ペンドラー - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ペンドラー 節を編集

No.545 タイプ:むし/どく
通常特性:どくのトゲ(直接接触技を受けたとき、相手を30%の確率で「どく」状態にする)
     むしのしらせ(HPが残り1/3以下になると、むしタイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:かそく(毎ターン素早さが1段階上がる)※第五世代では「はやあし」、第六世代に移送すると「かそく」に変化。
体重  :200.5kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
かそくバトンタッチHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ペンドラー60100895569112485どくのトゲ/むしのしらせ/かそく
テッカニン6190455050160456かそく/すりぬけ
バシャーモ80120701107080530もうか/かそく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/エスパー/いわ
いまひとつ(1/2)どく/むし/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなし---

110族抜き抜きの絶妙な素早さと高めの攻撃、そして優秀な特性「かそく」を持つポケモン。
バトンタッチ・てっぺき・つるぎのまいなど優秀な補助技を多数備え、いわゆる『かそくバトン』による後続エースのサポートが強力。
さらに一致技のメガホーンに加え、補完に優れたサブウェポンも充実しているため自身がアタッカーになることも可能。
種族値や耐性が特別恵まれているわけではないが、サポート・アタッカー両面に適性を持つ優秀なポケモンである。

第七世代では天敵ファイアローが環境から減少し、新規フェアリーが増加したことで毒技の一貫性が向上。
アタッカー型はもちろんバトンタッチ型にとっても嬉しい環境の変化と言える。
先制技が弱体化したことで、純粋な素早さ勝負を制することができる「かそく」の価値も上がった。
特にH4振りカプ・テテフ(カプテテフ)を無補正252振り・アイテムなしでどくづき確1かつ準速でも最速テテフより速く、Zムーンフォースも耐えられるため睨みを利かせられる。
カプ・コケコ(カプコケコ)も相手がスカーフ・壁張り型以外なら加速1回+帯以上で上からどくづきで仕留められる。ただしH252コケコの場合は性格補正と珠がないと確1にできない。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

かそく
基本的にはコレ。アタッカーでもサポーターでも役割遂行の性能を向上させる。
自分より速いメガシンカ勢やこだわりスカーフ持ちにも強くなるが、先制技持ちには注意。
むしのしらせ
きあいのタスキやみがわりとあわせれば発動自体は容易だが、
強化されるのは虫技のみなので恩恵は少ない。
どくのトゲ
相手を毒状態にするのを狙うなら、どくどくやどくびしの方が有用。
弱点タイプの技は非接触技が多く、発動機会は少ない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
メガホーン120(180)85-タイプ一致技。高威力・命中不安。
シザークロス80(120)100-タイプ一致技。中威力・命中安定。
ミサイルばり25(37)*2~595-タイプ一致技。威力不安定だが、きあいのタスキやみがわりに強い。
5発ならメガホーンを超えるが期待値は3発。
どくづき80(120)100毒30%タイプ一致技。性能安定。
じしん100100-対炎・毒・岩・鋼。一致技との相性補完に優れる。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対岩・鋼。バトンの可能性も加味すると他のポケモン以上に能力低下が痛い。
いわなだれ7590怯み30%対炎・飛行。かそくとあわせて怯みを狙える。
アクアテール9090-対炎・岩・地面。ランドロスに。範囲はじしんと被るためどちらか選択してもいい。
おいうち40/80100-対ゴースト。相手交代で威力倍増。交代読みで。
からげんき70/140100-状態異常で威力倍増。おにび対策になるが、ゴーストには無効。
がむしゃら-100-削り技。きあいのタスキとあわせて。
変化技タイプ命中備考
どくどく必中耐久型対策。自身のタイプにより必中だが、毒・鋼には無効。
どくびし-サポート用。高い素早さを活かして。
まもる-かそくのターン稼ぎに。Zワザに注意。
みがわり-補助技対策や、バトンタッチとあわせて。
つるぎのまい-攻撃を強化。抜き性能の向上に。バトンタッチ可。
てっぺき-防御を強化。鈍足物理を起点化。バトンタッチ可。
こうそくいどう-素早さ強化。かそくで事足りる。バトンタッチ用。
バトンタッチ-かそくや積み技、みがわりとあわせて。

型考察 節を編集

かそくアタッカー型 節を編集

性格:ようきorいじっぱり
特性:かそく
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ
優先技:つるぎのまい/メガホーン/じしん
攻撃技:どくづき/いわなだれ/ばかぢから/がむしゃら/アクアテール
補助技:まもる/どくどく/バトンタッチ/みがわり

バトンタッチを前提とせず物理エースとして戦う型。
バシャーモほどではないが豊富なサブウェポンとつるぎのまい、高い素早さにより抜き性能はそれなり。
第七世代で一致技1/4のゲンガーに地面技が通るようになり、虫/地面の範囲が広がった。

無補正A振りどくづきで無振りカプ・テテフを確1、無振りカプ・コケコを37.5%の低乱1。
同条件じしんでH振りヒードランを62.5%の中乱1。同条件+A2段階上昇メガホーンで無振りガブリアスを高乱1(げきりん+さめはだダメージで落ちるので注意)。
性格は基本はようきだが、いじっぱりの場合多少確定数の変化がある。

虫半減以下で浮いているポケモン、霊獣ランドロスメガボーマンダテッカグヤなどを強く呼ぶので控えで対処したい。

かそくバトン型 節を編集

性格:ようき
特性:かそく
努力値:HS252をベースに耐久調整 余りA
持ち物:きあいのタスキ/くろいヘドロ/メンタルハーブ
確定技:バトンタッチ
優先技:てっぺき/まもる
攻撃技:じしん/どくづき/いわなだれ/がむしゃら/メガホーンorミサイルばりorシザークロス
補助技:つるぎのまい/みがわり

かそく+バトンタッチによる後続サポートに特化した型。
ペンドラーを一撃で落とす手段を持たない物理相手や、先制技を持たない相手との対面でてっぺき・つるぎのまいを積み、
後続エースにかそくによるS上昇と一緒にバトンタッチする。

てっぺきを搭載することでガブリアスマンムーなどの物理アタッカーを対面から積み起点にできる。
てっぺきで大きく確定数をずらしつつ複数回積み技を使える点は、他のかそくとバトンタッチを両立するポケモンにはない強みである。

持ち物は確実に積むための保険になるきあいのタスキが最安定。
それ以外ではみがわりを使う場合にくろいヘドロ、ちょうはつにアドバンテージが取れるメンタルハーブが候補。

攻撃技は呼ぶ相手に比較的安定して通り非接触のじしん・いわなだれ、バトンタッチ後の再登場時に一定の削りが期待できるがむしゃら、
無効化されず確実に相手のきあいのタスキを潰せる虫技のいずれか一つを搭載。バトンタッチに特化するなら補助技のみの技構成でも可。

バトンタッチ先はマジックミラーによる流し耐性がありアシストパワーも覚えるエーフィや、相性補完に優れ高い攻撃性能を持つバンギラスが有力。
前者の場合ほえるには強いが、くろいきりはどちらも防げないためバトンタッチ戦術を行う際の天敵となる。
やどりぎのタネやのろいも引き継ぐため、それらの技を持つポケモンにも注意が必要。

先発どくびし型 節を編集

特性:かそく
性格:ようき
努力値:HS252をベースに調整
持ち物:レッドカード(推奨)/くろいヘドロ/きあいのタスキ
確定技:攻撃技/どくびし
優先技:どくどく
攻撃技:じしん/どくづき/虫技/いわなだれ/がむしゃら
変化技:ベノムトラップ/バトンタッチ/まもる

どくびし使いの中では高速で、妨害されにくい。

技の威力が高いため無振りでもそこそこの火力。
毒・鋼タイプへのじしん、飛行タイプへのいわなだれなども候補。


対ペンドラー 節を編集

  • 注意すべき点
    優秀な特性「かそく」や、各種積み技をバトンタッチしていく戦法が強力。
    A100と豊富なサブウェポンにより、自らアタッカーとして攻めていくこともできる。
    また、S112の速さからどくびし撒き等のサポートもこなす。
  • 対策方法
    バトンタッチにはいたずらごころ+ちょうはつや、ほえる・ふきとばしなどで対策。トリックルームもかそく対策になる。
    バトンタッチ先のエーフィのことも考えると、最安定はくろいきりを覚えたドヒドイデカプ・レヒレなど。
    どくびし+みがまもしてきそうな後続がいる場合は毒無効のポケモンで対処。

    アタッカー型の場合は虫・地面の範囲に強い霊獣ランドロスメガボーマンダテッカグヤが安定。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th~SM威力命中タイプ分類PP備考
フシデホイーガペンドラー
--1*バトンタッチ--ノーマル変化40*SM以降
--1メガホーン12085むし物理10
-1*1*てっぺき--はがね変化15*SM以降
111まるくなる--ノーマル変化40
111ころがる3090いわ物理20
-11どくばり15100どく物理35
-11いやなおと-85ノーマル変化40
555どくばり15100どく物理35
888いやなおと-85ノーマル変化40
121212おいうち40100あく物理20
151515まもる--ノーマル変化10
191919ポイズンテール50100どく物理25
-22※-てっぺき--はがね変化15
222323むしくい60100むし物理20
262828ベノムショック65100どく特殊10
--30※バトンタッチ--ノーマル変化40
293233こうそくいどう--エスパー変化30
333739ハードローラー65100むし物理20
364144どくどく-90どく変化10
38*--ベノムショック65100どく特殊10*XY以降
-43*47*ベノムトラップ-100どく変化20*XY以降
404650ロッククライム9085ノーマル物理20
435055すてみタックル120100ノーマル物理15
--65*メガホーン12085むし物理10*XY以降

※SMでは進化したときに覚える。

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技67スマートホーン70必中はがね物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技81シザークロス80100むし物理15
技83まとわりつく20100むし特殊20
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技76むしのていこう50100むし特殊20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
ダブルニードル25100むし物理20
ミサイルばり2595むし物理20
どくびし--どく変化20
まきびし--じめん変化20
とっしん9085ノーマル物理20
ロッククライム9085ノーマル物理20Lv

教え技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
アイアンテール10075はがね物理15
アクアテール9090みず物理10
いびき50100ノーマル特殊15
がむしゃら-100ノーマル物理5
てっぺき--はがね変化15Lv
ばかぢから120100かくとう物理5
むしくい60100むし物理20Lv
よこどり--あく変化10
シグナルビーム75100むし特殊15
ねごと--ノーマル変化10

遺伝 節を編集

タマゴグループ
孵化歩数3840歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で1920歩)
性別♂:♀=1:1
進化フシデ(Lv22)→ホイーガ(Lv30)→ペンドラー

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
ダブルニードルレベルスピアー/シュバルゴ
どくびしレベルスピアー/フォレトス/ドラピオン系統
とっしんレベルフォレトス系統/ヘラクロス/カブルモ/メラルバ
まきびしレベルフォレトス系統
ミサイルばりレベルスピアー/アリアドス系統/ヘラクロス/ドラピオン系統/グソクムシャ
ロッククライム自力Lv.50