テッカグヤ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

テッカグヤ 節を編集

No.797 タイプ:はがね/ひこう
特性:ビーストブースト(相手を倒す毎に自分の最も高い能力値が上昇する)
体重:999.9kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
鋼/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
テッカグヤ9710110310710161570ビーストブースト
エアームド6580140407070465がんじょう/するどいめ/くだけるよろい
高体重ヘビーボンバーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
テッカグヤ9710110310710161570ビーストブースト
アクジキング22310153975343570ビーストブースト
バンバドロ100125100558535500マイペース/じきゅうりょく/せいしんりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/エスパー/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ/むし
こうかなしどく/じめん

弱点2・耐性8・無効2という極めて優秀な「はがね×ひこう」複合タイプ。
耐久型に致命的などくも効かず、4倍弱点も存在せず、相性のいい味方も多く、サイクル戦適性が非常に高いタイプである。
こおりいわ等倍のひこう枠、じめん無効かつかくとう等倍のはがね枠と耐性の噛み合わせも良好で、補完として非常に採用しやすいポケモンと言える。
なお、エアームドとはステータス傾向や習得技が全く異なるため差別化の必要はない。

習得技はかなり豊富で、タイプ上珍しいほのお技と、くさを呼ばないため一貫しやすいやどりぎのタネは特筆に値する。
独特かつ強力な技ラインナップゆえ、他のポケモンでは代えが効かない独自の構成によってパーティーの穴を埋めやすい。

以上の要素ゆえに汎用性が高く、物理/特殊受け、物理/特殊/両刀アタッカーにやどみが型まで、型が非常に豊富。
初見で型を見破ることは困難で、どの型であっても高水準で役割をこなすのが厄介である。
型の読み違えから痛手を食らうことも多く、上から一致弱点で縛る程度しか汎用的な対策は存在しない。
持ち物や被ダメージ与ダメージで役割をできるだけ早く見抜くのが対策の肝と言える。


ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

ビーストブースト
特性はこれのみ。ウルトラビーストにしては珍しくバランスのよい種族値を持ち、カスタマイズ性が高い。
素で60族を抜けるS、ほぼB=DなのでDに努力値を20だけ多く割けば「ダウンロード」対策可など配分も絶妙で、
調整次第でSを含めた全てのステータスに無理なくビーストブーストをかけられる。
Sのビーストブースト方法
  • 性格ようきの場合
    6V個体でもSへのビーストブーストが可能。
    ただし振り方としてはH244・A12orD12・S252でほぼ固定される。
    (Bには一切振れない。 H228振りにしてDにも12振る方法もあるが、余り4はCに振るしかなくなる)。
  • 性格おくびょうの場合
    C個体値を23以下にする必要がある。
    おくびょう最速のS実数値124を抜かないC実数値123となる。

    また、無振り時のBの実数値が123につき、端数の振りにも注意を払うこと。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果備考
ヘビーボンバー40~120
(60~180)
100--あらゆる型で採用を検討できるタイプ一致技。
テッカグヤは非常に多くの相手に最大威力で使用できる(詳細後述)。
「ちいさくなる」相手に必中・威力2倍。
ジャイロボールと違い最大PPが16ある点も優秀。
アクロバット55(82)
<110(165)>
100--タイプ一致技。道具の消費を要するデメリットがある。
そらをとぶ90(135)95溜め攻撃タイプ一致技。ヒコウZとあわせて。
じしん100100--対炎・電・鋼。威力命中安定のサブウェポン。
鋼&地、飛&地の技範囲共に全18タイプに等倍以上。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎。特にウルガモスリザードンに。命中不安。
いわなだれ7590怯み30%ストーンエッジと選択。素早さ上昇後なら怯みも狙える。
岩4倍へは命中重視でストーンエッジよりもこちら。
タネばくだん80100--対水。性能はよいが通りは悪い。
ニトロチャージ50100素早↑100%低威力だが追加効果が優秀な炎物理技。S調整などに関する詳細は後述。
だいばくはつ250100自分瀕死役割終了後に。大ダメージを与えつつ退場。使うタイミングはシビア。
特殊技タイプ威力命中効果備考
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。S振りで怯みも狙える。
ラスターカノン80(120)100特防↓10%タイプ一致技。遂行対象のフェアリーが軒並みB<Dにつき、
ビーストブーストでCを上昇させる型での採用となりがち。
かえんほうしゃ90100火傷10%命中・PP安定の鋼への遂行技。特にナットレイハッサムに。
だいもんじ11085火傷10%かえんほうしゃと選択。C無振り時にH振りメガハッサムが確1になる確定数変化がある。
めざめるパワー--60100--ガブリアスランドロスメガボーマンダへの遂行のための氷。
エナジーボール90100特防↓10%対水。性能安定。
ギガドレイン75100HP吸収対水。攻撃しつつ回復。
くさむすび20~120100--対水。特にメガギャラドススイクンに。
変化技タイプ命中備考
やどりぎのタネ90詰めにもサイクルにも使える一貫性の高い削り技。
草タイプに無効だがタイプ相性と炎技の存在により呼びにくい。
みがわり--状態異常回避や、やどりぎのタネとのコンボに。
まもる--やどりぎのタネ・みがわりと組み合わせて詰ませるための技。
ボディパージ--全抜きまたは詰めのために採用。ヘビーボンバーとの相性は悪い。
どくどく90耐久型に。タイプ相性と炎技の存在により毒・鋼は呼びにくい。
ワイドガード--ダブル用。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ちょうぜつらせんれんげきヘビーボンバー160(240)威力固定。
ラスターカノン160(240)C特化で無振りカプ・コケコを確1。
ファイナルダイブクラッシュそらをとぶ175(262)飛行技の最大火力。溜め無し。
エアスラッシュ140(210)C特化でH振りメガフシギバナを確1。
ライジングランドオーバーじしん180ダブルでの単体攻撃に。
ワールズエンドフォールストーンエッジ180必中。
ダイナミックフルフレイムだいもんじ185必中。
ブルームシャインエクストラエナジーボール175C特化でH振りウォッシュロトムを確1。
くさむすび160威力固定。
タネばくだん160A特化でH振りランターンを確1。
ヘビーボンバーについて
技使用者と対象者の体重比で威力が変動する。
自身の体重の1/5以下の相手には威力120。1/4以下なら100、1/3以下なら80。
テッカグヤの体重が999.9なので、相手ポケモンの体重が200.0kg未満ならば最大威力の120を発揮できる。
素の攻撃力はやや高め程度なので威力は今一歩だが、それでも威力120の場合、A特化ならガブリアスの特化じしんをわずかに超える威力をデメリットなしで使用できる。
これ以上の体重を持つポケモンは限られており、非常に多くの相手に最大威力で攻撃できるテッカグヤの強み。
また、ちいさくなる持ちに必中かつ威力2倍となるため、運要素を排除したピクシーへの遂行技となる点も見逃せない。
性格下降補正なし無振り最大威力ヘビーボンバー>特化ラスターカノンであり、
仮想敵のフェアリーが全体的に特防より防御が低い傾向にあるため特殊寄りの型でも採用される。
ヘビーボンバーがアイアンヘッドの威力を下回るポケモン(333.4kg以上、最終進化のみ、禁止伝説を除く)は以下のみ。
該当ポケモン
アローラナッシー カビゴン
(メガ)ハガネール
(メガ)ボスゴドラ ホエルオー メガオニゴーリ (メガ)メタグロス
ダイノーズ ヒードラン
クレベース
バンバドロ マッシブーン テッカグヤ アクジキング ツンデツンデ
これらの相手の多くには他タイプのサブウェポンや特殊技の方が有効なため、物理鋼技はヘビーボンバーで確定だろう。
(スマートホーンも覚えるが、ヘビーボンバーにはちいさくなる状態に必中・威力2倍の効果も付与されている。)
ボディパージについて
テッカグヤにとって数少ない素早さ上昇手段だが、体重が-100kgされ899.9kgになってしまう。
これにより上記のポケモンに加えて、新たに300.0~333.3kgのポケモンに対しアイアンヘッドの威力を下回るようになる。
該当ポケモン
ゴローニャAゴローニャメガギャラドス
メガバクーダ
ドダイトスカバルドン
ゴルーグ
他、一部のポケモンに対しての威力が低下する。
体重威力変動該当ポケモン
450.0~499.9kg60→40カビゴン
225.0~249.9kg100→80ギャラドスレジロックアマルルガ
180.0~199.9kg120→100エンテイスイクンドータクンメガユキノオージバコイルケケンカニジジーロン
これらのポケモンを仮想敵として考えないor他の技や威力が下がったヘビーボンバーでゴリ押せると考えるのならボディパージ採用もあり。
多くはそもそも突破できないか、威力低下前でも他の技のほうが火力が出るか、低下後のヘビーボンバーでも対処可能かなので採用のデメリットはあまり無い。
もちろん、互いの調整によっては確定数がずれるポケモンもいるので注意。

素早さ調整 節を編集

Sラインについて
対フェアリーには下降補正の無振りヘビーボンバーでも十分な火力が確保されているため、
両刀の場合もS、A、Cのどれに下降補正を掛けるかは要検討のこと。
S下降補正をかけた場合に抜かれて致命的なのはジバコイルくらいだが、60族近辺は激戦区であり40種近いポケモンに上を取られるようになるのはやはり見逃せない。

詳細

S主な相手いじっぱり / ひかえめ
わんぱく / ずぶとい
しんちょう / おだやか
ゆうかん / れいせい
のんき / なまいき
91S76振り
90無振り70族S68振り
89S60振り
88S52振り
87S44振り
86S36振り
85無振り65族S28振り
84S20振り
83S12振り
82S4振り
81無振りバンギラス無振りS68振り
80無振り60族S60振り
79S52振り
78S44振り
77S36振り
76S28振り
75無振り55族S20振り
74S12振り
73S4振り
72S12振り50族無振り
素早さへのブースト方法について
特性考察参照。
ニトロチャージについて
1積みで、準速なら実数値169(最速ガブリアス(102族)と同速)、
最速なら実数値186(最速エンニュート(117族)抜き)になる。

型考察 節を編集

S振りベースやどみが型 節を編集

まもる採用やどみが型 節を編集

性格:ようきorおくびょう
努力値:素早さ252 HP252
持ち物:たべのこし/イアのみ/ラムのみ
確定技:攻撃技/やどりぎのタネ/みがわり/まもる
攻撃技:ヘビーボンバー/エアスラッシュ/かえんほうしゃ

有利対面で起点を作った後、交代をせずに詰めていく嵌め型。
みがわり×まもるで常にみがわりを残しつつやどりぎのタネのターンを稼いで嵌め続ける。
H全振りでみがわりがちきゅうなげを耐える。

やどりぎのタネの回復量をまもるで稼げるため、たべのこし以外の持ち物の採用も視野に入る。
1/2回復実を採用するとZワザで崩されてもリカバリーすることが見込め、ラムのみなら麻痺で機能停止しない。

ビーストブーストは基本的に素早さ。おくびょうの場合特攻個体値に注意(24以上の場合特攻が上がってしまう)。

攻撃技は物理特殊の両方が検討でき、以下から選択。
物理技を選択していく場合は接触によるダメージやおにびの存在に留意。

ヘビーボンバー
フェアリーに役割を持てる。撃ち合い・全抜き性能が高い。
エアスラッシュ
草の処理が速い。怯みで再生回復持ちの突破が見込める。
かえんほうしゃ
鋼に役割を持てる。相手のテッカグヤの処理を早める。
ニトロチャージ
鋼に役割を持てる。Sを積める。

シャドーボール持ちポリゴン2からみがわりを残せるダウンロード対策も視野に入るが、
ビーストブーストでのS上昇を維持するにはB個体値を下げる必要が生じる。
なお、電気技持ちポリゴン2にはダウンロード対策をしても確実にみがわりを壊される。

最速ではなく防御か特防に特化した型は物理受けサイクル型・特殊受けサイクル型を参照のこと。

S上昇技採用やどみが型 節を編集

性格:おくびょう/ようき/いじっぱり
努力値:素早さ252 HPor攻撃or特攻252
持ち物:たべのこし
確定技:攻撃技/ボディパージorニトロチャージ/やどりぎのタネ/みがわり
攻撃技:ヘビーボンバー/エアスラッシュ/かえんほうしゃ

有利対面で起点を作った後素早さを上げ、相手交代先にも居座り続け先手で嵌めを続行する嵌め型。
ビーストブーストは素早さに限らず攻撃か特攻に掛けることも検討でき、全抜きに転じやすい。

攻撃技は物理特殊の両方が検討できる。詳細は上記の型と同様なのでそちらを参照。

積みアタッカー型 節を編集

積み物理アタッカー型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/各種Zクリスタル/とつげきチョッキ/ラムのみ
確定技:ボディパージorニトロチャージ/ヘビーボンバー/じしん
選択技:アクロバットorそらをとぶ/ストーンエッジorいわなだれ/タネばくだん/かえんほうしゃorだいもんじ

ボディパージかニトロチャージで積み、ビーストブーストで全抜きを目指すアタッカー。

メインのヘビーボンバーと補完のじしんは確定技。ボディパージによる100kg減のヘビーボンバーへの影響は非常に小さい。
技範囲は非常に広く多くのポケモンに等倍以上を出せるため、ニトロチャージでSを補強しつつ1匹でも突破してビーストブーストでAアップをすることができればそのまま全抜きも目指せる。
ミミッキュやタスキ持ちとの対面でニトロチャージでばけのかわorきあいのタスキを消してから本命の攻撃技で倒す流れも可能になる。
準速ニトロチャージ1回(orスカーフ)でちょうど最速102族と同速(S=169)になり、最速100族および霊獣ボルトロスまで上を取れるようになるので、準速以上が好ましい。

フルアタにする場合、とつげきチョッキで元々高い特防を活かすのもよい。フェアリーに繰り出しサイクル参加しやすくもなる。
あとはそらをとぶを使いやすい一致技にしたりストーンエッジの命中補佐でZクリスタルを持たせるのも視野。
相手を倒せば火力が上がるビーストブーストとZワザの相性はよい。

鋼への役割破壊としてガブリアスのようにかえんほうしゃなどの特殊技を入れてもよいが、
大抵は物理一本に絞るので物理アタッカーの宿命として火傷に注意する必要がある。

積み特殊アタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/各種Zクリスタル/ラムのみ
確定技:ラスターカノン/だいもんじorかえんほうしゃ/ボディパージorニトロチャージ
選択技:エアスラッシュ/ギガドレインorエナジーボールorくさむすび/めざめるパワー(氷/地)

ボディパージかニトロチャージを積み、ビーストブーストで全抜きを目指すアタッカー。
めざめるパワーを入れれば攻撃範囲の広さはかなりのものとなり、様々なポケモンを相手にしやすくなる。
特殊型以外のテッカグヤはヘビーボンバーを搭載していることが多いので、それを警戒したいかく持ちやおにび持ちにも対抗しやすい。
無振りガブリアスは持ち物無しだと特化めざ氷で確2、たつじんのおびで高乱1(87.5%)。特殊受けナットレイもたつじんのおび特化だいもんじで確1になる。

サイクル導入型 節を編集

物理撃ち逃げ型 節を編集

性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:こだわりハチマキ/各種Zクリスタル/いのちのたま/たつじんのおび
確定技:ヘビーボンバー/じしん
選択技:そらをとぶ/ストーンエッジ/タネばくだん/だいばくはつ/だいもんじorかえんほうしゃ

相手交代先に負担を入れるため火力特化した重火力型。
交代先の鋼に刺さる特殊炎技は採用の余地あり。

特殊撃ち逃げ型 節を編集

性格:ひかえめ/れいせい
努力値:HP252 特攻252
持ち物:こだわりメガネ/各種Zクリスタル/いのちのたま/たつじんのおび
確定技:ラスターカノンorヘビーボンバー/だいもんじorかえんほうしゃ
選択技:エアスラッシュ/ギガドレインorエナジーボールorくさむすび/めざめるパワー(氷)/じしん

相手交代先に負担を入れるため火力特化した重火力型。

ヘビーボンバーの採用について
鋼弱点のポケモンはD>Bが多く、特殊型でもヘビーボンバーの採用価値がある。
ちなみに無補正ヘビーボンバー(威力120)[21780] >上昇補正ラスターカノン [20880] >下降補正ヘビーボンバー(威力120) [19440]となる。
どっちみち等倍相手には火力不足。物理火力を求めるなら上記の「物理アタッカー型」を選択すること。
仮想敵C↑補正ラスターカノンA↓補正ヘビーボンバーA↑補正ヘビーボンバー備考
HB特化ピクシー57.4%~68.3%
確定2発
59.4%~71.2%
確定2発
53.4%~63.3%
確定2発
ちいさくなる特効
無振りメガサーナイト71.3%~85.3%
確定2発
135.6%~160.8%
確定1発
121.6%~144%
確定1発
H252バンギラス43.4%~52.1%
乱数2発(5.9%)
50.2%~60.8%
確定2発
46.3%~55%
乱数2発(47.7%)
ヘビーボンバー威力100
H4 AS振りメガバンギラス44.5%~52.5%
乱数2発(18%)
37.7%~45.7%
確定3発
34.2%~41.1%
確定3発
ヘビーボンバー威力80

物理受けサイクル型 節を編集

性格:わんぱく/ずぶとい/のんき
努力値:HP252 防御252
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/カゴのみ/イアのみ/オボンのみ
確定技:やどりぎのタネ
優先技:みがわり
物理技:ヘビーボンバー/じしん
特殊技:エアスラッシュ/めざめるパワー(氷)/だいもんじorかえんほうしゃ
変化技:みがわり/まもる/ねむる/てっぺき/どくどく

エアームドナットレイを掛け合わせたような物理受け型。
優秀な耐久と耐性で後出しし、やどりぎのタネでサイクルのアドバンテージをとっていく。
ナットレイのジャイロボールよろしく、こちらもA無振りヘビーボンバーでそれなりの火力が出る。
ガブリアスランドロスボーマンダへの役割を重視するならめざ氷の優先度は高め。

サイクルを回す相方としてはバンギムドーで相性のよさが証明されているバンギラスが優秀。
エアームドと違い、バンギラスをやどりぎのタネで延命できる点は魅力。

特殊受けサイクル型 節を編集

性格:おだやか/しんちょう/なまいき
努力値:HP252 特防252
持ち物:たべのこし/カゴのみ/イアのみ/オボンのみ
確定技:やどりぎのタネ/ヘビーボンバーorラスターカノン
優先技:みがわり
攻撃技:じしん/エアスラッシュ/めざめるパワー(氷)/だいもんじorかえんほうしゃ
変化技:まもる/ねむる/どくどく

主に特殊フェアリーへの後出しを役割とする。
アタッカーに突撃チョッキを持たせることも検討のこと。


対テッカグヤ 節を編集

注意すべき点
優秀な耐性とバランスのよい種族値、豊富な技により型が読みにくい。
ほぼ最高威力が狙えるヘビーボンバー、鋼には珍しいやどりぎのタネや炎技。
ビーストブーストで火力や素早さを上げられると全抜きの恐れもある。
対策方法
やどみが設置やブースト発動前に炎・電気タイプの高火力一致技で早期決着を狙いたい。
耐性は優秀だが受けポケモンとしては耐久種族値自体は並程度なので、後出しを読めれば等倍でも押し切れる。
パーティ構築段階でテッカグヤに完封されるポケモンを何体も入れないよう注意を払うとよいだろう。
鋼技とやどまもが主力のため、みがわりorちょうはつ持ちのギャラドスが対面では大きく有利。
草技の搭載率も低く起点回避技はだいばくはつのみのため、安定してりゅうのまいの起点にできる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1ワイドガード--いわ変化10
1エアスラッシュ7595ひこう特殊15
1ねをはる--くさ変化20
1すいとる20100くさ特殊25
1かたくなる--ノーマル変化30
1たいあたり40100ノーマル物理35
7うちおとす50100いわ物理15
13メガドレイン40100くさ特殊15
19やどりぎのタネ-90くさ変化10
23きんぞくおん-85はがね変化40
29アイアンヘッド80100はがね物理15
31ギガドレイン75100くさ特殊10
37ラスターカノン80100はがね特殊10
43ボディパージ--はがね変化15
47タネばくだん80100くさ物理15
53ロケットずつき130100ノーマル物理10
59てっぺき--はがね変化15
67ヘビーボンバー-100はがね物理10
73すてみタックル120100ノーマル物理15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技42からげんき70100ノーマル物理20
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技62アクロバット55100ひこう物理15
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技67スマートホーン70-はがね物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技76そらをとぶ9095ひこう物理15
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

教え技 節を編集

USM威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
アイアンヘッド80100はがね物理15Lv
しねんのずつき8090エスパー物理15
タネばくだん80100くさ物理15Lv
てっぺき--はがね変化15Lv
でんじふゆう--でんき変化10
ばかぢから120100かくとう物理5
じゅうりょく--エスパー変化5
とおせんぼう--ノーマル変化5
ギガドレイン75100くさ特殊10Lv
でんげきは60-でんき特殊20
じだんだ75100じめん物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明