ペルシアン(アローラのすがた) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

このページはリージョンフォームのものです。
通常フォームはこちら→ペルシアン

ペルシアン(アローラのすがた) 節を編集

No.053 タイプ:あく
通常特性:ファーコート(物理攻撃のダメージを半減する)※ニャースのときものひろい
     テクニシャン(威力60以下の技の威力を1.5倍にする)
隠れ特性:びびり(むし、ゴースト、あくタイプの技を受けると素早さが1段階上昇する)
体重  :33.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
ペルシアンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値差別化特性
ペルシアン(アローラ)6560607565115440テクニシャン/ファーコート/びびり
140520ファーコート無振り
172552ファーコート全振り
ペルシアン6570606565115440じゅうなん/テクニシャン/きんちょうかん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2)ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

ペルシアンの「リージョンフォーム」。単あくタイプへと変化し、種族値がAからCへ10移動した。
物理技の火力が下がったものの、イカサマをメインウェポンにする場合は問題ない変化。
比較的高速のペルシアンにとっては、タイプ変更によって得たいたずらごころ耐性も嬉しいところ。

トリミアンに次ぐ第2のファーコート持ち。
適用時の物理耐久はギルガルドに匹敵し、H振りだけでも多くの攻撃を耐えられるようになる。
さらにS115から一致イカサマを扱えるため、物理アタッカーとの対面にはかなり強い。
また、数少ないすてゼリフ使いであり、覚えるポケモンの中で最速であることは特筆に値する。
先手で使って交代することで、不利対面から引きつつ簡易的な起点作りが行えるのは非常に優秀。
物理アタッカーにはイカサマ、耐久型にはちょうはつ、苦手な相手にはすてゼリフから起点作りと、
個々の対面における対応力が高く、低い種族値を補って余りある器用な動きが見込めるポケモンである。

速さとサポート性能を備える稀有なポケモンであり、ダブルバトルにおいてはより動かしやすくなる。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ファーコート
種族値換算で140~172相当の物理耐久を得られ、役割遂行しやすくなる。
高速一致イカサマとの相性も非常によい。
テクニシャン
あくタイプ初のテクニシャン。
攻撃面の種族値は低いものの、わるだくみを覚えられ、適用技も豊富。
特攻↓100%のバークアウトをメインウェポンにできるため裏択としてアリか。
めざパを威力90で使えるのも嬉しい。
びびり
むしタイプは弱点なので耐えられない。
ゴーストあく技は半減でも種族値の低さゆえ少なくないダメージ。
同じ受けにいく運用はファーコートの方が勝る。
また、元から高速なので恩恵も薄い。バトンタッチを覚えないため、味方にS↑を渡すこともできない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
通常テクニ
イカサマ95(142)100-タイプ一致技。ファーコートでの物理アタッカーへの遂行技。
ねこだまし4060100優先度+3
怯み100%
テクニシャン対象技。タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
フェイント3045100優先度+2テクニシャン対象技。タスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。
特殊技タイプ威力命中効果解説
通常テクニ
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。性能安定。怯みも狙える。
バークアウト55(82)12395特攻↓100%タイプ一致技。テクニシャン対象技。追加効果も優秀。
みがわり貫通。ダブルでは相手全体攻撃。
めざめるパワー-6090100-テクニシャン対象技。任意のタイプを威力90で撃てる。
スピードスター6090必中-テクニシャン対象技。必中効果付き。
10まんボルト90100麻痺10%水・飛行に抜群で広範囲。命中安定。
かみなり11070麻痺30%10まんボルトと選択。威力重視なら。
パワージェム80100-炎・氷・飛・虫と刺さる相手は多い。命中安定。
変化技タイプ命中解説
すてゼリフ100撤退技。味方の起点を作れる。Zワザ化で後続のHP全回復。
どくどく90ダメージ源。耐久型に。
ねこのて-パーティ編成次第では有用。見せ合いで読まれやすい。
いばる85イカサマやみがわりとあわせて。
いやなおと85相手の防御を半減。みがわり貫通。
みがわり-補助技対策や、いばるとのコンボに。
ちょうはつ100補助技対策。起点化回避に。
わるだくみ-特攻を強化。特殊型で。
すりかえ100ハチマキやスカーフとあわせて。
さいみんじゅつ60妨害技。起点作りに。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:おくびょう/ようき
特性:ファーコート
努力値:S252 H252orB252
持ち物:オボンのみ/ゴツゴツメット/アクZ/くろいメガネ
確定技:イカサマ/すてゼリフ
優先技:ちょうはつ/どくどく
選択技:じゃれつく/ねこだまし/フェイント/いばる/あまえる/バークアウト

ファーコート+高速一致イカサマのシナジーを活かす基本型。
最速すてゼリフ使いとしての強烈な個性を活かすためにすてゼリフがほぼ確定。
特性ファーコートとイカサマから多くの物理アタッカーに対面有利であり、耐久型にはちょうはつやどくどくを入れられ、
特殊アタッカーを始めとした苦手な相手には先手すてゼリフをして簡易的な起点作り兼有利対面作りが行える。
いばるを覚えるのでいばイカもできる。混乱の自傷率が低下したが、ファーコートがあるので比較的低リスクで使える。

悪タイプのタイプ特性に「いたずらごころによる変化技無効」が追加されたため、
ヤミラミエルフーンからの不意のでんじはやちょうはつ、おにびで機能停止する恐れがない点も優秀。
後述の相性補完の通りメガゲンガーの起点作りに適任。リザードンギャラドスもペルシアンが呼ぶ虫・格闘などに強く起点化しやすい。

基本構成はイカサマ/すてゼリフ/ちょうはつ/どくどく
じゃれつくなどの攻撃技も選択技にしてはいるが、種族値の低さから相性補完がよい点を加味しても火力不足。
選択技のねこだましやフェイントは使い方次第だが、元から素早いので先制技の需要はそこまで高くない。
ちなみにこの構成だとアクZを持たせたときZイカサマ(威力175)・Zすてゼリフ(交代先のHP全快)・Zちょうはつ(A1アップだがそれよりもむしろちょうはつを受けた状態でちょうはつを使いたいときに)から状況に応じて好きなZワザを使用できる。

素早さは準速と最速の間にかなりのポケモンがいるので基本的に最速推奨。
激戦区に近いので細かいすばやさ調整をせずに最速でも問題はない。
残りはHPに振るのが基本だが、特殊耐久はそれでも低いので防御に振り切るのもあり。
(物理耐久:HP252振りの場合27520、B252振りの場合31360)
(特殊耐久:HP252振りの場合14620、H無振りの場合11900)

性格はおくびょうでもようきでも大差なく、特にイカサマだけのワンウェポンならHBDSのみ厳選すればよい。
ねこだまし・とんぼがえりなどを採用する場合ようきも選択肢になるが、元の攻撃力が低いので大したダメージは期待できない。

猫の手胞子型 節を編集

性格:おくびょう
特性:ファーコート
努力値:H16n+1~3調整 S252 余りBorC
持ち物:たべのこし
確定技:ねこのて/みがわり
選択肢1:いばる/イカサマ
選択技2:わるだくみ/あくのはどう

レパルダスでおなじみのねこのてほうし型。
いたずらごころの補助技が相手の悪タイプに無効になったため、対悪タイプでレパルダスとの差別化もできている。
また特性ファーコートにより無振でも実質防御種族値が140程となり、物理に対してかなりの硬さを持つのも大きい。
草タイプやぼうじん持ち、S115族以上の相手には注意。

【ダブル】サポート型 節を編集

性格:おくびょう/ようき
特性:ファーコート
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:オボンのみ/ウイのみ/とつげきチョッキ
確定技:ねこだまし
優先技:イカサマ/バークアウト/フェイント/すてゼリフ
選択技:ちょうはつ/よこどり/さいみんじゅつ/まもる

各種サポートにより隣にいる味方を支える。
高速ねこだまし、高物理耐久、そしてすてゼリフによる対面操作が個性。


相性考察 節を編集

ほろびのうたメガゲンガーとの相性のよさは特筆に値する。
すてゼリフによりメガゲンガーに交代すれば、相手のACを下げての対面固定となりほろびのうたの起点を作れる。
Zワザ化で交代先のHP全回復の効果が付くため、みがわり等で消耗したメガゲンガーを再び使い回すことも。
ペルシアンがどくどくを撒いていればメガゲンガーのたたりめで全抜きを狙うこともできる。
また、こちらの弱点をメガゲンガーが半減以下に、メガゲンガーのじめん以外の弱点をこちらが半減以下にでき、
相性補完も非常に優れた組み合わせとなっている。


対ペルシアン(アローラのすがた) 節を編集

  • 注意すべき点
    特性ファーコートと一致イカサマにより、対物理アタッカー性能に優れる。
    特殊アタッカーにはすてゼリフ、耐久型にはちょうはつを撃て隙が無い。
    高い素早さといたずらごころ無効耐性を併せ持ち、上を取るのが難しい。
  • 対策方法
    耐久種族値自体は低水準。かたやぶり持ちや特殊技ならファーコート無効。
    S115超えやスカーフ持ちで弱点を突けるポケモンなら容易に落とせる。
    後続にあまのじゃくやまけんき持ちがいればすてゼリフを牽制しやすい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
ニャースペルシアン
-1スピードスター60-ノーマル特殊20
-1さきおくり-100あく変化15
-1じゃれつく9090フェアリー物理10
-1すりかえ-100あく変化10
11ひっかく40100ノーマル物理35
11なきごえ-100ノーマル変化40
-1かみつく60100あく物理25
-1ねこだまし40100ノーマル物理10
66かみつく60100あく物理25
99ねこだまし40100ノーマル物理10
1414みだれひっかき1880ノーマル物理15
1717いやなおと-85ノーマル変化40
2222だましうち60-あく物理20
2525ちょうはつ-100あく変化20
30-ネコにこばん40100ノーマル物理20
-32パワージェム80100いわ特殊20
3337きりさく70100ノーマル物理20
3844わるだくみ--あく変化20
4149ダメおし60100あく物理10
4656ゆうわく-100ノーマル変化20
4961つじぎり70100あく物理15
5065フェイント30100ノーマル物理10
5569あくのはどう80100あく特殊15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技60さきおくり-100あく変化15
技63さしおさえ-100あく変化15
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技95バークアウト5595あく特殊15
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
うらみ-100ゴースト変化10
あまえる-100フェアリー変化20
さいみんじゅつ-60エスパー変化20
ドわすれ--エスパー変化20
ねこのて--ノーマル変化20
じたばた-100ノーマル物理15
おしおき-100あく物理5
よこどり--あく変化10
イカサマ95100あく物理15
すてゼリフ-100あく変化20
おだてる-100あく変化15
ほしがる60100ノーマル物理25

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化ニャース(なつき)→ペルシアン

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

すてゼリフをドーブルに覚えさせる場合、野生のドーブルを利用する場合は若干手間がかかるので注意。
すてゼリフを覚えたポケモン以外の手持ちを全て戦闘不能にして、すてゼリフを野生ドーブルに使い、スケッチさせ、ドーブルをげんきのかけらで復活させてからスケッチという手順になる。
野生メタモン利用ならそのまま変身させればOK。