オニゴーリ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

オニゴーリ 節を編集

No.362 タイプ:こおり
通常特性:せいしんりょく(怯まない)
     アイスボディ(天気が「あられ」の時、毎ターン終了時にHPを最大値の1/16ずつ回復する・あられのダメージを受けない)
隠れ特性:ムラっけ(毎ターン終了時にどれか1つの能力が2段階上がり、他のどれかの能力が1段階下がる)
体重  :256.5kg(けたぐり・くさむすびの威力120)

・メガオニゴーリ
タイプ:こおり
特性 :フリーズスキン(ノーマルタイプの技が氷タイプになり威力が1.2倍になる)
体重 :350.2kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
オニゴーリ808080808080480せいしんりょく/アイスボディ/ムラっけ
メガオニゴーリ801208012080100580フリーズスキン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/かくとう/いわ/はがね
いまひとつ(1/2)こおり
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ムラっけ」の代名詞として知られる単こおりタイプ。
多くはまもる×みがわり×たべのこしにより「ムラっけ」の発動回数を稼ぎ、上がった能力値で圧倒する戦法を採る。
平坦な種族値配分ゆえどの能力が上下しても腐りにくく、特攻ダウンに左右されないこおりのいぶき・命中ダウンに左右されないぜったいれいどを備える点がポイント。
運による要素が強いものの、プレイヤーの実力差に関係無く分の良い勝負を展開しやすく、レーティングバトルにおいては常に一定の存在感を誇るポケモン。
明確な対策が限られる上、試合時間が長くなりやすいこともあって「害悪」の蔑称で忌み嫌うプレイヤーも少なくないが、使用者への中傷等に飛躍されないように注意されたし。

第六世代以前では、技選択を意図的に引き伸ばしてTODを仕掛けることで対策されがちだったが、第七世代では持ち時間制の導入により不可能となった。
TODも決して健全な策ではなかったが、オニゴーリの汎用的な対策として機能していたことは間違いなく、その廃止は皮肉にも健全とは呼べないオニゴーリの大幅強化に繋がっている。
オニゴーリ側の行動パターンは決まっているため、長期戦になった場合にはむしろ相手の方がTODを起こしやすくなった。

具体的な対策は以下の項に列記する。
明確な対策は限られ、かつ完全な対策は難しいポケモンだが、無策のまま全抜きされるのは避けたいところである。

〈メガオニゴーリについて〉
攻撃・特攻が大きく上昇し、特性が「フリーズスキン」になって火力が強化される。
メガシンカ前に「ムラっけ」で能力を上げられれば、通常オニゴーリを大幅に上回る抜き性能を得られる。
ただし、たべのこしを持てないためムラっけの発動回数を稼ぎにくく、爆発的な能力上昇は期待しにくい。
フリーズスキン対象のおんがえしやだいばくはつは攻撃・命中ダウンにより弱体化する恐れがあるのも難点。
そのためシングルでの採用率は5~10%程度に止まる。
一方でダブルではスキンだいばくはつによる全体攻撃が強みであり、半数以上がメガシンカ型である。
第七世代では「フリーズスキン」の倍率が1.2に低下したものの、初ターンからS100で動けるようになった。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

せいしんりょく
ねこだましやいわなだれでの怯みを無効化できるため、ダブルで有用。
技構成や持ち物の自由度も高く、安定感がある。
アイスボディ
第六世代より天候ターンに制限ができたため無限戦法は使えなくなった。
あられやゆきふらし持ち、まもる・みがわり・たべのこし等での時間稼ぎが必須なのも難点。
ムラっけ
こちらも時間稼ぎに加え能力低下のデメリットを考慮した技構成が必要だが、
毎ターン2段階上昇はかなりおいしい。全抜きも狙える。
シングルでは他の2つの特性の有用性が低いため基本的にこちら。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力[スキン]命中追加効果備考
ゆきなだれ60(90)/
120(180)
100優先度-4タイプ一致技。後攻かつ被弾で威力倍増。
こおりのキバ65(97)95怯み10%
凍り10%
タイプ一致技。威力は低いが優先度無し。
おんがえし102[183]100-フリーズスキン対象技。性能安定。
ひみつのちから70[126]100麻痺30%フリーズスキン対象技。追加効果狙い。
じしん100100-対炎・鋼。ダブルでは周囲全体攻撃。
アイアンヘッド80100怯み30%対氷。氷技と半減範囲が被る。
かみくだく80100防御↓20%ヤドランブルンゲルに。
こおりのつぶて40(60)100-タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
いかりのまえば-90-優秀な削り技。ムラっけでの攻撃低下対策に。
だいばくはつ250[450]100自分瀕死フリーズスキン対象技。大ダメージを与えつつ退場。ダブルでは周囲全体攻撃。
特殊技タイプ威力[スキン]命中追加効果備考
れいとうビーム90(135)100凍り10%タイプ一致技。性能安定。
ふぶき110(165)70凍り10%タイプ一致技。霰やZクリスタルとあわせて。
フリーズドライ70(105)100-タイプ一致技。威力は低いが水タイプにも抜群。
こおりのいぶき60(90)90急所100%タイプ一致技。確定急所により実質威力135。ムラっけでの特攻低下対策に。
こごえるかぜ55(82)95素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。ダブルでは相手全体攻撃。
はかいこうせん150[270]90行動不可フリーズスキン対象技。ラス1に。
みずのはどう60100混乱20%対炎。フリーズドライとあわせて全18タイプに等倍以上。
ウェザーボール50[90]/100100-天候に応じてタイプ・威力が変化。
シャドーボール80100特防↓20%一貫性は高いがノーマルに無効。
あくのはどう80100怯み20%半減は多いが無効タイプは無い。
めざめるパワー-60100-相性補完に。対鋼の炎・地面・格闘など。
ぜったいれいど-30一撃必殺ムラっけでの命中低下対策に。氷タイプやがんじょうには無効。
変化技タイプ命中備考
ちょうはつ100補助技対策。ゆきなだれと相性が良い。
かなしばり100起点作りに。みがわりとあわせて。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
まもる-アイスボディやムラっけ、たべのこしのターン稼ぎに。
みがわり-補助技対策や、ターン稼ぎに。
すりかえ100こだわりアイテムとあわせて。メガストーン・Zクリスタルには無効。

型考察 節を編集

通常オニゴーリ 節を編集

ムラっけ型 節を編集

特性:ムラっけ
性格:おくびょう(推奨)orむじゃきorようき
努力値:S252 H16n+1調整 残りABCD
持ち物:たべのこし
確定技:まもる/みがわり
優先技:フリーズドライ/ぜったいれいど
選択技:こおりのいぶき/じしん/こおりのつぶて

自身より遅いポケモンを起点に、みがまもでムラっけの発動回数を重ね全抜きを狙う型。
麻痺撒きのポケモンとセットで採用するのが一般的。基本的に味方の麻痺撒き後に展開していく。

遅いポケモンを起点にしていく以上、起点範囲を増やすため最速がベース。
同速相手に突破されないように最速80族と同速を避けるS244振りは一考の余地がある。
みがわりとたべのこしを使う都合上、HPは16n+1調整。H44振りで実数値161、H172振りで実数値177になる。

まもる・みがわりは時間稼ぎによる能力向上を狙う上で確定。
残る攻撃技としてはみがわりと合わせて試行回数を稼ぐことで、不利な相手でも突破が狙えるぜったいれいど、
水タイプにも抜群で通るフリーズドライの優先度が高い。PGLにおいても上記4つの技が大多数を占める。
特にぜったいれいどは命中率低下の影響を受けない仕様から相性が良い。
他には特攻が下がっても急所により一定の火力が狙えるこおりのいぶき、
氷技との補完に優れるじしん、先制技のこおりのつぶてが選択肢。

メガオニゴーリ 節を編集

基本型 節を編集

特性:ムラっけorせいしんりょく→フリーズスキン
性格:ようき/むじゃき
努力値:S252 HAC調整
確定技:だいばくはつ
優先技:おんがえしorやつあたり/じしん
物理技:こおりのつぶて/かみくだく
特殊技:こおりのいぶきorれいとうビームorフリーズドライ/こごえるかぜ
一撃技:ぜったいれいど
補助技:まもる/みがわり/ちょうはつ

フリーズスキンで補強されるノーマル技を中心に戦う。
フリーズスキンだいばくはつの威力は凄まじく、等倍だと無補正A振りでH振りテッカグヤナットレイ程度の耐久なら余裕の確1。
メガシンカ前にムラっけで攻撃が上がれば破壊力は更に増し、無補正A振り・Aランク+2でH振りギルガルドを確1。
氷技との補完に優れるじしんも入れておきたい。

フリーズスキンだいばくはつをより活かす上では、シングルよりはダブル向き。
だいばくはつには攻撃対象が2体の場合、威力が下がらない仕様がある。
(※味方含む3体が対象だと全体補正によりダメージが3/4になる。)
そのためテレパシー持ちと相性が良い。特にヤレユータンはさいはいでぜったいれいどの試行回数も稼げる。
ダブルではねこだましによる怯みを防げるせいしんりょくも選択肢になる。

サポート型 節を編集

特性:せいしんりょくorムラっけ→フリーズスキン
性格:ようき
努力値:S252 HA調整
確定技:だいばくはつ
優先技:あまごい/あられ/ひかりのかべ
攻撃技:こおりのつぶて/じしん/かみくだく/おんがえし/こごえるかぜ/ぜったいれいど
補助技:まもる/みがわり/かなしばり

スキンだいばくはつを強力な退場技として使えるので、
継続ターンを伸ばすアイテムは持てないもののサポート型として使える。


対オニゴーリ 節を編集

  • 注意すべき点
    ムラっけによる能力上昇が脅威。広範囲のフリーズドライ、確定急所のこおりのいぶきのほか、
    耐久潰しのぜったいれいども覚えるため、長期戦では不利な状況を強いられてしまう。
    攻撃上昇を引き継いでメガシンカされると、フリーズスキンにより更に火力が上がる。
  • 対策方法
    みがわり貫通のすりぬけや音技、連続攻撃技が優秀。また、後手でみがわりを壊し、先制技で倒すのも有効。
    その他の対策としてはほえる・ほろびのうた・のろい等の流し技、必中のZワザなど。
    トリックやはたきおとすでたべのこしを奪うのも効果的だが、メガシンカ型には無効なので注意。
    氷タイプなら氷技半減、ぜったいれいど無効耐性を持つため防御面で有利。

    ムラっけ対策に有用なポケモン

    メガゲンガー:ほろびのうた+かげふみ
    メガガルーラ:特性おやこあい
    メガヘラクロス:ロックブラスト
    メガサーナイト:ハイパーボイス
    ニンフィア:ハイパーボイス
    バクオング:ばくおんぱ
    ウルガモス:むしのさざめき
    シャンデラ:特性すりぬけ+炎技・クリアスモッグ
    パルシェン:ロックブラスト/ぜったいれいど無効
    チラチーノ:ロックブラスト
    キノガッサ:タネマシンガン・マッハパンチ
    ハッサム:バレットパンチ
    ギルガルド:せいなるつるぎでランク上昇無視
    コバルオンテラキオン:せいなるつるぎでランク上昇無視・ちょうはつ
    ペラップ:ばくおんぱ・するどいめで回避率上昇無視のアンコール
    フリージオ:耐久・耐性で完封/くろいきり・ラスターカノン


覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
ユキワラシオニゴーリ
11こなゆき40100こおり特殊25
11にらみつける-100ノーマル変化30
-1かげぶんしん--ノーマル変化15
-1ぜったいれいど-30こおり特殊5
-1こおりのつぶて40100こおり物理30
-1フリーズドライ70100こおり特殊20
55かげぶんしん--ノーマル変化15
1010こおりのつぶて40100こおり物理30
1414こごえるかぜ5595こおり特殊15
1919かみつく60100あく物理25
2323こおりのキバ6595こおり物理15
2828ずつき70100ノーマル物理15
3232まもる--ノーマル変化10
3737こおりのいぶき6090こおり特殊10
4141かみくだく80100あく物理15
-フリーズドライ70100こおり特殊20
4648ふぶき11070こおり特殊5
5054あられ--こおり変化10
-61ぜったいれいど-30こおり特殊5

※進化したときに覚える。

過去世代

3rd4th~XYOA威力命中タイプ分類PP備考
ユキワラシオニゴーリユキワラシオニゴーリユキワラシオニゴーリ
-1-1--かみつく60100あく物理25
3434-37--れいとうビーム90100こおり特殊10
---1*-1ぜったいれいど-30こおり特殊5*XY以降
111111こなゆき40100こおり特殊25
111111にらみつける-100ノーマル変化30
-1-1-1かげぶんしん--ノーマル変化15
-----1こおりのつぶて40100こおり物理30
774455かげぶんしん--ノーマル変化15
--37-1010こおりのつぶて40100こおり物理30
161613131414こごえるかぜ5595こおり特殊15
101010101919かみつく60100あく物理25
--28282323こおりのキバ6595こおり物理15
191919192828ずつき70100ノーマル物理15
252522223232まもる--ノーマル変化10
----3737こおりのいぶき6090こおり特殊10
282831314141かみくだく80100あく物理15
-----42フリーズドライ70100こおり特殊20
435346514648ふぶき11070こおり特殊5
374240405054あられ--こおり変化10
-61-59-61ぜったいれいど-30こおり特殊5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技12ちょうはつ-100あく変化20
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技78じならし60100じめん物理20
技79こおりのいぶき6090こおり特殊10
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第4世代まで
技03みずのはどう60100みず特殊20教え
技58こらえる--ノーマル変化10
技72ゆきなだれ60100こおり物理10タマゴ
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
とおせんぼう--ノーマル変化5教え
まきびし--じめん変化20
ころがる3090いわ物理20
かなしばり-100ノーマル変化20
がまん--ノーマル物理10
HSウェザーボール50100ノーマル特殊10
ゆきなだれ60100こおり物理10
たたりめ65100ゴースト特殊10
うそなき-100あく変化20
すりかえ--あく変化10

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
E/XDこごえるかぜ5595こおり特殊15Lv
うらみ-100ゴースト変化10
アイアンヘッド80100はがね物理15
シグナルビーム75100むし特殊15
HSいかりのまえば-90ノーマル物理10
HSとおせんぼう--ノーマル変化5タマゴ
みずのはどう60100みず特殊20
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
FL/Eだいばくはつ250100ノーマル物理5技64
みがわり--ノーマル変化10技90
Emころがる3090いわ物理20タマゴ
Emこらえる--ノーマル変化10
E/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emまるくなる--ノーマル変化40
XDじばく200100ノーマル物理5
HSずつき70100ノーマル物理15
あくのはどう80100あく特殊15技97

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
うたう-55ノーマル変化15XD

遺伝 節を編集

タマゴグループ妖精/鉱物
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ユキワラシ(Lv.42)→オニゴーリ
分岐進化ユキメノコ(ユキワラシ(♀)に「めざめいし」を使う)

遺伝経路 節を編集

※ORASのサーチ機能で代用可能

ウェザーボールレベル技ポワルンロズレイドバイバニラ
うそなきレベル技クチートプラスル(XY)・マイナンペロリーム系統
かなしばりレベル技プクリン系統・デスカーン系統
がまんレベル技パチリス
ころがるレベル技プリンイシツブテ・ゴローンマリルリ系統・ナットレイ系統
すりかえレベル技マイナン(ORAS)
たたりめレベル技デスカーン系統
とおせんぼうレベル技:ウソッキーダイノーズ系統
自力習得:(ORAS教え技)
まきびしレベル技クレッフィ
ゆきなだれレベル技バイバニラ系統

遺伝先 節を編集

すりかえクレッフィ
こおりのつぶてバイバニラ