フェローチェ - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

フェローチェ 節を編集

No.795 タイプ:むし/かくとう
特性:ビーストブースト(相手を倒す毎に自分の最も高い能力値が上昇する)
体重:25.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
虫/闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性特徴
フェローチェ711373713737151570ビーストブースト高速・両刀、れいとうビーム
マッシブーン107139139535379570ビーストブーストクレセリア以上の物理耐久
ヘラクロス8012575409585500むしのしらせ/こんじょう
/じしんかじょう
こんじょう発動時の攻撃は、
無補正全振りで種族値213相当
メガヘラクロス801851154010575600スキルリンク高火力・高耐久、スキルリンク

ばつぐん(4倍)ひこう
ばつぐん(2倍)ほのお/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/じめん/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

むし×かくとう」複合タイプの一角にして、極めて高いACSが特徴のウルトラビースト。
メインウェポンには高威力のとびひざげりを備えており、その火力指数は特化で40540とメインに据えるに充分。
またサブウェポンとして岩タイプの技を覚えない代わりにれいとうビームを習得することは特筆に値し、無補正無振りでも大抵のガブリアスボーマンダが先制確1である。
極端な紙耐久ゆえきあいのタスキとも好相性で、メインウェポン等倍以上ないしサブウェポンで抜群が望める相手に対して圧倒的な対面性能を発揮する。
性質上ビーストブーストとの噛み合わせも抜群で、ACにかければ半減程度では止まらないほどの火力を、Sにかければこだわりスカーフ持ちにもまず抜かれない圧倒的な素早さを手に入れられる。
フェローチェ相手に削れたポケモンをクッションとして投げるのは自殺行為で、1体持って行かれるとそのまま手がつけられなくなる場合もある。

しかし一致技ふたつの範囲はかなり狭く、どくひこうゴーストフェアリーと4つものタイプに半減以下にされてしまう。
対ひこうにはれいとうビーム、対フェアリーにはどくづきこそあれど複合タイプで等倍に抑えられる場合も多く、サブウェポンにも有効打のないどく・ゴーストとの対面は非常に苦手。
使用率上位に絞ってみても、ギルガルドリザードン(通常・メガY)・ギャラドスゲンガーミミッキュなどきあいのタスキ込みでもまず勝てない相手が複数存在する。
これらへの交代が読みやすいためとんぼがえりとは相性がいいが、皆無な耐久力が祟りサイクル戦適性はない。
相手の先制技にも縛られやすく、極めてピーキーなポケモンなので、これらの穴をケアする何らかの手段を講じたい。
苦手なポケモンをケアする控えの充実はもちろん、ビーストブースト発動のためのステルスロック、先制技ケアのためのサイコフィールド(カプ・テテフ)導入などが考えられるところ。

対策は難しくないポケモンだが、刺さるパーティには滅法刺さり、ビーストブーストの性質上全抜きされることも珍しくない。
そのような事態を避けるために、構築の段階でフェローチェの一貫性を切ることを意識し、安易に隙を見せるプレイングも避けたいところ。
反対に自身が使う場合は、いかにフェローチェを止める駒を排除し一貫性を作るかがプレイングの要所となる。



技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
とびひざげり130(195)90外すと反動タイプ一致技。最高火力だが命中率とゴーストが怖い。
有利対面でも相手パーティにゴーストがいる限り迂闊には使用できない。
とびげり100(150)95外すと反動タイプ一致技。わずかでも命中率を重視するなら。
かわらわり75(112)100壁破壊タイプ一致技。威力は不足気味だが壁構築に強くなる。
けたぐり20~120
(30~180)
100タイプ一致技。威力不安定。最大でもとびひざ以下。
とびかかる80(120)100攻撃↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。後続にも活きる。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。交代読みや不利対面からの撤退に。
どくづき80100毒30%対フェアリー。毒でタスキ潰しも。
なげつける90(108)100道具消費対ゴースト。こわもてプレート使用で威力108(90x1.2)の悪技に。尚、アクZでは威力100なのでアクZにする価値はまもる貫通程度しかない。
環境トップのゴーストに対してはギルガルドミミッキュには耐えられるためほぼメガゲンガーピンポイント。しかし実質持ち物なしになるデメリットが痛い。
フェイント30100優先度+2唯一の先制技。他の先制技より速い。
威力は低いが、とびひざげり対策のまもるも無効。
特殊技タイプ威力命中効果解説
むしのさざめき90(135)100特防↓10%タイプ一致技。虫技最高火力。みがわり貫通。
きあいだま120(180)70特防↓10%タイプ一致技。唯一の特殊格闘技。命中不安。
れいとうビーム90100凍り10%対飛行。4倍ドラゴンも上から叩ける。
特殊型はもちろん物理型でも必須級のサブウェポン。
めざめるパワー60100対毒。ギルガルドAガラガラ等にも。
範囲は広いが、2倍程度では火力不足。
めざめるパワー60100対ゴースト。こちらも火力不足。基本的にゴーストの相手は厳しい。
めざめるパワー60100ギャラドスピンポイント。タイプ相性上メガシンカしないと思われるので、4倍弱点を突ける。
変化技タイプ命中解説
ちょうはつ100補助技対策。素早いので使いやすい。
さきどり-リスキーだがゴーストへの対抗策として(下記参照)。
ちょうのまい-特殊型補強。特防に振ればある程度の技は耐えられるが、物理には弱い。
スピードスワップ-対象と「素早さの実数値」を交換する(ランク補正の交換ではない)。ダブル用。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ぜんりょくむそうげきれつけんとびひざげり195(292)必中。まもる貫通(ダメージは1/4)。
ゴーストには無効化されるが反動無し。
きあいだま190(280)必中。
ぜったいほしょくかいてんざんむしのさざめき175(262)ぼうおんにも有効。みがわり貫通不可。
クレセリアはH振りなら確1だがHD特化は確2。
とびかかる160(240)A特化でB特化ヤドランを確1。
とんぼがえり140(210)通常攻撃。交代不可。
レイジングジオフリーズれいとうビーム175無補正無振りで無振りカイリューをマルチスケイル込みで確1。
アシッドポイズンデリートどくづき160無補正無振りで無振りカプ・テテフを確1。H振りAキュウコンを確1。

「さきどり」について 節を編集

優先度±0。相手より先に動けた場合、相手がそのターン使う予定の攻撃技を威力を1.5倍にして使用できる。
(後攻になったら失敗するが、非常に素早いフェローチェとは相性がよい。)

性質上同タイプが弱点となるドラゴンとゴーストに抜群で撃てることが期待でき、
ドラゴンはれいとうビームがあるもののゴーストには有効打がないため対ゴーストとしては重宝する。

裏次第ではあるがゴーストタイプは攻撃技の通りが非常によいため、フェローチェが退くのを読んでゴースト技を撃ってくる機会が多く、
決まる可能性は低くない(例えばゲンガーはフェローチェとの対面でヘドロばくだんよりも通りのよいシャドーボールを使いやすい)。
また、Zワザ化した場合Sを2段階上昇させた後、相手の技をZワザ化してさきどりする。

+  レートで遭遇する機会が多いゴーストと対応

型考察 節を編集

両刀アタッカー型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:やんちゃ/うっかりや/むじゃき/せっかち
努力値:S252 AC調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/Zクリスタル
確定技:格闘技(とびひざげりorけたぐりorきあいだま)/虫技(とんぼがえりorとびかかるorむしのさざめき)/れいとうビーム
選択技:どくづき/めざめるパワー(地/霊)/フェイント/ちょうはつ/どくどく/さきどり

格闘技/虫技/れいとうビーム/+1が基本となる。
きあいだまが命中不安でとんぼがえりが優秀なため物理寄りの方が使いやすい。
れいとうビームやめざパの仮想敵に合わせてCを調整し残りはAに振るのがベター。
素早さは準速で最速130族+3となる203。それ以上を抜きたい場合は素早さに性格補正を掛ける必要があるが、
ビーストブーストで攻撃が上がらなくなることに注意。

性格で下げる能力は先制技対策やとびかかる採用時のワンチャンスにかけるならD↓、ダウンロードを意識するならB↓となる。

+  アローラビギニング

こだわりスカーフ型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:うっかりや/やんちゃ
努力値:C252 AS調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:むしのさざめきorとびかかる/れいとうビーム/とびひざげりorきあいだま
選択技:どくづき/とんぼがえり

こだわりスカーフを持つことで相手のスカーフによるフェローチェ対策及び全抜きを阻止できる。
また、全抜き役は特性とも非常に噛み合う上、みがわり貫通のむしのさざめきが優秀。

無補正無振りの素早さ(S171)でも最速ガブリアス(S169)に先手を取れるため、努力値AC全振りも検討できる。
素早さに努力値を振るならりゅうのまいメガボーマンダ(S172or189)や、スカーフカプ・コケコ(S182or200)抜きを意識したい。
ちなみに、準速(S203)の場合天候下の最速キングドラや準速ドリュウズ(最速は無理)、ランク+2のメガギャラドスバシャーモカイリューまで上から叩ける。
ただしキングドラはA特化とびひざげりでも低乱1、ドリュウズはタスキ持ちが多く、ギャラドスはメガシンカ前は相性面で不利。
事前に味方のステルスロック等のサポートがあるとよい。

蝶の舞型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:ひかえめ
努力値:CS252(タスキ)orCD252(Zクリスタル)
持ち物:きあいのタスキ/Zクリスタル
確定技:むしのさざめき/きあいだま/ちょうのまい
選択技:れいとうビーム/さきどり

特殊一本に絞り、ちょうのまいを積んで全抜きを目指す型。おにびやいかくに強い。
ブースト前から火力を補強できるので止まりにくく、ブーストすればさらに上がる。
持ち物はきあいのタスキでもよいが、Dに振ればちょうのまい後にデンジュモクのマジカルシャインくらいなら受けきれるので、
その他の持ち物を持たせることも可能。その場合デメリットがなく、きあいだまの必中化やれいとうビームの火力補強ができるZクリスタルが望ましい。
その代わり、物理相手には積めなくなる。

種族値の都合上、先制技に弱いのでカプ・テテフからつなぐとよい。

サブウェポン考察

れいとうビーム
ガブリアスに対し命中安定で遂行できる(一応ちょうのまい後のきあいだまで確1は取れる)。
飛行に対する有効打でもある。
さきどり
ゴーストに先手でゴースト技を叩き込む。舞った後にシャドーボールを返せれば
ギルガルドでさえ超高乱1。シャドークローだとZワザ化しても確2。

対フェローチェ 節を編集

  • 注意すべき点
    非常に高いACSにより、純粋な高速アタッカーとして機能する。
    高威力の格闘技、高性能の虫技に加え、れいとうビームやどくづきも習得。
    ビーストブーストやちょうのまいで更に能力を上げられると止まらない。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1ちょうのまい--むし変化20
1ファストガード--かくとう変化15
1けたぐり-100かくとう物理20
1こうそくスピン20100ノーマル物理40
1にらみつける-100ノーマル変化30
1にどげり30100かくとう物理30
7スピードスター60-ノーマル特殊20
13ふみつけ65100ノーマル物理20
19フェイント30100ノーマル物理10
23ぎんいろのかぜ60100むし特殊5
29とびはねる8585ひこう物理5
31とびげり10095かくとう物理10
37こうそくいどう--エスパー変化30
43トリプルキック1090かくとう物理10
47とびかかる80100むし物理15
53むしのさざめき90100むし特殊10
59さきどり--ノーマル変化20
67とびひざげり13090かくとう物理10
73スピードスワップ--エスパー変化10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技12ちょうはつ-100あく変化20
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技47ローキック65100かくとう物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技54みねうち40100ノーマル物理40
技56なげつける-100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明