ナゲツケサル - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

ナゲツケサル 節を編集

No.766 タイプ:かくとう
通常特性:レシーバー(倒れた味方の特性を受け継ぐ)
体重  :82.8kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
単かくとうHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ナゲツケサル10012090406080490レシーバー/まけんき(未解禁)
オコリザル6510560607095455やるき/まけんき/いかりのつぼ
コジョンド65125609560105510せいしんりょく/さいせいりょく/すてみ
ダゲキ7512575307585465がんじょう/せいしんりょく/かたやぶり

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

サン・ムーンで登場した単かくとうタイプ。攻撃が高く、高性能の物理技を豊富に覚える。
物理耐久も高めだが、メイン技のインファイトで下がってしまうので活かしづらい。
単かくとうではオコリザルのほか、ダゲキコジョンドがライバルとなるか。

新特性レシーバーはシングルでは発動しないダブル専用の特性。
場に出た時に発動するタイプの特性は、特性を受け継いだタイミングで発動する。
いかくを受け継いで再発動、天候系やフィールド系の特性を受け継いで上書きや延長が汎用性の高い使い方となるか。
なお、「ふしぎなまもり」や「バトルスイッチ」など特殊な特性は引き継ぐことができない。
下記のように自滅技を用いた積極的な引き継ぎも戦術として考えられるが、ほろびのうたを利用すればほとんどのポケモンからの引き継ぎを狙うことができる。

仲間呼びで同種を呼び出さないため、現状隠れ特性「まけんき」は未解禁。
そのため現在このwikiでは考察しない。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致技。能力低下が痛い。
かわらわり75(112)100壁破壊タイプ一致技。デメリット無し。壁構築に強くなる。
きしかいせい20~200(30~300)100タイプ一致技。タスキやみがわりとあわせて。
いわなだれ7590怯み30%対虫・飛行。ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ6095素早↓100%対虫・飛行。追加効果が優秀。
じしん100100対毒。ギルガルドメタグロスにも。
アイアンヘッド80100怯み30%対フェアリー。スカーフなら怯みも狙える。
ぶんまわす60100対エスパー・ゴースト。ダブルでは周囲全体攻撃。
なげつける100こわもてプレートやでんきだまとあわせて。
とんぼがえり70100自分交代対エスパー。攻撃しつつ撤退。
フェイント30100優先度+2タスキ潰しに。ダブルではまもる解除可。
変化技タイプ命中解説
ちょうはつ100補助技対策。起点化回避に。
みがわり状態異常技対策や、きしかいせいのHP調整に。
ファストガードダブル用。

特性考察 節を編集

専用特性「レシーバー」はダブルで味方が倒れた時にそのポケモンの特性を引き継ぐというもの。Aベトベトンの「かがくのちから」も同効果。
引き継ぐ特性次第ではエースアタッカーにもサポート役にもなれる。
これを戦術に組み込もうとすると、やはり自滅技を活用した方が動かしやすい。ナゲツケサル自身が介錯する手もあるが、隙を大きく晒すため非推奨。
「じしん」や「ぶんまわす」は味方にも当たる周囲攻撃技なので、味方を倒しつつ相手にダメージを与えることができる。ナゲツケサル自身が介錯するならこれが現実的か。

+  引き継ぐ特性の考察(五十音順)。+を押して展開

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:ようき/いじっぱり
特性:レシーバー
努力値:A252 S252orS調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/いのちのたま/たつじんのおび/Zクリスタル
確定技:インファイト
攻撃技:じしん/いわなだれ/アイアンヘッド/とんぼがえり
補助技:ちょうはつ/ビルドアップ

叩き台として作成。スタンダードな物理アタッカー型。
高威力の技には乏しいが、攻撃の高さや範囲の広さでカバー。
素早さも80と低くなく、スカーフを巻けば最速で145族まで抜ける。
とんぼがえりのほか、アイアンヘッドやいわなだれとも相性が良い。

【ダブル】基本型 節を編集

性格:ようき/いじっぱり
特性:レシーバー
努力値:A252 S252orS調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/いのちのたま/たつじんのおび/Zクリスタル
攻撃技:インファイト/じしん/いわなだれ/アイアンヘッド/とんぼがえり/フェイント
補助技:まもる/ファストガード/ちょうはつ

叩き台として作成。ダブル用特性レシーバーを用いて戦う。
おやこあい等の強特性を引き継ぎ、自身を強化できるのはもちろん、
それを阻止するためにナゲツケサルへの攻撃を強要し、相方を守ることも可能。


対ナゲツケサル 節を編集

  • 注意すべき点
    物理方面に優れたアタッカー。相性補完のサブウェポンも豊富。
    ダブルではレシーバーを活かして様々なコンボを仕掛けてくる。
  • 対策方法
    特殊技で弱点を突く。物理アタッカーなのでおにびやでんじは、ゴツゴツメットも有効。
    ダブルではレシーバー発動前に倒したいが、相方への攻撃が手薄になる恐れも。
    ハイパーボイスやマジカルシャイン等の全体攻撃技があると良い。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1たいあたり40100ノーマル物理35
4にらみつける-100ノーマル変化30
8いわくだき40100かくとう物理15
11きあいだめ--ノーマル変化30
15ふくろだたき-100あく物理10
18こわいかお-100ノーマル変化10
22とっしん9085ノーマル物理20
25ギフトパス--ノーマル変化15
29あばれる120100ノーマル物理10
32ビルドアップ--かくとう変化20
36すてみタックル120100ノーマル物理15
39なげつける-100あく物理10
43インファイト120100かくとう物理5
46きしかいせい-100かくとう物理15
50ギガインパクト15090ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技47ローキック65100かくとう物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技62アクロバット55100ひこう物理15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
ちきゅうなげ-100かくとう物理20
あてみなげ70-かくとう物理10
ファストガード--かくとう変化15
アイアンヘッド80100はがね物理15
でんこうせっか40100ノーマル物理30
フェイント30100ノーマル物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

ちきゅうなげレベル技:オコリザル系統
あてみなげレベル技:ゴロンダ系統
リレー遺伝:カイリキー系統・ハリテヤマ系統・ナゲキゴロンダ系統→コジョフー
ファストガードレベル技:ルカリオコジョフーニャオニクス♂・ルガルガン(まひる)
アイアンヘッドレベル技:サンド(アローラ)ダグトリオ(アローラのすがた)系統・クチート
でんこうせっかレベル技:ラッタ系統・Aラッタ系統・ライチュウ系統・Aライチュウキュウコン系統・ギャロップイーブイ系統・バクフーン系統・オオタチ系統・バシャーモ系統・ライボルト系統・ザングースアブソルパチリスフローゼル系統・ミミロップ系統・ルカリオマニューラ系統・ゼブライカ系統・エモンガホルード系統・ルガルガン(まひる)
フェイントレベル技:ピカチュウペルシアン系統・Aペルシアン系統・カモネギハブネークカクレオンアブソルモウカザル・ゴウカザルスカタンク系統・ルカリオブリガロン