マッシブーン - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

マッシブーン 節を編集

No.794 タイプ:むし/かくとう
特性:ビーストブースト(相手を倒す毎に自分の最も高い能力値が上昇する)
体重:333.6kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
同タイプHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性特徴
マッシブーン107139139535379570ビーストブーストクレセリア以上の物理耐久
フェローチェ711373713737151570ビーストブースト高速・両刀、れいとうビーム
ヘラクロス8012575409585500むしのしらせ/こんじょう
/じしんかじょう
こんじょう発動時の攻撃は、
無補正全振りで種族値213相当
メガヘラクロス801851154010575600スキルリンク高火力・高耐久、スキルリンク

ばつぐん(4倍)ひこう
ばつぐん(2倍)ほのお/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/じめん/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

ウルトラビーストの一体で、攻撃・防御に優れる。
物理寄りの5タイプに耐性を持ち、それらとの撃ち合いには滅法強い性質を持つ。
使用率上位に絞って見ると、ガブリアスギャラドスマンムー等の面々には強く出られる。
反面、弱点はやや特殊寄りであり、ひこう4倍という致命的な弱点を持つ点に注意。
物理受けという観点でも、猛威を奮うバシャーモボーマンダを受けられないのがやや痛い。

同族と比べると、技のラインナップが独特である。
メインウェポンとしては、メガホーン・インファイト・とびひざげり・ドレインパンチ・マッハパンチ等を覚えず、
きゅうけつ・とびかかる・ばかぢから・アームハンマー等からの選択となる。
一方、再生回復のはねやすめを覚えるのは特筆に値し、生半可な物理アタッカーには突破されない。
またサブウェポンも充実しており、自力でれいとうパンチ・かみなりパンチを習得できる点は嬉しい。

ビーストブーストは種族値の通り攻撃か防御にかけることになる。AB個体値0で最速でもABS3値が144になるため素早さにブーストをかけることはできない。
これは同値のステータスがある場合、ABCDSの順にビーストブーストが掛かるため。



技候補 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
きあいパンチ150(225)100優先度-3タイプ一致技。最高火力だが単体では使いづらい。
みがわりとあわせて。カクトウZで威力200(300)に。
ばかぢから120(180)100攻撃・防御↓タイプ一致技。命中安定・高火力だが能力低下が痛い。
アームハンマー100(150)90素早さ↓タイプ一致技。こちらは命中率と素早さ低下が不安。
きゅうけつ80(120)100HP吸収タイプ一致技。高耐久と相性のよい回復効果付き。
とびかかる80(120)100攻撃↓100%タイプ一致技。物理アタッカーとの撃ち合いに強くなる。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎・虫・飛行。格闘定番のサブ。命中不安。
いわなだれ7590怯み30%エッジと選択。怯みは狙いにくい。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。自身や後続のサポートに。
ローキック65(97)100素早↓100%がんせきふうじと選択。威力・命中は高いがゴーストに無効。
グロウパンチ40(60)100攻撃↑100%攻撃を補強。チョッキでも使える積み技。
れいとうパンチ75100凍り10%対飛行。こちらも格闘定番のサブ。4倍ドラゴンにも。
かみなりパンチ75100麻痺10%対飛行。ギャラドステッカグヤへの安定したダメージ源。
じしん100100-対毒。ギルガルドカプ・コケコにも。
どくづき80100毒30%対フェアリー。交代読みで。
カウンター-100優先度-5高い物理耐久を活かして倍返し。
変化技タイプ命中解説
はねやすめ-使いやすい回復技。撃ち合いに強くなる。
ねむる-カゴのみとあわせて。状態異常に強くなる。
どくどく90耐久型対策。交代読みで。
ちょうはつ100補助技対策。カウンターと相性がよい。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。きゅうけつと相性がよい。
みがわり-状態異常技の回避や交代読みで。きあいパンチと相性がよい。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ぜんりょくむそうげきれつけんばかぢから190(285)能力低下無し。
きあいパンチ200(300)最大火力。優先度と被弾時失敗のデメリット無し。
Zワザ前提というわけではなく、みがきあにも使える。
ぜったいほしょくかいてんざんとびかかる or
きゅうけつ
160(240)A特化でB特化クレセリアを低乱1。
ライジングランドオーバーじしん180ギルガルドへの牽制になる他、とびかかる+Zじしんでミミッキュに積みを許さない。
ワールズエンドフォールストーンエッジ180必中。対ミミッキュについては上記同様で格闘技との補完に優れる。
スパーキングギガボルトかみなりパンチ140A特化でH振りマリルリを確1。
レイジングジオフリーズれいとうパンチ140A特化で無振りカイリューをマルチスケイル込みで確1。

とびかかる+Zじしん(Zストーンエッジ) 節を編集

お互いがHP満タンで対面したときを想定して、

  • 1. ミミッキュつるぎのまい(A+2)→マッシブーンとびかかる(ミミッキュA+1)皮はがれる
  • 2-A. ミミッキュじゃれつく、マッシブーンの高いHBなら耐えることがある(無補正いのちのたまじゃれつく程度ならH252だけで確定耐え)→返しのZじしんで無振りミミッキュ確定
  • 2-B. ミミッキュ悠長に再度つるぎのまい→マッシブーンのZじしんで無償突破
  • 2-C. ミミッキュZじゃれつく→マッシブーン耐えられない……が、A+1で抑えられた上、相手のZワザを消費させたことになる

となるため、ミミッキュはA+1で妥協するか積まずに攻撃することを強いられる。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:いじっぱりorようき
努力値:HA252を基本にBS調整
持ち物:ゴツゴツメット/こだわりハチマキ/いのちのたま/こだわりスカーフ/ジメンZ
確定技:ばかぢからorアームハンマー/きゅうけつorとびかかる
選択技:じしん/れいとうパンチ/どくづき/ビルドアップ

一般的な物理アタッカー型。素のままでも物理耐久が高いのでアタッカー型でもゴツゴツメットとは高相性。
ビーストブーストで打ち消されるためばかぢからのA下降はあまり気にならない。
ただし耐久は下がるためスカーフ以外でかつ居座る場合はアームハンマーの方がよい。

Sに振らない場合はH36B220振りで物理最硬となる。
スカーフならいじっぱりS252振りかようきS156振りでマニューラやゲッコウガを抜けるが基本的に役割対象は変わらない。全抜きを目指すなら。
とどめばりは成功すれば特性と合わせてAを4段階上昇できるが、限定的かつ威力が低く技スペースもないので微妙。

ゴツメ物理受け型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:わんぱく
努力値:HB252
持ち物:ゴツゴツメット
確定技:はねやすめ/れいとうパンチ
選択技:アームハンマー/いわなだれorストーンエッジ/きゅうけつ/どくづき/どくどく/ビルドアップ/ちょうはつ

高いHとB、地面半減岩等倍という耐性に着目した型。
依然使用率が高くなることが予想されるガブリアスランドロスに刺さるれいとうパンチは確定。
カプ・ブルルに4倍弱点のどくづきもありか。
↑れいとうパンチやどくづきの有用性とこの型でやるのは違うと思うが。
↑仮想敵を受けて突破するためには必要なのでは?

B実数値206(補正有り228振り)で無補正ガブリアス@ハチマキのげきりんの最大ダメージが106。
Hに努力値244振れば実数値213でギリギリ2発耐える。
これだけ体力があれば無補正じしん+無補正無振りだいもんじも耐えるがどのみちさめはだで相打ちになる。
Zげきりん+下降補正だいもんじはオボンのみをもたせても発動するかが乱数のため安定しない(発動すればD36振りでギリギリ耐える)。

ちなみにマッシブーン自身も「ゴツメ物理受けの自分」が大の苦手。
ミラーマッチを想定するならわずかにSに振っておくとよい。
自身のみならず有効打を持たない物理型に対しては、ちょうはつとはねやすめを合わせて運用すれば完封できる状態になる。

みがきあZテンプレ型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:いじっぱりorわんぱく
努力値:H148(実数値201=4n+1) BD調整 残りAS
持ち物:カクトウZ
確定技:きあいパンチ/みがわり
選択技:じしん/れいとうパンチ/どくづき/とびかかる

マッシブーンとみがきあの相性のよさに着目した型。
流し性能の高いマッシブーンはみがわりを残しやすく、また高耐久からみがわりを壊されにくい。
具体的には、H148B4と振るだけでA特化ガブリアスのじしんをみがわりが耐え、ストーンエッジでも低乱数。
マッシブーンに有効打のない物理には一方的に優位に立てる。
カクトウZによりきあいパンチを高威力のZワザに変換でき、みがきあに動きを縛られにくいのも強み。
↑Hにここまで振るなら実数値205にして地球投げを身代わりが耐えるようにしてはどうだろうか?

努力値は、みがわりがどの技まで耐えるか考えながら要調整。
努力値効率を考慮していじっぱりorわんぱくを推奨するが、ABは充分なのでD方面の調整を考えてもよい。
D方面に大きく努力値を割くことで、生半可な特殊も起点にしてしまえる。

チョッキ型 節を編集

特性:ビーストブースト
性格:いじっぱりorしんちょう
努力値:HAまたはADをベースにS調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:ばかぢからorアームハンマー
選択技:きゅうけつorとびかかる/じしん/れいとうパンチ/かみなりパンチ/どくづき/ストーンエッジorがんせきふうじ/カウンター

チョッキ持ちが増えているようなのでたたき台として。
耐久はDに振る方が効果的だがHに多く振ることで元来の物理耐久も両立できる。
他の型より居座ることが多いためデメリットのある格闘技の選択は慎重にしたい。

特殊を強引に耐えて反撃する型なので虫技は通りの悪さから選択に。対エスパーを想定するなら。


対マッシブーン 節を編集

  • 注意すべき点
    H107、AB139と攻守共に高水準な物理の鬼。物理同士の撃ち合いには滅法強い。
    物理技であれば、2倍弱点程度なら等倍のごとく平然と耐えて殴り返してくる。
    有利なポケモンを後出ししても、豊富なサブで弱点を突かれたり、交代際にみがわりを張られたりする。
    他のUBも同様だが、下手に捨て役や壁役を出して倒されるとビーストブーストで取り返しの付かない事態になり得る。
    はねやすめを覚えるのでHPを半分減らしたくらいで安心してはいけない。
  • 対策方法
    ひこう4倍。特防は低め。素早さを上げる積み技は無く、ブーストもかけられない。
    そのため、カプ・テテフメガボーマンダ等の高火力アタッカーで上から叩くのが手っ取り早い。
    メガヘラクロス同様にデスカーンサマヨール等の弱点を突かれづらい高耐久ゴーストタイプも安定する。
    火傷耐性が無いのでヘラクロス以上におにびを撃つのが安定行動になる。みがきあ型を考えるとなるべく上から撃ちたい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1とどめばり50100むし物理25SMで威力上昇
1かみなりパンチ75100でんき物理15
1れいとうパンチ75100こおり物理15
1きしかいせい-100かくとう物理15
1かたくなる--ノーマル変化30
1グロウパンチ40100かくとう物理20
1きあいだめ--ノーマル変化30
7れんぞくパンチ1885ノーマル物理15
13ビルドアップ--かくとう変化20
19あてみなげ70-かくとう物理10
23こらえる--ノーマル変化10
29きゅうけつ80100むし物理10SMで威力上昇
31ちょうはつ-100あく変化20
37メガトンパンチ8085ノーマル物理20
43カウンター-100かくとう物理20
47アームハンマー10090かくとう物理10
53とびかかる80100むし物理15
59ばくれつパンチ10050かくとう物理5
67ばかぢから120100かくとう物理5
73きあいパンチ150100かくとう物理20

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技12ちょうはつ-100あく変化20
技17まもる--ノーマル変化10
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技28きゅうけつ80100むし物理10
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技47ローキック65100かくとう物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技54みねうち40100ノーマル物理40
技56なげつける-100あく物理10
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明