クチート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

クチート 節を編集

No.303 タイプ:はがね/フェアリー
通常特性:かいりきバサミ(相手に攻撃を下げられない)
     いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
隠れ特性:ちからずく(一部の技の追加効果がなくなる代わりに威力が1.3倍になる)
体重  :11.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)

・メガクチート
タイプ:はがね/フェアリー
特性 :ちからもち(物理技の威力が2倍になる)
体重 :23.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
鋼/妖HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
クチート508585555550380かいりきバサミ/いかく/ちからずく
メガクチート50105125559550480ちからもち
230605ちからもち無振り
262637ちからもち極振り
クレッフィ578091808775470いたずらごころ/マジシャン

ちからもち」換算はおおよその目安。


ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/じめん
いまひとつ(1/2)ノーマル/くさ/ひこう/いわ/こおり/あく/フェアリー/エスパー
いまひとつ(1/4)むし
こうかなしどく/ドラゴン

弱点2・耐性9・無効2という非常に優秀な「はがね×フェアリー」複合タイプ。
ステータスは非常に低いものの、メガシンカを備え、「いかく」「ちからもち」により物理耐久と火力を大きく伸ばせ、先制技「ふいうち」により多くの対面を制す重火力アタッカーの花形として運用できる。
補完に優れる味方も多く、ラティアスクレセリアとの組み合わせのほか、雨パとの相性も良い。
トリックルーム下でも自身の攻撃性能を存分に発揮できる。

第七世代においては以下の2点が逆風となる。

  • まひ状態の仕様変更
    まひによる素早さの補正が1/4→1/2に。
    これまでのS4振りクチートはまひした相手ならS実数値283まで抜けていたが、この仕様変更により実数値141までしか抜けなくなった。
    スカーフを含めほとんどの相手を抜けていたのが最速ヒードランをギリギリ抜ける程度にまで弱体化し、従来のように味方のでんじは等から起点を作ってもらうことは難しくなった。
    まひ撒きが絡む構築ならエースとして採用できていたクチートだけに、この採用機会の喪失は大きな痛手となる。
  • ふいうちの弱体化
    威力が80→70に低下し、つるぎのまい×ふいうちで縛れる範囲が狭まった。
    以前はステルスロック+つるぎのまい×ふいうちで落とせていたガブリアスが落とせなくなるなど確定数の変動が生じており、相性次第で返り討ちに遭うケースも。
    また、カプ・テテフ入りの構築にはふいうちを無効にされる恐れが付きまとい、鈍足であるクチートは純粋に上から縛られる場面が増えてしまった。

一方で、需要の増しているはがねタイプのアタッカーとして、環境に適合している要素もある。
サイコフィールドとの相性こそ最悪だが、カプ・テテフの一致技は双方半減で受けられる。
相手がH振りでもA特化じゃれつくで確1。アイアンヘッドなら無補正無振りでも確1なので、耐久重視の調整も可能。
環境で幅をきかせるフェアリーの中でも、フェアリーに強いフェアリーという点を存分に活かしたい。

前述の通りまひの弱体化もあり、まひやおいかぜでサポートするだけでなくクチート自身にもある程度素早さを振る必要が出てきた。
トリックルーム下では従来通りの無駄のない努力値配分で活躍できるため、前作以上にトリックルームパーティでの活躍が期待される。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



形態考察 節を編集

通常クチート 節を編集

素のクチートの耐久は貧弱で、特に特殊方面はパルシェン並の低耐久である。
メガシンカを保留し「いかく」を温存するプレイングもなしではないが、素のままでの受け出し運用は厳しいことを覚えておきたい。
また火力もメガクチートの半分以下になるため、基本的にはメガシンカ前提のポケモンである。
メガストーンを持たずに運用する場合、メガとの差別化のために「ちからずく」を活かした特殊型かタスキメタルバースト型が勧められるが、
特殊型は種族値の低さから他の特殊アタッカーの劣化になりやすい。タスキメタルバースト型にしてもタイプこそ違えどふいうちを覚えるミノマダム(ゴミ)の存在が気がかり。
以上から、メガクチートが通常クチートの完全上位互換に近いこともあり、通常クチートの採用例はほぼ見られない。
通常クチートの考察はこちらにあります。

かいりきバサミ
相手に攻撃を下げられなくなり、いかくやキングシールドに強くなる。
メガシンカ前提でも悪くない効果ではあるが、確実に発動するいかくと比べると見劣りする。
いかく
相手の攻撃を下げることができ、対物理性能を高められる。
繰り出すだけで発動し、メガシンカ後や後続サポートにも活きる。
ダブルでも有用だが、シングルよりかちき・まけんき持ちが多いので注意。
ちからずく
一致技やパンチ系の技を補強できるが、ふいうちは対象外。
いのちのたまを持たせても、メガシンカ後のちからもちに及ばない。

メガクチート 節を編集

種族値上昇の大部分が防御・特防に割かれており、攻撃は20しか上がらないが、特性が「ちからもち」になることで破格の物理火力を得られる。
ちからもち」中最大の攻撃を持ち、A特化じゃれつくの火力指数は46440とA特化メガボーマンダのすてみタックル(46656)に比肩するクラス。
加えてメガアブソルを超える火力のふいうちを備え、つるぎのまいと併せて多くのアタッカーを縛ることが可能。
以上の要素から、第六世代では様々な構築でエースアタッカーとして活躍したポケモンだが、第七世代では弱体化点が目立つ。
とはいえ、シングル・ダブル共に使用率TOP30に食い込み続けるほどのスペックはある。

ちからもち
物理技の威力が倍増し、火力を大幅に強化できる優秀な特性。
一致技やふいうちを全ポケモン中随一の威力で撃てる。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力ちからずく命中効果解説
じゃれつく90(135)17590攻撃↓10%タイプ一致技。命中不安。
アイアンヘッド80(120)156100怯み30%タイプ一致技。性能安定。味方のトリックルームやでんじはとあわせて。
ふいうち70-100優先度+1読みが要るが高威力の先制技。
はたきおとす65/97-100道具排除追加効果が優秀だが、メガストーン・Zクリスタルには無効。
ほのおのキバ658495火傷10%
怯み10%
ハッサムナットレイに。ほのおのパンチは覚えない。
ストーンエッジ100-80急所ランク+1対炎。高威力・命中不安。
いわなだれ759790怯み30%味方のトリックルームやでんじはとあわせて。ダブルでは相手全体攻撃。
グロウパンチ4052100攻撃↑100%対鋼。追加効果が優秀。積み技感覚で。
かわらわり75-100壁破壊対鋼。壁構築に強くなる。
かみなりパンチ7597100麻痺10%対水。A特化でH振りマリルリを中乱1(62.5%)。
れいとうパンチ7597100凍り10%一致技と半減範囲が被る。
いかりのまえば--90-削り技。ゴーストには無効。
変化技タイプ命中解説
つるぎのまい-攻撃を強化。ふいうちで全抜きを狙う。
ちょうはつ100補助技対策。ふいうちと相性が良い。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。ふいうちと相性が良い。
ステルスロック-サポート用。交代読みで。

型考察 節を編集

メガクチート 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:いかく→ちからもち
性格:いじっぱりorゆうかん(トリックルーム)
努力値:A252 S調整 残りH
持ち物:クチートナイト
確定技:じゃれつく/ふいうち
優先技:つるぎのまい
攻撃技:はたきおとす/ほのおのキバ/アイアンヘッド/ストーンエッジorいわなだれ/かみなりパンチ/れいとうパンチ
変化技:ちょうはつ/みがわり

メガシンカすることで耐久を上げ、ちからもちによる超火力で相手を崩していくエースアタッカー。
高威力のじゃれつくと、補完に優れ禁止伝説を除いて最大の威力を誇るふいうちを持つためタイマン性能が高い。
加えて耐性も優秀で決定力を高めるつるぎのまいもあるため、サイクル・タイマン・抜き性能いずれにおいても突出した能力を持つ。

相性のよい相手にいかくを撒きつつ、敢えてメガシンカせず退くことも考えられるが、
いかく込みとはいえ素のクチートのままだと低耐久なため、扱いには注意が必要。

フルアタでもない限りつるぎのまいはほぼ確定技、一方アイアンヘッドは命中安定だが範囲が微妙なため優先度はそこまで高くない。
一応じゃれつく半減のメガフシギバナへ等倍になる点は覚えておきたい。
またトリックルームと相性が良く、トリパの多いダブルではメインウェポンをアイアンヘッドに絞る構成もよく見られる。
その他は一貫しやすく高威力なはたきおとす、ナットレイなど鋼への有効打であるほのおのキバが有用。

素早さ50族~60族は多く、素早さ調整は比較的有効となる。
S振りをする場合は100振ることで実数値83となり4振りバンギラス程度まで抜ける。
特にこの調整の場合はポリゴン2などがいる60族を抜ける点が大きい。
つるぎのまいを積む前提では火力過多になる事すらあるので、性格ようきやAS極振りも候補になる。

【サンプル】
いじっぱりAS252H6振り みがわり/つるぎのまい/じゃれつく/ふいうち
S実数102になって4振り80族まで抜くことができ、めざパ炎を持ってないメガフシギバナなどには
先制みがわりからねむりごなややどりぎのタネを避けて、つるぎのまいを積んで突破できる。

第七世代で主力のふいうちの威力が低下した点は痛い。確定数にも大きな変化が出ているため下記の火力目安を参考にされたい。
現状ではつるぎのまい+ふいうちでH振りウォッシュロトムすら確1にできないので、ステルスロック等のサポートが欲しい。

A特化時の火力目安:第七世代版

じゃれつく
 無振りメガボーマンダをいかく込みで中乱1(56.3%)
 B特化カプ・レヒレを確2
 H振りメガバンギラスを超高乱1(93.8%)
アイアンヘッド
 H振りメガフシギバナを確2
 H振りツボツボを超高乱1(93.8%)
ふいうち
 無振りガブリアスを8.2%の低乱2(ダメージ43.1%~51.3%)、Aランク+2で12.5%の低乱1(ダメージ86.3%~101.6%)
 H振りウォッシュロトムを49.2%の中乱2(ダメージ45.8%~54.1%)、Aランク+2で43.8%の低乱1(ダメージ90.4%~107%)
 H振りメガゲンガーを確1(ダメージ107.7%~128.1%)、無補正A振りだと93.8%の超高乱1(ダメージ99.4%~117.3%)
はたきおとす
 無振りカプ・テテフを乱1(50%)
 B特化クレセリアに強化はたきおとす→通常はたきおとすで高乱2(82.4%)
ほのおのキバ
 H振りナットレイを確1、B特化だと乱1(56.3%)
 B特化テッカグヤを95.3%の高乱2、Aランク+2で高乱1(81.3%)


相性考察 節を編集

地面無効、炎半減でいやしのねがいを覚えるラティアスや、
同じく地面無効でみかづきのまい・トリックルーム・でんじは等を覚えるクレセリアと相性が良い。
因みに炎・地面半減以下でトリックルームを使えるポケモンはルナトーンソルロックのみ。


対クチート 節を編集

  • 注意すべき点
    メガシンカ前のいかく、メガシンカ後のちからもちにより、数値以上の火力・耐久を持つ。
    つるぎのまいからのふいうちが脅威。一致技とあわせて攻撃範囲が広い。トリル下では全抜きの恐れもある。
    耐性も優秀で、雨やグラスフィールドで弱点を補えるほか、補完に優れる相方も多い。
  • 対策方法
    炎タイプは攻守両面で有利。おにびがあればふいうちを空かしつつ火力低下を狙える。
    バシャーモなら対面構築気味に組まれるポリゴン2との並びにも強い。
    じしん持ちの物理アタッカーでも弱点を突けるが、いかくがあるので特殊技の方が通りやすい。
    無補正C振りサザンドラ@メガネのかえんほうしゃ・だいちのちからでH振りを確1。ふいうちも半減だが、じゃれつくには注意。
    後続にラティアスクレセリアがいる場合は起点を作らせないよう立ち回りたい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th
5th
XYOA
SM
威力命中タイプ分類PP備考
--11じゃれつく9090フェアリー物理10
--11アイアンヘッド80100はがね物理15
--11ちょうはつ-100あく変化20
--11なきごえ-100ノーマル変化40
--11ようせいのかぜ40100フェアリー特殊30
1111おどろかす30100ゴースト物理15
6665うそなき-100あく変化20
1111119かみつく60100あく物理25
16161613あまいかおり-100ノーマル変化20
21212117はさむ55100ノーマル物理30
26262621だましうち60-あく物理20
31313125バトンタッチ--ノーマル変化40
36363629かみくだく80100あく物理15
41414133てっぺき--はがね変化15
-464637ふいうち70100あく物理5
46515041たくわえる--ノーマル変化20
46515041のみこむ--ノーマル変化10
46515041はきだす-100ノーマル特殊10
-565645アイアンヘッド80100はがね物理15
--6049じゃれつく9090フェアリー物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技37すなあらし--いわ変化10
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技54みねうち40100ノーマル物理40
技56なげつける-100あく物理10
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技63さしおさえ-100あく変化15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技80いわなだれ7590いわ物理10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
技98グロウパンチ40100かくとう物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代まで
技01きあいパンチ150100かくとう物理20教え
技58こらえる--ノーマル変化10
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
つるぎのまい--ノーマル変化20技75
みねうち40100ノーマル物理40技54
じこあんじ--ノーマル変化10技77
どくどくのキバ50100どく物理15
げんしのちから60100いわ特殊5
くすぐる-100ノーマル変化20
ふいうち70100あく物理5Lv
こおりのキバ6595こおり物理15
ほのおのキバ6595ほのお物理15
かみなりのキバ6595でんき物理15
おしおき-100あく物理5
HSガードスワップ--エスパー変化10
ゆうわく-100ノーマル変化204th:技78
たたきつける8075ノーマル物理20
メタルバースト-100はがね物理10
ちきゅうなげ-100かくとう物理20
ミストフィールド--フェアリー変化10

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
FL/Emメガトンパンチ8085ノーマル物理20
FL/Emメガトンキック12075ノーマル物理5
FL/Emつるぎのまい--ノーマル変化20技75
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
FL/Emカウンター-100かくとう物理20
ちきゅうなげ-100かくとう物理20タマゴ
ものまね-100ノーマル変化10
FL/Emいわなだれ7590いわ物理10技80
みがわり--ノーマル変化10技90
Emばくれつパンチ10050かくとう物理5
Emじこあんじ--ノーマル変化10技77
Emいびき50100ノーマル特殊15
Em/XDこごえるかぜ5595こおり特殊15
Emこらえる--ノーマル変化10
Emどろかけ20100じめん特殊10
Em/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emれいとうパンチ75100こおり物理15
Emかみなりパンチ75100でんき物理15
げんしのちから60100いわ特殊5
はたきおとす65100あく物理20
ふいうち70100あく物理5Lv
でんじふゆう--でんき変化10
アイアンヘッド80100はがね物理15Lv
てっぺき--はがね変化15Lv
HSいかりのまえば-90ノーマル物理10
HSいたみわけ--ノーマル変化20
HSずつき70100ノーマル物理15
とっておき140100ノーマル物理5
あくのはどう80100あく特殊15技97
イカサマ95100あく物理15
ステルスロック--いわ変化20
よこどり--あく変化10
きあいパンチ150100かくとう物理20

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP備考
うたう-55ノーマル変化15XD

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上/妖精
孵化歩数5355歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

どくどくのキバレベル技:ハブネーク
げんしのちからレベル技:トゲチックノコッチ・イノムー・マンムーカクレオン
くすぐるレベル技:エテボース系統・チラチーノ系統
ふいうちレベル技:ラッタ系統・Aラッタ系統・ダグトリオ系統・Aダグトリオ系統・オオタチ系統・グラエナ系統・クチートパッチールカクレオンアブソルニャルマースカタンク系統・レパルダス系統・トリミアンニャオニクス♂・ネッコアラ
こおりのキバレベル技:アーボックグランブル系統・イノムー・マンムーグラエナバクオングオニゴーリ系統・トドゼルガフローゼルカバルドングレイシアムーランド
ほのおのキバレベル技:アーボックウインディ系統・ブースターグランブル系統・ヘルガー系統・ドンファングラエナバクオングライボルトカバルドンムーランドヒヒダルマ系統・カエンジシ系統・ガオガエン系統
かみなりのキバレベル技:アーボックウインディサンダースグランブル系統・ヘルガードンファングラエナバクオングライボルト系統・レントラー系統・カバルドンムーランド
おしおきレベル技:オコリザル系統・マニューラ系統・ケッキングゴウカザルゾロアーク系統
ガードスワップレベル技:ブラッキーキリンリキ
ゆうわくレベル技:ニドラン♂・ニドリーノロコンAロコンペルシアン系統・Aペルシアン系統・オドシシエネコブニャット系統・チョロネコチラーミィアシレーヌ系統
たたきつけるレベル技:ピカチュウオオタチ系統・ヌオー系統・ドンファン系統・ジャローダ系統・ミルホッグ系統・チラーミィネッコアラ
メタルバーストリレー遺伝:ボスゴドラ系統orトリデプス系統→サイホーン
レベル技:Aサンドパン
ちきゅうなげレベル技:オコリザル系統
ミストフィールドレベル技:タブンネニャオニクスフレフワン系統・ニンフィアアシレーヌ系統