ローブシン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ローブシン 節を編集

No.534 タイプ:かくとう
通常特性:こんじょう(状態異常の時に攻撃が1.5倍になる・やけどによる物理技の威力低下を無視)
     ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり、威力が1.3倍になる)
隠れ特性:てつのこぶし(パンチ技の威力が1.2倍になる)
体重  :87.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
鈍足根性格闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ローブシン10514095556545505ちからずく/こんじょう/てつのこぶし
カイリキー9013080658555505ノーガード/こんじょう/ふくつのこころ
ハリテヤマ14412060406050474あついしぼう/こんじょう/ちからずく
ナゲキ12010085308545465せいしんりょく/こんじょう/かたやぶり

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

高い攻撃と物理耐久を備えた第五世代のトップメタの単かくとうタイプ。
ドレインパンチによる居座り性能、マッハパンチによる高い縛り性能が何よりの魅力。
特性もこんじょうちからずくてつのこぶしといずれも優秀で、サブウェポンも豊富。
第六世代ではフェアリーの登場やファイアローの台頭など逆風が強かったが、相性のよいとつげきチョッキを得て細々と活躍していた。

第七世代では更に強力なフェアリーが増えてメインの格闘技とサブのはたきおとすの通りが悪くなり、より動きにくくなった。
特にレート上位に君臨するミミッキュカプ・テテフに不利な点が大きい。
Zクリスタルやメガストーンを所持している相手に対してはたきおとすの威力上昇・道具無効効果が得られない点も厳しい。
先制技無効の新特性も追加され、純粋な素早さ勝負で縛られる機会が増え厳しい立ち回りを強いられる。

一方で第六世代で天敵だったファイアローの弱体化による個体数減少は相対的な強化点。
また、やけどのダメージ減少によるかえんだま+こんじょうの強化など、プラス要素がないわけではない。
持ち前の物理タイマン性能によるバンギラス軸への性能も未だ健在であり、構成次第でバシャーモアーゴヨンといった相手にも有利が取れる。
環境への刺さりが悪いため構築の主軸となることは難しいものの、パーティの補完枠としての採用は今後も十分考えられる。


過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

こんじょう
とつげきチョッキやビルドアップで持ち前の耐久を活かしつつ、火傷対策をする際に採用される。
かえんだまを持たせて能動的に発動し、火力アップかつ催眠対策を狙うこともできる。
第6世代では状態異常技の流行で高い採用率を誇ったが、第7世代ではやけどを含め各種状態異常が総じて弱体化。
状態異常技の搭載率が下がったことで、とつげきチョッキを持ちつつ火力補強できる他2つの特性も有力となっている。
ちからずく
三色パンチを大幅に強化できるほか、いわなだれやどくづきなどの火力もアップできる。
いのちのたまを持てばこんじょう以上の火力が出て、反動ダメージもない。
強力ではあるものの、主軸となるマッハパンチとドレインパンチの強化ができないことがネック。
パンチ技以外のサブウェポン重視で運用する場合に選択肢となりうるが、今のところ採用率は低い。
てつのこぶし
隠れ特性。こんじょうと違い最初から火力がアップでき、ターンダメージもない。
ちからずくと違い主力のドレインパンチやマッハパンチにも適用される。
その反面火傷には弱くなるため、おにび持ちには注意が必要。
第7世代での各種状態異常弱体化により、採用優先度が上がっている。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
通常力ずく鉄拳
マッハパンチ40(60)--72100優先度+1タイプ一致技。先制技かつ主力技。
ドレインパンチ75(112)--135100HP吸収タイプ一致技。回復効果付き。高耐久と相性がよい。
ビルドアップやとつげきチョッキとあわせて。
アームハンマー100(150)--18090素早↓タイプ一致技。ドレインパンチより威力が高く、きあいパンチより使いやすい。
きあいパンチ150(225)--270100優先度-3タイプ一致技。みがわりやZクリスタルとあわせて。
グロウパンチ40(60)--72100攻撃↑タイプ一致技。積み技感覚で。
ストーンエッジ100----80急所ランク+1対虫・飛行。格闘定番のサブウェポン。
いわなだれ7597--90怯み30%命中重視。ちからずくならストーンエッジに近い威力を出せる。
れいとうパンチ759790100凍り10%対飛行。ボーマンダランドロスに4倍。
かみなりパンチ759790100麻痺10%対飛行。ギャラドスペリッパーに4倍。ヤドランブルンゲルにも。
はたきおとす65/97----100道具排除対エスパー・ゴースト。追加効果が優秀だが、メガストーン・Zクリスタルには無効。
どくづき80104--100毒30%対フェアリー。ミミッキュには等倍、クチートには無効。
じしん100----100--対毒。ギルガルドにも。
からげんき70/140----100--状態異常で威力倍増。こんじょうとあわせて。
変化技タイプ命中備考
ビルドアップ--攻撃・防御を補強。ドレインパンチとあわせて。
どくどく90耐久型対策。鋼は呼びにくいが、毒には注意。
みがわり--補助技対策や、きあいパンチとあわせて。
まもる--様子見や、かえんだまの発動に。

サブウェポン詳細考察

れいとうパンチ
ガブリアスや霊獣ランドロスボーマンダへの有効打。補完に優れるためどの型においても有用であり、メイン技に次ぐ採用率を誇る。
ただし、ランドロスにはとんぼがえりで逃げられ、メガボーマンダには飛行技で先制確1を取られるので基本的に交代読みでしか打てない。
テッカグヤメガヤドランなどの味方でそれらを対策する場合は、他の技を採用する余地がある。
はたきおとす
格闘無効のゴースト全般に刺さり、エアームドのゴツゴツメットやポリゴン2のしんかのきせきを無効化することで有利に立ち回れる。
問題はZクリスタル持ちやメガシンカポケモンで、特にメガボーマンダなどに受けられると絶好の起点になってしまう。
第6世代のテンプレ構成であった格闘技2つ/れいとうパンチ/はたきおとすの構成だと、カプ系全般やメガリザードンへの有効打が無くなる。
また、限定的だがゴーストZギルガルドや、メガシンカ保留状態のギャラドスも重い。
かみなりパンチ
高耐久水や飛行、現環境では特にカプ・レヒレテッカグヤ、メガシンカ保留で積んでくるギャラドスに刺さるのが利点。
カプ・コケコと組ませてエレキフィールドの恩恵を受けることもできるため、それを狙う場合はてつのこぶしorちからずくの優先度が高くなる。
格闘耐性を持つゴースト・ひこう・フェアリー・エスパーにも等倍以上で通りやすいが、ランドロスに無効化される。
じしん
一致技と範囲が被りがちに見えるが、大半のフェアリーに等倍以上が取れるうえ非接触。
ギルガルドカプ・コケコメタグロスバシャーモなどメジャーな相手に刺さりやすい。
ランドロスやボーマンダに無効化されるため、搭載する場合はれいとうパンチとの同時採用が望ましい。
どくづき
対カプ系で特に威力を発揮し、交代読みのA特化どくづきで無振りカプ・テテフを確1、無振りカプ・コケコを+マッハパンチで落とせる。
ちからずくで威力強化できる他、他の特性の場合も追加効果によるスリップダメージが期待できる。
ただし、お世辞にも通りがよいとはいえず、格闘等倍の鋼に受け出しされると非常に厳しい展開となる。
ストーンエッジ(いわなだれ)
非接触で飛行タイプに刺さり、鋼複合以外のフェアリーにも等倍で通る一貫性の高さが優秀。ただし、れいとうパンチと打ちたい相手が被る。
A特化れいとうパンチなら無振りボーマンダの受け出し読みで威嚇込で乱1(各種特性込みで確1)にできるが、こちらは確2。
命中不安の問題も無視できないため、採用率は高くない

型考察 節を編集

こんじょうベース 節を編集

とつげきチョッキ型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:A252 残りHをベースに調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:ドレインパンチ/マッハパンチ
優先技:れいとうパンチ
選択技:はたきおとす/かみなりパンチ/じしん/ストーンエッジorいわなだれ/どくづき

特殊耐久を上げタイマン性能を底上げした構成。本来Dに振る努力値をABに回す事ができる。
有利な相手はバンギラスドリュウズサザンドラアーゴヨンメガガルーラルカリオなど。
サブウェポン次第でさらに範囲を広げられるため、パーティの苦手な相手を処理する穴埋め役として適任。

また、D164振りで無補正C振りメガルカリオのはどうだんorラスターカノンを2耐え(わるだくみ後なら1耐え)する。
特殊型が多いこともあり後出しがしやすく、A185(68振り)以上のドレインパンチでB4振りメガルカリオを確1にできる。
C特化カプ・テテフのフィールド下サイコキネシスはH212D252振りで確定耐え。無補正C振り@こだわりメガネの場合はD特化@とつげきチョッキでも耐えられない。

基本構成
性格 :いじっぱり
努力値:H212-A236-B12-***-D20-S28
実数値:H207-A209-B117-***-D88-S69
持ち物:とつげきチョッキ
技構成:ドレインパンチ/はたきおとす/れいとうパンチ/マッハパンチ

H:16n-1(定数ダメージ最小)
A:11n
S:4振りカバルドン抜き
D:2n
残りB

かえんだま型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:ABベース/HAベースで調整
持ち物:かえんだま
確定技:マッハパンチ
優先技:ドレインパンチ/からげんき
選択技:アームハンマー/ストーンエッジ/いわなだれ/がんせきふうじ/れいとうパンチ/かみなりパンチ/はたきおとす/じしん/どくづき/みがわり

自ら状態異常になることで火力を補強しつつ、状態異常対策もできる。

Hに振らない場合(ABベースなど)だと、ドレインパンチによる回復効率が上がる。
ただ、Hに振ればある程度保てる特殊耐久を削ることになるので、どちらを採用するかは好みで。

基本構成
性格 :いじっぱり
努力値:84-252-60-***-84-28
実数値:191-211-123-***-96-69
H:16n-1
A:特化
  こんじょうマッハパンチでH4振りドリュウズを高乱1、H振りバンギラスを確1
  こんじょうドレインパンチでH振りカバルドンを低乱2
  こんじょうドレインパンチ+マッハパンチでH4振りガブリアスを高乱数
B:火傷ダメージ+無補正A振りガブリアス@こだわりハチマキのげきりん耐え
S:4振りカバルドン抜き
残りD

ビルドレイン型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱり/しんちょう
努力値:HBベース/HDベースで調整
持ち物:オボンのみ/たべのこし
確定技:ドレインパンチ/マッハパンチ/ビルドアップ
選択技:ストーンエッジ/いわなだれ/れいとうパンチ/かみなりパンチ/はたきおとす/どくづき

起点にできる対象を広げ、おにびで対策されないビルドレイン。
基本的には壁張りなどのサポート後に積むのが望ましい。

第7世代でのフェアリー台頭や特殊火力のインフレにより、積み技による居座りはかなり難しくなりつつある。

てつのこぶし型 節を編集

特性:てつのこぶし
性格:いじっぱり
努力値:A252 残りHをベースに調整
持ち物:とつげきチョッキ/オボンのみ/ラムのみ/ゴツゴツメット/こだわりハチマキ
確定技:マッハパンチ/ドレインパンチ
優先技:れいとうパンチ
攻撃技:かみなりパンチ/はたきおとす/ほのおのパンチ/ストーンエッジ/どくづき/じしん
補助技:ビルドアップ/ちょうはつ/どくどく

メインのマッハパンチ・ドレインパンチが強化でき、発動条件がなく最初から強化された状態。
てつのこぶし+A特化ドレインパンチでガブリアスクラスの耐久なら確2になるため、単純に打ち合い性能が高まる。
A特化ドレインパンチ+マッハパンチで、じしんを搭載せずとも無振りメガバシャーモを処理できる点も魅力。

こんじょうが一定数いるため与ダメージから特性が見抜かれない限りは状態異常を呼びにくいのがポイント。
持ち物の自由度も高いので下記を参考に選択。

持ち物考察
とつげきチョッキ
タイマン性能を底上げする持ち物。変化技を切る場合の選択肢。
オボンのみ
ビルドアップなど補助技を搭載する場合、耐久の補佐として持たせる。
ラムのみ
こんじょうと違いおにびが厳しいため、火傷対策やキノガッサ等の催眠対策を兼ねる持ち物。
ゴツゴツメット
カイリューのマルチスケイルを潰してれいとうパンチを入れられるほか、マッハパンチ連打でソーナンスに対策されない構成。
(ちょうはつしてからマッハパンチをすることで、例えカウンターされてもゴツゴツメットでソーナンスの方が先に落ちる)
こだわりハチマキ
火力重視かつマッハパンチでのストッパー性能を高める。
アームハンマーは威力120(一致180)の技となり、無振りガブリアスが確1になる他、
火傷状態でも無振りメガガルーラを超高乱1にできる(98.8%~117.2%)。
ドレインパンチは火力で劣るものの、回復によりタイマン性能を高められるため好みによって変える。

ちからずく型 節を編集

特性:ちからずく
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:HAベース/ASベースで調整
持ち物:いのちのたま/とつげきチョッキ
確定技:ドレインパンチ/マッハパンチ
優先技:どくづき/れいとうパンチ
選択技:かみなりパンチ/いわなだれ/ほのおのパンチ/はたきおとす

こんじょう型に比べサブウェポンが高威力であるため、格闘技の一貫性が下がった現環境での優位性が増している。
各種状態異常の弱体化により、第六世代ほど状態異常技が飛び交う環境でなくなった事も追い風。

採用率の高いカプ系に安定して刺さるどくづきの威力補強ができる点も優秀。持ち物ごとの火力目安は以下の通り。

持ち物別火力目安
とつげきチョッキ
A193(124振り)以上のどくづきで無振りカプ・コケコを確1。
A特化れいとうパンチでH振り霊獣ランドロスをいかく込みで高乱1(81.3%)。
いのちのたま
A203(196振り)以上のはたきおとす(通常威力)+どくづきでH振りカプ・レヒレを確定。
A201(180振り)以上のれいとうパンチでH4振りカイリューをマルチスケイル込みで確1。
A204(204振り)以上のどくづきでH振りマリルリを確1、かみなりパンチの場合はA特化で高乱1(87.5%)。
基本構成
性格 :いじっぱり
努力値:68-236-124-***-52-28
実数値:189-209-131-***-92-69
H:10n-1
A:れいとうパンチ@いのちのたまでH4振りカイリューをマルチスケイル込みで確1(これ自体はA201以上で可能)
B:A特化カイリュー@こだわりハチマキのげきりん、A特化バシャーモのZフレアドライブを確定耐え
D:無補正C振りラティオスのりゅうせいぐんを確定耐え、C特化の場合は超低乱1(6.3%)
  とつげきチョッキで無補正C振りカプ・コケコのフィールド下Z10まんボルトを確定耐え
S:4振りカバルドン抜き

対ローブシン 節を編集

注意すべき点
マッハパンチによる縛り性能、ドレインパンチ+ビルドアップ・とつげきチョッキによる居座り性能。
火力を上げる3種類の特性を持ち、サブウェポンも豊富なため、受け出しは困難。
対策方法
こんじょうやはたきおとすがあるため、おにびやゴツゴツメットでの受けは安定しない。
格闘技に耐性のあるポケモンで、一致弱点を突くのが手っ取り早い。
受け出しの場合はサブウェポンのどくづきやれいとうパンチや岩技などに注意。
ミミッキュ
ローブシンは鋼技やゴースト技を覚えないので弱点を突かれない。
ミミッキュZでHB振りを高乱1(93.8%)。
カプ・テテフ
無補正C振りこだわりメガネのフィールド下サイコキネシスでD特化とつげきチョッキ持ちでも確1。
メガボーマンダ
A特化スキンすてみタックルでHB振りを確1、おんがえしの場合は中乱1(75%)。
ニンフィア
C特化せいれいプレートのスキンハイパーボイスでH振りとつげきチョッキ持ちを高乱1(87.5%)。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th~SM威力命中タイプ分類PP備考
ドッコラードテッコツローブシン
111はたく40100ノーマル物理35
111にらみつける-100ノーマル変化30
-11きあいだめ--ノーマル変化10
-11がまん--ノーマル物理10
444きあいだめ--ノーマル変化10
888がまん--ノーマル物理10
121212けたぐり-100かくとう物理20
161616いわおとし5090いわ物理15
202020めざましビンタ70100かくとう物理10
242424なしくずし70100ノーマル物理20
282929ビルドアップ--かくとう変化20
313333いわなだれ7590いわ物理10
343737ばくれつパンチ10050かくとう物理5
374141こわいかお-100ノーマル変化10
404545アームハンマー10090かくとう物理10
434949ストーンエッジ10080いわ物理5
465353きあいパンチ150100かくとう物理20
495757ばかぢから120100かくとう物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技47ローキック65100かくとう物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技84どくづき80100どく物理20
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技67かたきうち70100ノーマル物理5
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
技98グロウパンチ40100かくとう物理20タマゴ
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

5th6th
SM
USM威力命中タイプ分類PP備考
カウンター-100かくとう物理20
きしかいせい-100かくとう物理15
きつけ70100ノーマル物理10
こらえる--ノーマル変化10
ドレインパンチ75100かくとう物理10教え
はっけい60100かくとう物理10
マッハパンチ40100かくとう物理30
みきり--かくとう変化5
みやぶる--ノーマル変化40
れんぞくパンチ1885ノーマル物理15
ワイドガード--いわ変化10
グロウパンチ40100かくとう物理206th:技98

教え技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
けたぐり-100かくとう物理20Lv
かみなりパンチ75100でんき物理15
ほのおのパンチ75100ほのお物理15
れいとうパンチ75100こおり物理15
とおせんぼう--ノーマル変化5
ドレインパンチ75100かくとう物理10タマゴ
ばかぢから120100かくとう物理5Lv
はたきおとす65100あく物理20
てだすけ--ノーマル変化20
きあいパンチ150100かくとう物理20Lv
じだんだ75100じめん物理10
ねごと--ノーマル変化10

遺伝 節を編集

タマゴグループ人型
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=3:1
進化条件ドッコラーLv25→ドテッコツ通信進化→ローブシン
経験値Lv.50=117,360 Lv.100=1,059,860

遺伝経路 節を編集

カウンターエビワラー(L61)、ヒコザル(卵)、ルカリオ(L6)、カポエラー(L28)、ダゲキ(L21)など
きしかいせいサワムラー(L61)/マクノシタ(L43)/アサナン(L46)/ナゲキ(L53)/ダゲキ(L53)/コジョフー(L57)
きつけマクノシタ(L22)/
こらえるサワムラー(L49)/マクノシタ(L37)/ミミロル(L6)/ナゲキ(L41)/ダゲキ(L41)
ドレインパンチエビワラー(教え技)、コジョフー(L33)、自力(教え技)など
はっけいマクノシタ(L28)/アサナン(L29)/ルカリオ(L15)/コジョフー(L29)
マッハパンチエビワラー(L16)、モウカザル(L14)など
みきりエビワラー(L51)、ルカリオ(L1)、コジョフー(L9)、カポエラー(L51)、ヤミラミ(L22)、アサナン(L11)など
みやぶるサワムラー(L37)、ワンリキー(L13)、ヤミラミ(L4)、ミミロル(L1)、ルカリオ(L1)など
れんぞくパンチエビワラー(L1)
ワイドガードカイリキー(L1)/サワムラー(L41)/バリヤード(L1)/カポエラー(L46)/ナゲキ(L45)/コジョンド(L45)
グロウパンチルカリオ(L15)、自力(6thマ)