ルガルガン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ルガルガン 節を編集

No.745 タイプ:いわ
・まひるのすがた
通常特性:するどいめ(命中率を下げられない・相手の回避率上昇を無視して攻撃できる)
     すなかき(砂嵐の時に素早さが2倍になる・砂嵐ダメージを無効にする)※イワンコ時「やるき」
隠れ特性:ふくつのこころ(ひるみ状態になると素早さが1段階上がる)
体重  :25.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)

・まよなかのすがた
通常特性:するどいめ(命中率を下げられない・相手の回避率上昇を無視して攻撃できる)
     やるき(ねむり状態にならない)
隠れ特性:ノーガード(お互いの技が必中になる。あなをほる、そらをとぶなどをしている間でも命中する)※イワンコ時「ふくつのこころ」
体重  :25.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)

・たそがれのすがた
通常特性:かたいツメ(直接攻撃の威力が1.3倍になる)※イワンコ時「マイペース」
体重  :25.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
ルガルガンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
まひるのすがた75115655565112487するどいめ/すなかき/ふくつのこころ
まよなかのすがた8511575557582するどいめ/やるき/ノーガード
たそがれのすがた75117655565110かたいツメ
高速岩タイプHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ルガルガン(昼)75115655565112487するどいめ/すなかき/ふくつのこころ
ルガルガン(黄昏)75117655565110487かたいツメ
プテラ岩・飛80105656075130515プレッシャー/いしあたま/きんちょうかん
メガプテラ岩・飛80135857095150615かたいツメ
メガストーン固定
アーケオス岩・飛751406511265110567よわき
テラキオン岩・闘91129907290108580せいぎのこころ
メテノ(コア)岩・飛601006010060120500リミットシールド

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/くさ/じめん/かくとう/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/どく/ひこう
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第7世代より登場のいわタイプポケモン。
進化条件により3種類の姿に分岐し、それぞれ特性・種族値・覚える技が異なる。
どの姿でもルガルガンZ+ストーンエッジで、フィールドブレイク効果を持つ専用Zワザ「ラジアルエッジストーム」を使える。
各フォルムの概要については、下記の形態考察を参照。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



形態考察 節を編集

まひるのすがた 節を編集

サン、ウルトラサンバージョンでのみイワンコから進化ができる(野生ならムーン、ウルトラムーンでも出現する)。

単純なアタッカーなら「たそがれのすがた」に適性がある。
黄昏より2高い素早さ種族値からのステルスロックやすなかきを活用したい。

 

まひるのすがたの特徴

  • アクセルロックを覚える
  • すなかきで高速
  • 教え技でかみなりパンチ/ほのおのパンチ/イカサマ/じごくづき等を覚えられない
     

特性考察(まひるのすがた) 節を編集

するどいめ
正直なところ発動機会は少ない。
自分が砂以外の天候を使う場合など相手の砂にも期待しない場合は消極的にだがこちらとなるか。
すなかき
砂パのアタッカーを担う場合に。
砂下ならかなりの速さになり、素早さ分の努力値を他に回せる。
すなかき持ちで圧倒的にSが高く、なおかつ唯一の岩タイプなので特防1.5倍の恩恵も受けられる。
しかし、シングルでは同じ砂エースのドリュウズと比べると制圧力は物足りない。
一致いわなだれを最大限に活かせるダブルで本領を発揮する特性。
無天候であっても他の特性も大した効果がないため、相手の砂パに便乗できることを考えてこちらにするのもあり。
またカバルドンは砂パ以外でもよく採用されるので発動機会はそれなりにある。
ふくつのこころ
元々素早さが高く、かつ耐久も低いために怯むこと自体が滅多にない。
仮に効果が発動したところでどうにかなるわけでもない。
するどいめの方がまだ恩恵を感じられるため、候補外。

まよなかのすがた 節を編集

ムーン、ウルトラムーンバージョンでのみイワンコから進化ができる(野生ならサン、ウルトラサンでも出現する)。
他の姿と違い、中耐久で撃ち合いを想定したステータス配分となっている。

パンチ技やじごくづきなど他の2種より教え技が豊富だが、ドリルライナーは覚えられない。

 

まよなかのすがたの特徴

  • カウンターを覚える
  • ノーガードで命中不安定技が必中
  • 教え技でかみなりパンチ/ほのおのパンチ/イカサマ/じごくづき等を覚えられる
  • 教え技でドリルライナーを覚えられない
     

特性考察(まよなかのすがた) 節を編集

するどいめ
命中不安定技を採用せず、苦手な催眠使いとの対面を一切考慮しない場合のみ採用価値がある。
その意義は「相手の攻撃を躱せる可能性があり、相手から命中を下げられず相手の回避率上昇を無視できる」ことだけ。
やるき
催眠技に対する耐性を得られる。
ステルスロック等の補助技を絡めてのサポートも担う場合の選択肢。
相手の技を回避したいだけならするどいめではなくこちらで良い。
ノーガード
相手の技も必中化してしまうが、ストーンエッジを気兼ねなく撃てる。
アタッカーとして運用する場合はこれ。
カウンター採用時に、相手に攻撃を外させないためにも。

たそがれのすがた 節を編集

たそがれのすがたは特性「マイペース」のイワンコからのみ進化できる。サトシゲッコウガと違い、孵化厳選やタマゴ技の遺伝が可能。

詳しい仕様はノートのデータに記載。

『まひる』よりアタッカー性能が高い一方、依然として一致技の命中または火力に難があり、アタッカーとしての単純な力量ではテラキオンメガプテラの存在が気にかかる。

 

たそがれのすがたの特徴

  • アクセルロックとカウンターを覚える
  • かたいツメで接触技を強化できる
    • しかしメインウェポンは非接触技。専用Zワザも非接触。
  • 教え技でかみなりパンチ/ほのおのパンチ/イカサマ/じごくづき等を覚えられない
    • まひるのすがたが覚えないげきりんは覚えられる
       

特性考察(たそがれのすがた) 節を編集

かたいツメ
たそがれのすがたの特性はこれのみ。
接触技の火力が増加。岩技はアクセルロックのみ対応で、一応不一致いわなだれよりは高威力となる。
ほのおのキバやかみなりのキバといった威力が不足しがちだったサブウェポンの威力も強化できる他、
新規習得のドリルライナーはじしん(習得はできない)より高威力で急所ランク付きの地面技として使える。
使用できるのはUS・UMリーグのみなので要注意。

技考察 節を編集

まひる・たそがれ 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
通常硬い爪
アクセルロック40(60)78100優先度+1昼・黄昏専用技。あると便利。
ストーンエッジ100(150)-80急所ランク+1威力重視、あるいは専用Zワザの素材に。
いわなだれ75(112)-90怯み30%高い素早さなので怯みを狙いやすい。
がんせきふうじ60(90)-95素早↓100%起点作り。
ドリルライナー8010495急所ランク+1教え技。黄昏ならほぼ確定。
じだんだ7597100条件で威力倍教え技。接触技なのでドリルライナーの命中95が気になる場合ならこちらでも可。
かみくだく80104100防御↓20%かたいツメでのサブウェポン。メタグロスギルガルドに。
ふいうち7091100優先度+1タマゴ技。威力が高めの先制技。抜群狙いならアクセルロックに軍配。
かわらわり7597100壁破壊対鋼だが威力は低い。壁構築の役割破壊。
おんがえし102132100-岩半減のじめんへ。黄昏なら威力もまずまず。
がむしゃら--100HP同値に教え技。きあいのタスキ&アクセルロックと相性がいい。
ほのおのキバ658495火傷10%
怯み10%
タマゴ技。4倍狙い。ハッサムナットレイに。
かみなりのキバ658495麻痺10%
怯み10%
タマゴ技。4倍狙い。昼なら2倍だと等倍エッジ未満の130。黄昏なら168とまずまず。
げきりん ※1(120)156100行動固定教え技。ガブリアスへの最大打点。黄昏ならメイン技並の威力だが行動固定が痛い。
カウンター ※1--100物理技反撃きあいのタスキとあわせて。
変化技タイプ命中解説
ステルスロック-設置技。ほえるとあわせて。昼型なら先手で撒きやすい。
ほえる-流し技。積み技対策や、ステルスロックとのコンボに。
ちょうはつ100起点回避のためや耐久型に。先手で撃ちやすい。
つるぎのまい-積んだあとのZワザは強力。
ファストガード ※2-先制技を無効化。

※1 げきりん、カウンターは「まひるのすがた」では使えない
※2 ファストガードは「まひるのすがた」のみ覚えられる

まよなか 節を編集

※特性がノーガードの場合は全て必中

攻撃技タイプ威力命中効果解説
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1一致岩技を外しを気にせず使えるのは大きな特徴。
ふいうち70100優先度+1タマゴ技。夜型で覚えられる先制技。電光石火は真昼でしか覚えられない。
かみくだく80100防御↓20%メタグロスギルガルドに。
じごくづき80100音技封じ教え技。こちらでもほぼ同じ。
かわらわり75100壁破壊対鋼だが威力は低い。
きあいパンチ150100被弾時失敗教え技。威力は高いが使用には工夫が必要。
カウンター-100物理技反撃不利な相手を強引に退場させるため。
きしかいせい20~200100威力不定きあいのタスキとあわせて。
がむしゃら-100HP同値に教え技。不意打ちも欲しい。
アイアンテール10075防御↓30%教え技。命中は気にならないのでおんがえしよりこちら。
ほのおのパンチ75100火傷10%教え技。4倍狙い。ハッサムナットレイに。
かみなりパンチ75100麻痺10%教え技。4倍狙い。2倍で150なので等倍エッジがあれば足りる。
じだんだ75100条件で威力倍教え技。夜型の物理地面技だが、威力倍の条件はノーガードと相性が悪い。
変化技タイプ命中解説
ステルスロック-設置技。
ほえる-流し技。積み技対策や、ステルスロックとのコンボに。
ちょうはつ100耐久型潰し。
つるぎのまい-攻撃を強化。バンギラスとの差別化。
ロックカット-素早さ強化。無補正無振りでも130族抜き。バンギラスの壁は厚い。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ラジアルエッジストームストーンエッジ190(285)威力重視。フィールド解除はおまけ。
ワールズエンドフォール180(270)専用Zのフィールド打ち消しを嫌うならこちら。
いわなだれ140(210)ダブルでの単体攻撃へのスイッチ。無補正A振りで無振りカプ・テテフを中乱1。
ライジングランドオーバードリルライナー160かたいツメ補正が乗らないことに注意。
じだんだ140夜型でジメンZを使う場合。
ぜんりょくむそうげきれつけんかわらわり140無補正A振りで無振りドリュウズを確1。
きしかいせい160夜ルガルガンのみ可能。威力固定。
きあいパンチ200夜ルガルガンのみ可能。
ブラックホールイクリプスかみくだく160無補正A振りでH振りラティアスを高乱1。A特化なら確1。
ダイナミックフルフレイムほのおのキバ120無補正A振りでH振りメガハッサムを確1。
ほのおのパンチ140夜ルガルガンのみ可能。
スパーキングギガボルトかみなりのキバ120無補正A振りでH振りギャラドスをいかく込みで確1。
かみなりパンチ140夜ルガルガンのみ可能。

ラジアルエッジストームについての考察 節を編集

必中に加えZストーンエッジより高威力。各種フィールドを強制終了させる効果を持つ。
フィールド解除がデメリットになることもあるが、2017/11/29現在、どの姿のルガルガンでもイワZは0.5%未満。
真昼のルガルガンZは約8%で真夜中のルガルガンZは約25%、黄昏のルガルガンZは約30%となっている。
そのため、イワZの有用性については未検証な部分が多い。

デメリットについて

ルガルガンは※いずれのフィールドでも恩恵を受けられるポケモンなので、追加効果はむしろマイナスに働きやすい。
フィールドを打ち消したところでカプ系に打ち勝てるわけでもないため、単純な上位互換とはいい難い。
しかしわざわざZストーンエッジを使っても単に威力が下がるだけで旨味は無いので基本はルガルガンZで良い。
↑Zエッジと10しか変わらないからメジャーどころへの確定数もほぼ変わらないし、正直好みの範囲だと思うんだけどどうなんでしょう?
↑高速紙耐久のアタッカーがただでさえ足りてない火力をさらに下げるメリットってどうなのよ
↑どのみちその専用Zでも若干火力足りてないうえにデメリットがあるってことが問題なんじゃ無いの。専用Zで誰かを新たに倒せるってなら話は別だけどさ

カプ・コケコには先制ボルトチェンジで逃げられるうえ、強化アイテム持ちだとC252エレキF10万ボルトで確1
 カプ・テテフはスカーフ持ちが多いうえC252サイコFサイコキネシスで確1
 カプ・ブルルカプ・レヒレはA特化黄昏でもラジアルエッジストームをH252振りで確定耐えするためいずれも対面不利で、カプ系相手に打てる場面がほぼない
 加えてフィールド終了によりバレットパンチ・マッハパンチ・アクアジェットや状態異常技・地面技に対する耐性を失うため、基本的にフィールド打ち消しはマイナス効果
 例外があるとすれば、自身や後続にとってそれらフィールドの恩恵がデメリットに働く場合のみ打ち消しが有効と言えるが、かなり限定的なメリットである

ポイント
・○○メイカー組にはラジアルエッジストームを耐えられるor攻撃前にやられるため、実質解除できる機会はほとんどない
・つまり○○メイカー組に打つ前提で無い以上、フィールド解除のデメリットは考慮せずとも良いとも考えられる
・フィールドの状態は不確定要素が多く、かつ得られるメリットは相手依存である(催眠技・状態異常技・先制技の無効化、ドラゴン技軽減は相手に使われないと意味がない)
・フィールドのメリットも紙耐久では無意味なものもある(地面技軽減、1/16回復は焼け石に水)
・フィールドが張られていない状態に関しては、威力だけの違いになるのでラジアルエッジストーム>ワールズエンドフォールなのは間違いない。
・フィールドがある状態に関しては、解除した後に違いが表れるのでどちらが優れているとは一概に言えない。


型考察 節を編集

まひるのすがた 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:するどいめ(砂パならすなかきも一考)
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/がんせきプレート/きあいのタスキ/各種Zクリスタル
確定技:アクセルロック/ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ
攻撃技:かわらわり/かみくだく/ふいうち/ほのおのキバ/ドリルライナー/しねんのずつき/がむしゃら
補助技:ステルスロック/つるぎのまい/ちょうはつ

種族値に沿った物理アタッカー型。高い攻撃・素早さからの一致岩技で攻める。
すなかき持ちでは唯一の岩タイプであり、特防1.5倍効果を受けられる。
また、素早さ種族値は2位のドリュウズの88に大差をつける112。
技範囲の狭さとAの低さが難点か。

アクセルロックで無振りメガリザードンYウルガモスを確1。
ニトロチャージやちょうのまいを積まれても先制できるので後出しも可能。
ただしソーラービームやギガドレインには弱いので注意。きあいのタスキがあれば安定。

先発ステルスロック型 節を編集

特性:するどいめ
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ステルスロック
優先技:がんせきふうじ/アクセルロック/ちょうはつ/ほえる
選択技:かわらわり/かみくだく/ふいうち/ほのおのキバ/がむしゃら

ステルスロック撒きサポート型。高い素早さと、アクセルロックによる縛り性能が利点。
ちょうはつやほえる、がんせきふうじなど、ステルスロック要員に必要な技も大体覚える。

まよなかのすがた 節を編集

ノーガードアタッカー型 節を編集

特性:ノーガード
性格:いじっぱり/ようき
努力値:A252 HS調整
持ち物:こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/いのちのたま/きあいのタスキ/各種Zクリスタル
確定技:ストーンエッジ
攻撃技:ふいうち/かみくだく/かわらわりorきしかいせい/カウンター/ほのおのパンチ
補助技:ロックカット/つるぎのまいorビルドアップ/ステルスロック/ちょうはつ

ノーガードを活かしたアタッカー型。ストーンエッジの命中不安に悩まされないのは大きい。
相手の技も必中な点に注意。攻撃技はもちろん、おにびやでんじはにも警戒が必要。

A自体は昼型と同値なので過信は禁物。火力補強にZクリスタルはこの型でも候補。
昼型と異なり、カウンターやきしかいせいを覚える。こちらはきあいのタスキとあわせて。
先制技はふいうちのみなので、先手をとるならこだわりスカーフやロックカットの採用も検討。
S82は一見微妙だが、準速スカーフや無補正無振りロックカットで130族抜きが可能。

サポート型 節を編集

特性:やるき/ノーガード
性格:わんぱく/しんちょう/ようき
努力値:H252 耐久・素早さ調整
持ち物:きあいのタスキ/レッドカード/ラムのみ
確定技:ステルスロック
優先技:がんせきふうじ/ちょうはつ/ほえる
選択技:かわらわり/かみくだく/ふいうち/ほのおのパンチ/どくどく

ステルスロック撒きからの起点作りを行うサポート型。基本的な役割は昼型とほぼ同じ。
アクセルロックによる縛り性能は無いため、催眠技耐性などを活かして立ち回りたい。
昼型より耐久が高く、調整次第ではきあいのタスキ以外の持ち物を持たせる余地が生まれる。

【USUMシングル】たそがれのすがた 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:かたいツメ
性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりハチマキ/ラムのみ/Zクリスタル
確定技:アクセルロック/ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ
優先技:ドリルライナー
選択技:ほのおのキバ/がむしゃらorカウンター/つるぎのまい/ステルスロック

かたいツメによる火力上昇で、まひるのすがたよりもアタッカー適性が高い。
サポートをやるならより速いまひるのすがたが推奨される。

専用Zは魅力だが、がむしゃらとカウンターを使うならほぼタスキが必須。
ルガルガンより速い特殊アタッカーを意識するならがむしゃら、高火力物理アタッカーを意識するならカウンターを搭載する。


対ルガルガン 節を編集

  • 注意すべき点
    姿によって種族値や技が異なるため、それぞれの特徴を把握しておく必要がある。
    昼型は素早さを活かしたサポート型、夜型はノーガードのアタッカー型が多い。
    対処が遅れるとサポートを多数決められたり、積み技から全抜きの恐れもある。
  • 対策方法
    種族値は全体的に低めなので、一般的な物理アタッカー対策ができていれば問題無い。
    おにびは火力低下やタスキ潰し、ふいうち対策もできるため有効。ノーガードなら必中。
    耐久はBD同程度だが、夜型はカウンター持ちが多いので特殊技で攻めるのが安全。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
イワンコルガルガン
-1-アクセルロック40100いわ物理20
-1-ファストガード--かくとう変化15
-1-でんこうせっか40100ノーマル物理30
--1カウンター-100かくとう物理20
--1きしかいせい-100かくとう物理15
--1ちょうはつ-100あく変化20
111たいあたり40100ノーマル物理35
111にらみつける-100ノーマル変化30
-11すなかけ-100じめん変化15
-11かみつく60100あく物理25
444すなかけ-100じめん変化15
777かみつく60100あく物理25
121212とおぼえ--ノーマル変化40
151515いわおとし5090いわ物理15
181818かぎわける--ノーマル変化40
232323がんせきふうじ6095いわ物理15
262626ほえる--ノーマル変化20
292929ステルスロック--いわ変化20
343434いわなだれ7590いわ物理10
373737こわいかお-100ノーマル変化10
404040かみくだく80100あく物理15
454545ロッククライム9085ノーマル物理20
484848ストーンエッジ10080いわ物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技12ちょうはつ-100あく変化20
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技69ロックカット--いわ変化20
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技95バークアウト5595あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
あばれる120100ノーマル物理10
ほのおのキバ6595ほのお物理15
かみなりのキバ6595でんき物理15
ふいうち70100あく物理5
ブレイククロー7595ノーマル物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数3840歩
性別♂:♀=1:1
進化イワンコ(Lv25)→ルガルガン
サン・ウルトラサンでは昼間にまひるのすがたへ進化
ムーン・ウルトラムーンでは夜間にまよなかのすがたへ進化
ウルトラ版では特性「マイペース」の個体のみ夕方にたそがれのすがたへ進化

遺伝経路 節を編集