ローブシン/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

ローブシン 節を編集

No.534 タイプ:かくとう
特性 :こんじょう(状態異常の時に攻撃が1.5倍になる)
       ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり、威力が1.3倍になる)
夢特性:てつのこぶし(パンチ技の威力が1.2倍になる)
体重 :87.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP攻撃防御特攻特防素早
ローブシン10514095556545

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---


てつのこぶし 節を編集

鉄の拳 基本型 節を編集

特性:鉄の拳
性格:いじっぱりorしんちょう
努力値:攻撃252 をベースに耐久調整
持ち物:オボンの実など
確定技:ドレインパンチ/マッハパンチ
優先技:かみなりパンチ/れいとうパンチ
選択技:ストーンエッジ/しっぺがえし/ほのおのパンチ/ねごと/どくどく

本家の鉄の拳使用が鉢巻型しかなかったので作成。
火力・耐久・範囲を両立させ、攻撃の試行回数を増やすのが目的となる。

ちからずく型と比べて火力が劣るが、持ち物にオボンの実を持たせることで高い耐久をさらに生かせるようになる。

調整例
H212/A244/B4/C-/D20/S28

物理耐久
オボン込みで252振りガブリアスの逆鱗確定3
同じく252振りテクニキノガッサのタネマシンガン5発を確定耐え
同じく252振りパルシェンのからやぶ後のつららばり5発を確定耐え

特殊耐久
オボン込みで252振りボルトロスの10万ボルトを確定3
同じく44振り特攻1段階上昇スイクンの波乗りを確定3
同じく無振りニョロトノの波乗りを確定3

攻撃面
ドレインパンチ
からやぶしていないパルシェンをドレパン⇒マッパで確定
H252ハッサムを確定2

れいとうパンチ
H252ガブリアスを確定1発
無振りキノガッサを確定1発
ガブのエッジ耐え調整のボルトロスをれいとう⇒マッパで確定
H252ボーマンダを威嚇込みれいとう⇒マッパで確定

かみなりパンチ
特化ギャラドスをオボン込みでも確定2
特化スイクンをオボン込みでも確定3

素早さ
4振りカバルドン抜き

上記の調整で30戦ほど潜ってみた感想

オボンの実の耐久強化が厚く、殴り合いにすごく強かった。
ちからずくに比べて、お互いが等倍の殴り合いになると負けることはまずないといったところ。

範囲も広く、多く居座ることができるのがこの型の強み

普通にガチ型だが、ネタに置かれた時期が5世代の後半だったこともあり本家に載らずじまいだった。

鉄の拳みがきあ型 節を編集

特性:鉄の拳
性格:いじっぱり
努力値:HP252 A調整 残り耐久
持ち物:格闘ジュエル ほか各種強化アイテム
確定技:きあいパンチ/みがわり
優先技:マッハパンチ
候補技:れいとうパンチ/かみなりパンチ/どくどく

無かったので机上論だけど追加してみた。有利な相手に繰り出して流し際に身代わりor耐久に振って後攻身代わり。
↑補正無振りジュエル気合いパンチ+マッハパンチでH4ラティオス確1。
B特化グライオンの身代わりを同条件ジュエルなし気合いパンチで確定。PP最大値が32なので流し際に身代わり張れれば砂なし無限グライに一方的には嵌められない。
同条件気合いパンチでB特化エアームド超高乱数2。↑補正A20振りから確定2。特化ジュエルなら30%ほどの乱数1。
等倍相手なら気合いパンチが決まれば戦えるので他の枠は範囲を広げる冷凍/雷Pか耐久エスパーや霊に撃つ毒々か。炎Pは撃ちたい相手に大概気合いパンチが通るので不要かと。
当然終盤の打ち合いに弱くなるし、オボンブシンなどが戦えるパルシェンにも戦いづらい。

出典:ネタポケまとめwiki

ちからずく 節を編集

ちからずくみがきあ型 節を編集

特性:ちからずく
性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:HP6/攻撃252/防御252
持ち物:いのちのたま
確定技:みがわり/きあいパンチ/いわなだれ
選択攻撃技:マッハパンチ/しっぺがえし/じならし
選択補助技:どくどく/ビルドアップ/ちょうはつ

基本は物理ATへの後出しか死に出し。スカガブの地震でちょうど確3。
ダメージを見れば引くのでオボンでなくても身代わりを積む余裕はあるはず。
いわなだれの威力はおよそ127相当。力尽く珠を使うなら命中90の分、エッジより有用か。
選択技はダメージを稼ぎたいならマッハパンチ、少しでも範囲を広げたいなら地面技。
積まれると止まる、回復技で削りきれない相手にはちょうはつかどくどくが便利

出典:ネタポケまとめwiki

スカーフ型 節を編集

特性:ちからずく
性格:ようき
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:攻撃素早さ252
技:ばかぢからorローキック/いわなだれorストーンエッジ/じしん/どくづき/れいとうパンチ/かみなりパンチ/ほのおのパンチ

色違いを捕ったらようきであばれるのがすきだったので作ってみた。
メインの格闘技が連打しにくいのと技が少ないのが難点。3色パンチを習得できればネタでもなくなる?

BW2で念願の3色パンチを習得した。力ずく補正をかけて使った方がいいかも。
ちなみに最速だと92族まで、準速だと79族まで抜ける。
オノノクス、サザンドラ、ウルガモス、ガブリアス辺りは最速か準速か把握できればノーリスクで倒せるので決して悪くはない…と思う。
実際に使ってみたけどやはり抜けるラインが微妙なのは痛いな。ただ耐久無振りでも物理なら多少の攻撃は耐えれるので何もできないという事態は少ない。

スカーフを持つので能動的に発動できる力ずくを追加。
スカーフ型で先制して一撃or一発受けて二発目で倒すのがスカーフの基本なので、アムハンは微妙。しかし代用がローキックって……
↑で言われてるように力ずくとの相性は良好。三色パンチと岩雪崩がすべて強化される。
しかし岩格闘等倍を利用して積みだすポケモンを叩き潰すのがコンセプトなのを考えると、格闘技いらないような気が……

出典:ネタポケまとめwiki

ちからずく特殊型 節を編集

特性:ちからずく
性格:ひかえめ
努力値:HP特攻252
持ち物:オボンの実 or いのちのたま
技:きあいだま/くさむすび/めざパ氷/マッハパンチ/ふるいたてる/ビルドアップ/はかいこうせん

ちからずくによって気合い玉の威力が156となる。
まあ特攻種族値が55しかないんだからあまり意味は無いんだが…

あなどることなかれ、実は、
「特攻特化「珠」きあいだま > 攻撃特化持ち物ナシばかぢから」なのだ!
気合玉以外ではゴリゴリ体力が削れていくが、受けにきた物理受けにひと泡吹かせる事が出来る。
また、受けにくるであろう物理特化ブルンゲルも、珠であればくさむすびで中乱2。
特殊型始まったな。

↑冷静にしてマッパ入れてHC振りにしたら技の威力は高いからある程度使えた
しかしサブウエポンの火力が・・・

意表を突いて倒せるかも知れない物理受けを並べてみた
グライオン めざ氷でHP振りを中乱1
ヤドラン 草結びで中乱2
ブルンゲル 草結びで中乱2
エアームド きあいだまでHP振りが確定2

意外と強いかも知れぬ
スイクンは確3なので多分無理

性格が冷静で、気合玉/冷凍パンチ/炎のパンチ/マッハパンチ@命の玉で使用してるけど結構良い感じに働いてくれるよ。
気合玉でH252スイクン乱2(89.8%)、冷凍パンチでHB252グライオン乱1(37.5%)、HB252ブルンゲルも雷パンチがあれば確2みたいだし。
何より特殊技を相手は持っていると思わないから意表をつけるのがいいね。

これ、珠じゃなくて眼鏡持たせれば、全部確定圏内に入るんじゃないか。
そんなに悪くもないような。
↑3パン解禁前の時点でも技範囲が一般的な物理型と被ってるし倒せる敵もそんなに変わって無いのがあるから一々特殊にする意味が無いという事でネタ。
気合玉をメインにするのは不安定だし3色パンチも解禁されて範囲も普通に物理で殴った方が強い

出典:ネタポケまとめwiki

こんじょう 節を編集

根性珠きあいパンチ型 節を編集

特性:こんじょう
性格:無難にいじっぱりかゆうかん
努力値:HP攻撃252
持ち物:いのちのたま
確定技:きあいパンチ
選択技:みがわり/マッハパンチ/しっぺがえし 

相手がどくどくとかおにびを出すタイミングをはかって出す。そしてこんじょうといのちのたまを合わせた最高威力の格闘技きあいパンチを放つ!

物理受けも格闘が4分の1の相手もビックリの度肝を抜く威力だと思う。
↑適当に計算機回してみた。
物理特化スイクンに対して中乱数1発
等倍なら種族値H100B100あたりから確一
半減だとクレセリアとかはさすがに無理だがヤドランなどは高乱数2発。
弱点の奴に対しては言わずもがな

根性ねむねご型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱり
持ち物:たべのこし/プレート/しんかのきせき
努力値:攻撃252 HP252
技:ねむる/ねごと/ドレインパンチ/ストーンエッジ/しっぺがえし/マッハパンチ

BW2で寝言を習得。
↑しんちょうHD アームハンマー/しっぺがえし/ねごと/ねむる@かくとうジュエル で実際に運用。
当たり前ではあるが、マッハパンチ・ビルドアップ・こんじょうなどの、他の型での行動を前提として動かれるため、
瞬間的に高火力を出せるジュエルアームハンマーは役に立つ場面が多かった。
この型のターゲットとしては、やけど・ゴツゴツメット・天候ダメージなどでローブシンを落とす目的の低火力の耐久型か。
ただし、非常に扱いにくい

その他 節を編集

進化の輝石ドテッコツ型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱり
努力値:攻撃252HP252
持ち物:かえんだまorどくどくだまorしんかのきせき
確定技:まもるorビルドアップ
選択技:アームハンマーorドレインパンチ/マッハパンチ/いわなだれ/からげんき/

ドテッコツ好きの人にオススメ、実際使われた
メリットはローブシンとダブルバトルで出せる事
1ターン目にまもるやビルドアップで火傷、毒状態にする
こんじょうが発動すれば馬鹿に出来ない攻撃力になる
↑立体図鑑BWでのドテッコツの動きに惚れた

高耐久闘HP攻撃防御特攻特防素早備考
ドテッコツ8510585405040
137&br()15385&br()101しんかのきせき無振り&br()しんかのきせき全振り
ローブシン10514095556545
ナゲキ12010085308545
ズルズキン65901154511558
ゴーリキー8010070506045
115&br()131100&br()116しんかのきせき無振り&br()しんかのきせき全振り

下記の理由で本家から進化の輝石型は削除しました。復帰を提案する場合はここで差別化の議論をまとめてからにしてください。
・耐久比較目安=輝石ドテッコツ:オボンローブシン
(H252+B252+D4)×防御補正
物理=43200:42665≒1000:987  特殊=20352:22790≒1000:1120
(H252+B4+D252)×特防補正
物理=30528:30740≒1000:1007 特殊=32256:33920≒1000:1052
※オボン発動を前提に回復分をHPに換算しているため単純比較はできないが、
攻撃が大幅に劣り仮想敵に対する確定数が増え被弾回数が多くなるため、
数値は同等でも実質的には耐久面でもブシンに大きく劣る。
ドレパンの回復割合が上昇しても与えるダメージ自体が減るので特別有効ではない。

・脱劣化ローブシンへの道
今のところ明確な利点は「汎用性の高いオボンを他のポケモンに持たせられる」くらいかな?
「物理に後出ししたあと、呼ぶ特殊の攻撃ももう1発耐える可能性がある(ブシンはオボン発動せず無理)」というのは、
物理受けの役割を放棄してるだけだから意味無いかも。
攻撃で誰かを倒そうと思うとどうしても劣化になるから、毒や威張るを撒いたりする方向なのかな