テッカグヤ - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

テッカグヤ 節を編集

No.797 タイプ:はがね/ひこう
特性:ビーストブースト(相手を倒す毎に自分の最も高い能力値が上昇する)
体重:999.9kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
鋼/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
テッカグヤ9710110310710161570ビーストブースト
エアームド6580140407070465がんじょう/するどいめ/くだけるよろい

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/エスパー/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ/むし
こうかなしどく/じめん

弱点2・耐性8・無効2という極めて優秀な「はがね×ひこう」複合タイプ。
4倍弱点も存在せず、相性のいい味方も多く、サイクル戦適性が非常に高いタイプである。
とりわけ相互に弱点を補えるドラゴン全般と高相性で、双方高種族値の並びを形成しやすいこともあり扱いやすい。
なお、同族のエアームドとはステータス傾向や習得技が全く異なるため差別化の必要はない。

ウルトラビーストにしては珍しくバランスのよい種族値を持ち、カスタマイズ性が高い。
素で60族を抜けるS、ほぼB=DなのでDに努力値を20だけ多く割けばダウンロード対策可など配分も絶妙で、調整次第でSを含めた全てのステータスに無理なくビーストブーストをかけられる。
習得技はかなり豊富で、タイプ上珍しいほのお技、くさを呼ばないため一貫しやすいやどりぎのタネは特筆に値する。
独特かつ強力な技ラインナップゆえ、他のポケモンでは代えが効かない独自の構成によってパーティーの穴を埋めやすい。

以上の要素ゆえに汎用性が高く、物理/特殊受け、物理/特殊/両刀アタッカーにやどみがと型が非常に豊富。
初見で型を見破ることは困難で、どの型であっても高水準で役割をこなすのが厄介である。
持ち物や被ダメ与ダメで役割をできるだけ早く見抜くのが対策の肝と言える。

新鋭ながらSMレートシーズン1ではトップメタに位置し、シーズン2以降も30位以内に根強くランクインし環境の一角を形成している。
PGLをご覧いただければわかる通り、性格・技が非常に広く分布しており、ルール・シーズンによっても流行の型が大きく異なる。
参考までに、サンムーン発売後最初の大会であるアローラビギニングでは性格はひかえめ13.3%、いじっぱり12.3%、しんちょう11.6%がトップ3となっており、
技はヘビーボンバーが69.3%、やどりぎのたねが57.8%、次点はまもるで37.5%と50%を割っている。
この結果からも型の多様性がうかがい知れるだろう。



技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果備考
ヘビーボンバー40~120
(60~180)
100--あらゆる型で採用を検討できるタイプ一致技。
テッカグヤは非常に多くの相手に最大威力で使用できる(詳細後述)。
「ちいさくなる」相手に必中・威力2倍。
ジャイロボールと違いPPが16ある点も優秀。
アクロバット55(82)
<110(165)>
100--タイプ一致技。消費アイテムとあわせて。
そらをとぶ90(135)95溜め攻撃タイプ一致技。ヒコウZとあわせて。
じしん100100--対炎・電・鋼。威力命中安定のサブウェポン。
鋼・地、飛・地の技範囲共に全18タイプに等倍以上。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎。特にウルガモスリザードンに。命中不安。
いわなだれ7590怯み30%エッジと選択。Sブーストやニトチャ後なら怯みも狙える。
岩4倍へは命中重視でエッジよりもこちら。
タネばくだん80100--対水。性能は良いが通りは悪い。
ニトロチャージ50100素早↑100%低威力だが追加効果が優秀な炎物理技。S調整などに関する詳細は後述。
だいばくはつ250100自分瀕死役割終了後に。大ダメージを与えつつ退場。使うタイミングはシビア。
特殊技タイプ威力命中効果備考
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。S振りで怯みも狙える。
ラスターカノン80(120)100特防↓10%タイプ一致技。特殊AT型ならヘビーボンバーと選択。
C特化でない限り、威力120ヘビーボンバーに火力指数で劣る。
かえんほうしゃ90100火傷10%命中・PP安定の対鋼技。特にナットレイハッサムに。
だいもんじ11085火傷10%かえんほうしゃと選択。
めざめるパワー--60100--ガブリアスランドロスメガボーマンダを役割対象とするなら氷。
もっともこれらの相手はこちらに有効打が無い事が多く逃げられやすい。
エナジーボール90100特防↓10%対水。性能安定。
ギガドレイン75100HP吸収対水。攻撃しつつ回復。
くさむすび20~120100--対水。特にメガギャラドススイクンに。
変化技タイプ命中備考
やどりぎのタネ90一貫性の高い削り技。高耐久と相性が良い。
タイプ相性と炎技の存在により草は呼びにくい。
みがわり--状態異常回避や、やどりぎとのコンボに。
音技には強いが、すりぬけには注意。
きんぞくおん85特殊受けを弱体化。
ボディパージ--素早さ強化。ヘビーボンバー弱体化。ロックカットは覚えない。
てっぺき--防御を強化。やどみがとあわせて要塞化。
どくどく90耐久型に。タイプ相性と炎技の存在により毒・鋼は呼びにくい。
ねむる--状態異常も回復。カゴのみとあわせて。
ワイドガード--ダブル用。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ちょうぜつらせんれんげきヘビーボンバー160(240)威力固定。
ラスターカノン160(240)C特化で無振りカプ・コケコを確1。
ファイナルダイブクラッシュそらをとぶ175(262)飛行技の最大火力。溜め無し。
エアスラッシュ140(210)C特化でH振りメガフシギバナを確1。
ライジングランドオーバーじしん180ダブルでの単体攻撃に。
ワールズエンドフォールストーンエッジ180必中。
ダイナミックフルフレイムだいもんじ185必中。
ブルームシャインエクストラエナジーボール175C特化でH振り水ロトムを確1。
くさむすび160威力固定。
タネばくだん160A特化でH振りランターンを確1。

ヘビーボンバーについて 節を編集

技使用者と対象者の体重比で威力が変動する。
自身の体重の1/5以下の相手には威力120。1/4以下なら100、1/3以下なら80。
テッカグヤの体重がカンストしているため、相手ポケモンの体重が200.0kg未満ならば最大威力の120を発揮できる。
これ以上の体重を持つポケモンは限られており、非常に多くの相手に最大威力で攻撃できるテッカグヤの強み。
ピクシーなど、ちいさくなる持ちに必中・かつ威力2倍となる点も見逃せない。

性格下降補正なし無振り最大威力ヘビーボンバー>特化ラスターカノンであり、仮想敵のフェアリーが全体的にD>B気味なこともあって型を問わず採用される。

ヘビーボンバーがアイアンヘッドの威力を下回るポケモン(333.4kg以上、最終進化のみ、禁止伝説を除く)は以下のみ。

アローラナッシー カビゴン
(メガ)ハガネール
(メガ)ボスゴドラ ホエルオー メガオニゴーリ (メガ)メタグロス
ダイノーズ ヒードラン
クレベース
バンバドロ マッシブーン テッカグヤ アクジキング

これらの相手の多くには他タイプのサブウェポンや特殊技の方が有効なため、物理鋼技はヘビーボンバーで確定だろう。
(スマートホーンも覚えるが、ヘビーボンバーにはちいさくなる状態に必中・威力2倍の効果も付与されている。)

  • ボディパージについて
    テッカグヤにとって数少ない素早さ上昇手段だが、体重が-100kgされ899.9kgになってしまう。
    これにより上記のポケモンに加えて、新たに300.0~333.3kgのポケモンに対しアイアンヘッドの威力を下回るようになる。
該当ポケモン
ゴローニャAゴローニャメガギャラドス
メガバクーダ
ドダイトスカバルドン
ゴルーグ
他、一部のポケモンに対しての威力が低下する。
体重威力変動該当ポケモン
450.0~499.9kg60→40カビゴン
225.0~249.9kg100→80ギャラドスレジロックアマルルガ
180.0~199.9kg120→100エンテイスイクンドータクンメガユキノオージバコイルケケンカニジジーロン

これらのポケモンを仮想敵として考えないor他の技や威力が下がったヘビーボンバーでゴリ押せると考えるのならボディパージ採用もあり。
多くはそもそも突破できないか、威力低下前でも他の技のほうが火力が出るか、低下後のヘビーボンバーでも対処可能かなので採用のデメリットはあまり無い。
もちろん、互いの調整によっては確定数がずれるポケモンもいるので注意。

素早さ調整 節を編集

  • Sラインについて
    安易に素早さに下降補正をかけてしまうとSに努力値を入れられなくなる。
    後述の通り、対フェアリーには下降補正の無振りヘビーボンバーで充分な火力が確保されている。
    S下降補正をかけた場合に抜かれて致命的なのはジバコイルくらいだが、60族近辺は激戦区であり40種近いポケモンに上を取られるようになるのはやはり見逃せない。
+  詳細
  • おくびょう時のブースト方法について
    ビーストブーストで素早さアップを狙う場合、ようき最速なら攻撃<素早さとなるので問題ないが、
    おくびょう最速の場合C個体値が高いと特攻にブーストがかかってしまう。
    そのためおくびょう最速の場合素早さ実数値124となるのでCの実数値が123以下になるようにしておく必要がある。
    具体的にはC無振りの場合C個体値が23以下であれば素早さにブーストをかけられる。
  • ニトロチャージについて
    貴重な物理炎技で、場合によってはかえんほうしゃなどを切ってでも採用する価値がある。
    1積みで無振りなら実値121(無振り100族抜き)、
    準速で169(最速ガブリアス(102族)と同速)、
    最速で186(最速エンニュート(117族)抜き)になる。
    ニトロチャージを採用する場合、1積みで激戦区の最速100族は抜いておきたい。
    準速でちょうど最速100族+2(最速霊獣ボルトロス抜き、最速100族抜き抜き)なので特に何も考えなければ準速で問題ない。
    特に物理アタッカー型では対ナットレイハッサム兼素早さ補強をこの技1つで行えるので優秀。
    どちらも確1では倒せないが、向こうからも有効打が無く、退かれてもSが上がるので相手後続に有利になる。
    参考までにA特化ニトロチャージでナットレイに対してはH振りに48.6%〜57.5%、B特化に37.6%〜44.2%程度のダメージ。
    ナットレイにはねむる以外の再生技がないため基本有利だが、てつのトゲややどまも戦法には注意したい。
    H振りハッサムには61.0%〜72.3%、メガシンカした場合は47.5%〜56.5%であり、B特化の物理受けでもなければはねやすめ連打でも受けきれない(PPの問題もあるのでB特化でも結局は受けきれないが)。

型考察 節を編集

物理受け型 節を編集

性格:わんぱく/ずぶとい/のんき
努力値:HB252
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/カゴのみ
確定技:やどりぎのタネ
物理技:ヘビーボンバー/じしん/ストーンエッジorいわなだれ/そらをとぶ
特殊技:エアスラッシュ/めざめるパワー(氷)/だいもんじorかえんほうしゃ
変化技:まもる/てっぺき/どくどく/みがわり/ねむる

エアームドナットレイを掛け合わせたような物理受け型。
優秀な耐久と耐性で後出しし、やどりぎでサイクルのアドバンテージをとっていく。
ナットレイのジャイロボールよろしく、こちらもヘビーボンバーでそれなりの火力が出る。

特殊受け型 節を編集

性格:おだやか/しんちょう/なまいき
努力値:HD252
持ち物:たべのこし/カゴのみ
確定技:やどりぎのタネ
物理技:ヘビーボンバー/じしん/ストーンエッジorいわなだれ/そらをとぶ
特殊技:エアスラッシュ/めざめるパワー(氷)/だいもんじorかえんほうしゃ
変化技:まもる/てっぺき/どくどく/みがわり/ねむる

特殊受けに特化した型。こちらも充分採用価値はある。
元々の高めの種族値もあってめざパ程度なら余裕で耐えられる。
パーティに既に物理受けがいる場合は特殊を見る目的でこちらを採用。
物理耐久をてっぺきで補い、やどりぎとあわせて要塞化も狙える。

やどみがまもる型 節を編集

性格:ようき
努力値:HSベース
持ち物:たべのこし
確定技:やどりぎのタネ/まもる/みがわり/ヘビーボンバー

高い耐久と優秀な耐性、やどりぎのタネを活かした耐久型。
ビーストブーストでSを上昇させるために努力値はHSで固定。
H全振りで身代わりが地球投げを耐える利点もある。
ビーストブーストが一度発動すれば117族まで抜くことができる。
やどりぎダメージで倒すと発動しないので攻撃技で倒すことに留意。
攻撃技は1つしか持てないので高火力一致技となるヘビーボンバーが最安定。

無振りだとB>Dだが値が近いので電気技持ちのポリゴン2に強くなれるダウンロード対策も視野に入る。
しかし、普通にHを削ってDに回すと、身代わりが地球投げを耐えなくなる、ビーストブーストでDが上がってしまう等の問題が生ずる。
B個体値を下げて対応した方が良いだろう。
Hを削ることで4nを避けることにもなるので、地球投げを考慮しないならHを削るのもアリ。

尚、無振りスイクンの熱湯程度ならD4テッカグヤへの最大ダメージは49でありH実値200以上で身代わりを残せる。

調整例:
個体値31-31-28~29-*-31-31
努力値244-0-0-0-12-252
実数値203-121-122-*-123-124
4n-1かつD>BかつビーストブーストでSが上がる調整。

物理アタッカー型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき/ゆうかん
努力値:攻撃252 素早さ調整 余りHP
持ち物:オボンのみ/カゴのみ/たつじんのおび/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/とつげきチョッキ/各種Zクリスタル
確定技:ヘビーボンバー/じしん
選択技:アクロバットorそらをとぶ/ニトロチャージorかえんほうしゃorだいもんじ/ストーンエッジorいわなだれ/タネばくだん
変化技:やどりぎのタネ/ねむる/ボディパージ

ガブリアスランドロスボーマンダへの役割を切るならば特殊にする理由が無いため、物理一本にすることを検討できる。
役割を切るといっても相手の型次第では充分突破可能。
かえんほうしゃなど特殊技を入れてもよいが、大抵は物理一本に絞るので物理アタッカーの宿命として火傷に注意する必要がある。
メインのヘビーボンバーと補完のじしんは確定技。
序盤はサイクルを回し、終盤に特性を活かしつつ全抜きを狙う。
サイクル回しに比重を置くならやどりぎのタネか撃ち逃げ威力向上のこだわりハチマキ、
全抜きに比重を置くならニトロチャージかこだわりスカーフが採用の視野に入る。
その場合、準速ニトロチャージ1回(orスカーフ)でちょうど最速102族と同速になり、最速100族および霊獣ボルトロスまで上を取れるようになるので、準速が好ましい。
フルアタにするならとつげきチョッキで元々高い特防を活かすのも良い。
あとはそらをとぶを使いやすい一致技にしたりエッジの命中補佐でZクリスタルを持たせるのも視野。

技範囲は非常に広く多くの敵に等倍以上を出せるため、ニトロチャージでSを補強しつつ1匹でも突破してビーストブーストでAアップをすることができればそのまま全抜きも目指せる。

性格にゆうかんを追加。しかし「特に両刀にする意義がある」場合でないなら意地っ張りだろうが特殊技を入れればよい。
理由は特殊メイン型と同じ。

特殊アタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう/れいせい
努力値:HCベースorC252 HS調整
持ち物:とつげきチョッキ/じゃくてんほけん/いのちのたま/たつじんのおび/こだわりメガネ/こだわりスカーフ/ラムのみ/カゴのみ
確定技:だいもんじorかえんほうしゃ/ラスターカノン
選択技:エアスラッシュ/ギガドレインorエナジーボールorくさむすび/めざめるパワー(氷/地)
変化技:やどりぎのタネ/ねむる

テッカグヤの種族値で最も高いCと攻撃範囲の広さを活かしていく型。
めざめるパワーを入れれば攻撃範囲の広さはかなりのものとなり、様々なポケモンを相手にしやすくなる。
特殊型以外のテッカグヤはヘビーボンバーを搭載していることが多いので、それを警戒した威嚇持ちや鬼火持ちにも対抗しやすい。
無振りガブは持ち物無しだと特化めざ氷で確2、達人の帯で高乱1(87.5%)。特殊受けナットレイも達人の帯特化大文字で確1になる。

性格にれいせいを追加。しかし「特に両刀にする意義がある」場合でないなら控えめだろうが物理技を入れればよい。
理由としては、素早さを下げることで無駄に後手になる範囲が広がってしまうこと、種族値100の無振りの攻撃技程度なら、
下降補正があっても大きく確定数が変わることもないことの2点。
↑無補正無振りヘビーボンバー(最大威力)の方が補正極振りラスターカノンより火力出るしフェアリーは全体的に物理の方が弱いから
一概にそうは言えないと思う、元々素早さは低めなのだし。
↑実数値で13の差。確定数に差が出る例があるなら是非。そして激戦区60を1上回る素早さが低いと感じるなら冷静にすればいいだけ。

こいつHに全振りすると実数値204だから身代わりが地球投げやナイトヘッドを耐えるのか。

 
  • ひかえめヘビーボンバーについて
    鋼抜群の相手にはD>Bの相手が多く、特殊型でもヘビーボンバーの採用価値がある。
    ちなみに無補正ボンバー(威力120)[21780] >上昇補正ラスカ [20880] >下降補正ボンバー(威力120) [19440]となる。
    どっちみち等倍相手には火力不足。ボンバーに火力を求めるなら上記の「物理アタッカー型」を選択すること。
対ポケモン名控えめラスカ冷静ボンバー控えめボンバー備考
HB特化ピクシー57.4%~68.3%
確定2発
59.4%~71.2%
確定2発
53.4%~63.3%
確定2発
ボンバーはちいさくなる特効
無振りメガサーナイト71.3%~85.3%
確定2発
135.6%~160.8%
確定1発
121.6%~144%
確定1発
H252バンギラス43.4%~52.1%
乱数2発(5.9%)
50.2%~60.8%
確定2発
46.3%~55%
乱数2発(47.7%)
ボンバー威力100
H4 AS振りメガバンギラス44.5%~52.5%
乱数2発(18%)
37.7%~45.7%
確定3発
34.2%~41.1%
確定3発
ボンバー威力80

対テッカグヤ 節を編集

  • 注意すべき点
    優秀な耐性とバランスの良い種族値、豊富な技により型が読みにくい。
    ほぼ最高威力が狙えるヘビーボンバー、鋼には珍しいやどりぎのタネや炎技。
    ビーストブーストで火力や素早さを上げられると全抜きの恐れもある。
  • 対策方法
    やどみが設置やブースト発動前に炎・電気タイプの高火力一致技で早期決着を狙いたい。
    耐性は優秀だが耐久種族値自体は並程度なので、後出しを読めれば等倍でも押し切れる。
    パーティ構築段階でテッカグヤに完封されるポケモンを何体も入れないよう注意を払うと良いだろう。

    鋼技とやどまもが主力のため、みがわりorちょうはつ持ちのギャラドスが対面では大きく有利。
    草技の搭載率も低く起点回避技はだいばくはつのみのため、安定してりゅうのまいの起点にできる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1ワイドガード--いわ変化10
1エアスラッシュ7595ひこう特殊15
1ねをはる--くさ変化20
1すいとる20100くさ特殊25
1かたくなる--ノーマル変化30
1たいあたり40100ノーマル物理35
7うちおとす50100いわ物理15
13メガドレイン40100くさ特殊15
19やどりぎのタネ-90くさ変化10
23きんぞくおん-85はがね変化40
29アイアンヘッド80100はがね物理15
31ギガドレイン75100くさ特殊10
37ラスターカノン80100はがね特殊10
43ボディパージ--はがね変化15
47タネばくだん80100くさ物理15
53ロケットずつき130100ノーマル物理10
59てっぺき--はがね変化15
67ヘビーボンバー-100はがね物理10
73すてみタックル120100ノーマル物理15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技42からげんき70100ノーマル物理20
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技62アクロバット55100ひこう物理15
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技67スマートホーン70-はがね物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技76そらをとぶ9095ひこう物理15
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明