チラチーノ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

チラチーノ 節を編集

No.573 タイプ:ノーマル
通常特性:メロメロボディ(接触技を受けると30%の確率で相手をメロメロ状態にする)
     テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:スキルリンク(連続技が必ず最大回数当たる)
体重  :7.5kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
同特性ノーマルHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
チラチーノ7595606560115470メロメロボディ/テクニシャン/スキルリンク
エテボース75100666066115482テクニシャン/ものひろい/スキルリンク

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

高い素早さが売りの速攻ノーマルの一体。
特性スキルリンクテクニシャンなど、多彩な連続技と相性の良い特性を持つ。
連続技主体なのでタスキやみがわり、反射技に強く、高い素早さからおうじゃのしるしで怯みを狙うことも可能。
とんぼがえりやはたきおとす、でんじはといった小技も覚えるので器用に立ち回れる。

弱点としては、タイプ一致技のスイープビンタは接触技なので、ゴツゴツメットやてつのトゲさめはだなどに弱いこと。
スキルリンクの場合それら相手に使えば体力が5/8も削られてしまい、ゴツゴツメットと特性が合わさると体力が満タンでも瀕死になってしまう。
また、攻撃種族値は並で積み技も無いため特性込みでも火力は控えめ。連続技の範囲も被り気味で特にはがねタイプに対する有効な打点に乏しい。
ある程度の耐久数値があれば簡単に受けきられてしまい、低耐久ゆえ反撃で致命傷を被ることも多い、

第七世代では相性のよい道具としてぼうごパットが登場。
スキルリンクスイープビンタで脅威となるてつのトゲやほのおのからだなどの接触時発動特性、ゴツゴツメットに対して耐性を得た。
しかし火力・耐久を補強できず、怯みでのゴリ押しも効かなくなるため、結果的に相手から手痛い一撃を受けかねない。
ロックブラストとタネマシンガンは元から非接触なので、実質スイープビンタピンポイントの採用になり、汎用性には欠ける。
また、種族値が上位互換のエテボースがUSUMからスイープビンタを習得してしまったのは痛い所。
向こうが覚えないロックブラストやタネマシンガンは差別化のために積極的に採用したい。

対ミミッキュ性能について

環境トップのミミッキュに対して素早さで上回り、かげうちが無効、要である「ばけのかわ」を貫通してダメージを与えられる点は評価点。
ただし、反撃のA特化ぽかぼかフレンドタイムでH振りまで確1。きあいのタスキを持たせれば耐えられるが火力補強ができず、
A252タネマシンガン1発目でばけのかわを破壊し残り4発→次ターン5発と攻撃しても無振りミミッキュは中程度の乱数でしか落ちないので安定はしない。
ステルスロックがあれば倒せるが、元々連続技によりタスキやがんじょうに強いことが採用メリットなので、ステロサポートとアンチシナジーな感は否めない。


過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

メロメロボディ
耐久が低く確率も30%なので発動機会は皆無。
基本的に候補外。
テクニシャン
対象技が多く、連続技は4発以上ヒットでスキルリンク越え、5発ヒットすれば1.5倍の高火力となるが
当然2ヒットで終わることもあるので安定性に欠ける。
同じ特性を持つエテボースとの差別化の問題もあるので採用率は低め。
スキルリンク
隠れ特性。各種連続技が必ず全段ヒットするようになる。
スイープビンタだけで見ればエテボースの劣化だがタネマシンガン、ロックブラストを使える点で勝る。
基本はこれだが、連続技3つは全てはがねに通らないので対策は必要になる。
デメリットは概要の通り一回ごとに接触判定が出ることだが、同時に怯み判定も一回ごとに出る。
5発当たれば4割強の怯みが期待できるので、おうじゃのしるしなどの持ち物との相性も良い。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力テクニシャン命中追加効果備考
スイープビンタ25(37)*2~555*2~585-タイプ一致技。スキルリンクなら威力185。命中不安。接触技。
テクニシャンなら5発で威力275だが、期待値は3発の威力165。
おんがえし102(153)-100-タイプ一致技。性能安定。テクニシャン向け。
期待値はスイープビンタの方が上だが、こちらは命中安定。
タネマシンガン25*2~537*2~5100-対岩。命中安定。非接触。
ロックブラスト25*2~537*2~590-炎・飛行・虫などに抜群で広範囲。命中不安。非接触。
ダストシュート120-80毒30%フェアリーに抜群だが、ノーマル技と半減範囲が被る。
アイアンテール100-75防御一段階低下30%対フェアリー。主にミミッキュに対する抜群技。
アクアテール90-90-対岩。鋼にも等倍なのでヒードランドリュウズにも。
はたきおとす65/97-100道具排除対ゴースト。追加効果が優秀だが、メガストーン・Zクリスタルには無効。
どろぼう6090100道具強奪対ゴースト。テクニシャン適用技。
とんぼがえり70-100自分交代攻撃しつつ撤退。交代読みで。
じたばた20~200
(30~300)
-100-タイプ一致技。最大威力では一番。きあいのタスキや こらえるとあわせて。
めざめるパワー-6090100-ナットレイカミツルギハッサムなどに有効な炎が基本。
カミツルギに撃つ場合は特防に振っている場合、こちらがテクニシャンでないと耐えられる恐れがあるので注意。
振っていない場合は下降補正無振りでも1撃。
あなをほる地面80-100-ジメンZ前提。呼ぶ鋼に。ただし環境で見かけるテッカグヤエアームドには無効。
めざましビンタ格闘70-100対象が寝ている場合威力が倍対鋼。あなをほるよりは使いやすいがZワザ化しないと威力不足。
弱点を突けるポリゴン2などにはどくどく、はたきおとすの方が有効。
なげつける不定不定100投げつけるアイテムで変化おうじゃのしるしを投げつけ擬似的なねこだまし。どろぼう、ほしがるとのシナジーがある。
変化技タイプ命中備考
でんじは90妨害技。おうじゃのしるしとあわせてまひるみを狙える。自身が突破された際に後続の起点作りとしても。
アンコール100妨害技。素早いので使いやすい。
みがわり-補助技対策やふいうち回避、交代読みなどで。連打する事でじたばたの威力を上げることもできる。
どくどく90物理受けに対して。
ひかりのかべ-後続のサポートでんじは、あまえる、アンコール、とんぼがえりなどと合わせて。
あまえる100物理アタッカーに対して対面、交代読みで有効 リフレクターは覚えない。
こらえる-じたばたと合わせて。きあいのタスキを持たせない場合に。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ライジングランドオーバーあなをほる160無補正A252で無振りメガルカリオ、H振りヒードランを確1。
ただしテッカグヤナットレイなど地面等倍以下の鋼も多い。
ぜんりょくむそうげきれつけんめざましビンタ140A特化でH振りメガバンギラスを高乱数1、無補正だと低乱数。
カミツルギナットレイはA特化でも確2。

型考察 節を編集

スキルリンク型 節を編集

特性:スキルリンク
性格:ようき/むじゃき/せっかち
努力値:AS252
持ち物:おうじゃのしるしorするどいキバ/ぼうごパット/こだわりハチマキ/きあいのタスキ/いのちのたま/ピントレンズ/Zクリスタル
確定技:ロックブラスト/タネマシンガン
優先技:スイープビンタ
攻撃技:ダストシュート/アクアテール/はたきおとす/とんぼがえり/めざ炎/あなをほる(Z推奨)/めざましビンタ(Z推奨)/なげつける
補助技:アンコール/でんじは/みがわり/どくどく

スキルリンクによる連続技を主体とする型。
ゴツゴツメットやさめはだなどの接触判定は1回ごとに行われるため、スイープビンタは5発当たれば5回ダメージを受ける。
元々等倍でゴリ押しできるほどの火力もなく、接触判定を嫌うなら他の連続技で代用が効くため、タイプ一致技とは言え必ずしも採用する必要はない。

Sは基本最速、めざ炎を採用する場合はせっかちかむじゃきを推奨。
スキルリンクによる5連続攻撃を主体とする型で基本的にはおうじゃの印を持って上から4割強の怯みを押し付ける。
一方、パルシェンのような積み技はなく突破力はさほどないので、抜き性能は運に左右される。
 
おうじゃのしるし型以外ではきあいのタスキやこだわりハチマキ持った型が存在するが、元の火力が低いので怯みのゴリ押し以外での突破は見込みづらい。
Zクリスタルもごく少数存在し、基本は鋼への打点であるめざましビンタ・あなをほるピンポイントで採用する。
ただしA252Zめざましビンタで無振りナットレイすら確2なので、突破が見込める鋼はルカリオヒードラン程度。

耐久振りに関する考察

Aに努力値を振るより 耐久に割いて試行回数を稼げるようにした方が現実的かも知れない。
というのも、チラチーノの火力では1撃で倒しきれるような相手はほぼいないためである。
↑自分も同じことを考えたことがあるが、元々の耐久が低すぎて多少振っても焼け石に水という程度だった。
有用な仮想敵に合わせた調整が見つかれば話は別だが、今のところはASぶっぱが安定の模様。

テクニシャン型 節を編集

性格:せっかち/むじゃき
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ
努力値:AS252
確定技:おんがえしorスイープビンタ/めざめるパワー(炎/氷)
攻撃技:ダストシュート/アクアテール/はたきおとすorどろぼう/ロックブラスト/タネマシンガン/とんぼがえり
補助技:アンコール/でんじは/みがわり

テクニシャン型。
1発あたりの威力は高いが、スキルリンク型に比べ期待値が低く不安定であるため、あまり使われない。
PGL統計より、使用率は約3~5%。

最大の利点はテクニシャン補正でめざめるパワーの威力が上がること。スキルリンクと差別化を図るならめざめるパワーは必須。
電気を選ぶと10まんボルトの劣化になるため、炎や氷が候補となる。
炎でいのちのたまを持たせればメガハッサムナットレイエアームドを確2にできる威力はある。
しかし、どの相手にもタイマンからでは勝てないので交代読みで当てるしかない。 ハッサムに至っては逆にバレットパンチで縛られてしまう。
氷の場合はいのちのたまで無振りボーマンダ霊獣ランドロスが乱1、ガブリアスが確2程度。
氷の場合はきあいのタスキでも確定数が変わらないので、こちらを推奨。
 

サポート型 節を編集

特性:スキルリンク/テクニシャン
性格:ようき/おくびょう/せっかち/むじゃき
基本努力値:S252 H172 B36 D44(耐久指数が最大でダウンロード対策)
確定技:ひかりのかべ/とんぼがえり
選択技:あまえる/でんじは/アンコール/みがわり/どくどく/その他攻撃技/なげつけるなど
持ち物:オボンのみ/なげつけるアイテム/おうじゃのしるし/きあいのタスキ

 
レートで存在する型がアタッカーしか存在せず、補助型は非常に読まれにくい、
でんじは+アンコールでりゅうのまいを固定させることができる。
でんじはが効かないボルトロスなどがわるだくみを積んできた場合もボルトロスよりも早いためアンコールを上から入れることができる。
リザードンはスキルリンクロックブラストの存在から積んでくることは少ない上にでんじはが有効。
退場技がとんぼがえりしかなく、すばやさが早いため先行とんぼになりがちなため後続に負担をかける可能性もある。
リフレクターは覚えない。


対チラチーノ 節を編集

注意すべき点
スキルリンクによる5発当たる連続技3種。きあいのタスキやがんじょう、カウンターに強い。
おうじゃのしるしで怯み40%。でんじはとあわせてまひるみで突破される恐れも。
高い素早さと相性がよいとんぼがえりやアンコール、はたきおとすといった小技も豊富。
対策方法
スイープビンタを誘い、さめはだてつのトゲ・ゴツゴツメット持ちで受ける。
ただし、すでにゴツメなどが相手にバレている場合 接触を嫌ってチラチーノがタネマシンガンやロックブラストと言った非接触技を打ってくる場合があるので読み合いとなる。

その他には、先制技やこだわりスカーフで先手を取って叩いてしまうか、おにびやでんじは、いかくで攻撃や素早さを下げる。

技の威力が低くチラチーノはカウンターを覚えないので上から高火力で叩けばまず問題ない。
チラチーノの種族値はそこまで高くないので こちらの攻撃が耐えられても返しの一撃で弱点を突かれても耐える事がある。

また、はがねタイプへの有効打を搭載している方は少なく威力も低いのでテッカグヤやエアームドのようなポケモンなら安全に繰り出せる。
やどりぎのタネやどくどくと言った補助技を使うとみがわり⇨アンコールでハメられる恐れがあるので注意。
ヒードランやメタグロスの場合はあなをほるベースのジメンZに注意。環境にはほぼいないが、チラチーノ側がそれらで返り討ちにできる点は頭に入れておくこと。
王者の印での怯みゴリ押しがなくはないので、チラチーノのよりも遅い鋼タイプは運次第で強引に突破される可能性もあり電磁波で後続の起点にされたりする可能性があるので
受け出すよりも可能ならば試行回数を稼がせずに倒したい。
積み技はかげぶんしんとめいそうしか覚えず特殊型はレートには存在しないため起点にされることはない。


覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

チラーミィ
5th6th
SM
威力命中タイプ分類PP
11はたく40100ノーマル物理35
3-なきごえ-100ノーマル変化40
-3つぶらなひとみ-100フェアリー変化40
77てだすけ--ノーマル変化20
99くすぐる-100ノーマル変化20
1313おうふくビンタ1585ノーマル物理10
1515アンコール-100ノーマル変化5
1919スピードスター60-ノーマル特殊20
2121うたう-55ノーマル変化15
2525スイープビンタ2585ノーマル物理10
2727あまえる-100フェアリー変化20
3131めざましビンタ70100かくとう物理10
3333エコーボイス40100ノーマル特殊15
3737たたきつける8075ノーマル物理20
3939ゆうわく-100ノーマル変化20
4343ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
4545とっておき140100ノーマル物理5
4949おさきにどうぞ--ノーマル変化15
チラチーノ
5th
~SM
威力命中タイプ分類PP
1タネマシンガン25100くさ物理30
1ロックブラスト2590いわ物理10
1てだすけ--ノーマル変化20
1くすぐる-100ノーマル変化20
1うたう-55ノーマル変化15
1スイープビンタ2585ノーマル物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技04めいそう--エスパー変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技73でんじは-90でんき変化20
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技99マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技67かたきうち70100ノーマル物理5
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20

タマゴ技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
アイアンテール10075はがね物理15教え
しっぽをふる-100ノーマル変化30
アクアテール9090みず物理10教え
どろかけ20100じめん特殊10
はたきおとす65100あく物理20教え
うそなき-100あく変化20
ねごと--ノーマル変化10技88
こらえる--ノーマル変化10
じたばた-100ノーマル物理15

教え技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
はたきおとす65100あく物理20タマゴ
てだすけ--ノーマル変化20Lv
とっておき140100ノーマル物理5Lv
さわぐ90100ノーマル特殊10
アクアテール9090みず物理10タマゴ
ダストシュート12080どく物理5
タネばくだん80100くさ物理15
アイアンテール10075はがね物理15タマゴ
おさきにどうぞ--ノーマル変化15Lv
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10Lv
ほしがる60100ノーマル物理25
でんげきは60-でんき特殊20
とぎすます--ノーマル変化30
ねごと--ノーマル変化10タマゴ/技88

遺伝 節を編集

タマゴグループりくじょう
孵化歩数3840歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で1920歩)
性別♂:♀=1:3
進化条件チラーミィに「ひかりのいし」を使うと進化。

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

アイアンテールリレー遺伝:ボスゴドラ系統(Lv)→ニドラン♂サイホーンメリープ
自力習得:(ORAS教え技)
しっぽをふるレベル技:ラッタ系統・ライチュウ系統・ロコンゴルダック系統・ギャロップ系統・ドサイドン系統・ケンタロスイーブイ系統など
アクアテールレベル技:ゴルダック系統・ジュゴン系統・フローゼル系統・ダイケンキ系統
自力習得:(ORAS教え技)
どろかけレベル技:ダグトリオ系統・Aダグトリオ系統・マンムー系統・ドリュウズ系統・ワルビアル系統・ホルード系統・バンバドロ系統
はたきおとすレベル技:カモネギドンファン
自力習得:(ORAS教え技)
うそなきレベル技:リングマ系統・クチートゾロア
ねごとレベル技:バクオング系統
自力習得:(技マシン88)
こらえるレベル技:ノコッチゴマゾウヤルキモノパチリスミミロップ系統・マンムー系統・ツンベアー系統
じたばたレベル技:ノコッチウリムーゴマゾウジグザグマ・ナマケロ・ケッキングコータスパッチールツンベアー系統・ホルード系統・キテルグマ系統・ネッコアラ