ナゲツケサル - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ナゲツケサル 節を編集

No.766 タイプ:かくとう
通常特性:レシーバー(倒れた味方の特性を受け継ぐ)
隠れ特性:まけんき(相手に能力を下げられた時、攻撃が2段階上がる)
体重  :82.8kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
単かくとうHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ナゲツケサル10012090406080490レシーバー/まけんき
オコリザル6510560607095455やるき/まけんき/いかりのつぼ
コジョンド65125609560105510せいしんりょく/さいせいりょく/すてみ
ダゲキ7512575307585465がんじょう/せいしんりょく/かたやぶり
ローブシン10514095556545505ちからずく/こんじょう/てつのこぶし

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

サン・ムーンで登場した単かくとうタイプ。
攻撃と物理耐久が高くローブシンに近い傾向を持つが、素早さも並程度にある。
習得技が個性的でアイアンヘッドやとんぼがえり、ダストシュートなどを覚える一方、3色パンチやストーンエッジは覚えない。
特にれいとうパンチを覚えないのが致命的で、環境に多い霊獣ランドロスメガボーマンダなどの強力なひこう複合への打点が乏しい。
単かくとうでは同じまけんきを持つオコリザルのほか、ダゲキコジョンドがライバルとなるか。

前述の通り新特性レシーバーはダブル専用の特性であり、ダブルでは固有の戦術を狙える。
しかし、味方がひんしにならないと特性の引き継ぎができない性質上、活かすには貴重な味方人員をあえて消耗させる運用が必要となる。
通常通り戦っている間に味方が倒れて強特性を引き継げれば儲けものだが、偶発的で確実性に欠ける。
自滅・自傷を軸に意図的に引き継ぎを行おうとすると、倒れた味方の分も活躍が見込めないとリスク・リターンが噛み合わない。

隠れ特性のまけんきにより攻撃ランク低下に擬似耐性を持つ。特にダブルバトル最メジャーポケモンであるガオガエンに圧倒的に強いのが特徴。
オコリザルに比べ物理耐久は約1.7倍あり、特殊耐久・物理火力も約1.1倍あるが、サブウエポンや素早さでは負けているため一長一短か。

USUMでは教え技ではたきおとす、ダストシュートなどを習得できるようになった。ただし、三色パンチは覚えられない。
ドレインパンチときあいパンチは覚えるが、ドレパン軸で戦う際はローブシンが壁になるか。

2019/3/28にポケモンバンクにて隠れ特性「まけんき」が解禁。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

まけんき
隠れ特性。シングルではこちらで確定。
攻撃ランク低下に擬似耐性がある。同じまけんきを持つ格闘タイプにはオコリザルがいる。
オコリザルはほとんどのいかく持ちに対して弱点を突けるがナゲツケサルは技レパートリーが特殊なため慎重に立ち回る必要がある。
レシーバー
専用特性。ダブルで味方が倒れた時にそのポケモンの特性を引き継ぐというもの。Aベトベトンの「かがくのちから」も同効果だが、タイプや種族値が異なるので差別化の必要はない。
場に出た時に発動するタイプの特性は、特性を受け継いだタイミングで発動する。
いかくを受け継いで再発動、天候系やフィールド系の特性を受け継いで上書きや延長が汎用性の高い使い方となるか。
これを戦術に組み込もうとすると、やはり自滅技を活用した方が動かしやすい。
自滅技を持たないポケモンの特性を引き継ぎたい場合は、ナゲツケサルが「じしん」や「ぶんまわす」等の味方も巻き込む全体攻撃で介錯すると良い。
以下の特性は引き継げないので、運用の際は注意。
ARシステム / イリュージョン / かがくのちから / かわりもの / きずなへんげ / ぎょぐん / スワームチェンジ / ぜったいねむり / ダルマモード /
てんきや / トレース / ばけのかわ / バトルスイッチ / ふしぎなまもり / フラワーギフト / マルチタイプ / リミットシールド / レシーバー

引き継ぐ特性と引き継ぎ元の考察(五十音順)

※引き継ぎ元は使用直後にひんしとなる技[1]を持つポケモンのみ記述。

あついしぼう
カビゴン…じばく
Aラッタ…いのちがけ
炎技・氷技への耐性を得る。
同じ特性のハリテヤマと比較すると特殊耐久で劣るが物理耐久・素早さでは勝っている。
あまのじゃく
ツボツボ…いのちがけ
インファイトを連打することでどんどん硬くなる。いかくやこごえるかぜにも強くなる。
ただし、ツボツボのいのちがけで1体持っていくことはまず不可能。
ありじごく
ダグトリオ…いのちがけ・おきみやげ
「殴れる」「高耐久」の拘束要員に。ゴーストタイプの他にひこうタイプ・ふゆう持ちにも効かない点に注意。
ツボツボ程ではないがいのちがけの火力には期待できない。
いかく
ハリーセン…だいばくはつ
ムクホーク…いのちがけ
ランドロス(霊獣)…だいばくはつ
強特性だがいかく持ちで優秀なポケモンは多いので、それらを押しのけてまで採用するかどうかは要検討。
他のポケモンでなりきりやスキルスワップを使っても発動するので優先度は低い。
いたずらごころ
エルフーン…おきみやげ
リオル…いのちがけ
変化技を先制で使えるのは大きなアドバンテージ。
とはいえナゲツケサルは変化技に乏しいため、高耐久且つ豊富な補助技を持つAベトベトン向けか。
あくタイプ・サイコフィールド・ビビッドボディじょおうのいげんに要注意。
味方サポート技を多数習得し、ミストフィールドも覚えるニャオニクスに頼るのも手か。
おみとおし
サマヨール…おきみやげ
Aナッシー…だいばくはつ
パンプジン…だいばくはつ
ヨノワール…おきみやげ
相手2体の型を推察しやすくなる便利な特性。
とはいえ積極的に引き継がせる価値があるかと言われると微妙。
かげふみ
メガゲンガー…だいばくはつ
ありじごくと同様優秀な拘束要員になれる。浮いているポケモンも逃がさないがゴーストタイプには無効。
↑ナゲツケサルがかげふみにならなくても、まもるメガゲンガー+横にアタッカーで良くない?
↑だいばくはつで引き継がせることよりもメガゲンガーを倒してもかげふみが残り続けることに意味がある。
かそく
テッカニン…いのちがけ
毎ターン素早さが上昇する優秀な特性。まもると合わせて。
ただしダブルで多いトリックルームに弱い点には注意。
テッカニンのいのちがけは、H252で4振りサザンドラ(92族)まで一撃。
かるわざ
アギルダー…いのちがけ
フワライド…だいばくはつ
特性変化後に持ち物を消費する必要があるが、微妙な素早さを補える優良特性。
かるわざを持つ格闘にサワムラールチャブルがいるが、耐久やメインウェポンの使いやすさで優る。
もちろんこの素早さからのいわなだれ連打も脅威。
がんじょう
いのちがけ…ツボツボ
だいばくはつ…ウソッキーギガイアスゴローニャAゴローニャジバコイルダイノーズハガネールフォレトスメレシーレアコイルレジロック
効果自体は優秀だが、少しでもHPが削れている時に引き継いでもほとんど意味がない。
きもったま
メガミミロップ…いやしのねがい
格闘・ノーマルタイプの技がゴーストタイプに当たるようになり一貫性が上がる。
メガミミロップがとびひざげりを外して自滅した時の保険にもなる。
じゅうなん
ミミロップ…いやしのねがい
麻痺にならないだけでなく、既に麻痺状態だった場合は完治する。
すいすい
ハリーセン…だいばくはつ
天候に左右されるものの、素早さ2倍からのいわなだれ連打は強力。
すりぬけ
エルフーン…おきみやげ
シャンデラ…おきみやげ
テッカニン…いのちがけ
ハブネーク…いのちがけ
ミカルゲ…おきみやげ
ワタッコ…おきみやげ
リフレクターやオーロラベール、みがわりを無視できる。
すりぬけ持ちとしては最も物理攻撃力が高いポケモンになる。
せいぎのこころ
ルカリオ…いのちがけ
引き継いだ後にふくろだたきを受けると攻撃が最高3段階上昇。あくタイプ半減なのでダメージは抑えられる。
せいしんりょく
メガエルレイド…おきみやげ
オニゴーリ…だいばくはつ
カモネギ…いのちがけ
ルカリオ…いのちがけ
怯みを無効化できる。ダブルバトルでは有用だが、ポケモン1体犠牲にしてまで引き継がせる価値があるかというと微妙。
今際の際に隣に出す価値はある。
たいねつ
ドータクン…だいばくはつ
炎技への耐性を得る。やけどによるターンごとのダメージも半減するが、やけどになった時点で大幅に弱体化するため恩恵は薄い。
だっぴ
ハブネーク…いのちがけ
やけど・まひ対策になるとはいえ、発動確率が1/3では少々心もとないか。
ちからずく
ハガネール…だいばくはつ
メガバクーダ…だいばくはつ
ランドロス(化身)…だいばくはつ
主にサブウェポンが強化されるが、いわなだれで怯ませられなくなってしまう。
またちからずくランドロスは現在レート戦で使用できない。
ちからもちヨガパワー
これらの特性を持つポケモンは退場技こそ持たないものの、いずれも相手に対処を迫りやすく、引き継いだ場合の見返りも大きい。
積極的に引継ぎを狙うというよりは牽制の意味合いが強い。
チャーレムの場合はとびひざげりを外して自滅した時の保険にもなる。
てきおうりょく
メガルカリオ…いのちがけ
バスラオ…いのちがけ
タイプ一致技の威力が上がる強力な特性。
とはいえ引き継ぎのためだけにメガ枠を消費したり、マイナーなバスラオを入れたりする価値があるかは微妙。
ひんし直前に隣に出す程度なら十分ありか。
テレパシー
サーナイト…いやしのねがい・おきみやげ
ムシャーナ…いやしのねがい
味方が周囲全体攻撃を使う時に、フェイントによって敵のまもるを解除しつつ自分はダメージを受けない。
チャーレムには耐久と素の攻撃力で勝るが、向こうはサポート技を豊富に覚え、状況に応じてメガシンカによる火力強化も可能。
てんねん
ピクシー…いやしのねがい
ナマコブシ…おきみやげ
相手の積みを無視できる優良特性。
ただし能力下降も無視してしまう点には注意。
てんのめぐみ
シェイミ…いやしのねがい
ジラーチ…いやしのねがい
ハピナス…いやしのねがい
Sを補強できればいわなだれやアイアンヘッドによる怯みゲーを展開できる。
A120から相手2体に6割怯みはメガガルーラにもできない芸当。
とびだすなかみ
ナマコブシ…おきみやげ
インファイトによる耐久低下も相まって散り際にナマコブシより高いダメージを出せる可能性はあるが、きあいのタスキとの相性が悪くなる。
はりきり
サニーゴ…だいばくはつ
ラッタ…いのちがけ
命中が低下するが、A種族値が実質206相当にまで上昇する。
ちからもちに比べると汎用性で劣るが、自滅技持ちがいない向こうと比べ引き継がせやすい。
ビーストブースト
ズガドーン…だいばくはつ
テッカグヤ…だいばくはつ
マッシブーンとは高威力の格闘技や耐性の違いで差別化可能。
なおこの特性が欲しいだけなら、ツンデツンデでスキルスワップという方法も。
びびり
ウソッキー…だいばくはつ
引き継いだ後にふくろだたきを受けると素早さが最高3段階上昇。あくタイプ半減なのでダメージは抑えられる。
ふゆう
いやしのねがい…エムリットチリーンラティアス
おきみやげ…マタドガスムウマムウマージユクシーラティオス
だいばくはつ…アグノムゴーストソルロックドータクンネンドールフリージオマタドガスルナトーン
みかづきのまい…クレセリア
じしんなどのじめん技を無効にできる特性。ただし、フィールド効果の恩恵を受けられない。
どちらかというと弱点がじめんのみのAベトベトン向けか。
フレンドガード
ピッピ…いやしのねがい
こちらが狙われている限りは特性の恩恵を受けられ、相方が狙われれば引き継げるという意味で相性は悪くはない。
プリン軸の滅びパにも無理なく組み込める。
まけんき
オコリザル…いのちがけ
カモネギ…いのちがけ
ナゲツケサルは隠れ特性が解禁されているため、Aベトベトン用。
ダブルバトルに多いいかくメタになれるため非常に優秀。
みずのベール
ホエルオー…じばく
物理主体のポケモンなので、やけど状態にならなくなるのはありがたい。
ただしホエルオーのじばくがXD限定技なのでレート戦では使用不可。
ムラっけ
オニゴーリ…だいばくはつ
ドーブル…各種自滅技
ドーブルそのものが標的にされやすいため引き継ぎやすい。他のムラっけポケモンよりとくこう以外の能力で優れる。
もらいび
シャンデラ…おきみやげ
ヒードラン…だいばくはつ
やけど対策になるが、ねっとうやトライアタックには注意。
ほのおのパンチを覚えないため、火力アップは生かせない。
ようりょくそ
エルフーン…おきみやげ
ダーテング…だいばくはつ
ドレディア…いやしのねがい
ナッシー…だいばくはつ
ワタッコ…おきみやげ
天候に左右されるものの、素早さ2倍からのいわなだれ連打は強力。
○○スキン
メガオニゴーリ(フリーズスキン)…だいばくはつ
Aゴローニャ(エレキスキン)…だいばくはつ
メガサーナイト(フェアリースキン)…いやしのねがい・おきみやげ
ナゲツケサルのフェイントがゴーストタイプに無効にならなくなる。
ただしエレキスキンの場合は代わりに地面タイプ・ちくでんなどに無効化される。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致技。物理耐久が高めなので能力低下が痛い。
ドレインパンチ75(112)100HP吸収タイプ一致技。高めの物理耐久を活かせるが威力は控えめ。
かわらわり75(112)100壁破壊タイプ一致技。壁構築への打点を考えるなら。
きしかいせい20~200(30~300)100タイプ一致技。タスキやみがわりとあわせて。
いわなだれ7590怯み30%対虫・飛行。ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ6095素早↓100%対虫・飛行。追加効果が優秀。
じしん100100対毒。ギルガルドメタグロスにも。
アイアンヘッド80100怯み30%対フェアリー。スカーフなら怯みも狙える。
タネばくだん80100対水・地面用。
ダストシュート12080毒30%対草、フェアリー。
はたきおとす65100道具使用不能対エスパー・ゴースト。
ぶんまわす60100対エスパー・ゴースト。ダブルでは周囲全体攻撃。
なげつける100こわもてプレートやでんきだまとあわせて。
とんぼがえり70100自分交代対エスパー。攻撃しつつ撤退。
フェイント30100優先度+2タスキ潰しに。ダブルではまもる解除可。
エレキネット5595素早さ↓100%特殊技。威力は低いがダブルでは素早さ調整に使える。
変化技タイプ命中解説
ちょうはつ100補助技対策。起点化回避に。
みがわり状態異常技対策や、きしかいせいのHP調整に。
ファストガードダブル用。先制技対策だがねこだましと優先度が同じ。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:まけんき
性格:ようき/いじっぱり
努力値:A252 S252orS調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/きあいのタスキ/いのちのたま/たつじんのおび/Zクリスタル
確定技:インファイト
攻撃技:じしん/いわなだれ/はたきおとす/ダストシュート/アイアンヘッド/とんぼがえり/がむしゃら
補助技:ちょうはつ/ビルドアップ

叩き台として作成。スタンダードな物理アタッカー型。
高威力の技には乏しいが、攻撃の高さや範囲の広さでカバー。
素早さも80と低くなく、スカーフを巻けば最速で145族まで抜ける。
とんぼがえりのほか、アイアンヘッドやいわなだれとも相性が良い。

ようきAS252ナゲツケサル・・・実数値 A172 S145
いじっぱりAS252オコリザル・・・実数値 A172 S147
耐久はナゲツケサルの方が上で、オコリザルははたきおとすを覚えられないが、あちらには三色パンチとストーンエッジがある。

こだわりスカーフと相性がよいもののストーンエッジを覚えないためいかく勢への確定数は軒並み中乱1止まり。
たつじんのおびを持たせるとウインディ/ギャラドス/ボーマンダを確1にできるがSの差で抜かれてしまう。
ただし無振りでも物理耐久はそれなりに高い。

きあいのタスキを持たせるならば火力は下がるが技範囲が広くて速いオコリザルでよい。
オコリザルはストーンエッジを覚えるため上記のいかく勢にも強化アイテムなしで確1を取れる。
またグランブルに対してはダストシュートがあり、霊獣ランドロスにもれいとうパンチがある。

【ダブル】レシーバー型 節を編集

性格:ようき/いじっぱり
特性:レシーバー
努力値:A252 S252orS調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/いのちのたま/たつじんのおび/Zクリスタル
攻撃技:インファイト/ドレインパンチ/じしん/いわなだれ/アイアンヘッド/とんぼがえり/フェイント/エレキネット
補助技:まもる/ファストガード/ちょうはつ/よこどり

叩き台として作成。ダブル用特性レシーバーを用いて戦う。
おやこあい等の強特性を引き継ぎ、自身を強化できるのはもちろん、
それを阻止するためにナゲツケサルへの攻撃を強要し、相方を守ることも可能。

専用特性であるため強力な個性にはなりうるが、基本的にはまけんき型の方が使いやすいことに注意。


対ナゲツケサル 節を編集

注意すべき点
物理方面に優れたアタッカー。相性補完のサブウェポンも豊富。
ダブルではレシーバーを活かして様々なコンボを仕掛けてくる。
対策方法
特殊技で弱点を突く。物理アタッカーなのでおにびやでんじは、ゴツゴツメットも有効。ただしいかくは逆効果なので注意。
ダブルではレシーバー発動前に倒したいが、相方への攻撃が手薄になる恐れも。
ハイパーボイスやマジカルシャイン等の全体攻撃技があると良い。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
1たいあたり40100ノーマル物理35
4にらみつける-100ノーマル変化30
8いわくだき40100かくとう物理15
11きあいだめ--ノーマル変化30
15ふくろだたき-100あく物理10
18こわいかお-100ノーマル変化10
22とっしん9085ノーマル物理20
25ギフトパス--ノーマル変化15
29あばれる120100ノーマル物理10
32ビルドアップ--かくとう変化20
36すてみタックル120100ノーマル物理15
39なげつける-100あく物理10
43インファイト120100かくとう物理5
46きしかいせい-100かくとう物理15
50ギガインパクト15090ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技47ローキック65100かくとう物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技62アクロバット55100ひこう物理15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
ちきゅうなげ-100かくとう物理20
あてみなげ70-かくとう物理10
ファストガード--かくとう変化15
アイアンヘッド80100はがね物理15教え
でんこうせっか40100ノーマル物理30
フェイント30100ノーマル物理10

教え技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
アイアンヘッド80100はがね物理15タマゴ
がむしゃら-100ノーマル物理5
さわぐ90100ノーマル特殊10
ダストシュート12070どく物理5
タネばくだん80100くさ物理15
ばかぢから120100かくとう物理5
はたきおとす65100あく物理20
とおせんぼう--ノーマル変化5
アイアンテール10075はがね物理15
よこどり--あく変化10
ドレインパンチ75100かくとう物理10
エレキネット5595でんき特殊15
きあいパンチ150100かくとう物理20
でんげきは60-でんき特殊20
とぎすます--ノーマル変化30

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

※全てドーブルで代用可能


[1] いのちがけ・いやしのねがい・おきみやげ・じばく・だいばくはつ・みかづきのまい