ガマゲロゲ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

現環境では両刀の意義が薄く元になった型情報自体も非常に古いため、すいすい型の情報更新にあわせてノートへ移行しました

すいすい両刀アタッカー型 節を編集

性格:うっかりやorおっとり
努力値:特攻252 素早さ調整
持ち物:たつじんのおび/いのちのたま/ヤタピのみ/Zクリスタル
確定技:ハイドロポンプorなみのり/じしん
特殊技:くさむすび/こごえるかぜ/ヘドロウェーブorヘドロばくだん/きあいだま/めざめるパワー(電/氷)
物理技:いわなだれ/けたぐり/れいとうパンチ/がむしゃら
補助技:みがわり/どくどく/ステルスロック/あまごい

すいすい持ちの地面タイプという個性を活かす。
雨パメタであるボルトロスサンダードククラゲドクロッグなどに強く、
でんじはで対策されない点も優秀だが、火力は道具で補わないと不足気味。
同タイプのすいすいアタッカーとしてはメガラグラージがライバル。
持ち物の自由度や素早さ、はたきおとすで差別化したい。
フェアリーの台頭によりヘドロウェーブの需要は増している。
↑今の環境では毒技はほぼ確定で良いと思うがどうだろう。特殊雨アタッカーで単騎でチョッキブルルが突破できるのはこいつだけ。
 相方がペリッパーならぼうふうで弱点付けるけどウッドホーン2発で落ちるから受け出せないし。
 あと型が両刀アタッカーでじしん確定になってるけどドククラゲも殆ど見ないし、グラスフィールドや物理受けドヒドイデに刺さる大地の力の方が良いのでは?
 控えめC特化のドロポン/大地/ヘドウェ/草結び@珠で使ってるが両刀でじしんがあれば突破出来たという場面がない。PGLでも性格控えめ・大地の力が共に全体の6割強で1位。
 正直この型自体が元になった情報がかなり古い(おそらく5世代当時の型に適宜情報が継ぎ足されてきたもの?)ので今の環境に合わせた型に修正したいのだがどうだろう?

上記の通り火力は不足気味なのでZワザで1点突破するか、耐久調整をしつつ必要に応じて2発で仕留めることを考える。
C特化雨いのちのたまハイドロポンプがH4振りガブリアスに対して乱数1発。
命中不安かつ乱数なので命中安定のなみのりも視野に入る。

雨パである以上あめふらしでの始動が前提だが、雨パの天敵であるメガリザードンY対策として、あまごいの採用もあり。
リザードンと雨下で対面した場合、素早さ判定はターンの最初に行われるので
Yにメガシンカ→ひでり発動で晴れ→すいすいあまごいで再度雨→ソーラービーム溜めとなり次のターンに上から叩ける。