ルカリオ - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

ルカリオ 節を編集

No.448 タイプ:かくとう/はがね
通常特性:ふくつのこころ(怯まされると素早さが1段階上がる)
     せいしんりょく(怯まない)
隠れ特性:せいぎのこころ(悪タイプの技を受けると攻撃が1段階上がる)
体重  :54.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)

・メガルカリオ
タイプ:かくとう/はがね
特性 :てきおうりょく(タイプ一致による威力の補正が1.5倍から2倍になる)
体重 :57.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
闘/鋼HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ルカリオ70110701157090525ふくつのこころ/せいしんりょく/せいぎのこころ
メガルカリオ701458814070112625てきおうりょく
コバルオン91901299072108580せいぎのこころ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/かくとう/じめん
いまひとつ(1/2)ノーマル/くさ/こおり/ドラゴン/はがね/あく
いまひとつ(1/4)むし/いわ
こうかなしどく

数少ない「かくとう×はがね」複合タイプ。
高いACS種族値と豊富な技を持ち、物理特殊両面で積み技と先制技を完備している典型的な積みエース。
メガシンカすることで特性がてきおうりょくになり、一致技の突破力が跳ね上がる。
物理・特殊の両方を安定して受けられるポケモンは存在しないため、相手に厳しい負担を強いる事ができる。
耐久は並だが、豊富な耐性からある程度の繰り出し性能を保っている点も見逃せない。

特殊アタッカーとしての適性があるかくとうタイプはかなり珍しい。
きあいだまの命中不安に悩まされがちな特殊かくとうにおいて、はどうだん・しんくうはの習得による選択の余地があるのも嬉しい。
火力では物理が勝るものの、D方面に薄いポケモンへの遂行力で勝るため一長一短である。

第六世代ではカバルドンのあくび展開などから起点を作ってもらうことが多かったが、
第七世代ではメガシンカしたターンからS112で動けるようになり、単体起用も考えられるようになった。
もちろん、依然として起点作りから暴れる積みエースとしての運用が基本ではある。
第七世代で大幅に増加したフェアリーに一致はがね技で遂行できるのも相対的な強化点だが、鋼等倍のフェアリーも少なくない点が気がかりか。
第六世代では先制技の枠がファイアローを意識してかしんそくであることが多かったが、第七世代では環境から消滅したため、フェアリーに有効打をとれるバレットパンチが優先されることが増えた。

〈通常ルカリオについて〉
メガルカリオが通常ルカリオの上位互換に近く、通常ルカリオでの採用はほぼ見られない。
一応、てきおうりょく対象外の技の火力はいのちのたまルカリオの方が上であり、きあいのタスキを採用できるメリットもあるが、
メガルカリオの利点を捨ててまでこれらの道具を選択する理由が現環境では見出だしがたい。
通常ルカリオはノートにあります。



特性考察 節を編集

せいぎのこころ
隠れ特性。はたきおとすの強化で相対的な需要はそこそこあるため、物理型ならコレが基本。
メガストーンとの相性もよく、はたきおとす読みで交換して攻撃一段階上昇後メガシンカも狙える。
特殊型でもしんそく、じしん等の物理技を入れるのなら、採用の余地はある。
せいしんりょく
メガシンカしない型ではタスキ潰し兼様子見でねこだましされても動ける恩恵は大きい。
ねこだましやいわなだれが飛び交うダブルでは最有力。
ふくつのこころ
怯むと素早さが1段階上昇する。もともとそこそこの素早さがあるため怯むこと自体少なく、
仮に素早さが上がり次ターン先に攻撃できても怯まずに攻撃できた方が断然得なので非メガシンカ型の場合は優先度は最も低い。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
通常適応力
インファイト120(180)240100防御↓
特防↓
命中安定の高火力一致技。
元々紙耐久なので物理格闘技はこちらの採用が多い。
とびひざげり130(195)26090--最大火力技。外したときのリスクも高い。
アイアンテール100(150)20075防御↓30%高耐久フェアリー対策。アイアンヘッドやスマートホーンは覚えない。
命中不安だが仮想敵が低火力の敵に偏るので攻撃試行回数は稼ぎやすい。
過去作教え技限定
バレットパンチ40(60)80100優先度+1てきおうりょくだとしんそくと同威力だが優先度では負ける。
無効化されるタイプがなく、抜群も狙えるのが利点。
メガゲンガーを想定する場合にも採用。
しんそく80-100優先度+2てきおうりょくバレットパンチと同威力。
優先度が高く半減されにくいが、ゴーストに無効。
ファイアローバシャーモに対して半減されずに先手を取れる。
かみくだく80-100防御↓20%対エスパー・ゴースト。あくのはどうと違い接触技。
フェアリーには格闘共々半減される。
じしん100-100-対毒や対ギルガルド。A2段階上昇でHギルガルド確1。
れいとうパンチ75-100凍り10%ガブリアスなど氷4倍に。過去作教え技限定
かみなりパンチ75-100麻痺10%ギャラドスなど電気4倍ピンポイント。過去作教え技限定
ストーンエッジ100-80急所率+1格闘お馴染みのサブウェポンだが枠的に優先度は低め。
格闘を半減以下にする複合炎・飛行・虫に。
メガルカリオの場合、単炎に対してはインファイトの方が威力が高い。
いわなだれ75-90怯み30%4倍弱点に対しての確定数はストーンエッジとあまり変わらない。
命中安定&怯み期待で。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
通常適応力
はどうだん80(120)160-必中ルカリオの代名詞。安定したメインウェポン。ちいさくなるの対策にもなる。
きあいだま120(180)24070特防↓10%威力は特殊で一番高いが命中はかなり不安定。当たれば強い。
しんくうは40(60)80100優先度+1先制技。バレットパンチと違いゴーストに無効なので注意。
ラスターカノン80(120)160100特防↓10%メインウェポン2。バレットパンチよりC無振りラスターカノンの方が強いため、
物理型でも採用できる。下降補正無振りでもてんねんピクシーを突破可能。
シャドーボール80-100特防↓20%一致技の通じないヤドランギルガルドなどの対策。
ルカリオにノーマルはまず出てこないので、無効化される心配はない。
格闘技を半減以下に抑える全ポケモンに等倍以上で通るのが強み。
あくのはどう80-100怯み20%一致技の通じないヤドランギルガルドなどの対策。
シャドーボールとは特防↓20%か怯み20%を取るかで選択。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-積んでしまえば非常に強力だが、何かしらの味方のサポート無しに積む事は難しい。
わるだくみ-つるぎのまい同様、積めば強いが安定して積む事は難しい。
みがわり-技スペースは厳しいが、行動回数が増やせる可能性がある他、相手の交代やまもる読み、状態異常対策にも。

型考察 節を編集

メガルカリオ 節を編集

持ち物:ルカリオナイト

PGLシーズン2シングル統計より、ようき51.2%、おくびょう31.5%、むじゃき13.0%と物理ベースの型が多い。

物理ベース 節を編集

性格:ようき/むじゃき
努力値:攻撃252 素早252
確定技:インファイトorとびひざげり
攻撃技:バレットパンチorアイアンテール/しんそく/れいとうパンチ/じしん/ストーンエッジorいわなだれ
特殊技:ラスターカノン/シャドーボールorあくのはどう
補助技:つるぎのまい/みがわり

高い素早さからの一致適応格闘技を軸に戦う型。
物理受けに対する特殊技も採用可能。
ただし、つるぎのまいを積めばほとんどの物理受けを突破できるのでつるぎのまいとは選択。

性格はS112まで上がった素早さを活用できるようにS補正が確定。
特殊技を採用する場合、先制技は物理技が多く、ある程度耐えられるようにDダウンになるむじゃきを推奨。
むじゃきならA補正ありファイアローのいのちのたま+ブレイブバードまでは確定耐えだが、せっかちだと50%の中乱数1となってしまう。

突破力を上げ抜き性能に特化する:格闘技・鋼技or悪技・しんそく・つるぎのまい
範囲を広げ、受けにくさに特化する:格闘技・バレットパンチ・シャドーボールorあくのはどう・れいとうパンチorじしん

特殊ベース 節を編集

性格:おくびょう/むじゃき
努力値:特攻252 素早252
確定技:ラスターカノン
攻撃技:はどうだんorきあいだま/シャドーボールorあくのはどう/しんくうは/しんそく/れいとうパンチ/ストーンエッジorいわなだれ
補助技:わるだくみ/みがわり

物理と違って火力は落ちるが、いかくやおにび、ゴツゴツメットで機能停止しないのが強み。
その火力不足を補うため、わるだくみの優先度は高め。

先制技も特殊技のしんくうはがあるが、ファイアローに先手を取れるしんそくも有用。

はどうだんの威力が90→80に下がり、
きあいだまとの威力差が大きく、きあいだまの命中難を踏まえても、
はどうだんの火力は積まないと厳しい。
積むのであれば今度はしんくうはの価値も出てくる。

せいぎのこころを物理と決めつける相手の意表を突くために、特殊型をせいぎのこころにするのもあり。

基本構築
速効性:ラスターカノン・きあいだま・しんそく・サブ
安定性:ラスターカノン・しんくうは・わるだくみ・サブ


対ルカリオ 節を編集

  • 注意すべき点
    物理主体か特殊主体かを初見で判断することが難しい。
    格闘・鋼・悪の攻撃範囲は広く、さらに優先度の高い先制技しんそく持ち。
    フェアリー・飛行・エスパーで止まらない格闘。岩・鋼・ゴーストで止まらないしんそく使い。
    メジャーな格闘受けポケモンの、クレセリア/ピクシー/ギルガルド/ヤドラン/デスカーン/ギャラドスなどであっても
    一致鋼技/シャドーボール/ストーンエッジなどの優秀なサブにより、技構成次第では後出ししても返り討ちにあう。
  • 対策方法
    先制技に耐えうるスペックを持つスカーフアタッカーで上から縛るのが有効。霊獣ランドロスなどがいいだろう。
    そのようなポケモンがいない場合、つるぎのまい・わるだくみを積まれると対策を取りづらいため、展開させないことが第一。

    格闘技・しんそく・つるぎのまい・かみくだくの構成の場合は、ゴーストタイプでのみがしばが効果的。
    ただし、第6世代の頃は(メガ)ゲンガーギルガルドで問題なかったが、第7世代シーズン2終了時点で(2017/3/21)、技構成に変化が生じている。
    PGLの統計によると、1位インファイト66.1%、2位バレットパンチ59.5%、3位ラスターカノン47.8%、4位しんくうは41.1%に続いて、5位にじしん(40.2%)が来ている。
    フェアリーの増加により毒タイプも環境に増えたことと、メジャーなゴースト(ゲンガーギルガルドAガラガラ)にじしんが刺さるためであろう。
    ちなみに、かつてメインウェポン級の採用率を誇ったしんそくは9位(9.3%)。

    物理・特殊のどちらの型でも格闘技・鋼技・先制技・積み技の構成が大半を占めるのは相変わらず。
    このため格闘鋼両方を半減する複合の飛行タイプ(ギャラドスサンダー等)が苦手な点は変わりない。
    ただしルカリオはステルスロック持ちと組んでいる事が多いので注意。積まれると後出しは厳しくなる。

    火傷させても、そのターンにつるぎのまいを積まれたらあまり意味がないので、おにびよりはでんじはの方が効果的。
    耐性の多い鋼だが、どのポケモンも鋼対策は視野に入れているので、マヒさせておけば、後続のポケモンでどうとでもなる。
    ただし、しんそくやバレットパンチなど多くの先制技も使えるので、そのダメージは見越すこと。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
リオルルカリオ
-1とぎすます--ノーマル変化30
11みやぶる--ノーマル変化40
11でんこうせっか40100ノーマル物理30
1-こらえる--ノーマル変化10
-1みきり--かくとう変化5
-1メタルクロー5095はがね物理35
-はどうだん80-かくとう特殊20
66カウンター-100かくとう物理20
1111フェイント30100ノーマル物理10
15-はっけい60100かくとう物理10
-15グロウパンチ40100かくとう物理20
19-まねっこ--ノーマル変化20
-19つるぎのまい--ノーマル変化20
24-いやなおと-85ノーマル変化40
-24きんぞくおん-85はがね変化40
29-きしかいせい-100かくとう物理15
-29ボーンラッシュ2590じめん物理10
-33ファストガード--ノーマル変化15
-37さきどり--ノーマル変化20
47-わるだくみ--あく変化20
-47めいそう--エスパー変化20
50-いのちがけ-100かくとう特殊5
-51いやしのはどう--エスパー変化10
-55インファイト120100かくとう物理5
-60りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
-65しんそく80100ノーマル物理5

※進化したときに覚える。

+  過去世代

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技04めいそう--エスパー変化20
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技47ローキック65100かくとう物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技28あなをほる80100じめん物理10
技67かたきうち70100ノーマル物理5
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
技98グロウパンチ40100かくとう物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代まで
技01きあいパンチ150100かくとう物理20教え
技03みずのはどう60100みず特殊20教え
技23アイアンテール10075はがね物理15教え
技58こらえる--ノーマル変化10Lv
技59りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv/教え
技60ドレインパンチ75100かくとう物理10教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
クロスチョップ10080かくとう物理5
みきり--かくとう変化5Lv
かみつく60100あく物理25
こころのめ--ノーマル変化5
スカイアッパー8590かくとう物理15
とびひざげり13090かくとう物理10
こうそくいどう--エスパー変化30
しんくうは40100かくとう特殊30
かみくだく80100あく物理15
けたぐり-100かくとう物理20教え
てっぺき--はがね変化15教え
ブレイズキック8590ほのお物理10
バレットパンチ40100はがね物理30
HSこのゆびとまれ--ノーマル変化20
ともえなげ6090かくとう物理10

教え技 節を編集

4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
かみなりパンチ75100でんき物理15
れいとうパンチ75100こおり物理15
しねんのずつき8090エスパー物理15
いびき50100ノーマル特殊15
てだすけ--ノーマル変化20
でんじふゆう--でんき変化10
てっぺき--はがね変化15タマゴ
HSなりきり--エスパー変化10
HSけたぐり-100かくとう物理20タマゴ
アイアンテール10075はがね物理15
ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
ドレインパンチ75100かくとう物理10
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv
きあいパンチ150100かくとう物理20
みずのはどう60100みず特殊20
しんくうは40100かくとう特殊30タマゴ
スピードスター60-ノーマル特殊20
どろかけ20100じめん特殊10
れんぞくぎり4095むし物理20
HSずつき70100ノーマル物理15
あくのはどう80100あく特殊15技97
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上/人型
タマゴグループ
(リオル時)
タマゴみはっけんグループ
孵化歩数6400歩
性別♂:♀=7:1
備考リオルはタマゴを産みません。注意。
備考2なつき度が220以上の状態で朝か昼にレベルアップすることでリオルから進化。

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

クロスチョップオコリザル系統・カイリキー系統
スカイアッパーエビワラー・ワカシャモ・バシャーモゴロンダ系統
とびひざげりサワムラーバシャーモチャーレムミミロップズルズキン系統・コジョンド系統・ルチャブルアマージョ
しんくうはエビワラーストライク
かみくだくラッタ系統・アーボックガーディキリンリキグランブル系統・ヘルガー系統・グラエナ系統・バクオングクチートハブネークトドゼルガレントラー系統・フローゼルカバルドン系統・ミルホッグ系統・ムーランド系統・ヤナップバオップヒヤップワルビアル系統・ズルズキン系統・カエンジシ系統・ゴロンダ系統
ブレイズキックサワムラーバシャーモ(アローラ地方には自力習得者なし)
てっぺきORAS教え技・クチートコータスキリキザン系統
バレットパンチエビワラーゴロンダ
このゆびとまれオオタチ系統