをとぶで物理特化が超高乱1なのでつっぱってもよい。


対ランドロス(化身) 節を編集

  • 注意すべき点
    100族を抜ける素早さから、ちからずくで強化された特殊技を放ってくる。
    防御>特防の傾向にある岩や鋼にとって、だいちのちからは非常に痛い。
    地面タイプには珍しい毒やエスパーのサブウェポンを持つため受けにくい。
  • 対策方法
    持ち物はいのちのたまが多いので、こだわりスカーフやきあいのタスキを恐れず攻められる。
    マンムーのこおりのつぶてやゲッコウガのれいとうビームで先制確1。
    ラティアスクレセリアは地面無効、きあいだまやサイコキネシスも半減。

対ランドロス(霊獣) 節を編集

  • 注意すべき点
    化身フォルム同様の優秀な耐性、豊富な技に加え、高い攻撃といかくを持つ。
    更にこだわりハチマキ・スカーフ・とつげきチョッキで攻撃・特防・素早さを補強でき、型も豊富。
    タイプ一致の地面技はもちろん、サイクル戦適性を活かしたとんぼがえりや、
    いわなだれでの全体攻撃も高火力となり、対処が遅れるとパーティが全壊する。
  • 対策方法
    4倍弱点の氷技やおにびが有効だが、読まれるととんぼがえりで撤退されてしまう。
    読まれにくいポケモンを使う、交代読みで後続に負荷をかけるといった工夫が必要。
    対面からなら先制技持ちのマリルリマンムー、かちきミロカロス等が優勢。
    スイクンウォッシュロトムは後出ししやすく、おにびやねっとうを入れられる。
    また、ランドロス自身もいかく持ち・地面無効なので非常に苦手な相手である。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th6thSM威力命中タイプ分類PP
-11げきりん120100ドラゴン物理15
-11アームハンマー10090かくとう物理10
-11じわれ-30じめん物理5
111とおせんぼう--ノーマル変化5
111マッドショット5595じめん特殊15
111がんせきふうじ6095いわ物理10
771ふういん--エスパー変化10
13137おしおき-100あく物理5
191913じならし60100じめん物理20
252519いわおとし5090いわ物理15
313125じんつうりき80100エスパー特殊20
373731つるぎのまい--ノーマル変化20
434337だいちのちから90100じめん特殊10
494943いわなだれ7590いわ物理10
555549じしん100100じめん物理10
616155すなあらし--いわ変化10
676761じわれ-30じめん物理5
737367ストーンエッジ10080いわ物理5
797973アームハンマー10090かくとう物理10
858579げきりん120100ドラゴン物理15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技37すなあらし--いわ変化10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技69ロックカット--いわ変化20
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技76そらをとぶ9095ひこう物理15
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

教え技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
とおせんぼう--ノーマル変化5Lv
アイアンテール10075はがね物理15
だいちのちから90100じめん特殊10Lv
ばかぢから120100かくとう物理5
いびき50100ノーマル特殊15
じゅうりょく--エスパー変化5
はたきおとす65100あく物理20
なりきり--エスパー変化10
ステルスロック--いわ変化20
げきりん120100ドラゴン物理10Lv
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別♂のみ