オンバーン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

オンバーン 節を編集

No.715 タイプ:ひこう/ドラゴン
通常特性:おみとおし(自分が場に出た時、相手の持ち物がわかる)
     すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)
隠れ特性:テレパシー(味方の攻撃を受けない)
体重  :85.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
特殊AT/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
オンバーン8570809780123535おみとおし/すりぬけ/テレパシー
ボーマンダ951358011080100600いかく/じしんかじょう
ラティオス809080130110110600ふゆう
ラティアス808090110130110600ふゆう
サザンドラ92105901259098600ふゆう

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)いわ/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/むし/かくとう
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしじめん

非メガシンカドラゴン最速の「ひこう×ドラゴン」複合タイプ。
S123は多くのドラゴン対面で上からりゅうせいぐんを叩き込める他、他のドラゴンが天敵とするゲッコウガよりわずかに速い絶妙な値である。
アーゴヨンより2高いのも見逃せない。
特攻は並程度だが、ぼうふうやきあいだま、ばくおんぱなど高威力の技が豊富。ドラゴンでは唯一のいかりのまえばも個性的。
おみとおしによる偵察、ちょうはつやすりかえによる妨害もこなすなどサポート適正も高い。

オンバーンに限ったことではないが、フェアリーが大幅に増えた第七世代は高火力のドラゴン技に依存しづらい厳しい環境である。
特に素早さが持ち味のオンバーンにとって、自身より速いフェアリーであるカプ・コケコの流行は非常に痛い。
フェアリーそのものはもちろん、その対抗として採用されるテッカグヤギルガルドなどのはがねも手強く、突破には一工夫必要。
その他フェローチェなどの対面からでは勝てない高速アタッカーも増え、それに伴いこだわりスカーフ持ちのポケモンが環境に増えていることも厳しい。
総じて動かしづらくはなっているが、特性により蔓延するスカーフの奇襲も予見しやすいため、持ち前の器用さを活かして上手く立ち回りたい。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

おみとおし
Zクリスタルやタスキ、スカーフによる奇襲を予見できるため安定性が高い。
おみとおし持ちでは最速であり、すりかえとの相性もよい。
一方で、一部のメガシンカポケモンやポリゴン2など、持ち物がわかりきっている相手には無駄な特性でもある。
すりぬけ
ばくおんぱはもともとみがわり貫通なので恩恵は少なそうだが、
すりかえでみがわりを貫通してこだわり系道具を渡すことなども可能。
みがわり読みで繰り出すことで、一部のポケモンを突破する立ち回りもできなくはない。
利点も大きいがおみとおしに比べると安定性が下がるため、運用難易度が上がる。
テレパシー
ダブル用。周囲全体攻撃を使う味方と組むなら。
対象技は、うたかたのアリア、かえんだん、じばく、シンクロノイズ、だいばくはつ、なみのり、
ばくおんぱ、はなふぶき、パラボラチャージ、フラフラダンス、ふんえん、ぶんまわす、ヘドロウェーブ、ほうでん。
(じならし、じしん、マグニチュードはタイプ相性によりもともと無効)

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発には向かない。撃ち逃げ向き。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。性能安定だが元のCも低く低火力なので基本的に優先度は低い。
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致技。雨やZクリスタルとあわせて。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。怯みを狙いやすい。
ばくおんぱ140100-りゅうのはどうより高威力。みがわり貫通。ダブルでは周囲全体攻撃。
かえんほうしゃ90100火傷10%対鋼。性能安定。
ねっぷう9590火傷10%対鋼。ダブルでは相手全体攻撃。
きあいだま12070特防↓10%対岩・鋼。ヒードラン等に。
シャドーボール80100特防↓20%一貫性は高いが威力は低い。
いかりのまえば-90-優秀な削り技。ゴースト以外に。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退。おみとおしやりゅうせいぐん、スカーフとあわせて。
変化技タイプ命中解説
ちょうはつ100補助技対策。素早いので使いやすい。
すりかえ100こだわりメガネやスカーフとあわせて。おみとおしと相性がよい。
みがわり-あると便利。音技や連続技に注意。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ強化。
ふきとばし-積み技対策。起点化回避に。
はねやすめ-回復技。耐性変化に注意。

Zワザ考察 節を編集

ダメージは無補正C252振りのもの

Zワザ元にする技威力解説
アルティメットドラゴンバーンりゅうせいぐん195(292)C低下なし。D特化メガボーマンダを確1。H252メガゲンガー超低乱数1(6.3%)。
H252しんかのきせきポリゴン2をいかりのまえば→Zりゅうせいぐんでちょうど確殺する。
ファイナルダイブクラッシュぼうふう185(277)必中。H252メガフシギバナ確定1発。無振りガブリアスに80.8%〜95.6%。
エアスラッシュ140(210)通常使用しやすいがH252メガフシギバナは37.5%の低乱数1に下がる。
ダイナミックフルフレイムかえんほうしゃ175ねっぷうでも同じ。H252メガクチート確1。H252テッカグヤに79.4%〜94.1%。
ぜんりょくむそうげきれつけんきあいだま190必中。H252メガバンギラス93.8%の高乱数1。H252ヒードラン低乱数1(12.5%)。
後者は特性がすりぬけなら、みがわり読みで繰り出すことで突破することが可能。

型考察 節を編集

基本アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう
特性:おみとおしorすりぬけ
努力値:CS252 H4
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/こだわりスカーフ/各種Zクリスタル
確定技:りゅうせいぐん/エアスラッシュorぼうふう
優先技:かえんほうしゃorねっぷう/いかりのまえば
攻撃技:きあいだま/とんぼがえり/ばくおんぱ
補助技:みがわり/ちょうはつ/すりかえ/おいかぜ

高い素早さを生かし先発の偵察を兼ねたアタッカーとして運用する。
C振りりゅうのはどう@いのちのたまでD4振りガブリアスが5/8の中乱1にしかならないのでドラゴン技はりゅうせいぐん確定。
持ち物無しりゅうせいぐんでD4振りガブリアス確1はC132(116振り)、D4振りラティオス確1はC138(164振り)必要。

いのちのたまを持たせたときの確定数の変動(いのちのたまなし→いのちのたまあり)
・りゅうせいぐんで無振りゲッコウガ確2→確1
・りゅうせいぐんで無振りゲンガー低乱1(2/16)→H155-D95ゲンガー@くろいヘドロ高乱1(13/16)
・りゅうせいぐんでH252D4振りラティアス確2→確1(101.1%~)
・きあいだまでH4振りテラキオンが確2→中乱1(11/16)

Zクリスタルの高火力+必中効果は魅力だが、上記のZワザ考察を見れば分かる通り等倍での突破を狙うには数値が足りない。
また、序盤の偵察→相手が削れた終盤に再登場という流れで運用することが多く、
その頃には相手の一貫も取れているため、わざわざZワザに頼るまでもない事が多々ある。
習得技との相性は良いとは言え、あえてオンバーンにZクリスタルを持たせる理由は考えたほうが良い。
利用法の一つとして、一貫して削りが狙えるいかりのまえばと組み合わせて受けを早期に崩すなどがある、参考までに。

こだわりメガネ型 節を編集

性格:おくびょう
特性:おみとおしorすりぬけ
努力値:S252 C252or耐久調整
持ち物:こだわりメガネ
確定技:りゅうせいぐん/ぼうふうorエアスラッシュ
優先技:とんぼがえり/かえんほうしゃorねっぷう
選択技:ばくおんぱ/きあいだま/とんぼがえり/すりかえ

基本型と同様に先発適正の高いアタッカー型。
撃ち分けが出来なくなるためとんぼがえりの優先度が高くなる。

調製例はH4-B76振りでA特化ファイアローのブレイブバード@ハチマキを確定耐え、A特化ガブリアス(スカーフ)のストーンエッジが低乱1(1/8)。
最速残りC172振りで特攻実値139×こだわりメガネ=208。
ぼうふうでH252D4振りメガフシギバナが高乱1(7/8)、H204-D102マリルリがオボン込み超高乱2(255/256)。
エアスラッシュでD特化メガフシギバナが確2。
りゅうのはどうでD4振りガブリアスが確1。

C振り特攻実値149×こだわりメガネ=223。
エアスラッシュは無振りガブリアス超高2(63/64)程度の火力。
りゅうせいぐんでH252-D4振りヌメルゴンが高乱1(7/8)、マルチスケイルカイリューは耐久無振りでも確2。
H252ギルガルドテッカグヤはかえんほうしゃで確定2発、交代読みなら倒せるが対面では厳しい。

レッドカード前歯型 節を編集

性格:おくびょう
特性:おみとおし
努力値:S252 耐久調整
持ち物:レッドカード
確定技:いかりのまえば/ちょうはつ
選択技:エアスラッシュorぼうふう/りゅうせいぐん/ばくおんぱ/かえんほうしゃorねっぷう/とんぼがえり/どろぼう

先発前提。先制いかりのまえばとレッドカードで相手2匹のHPを半分削り、相手パーティの弱体化を狙う型。
Hに252振ると実数値が偶数になってしまうので、目一杯振りたい場合でも244止め推奨。

耐久調整
  • H228振りでA特化ローブシンのストーンエッジ確定耐え。
  • H228B4振りでマニューラのこおりのつぶて確定耐え。
  • H228D20振りで無補正C125からのタイプ不一致めざめるパワー氷確定耐え。

同様の型が作れるクロバットとの比較

オンバーンの長所
特性おみとおし、ドラゴンに強い(ただしC無振りりゅうせいぐんではガブリアスが乱数)
クロバットの長所
4倍弱点が無い、Sが高い、ブレイブバードによる自主退場+おいかぜ・天候との相性

第七世代ではカプ・コケコがしぜんのいかりで同様の戦術を採れる。
無効タイプが無いうえに素早さ、ドラゴン耐性でも優れるため、おみとおし等で差別化を意識したい。

レッドカード発動後は持ち物がフリーになるため、どろぼうは好相性。
奪った道具を更に別の相手に押しつけることができるすりかえも有用なのであわせて採用したい。
ちなみに、悪タイプ弱点でじゃくてんほけん持ちの相手に対してどろぼうを使った場合、
奪う前にじゃくてんほけんが先に発動することになる。特に対ギルガルドでは注意が必要。


相性考察 節を編集

鋼タイプのポケモンはオンバーンの弱点を全て半減し、自身の弱点である地面・格闘・炎はオンバーンが半減以下にできるため相性がよい。
オンバーンと鋼タイプを同時に選出した場合、一貫するのは電気・悪・ゴーストのみなので、残りの1枠にはこれらに対抗できるポケモンを入れるとよい。


対オンバーン 節を編集

  • 注意すべき点
    S123からの高威力特殊技の数々。いかりのまえばやちょうはつ等の小技も習得。
    おみとおしによりこちらの行動を読まれやすく、すりかえで妨害されることも。
  • 対策
    火力は並程度で積み技も無いため、鋼やフェアリーなら後出しから受けられる。
    持ち物を見抜かれても、すりかえ無効のメガストーンやZクリスタルには対処不能。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

6thSM威力命中タイプ分類PP備考
オンバットオンバーンオンバットオンバーン
-1-1ばくおんぱ140100ノーマル特殊10
-1-1りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
-1-1ぼうふう11070ひこう特殊5
-1-1つきのひかり--フェアリー変化5
1111いやなおと-85ノーマル変化40
1111ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
1111たいあたり40100ノーマル物理40
---1すいとる20100くさ特殊25
55--きゅうけつ80100むし物理10
--55すいとる20100くさ特殊25
11111111かぜおこし40100ひこう特殊35
13131313かみつく60100あく物理25
16161616つばさでうつ60100ひこう物理35
18181818こうそくいどう--エスパー変化30
23232323エアカッター6095ひこう特殊25
27272727はねやすめ--ひこう変化10
31313131かまいたち80100ノーマル特殊15
35353535おいかぜ--ひこう変化15
40404040ふきとばし--ノーマル変化20
43434343いかりのまえば-90ノーマル物理10
48534853エアスラッシュ7595ひこう特殊15
58625862ぼうふう11070ひこう特殊5
-70-70りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
-75-75ばくおんぱ140100ノーマル特殊10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技02ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技28きゅうけつ80100むし物理10
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技51はがねのつばさ7090はがね物理25
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技62アクロバット55100ひこう物理15
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技76そらをとぶ9095ひこう物理15
技81シザークロス80100むし物理15
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技93ワイルドボルト90100でんき物理15
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30

タマゴ技 節を編集

6th7th威力命中タイプ分類PP備考
すりかえ-100あく変化10
おいかぜ--ひこう変化30Lv
げきりん120100ドラゴン変化10教え
よこどり--あく変化10教え

教え技 節を編集

6th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
いびき50100ノーマル特殊15
ゴッドバード14090ひこう物理5
げきりん120100ドラゴン物理15タマゴ
さわぐ90100ノーマル特殊10
ねっぷう9590ほのお特殊10
いかりのまえば-90ノーマル物理10Lv
おいかぜ--ひこう変化30Lv
アイアンテール10075はがね物理15
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
よこどり--あく変化10タマゴ
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv
みずのはどう60100みず特殊20

遺伝 節を編集

タマゴグループ飛行
性別♂:♀=1:1
進化オンバット(Lv48)→オンバーン

遺伝経路 節を編集

おいかぜ自力習得(レベル技)
げきりん自力習得(ORAS教え技)
その他チルット(ORAS図鑑サーチ)
すりかえリレー遺伝カラマネロ系統→ヘイガニアーケン
ヘイガニ(ORAS図鑑サーチ)→アーケン
よこどり自力習得(ORAS教え技)
その他ズバット(ORAS図鑑サーチ)