ドリュウズ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ドリュウズ 節を編集

No.530 タイプ:じめん/はがね
通常特性:すなかき(天気が「すなあらし」の時、素早さが2倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
     すなのちから(天気が「すなあらし」の時、じめん、いわ、はがねタイプの技の威力が1.3倍になる
            すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:かたやぶり(相手の特性を無視して攻撃できる)
体重  :40.4kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
地面物理ATHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドリュウズ11013560506588508すなかき/すなのちから/かたやぶり
ガブリアス108130958085102600すながくれ/さめはだ
霊獣ランドロス89145901058091600いかく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/みず/かくとう/じめん
ふつう(1倍)くさ/こおり/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/エスパー/むし/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)いわ
こうかなしどく/でんき

じめん×はがね」複合タイプの一角で、中でも攻撃的な能力値となっている。
攻守両面で優秀な補完を誇り、特に攻撃面でははがねが通らないほのおでんきはがねに対してじめんが抜群となることからA135を活かしやすい。
加えて攻撃性能を高める特性を持ち、すなかきならば砂エース、かたやぶりならば特性頼みのポケモンを狩るパーティの補完役として活躍する。
耐久は低めだが無効タイプ2つを含む10タイプに耐性があり、どくどくやでんじはへの無償降臨も可能。
第七世代では役割対象となるフェアリーが大幅増加したこともあり、採用率は以前にも増して高い。

種族値や特性から速攻物理アタッカーとしての運用が大半を占めるが、特性は「すなかき」・「かたやぶり」が半々、
持ち物はこだわりスカーフ・きあいのタスキ・とつげきチョッキ・Zクリスタルなど多様性が伺える。

BDに比べHPがかなり高いため、例によって耐久に振るならBD振りの方が効率がよい。
先制技やミミッキュを意識するならBを厚めに、特殊フェアリーへの操り出しを意識するならDを厚めに振るとよい。

厄介なことに、メインウェポンのアイアンヘッドは過去作教え技限定である。
スマートホーンでの代用が効かないことはないが、可能であれば第六世代での厳選が推奨される。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

すなかき
砂パのエースとして運用するならこれ。すなおこしから繋いで全抜きを狙う。
元々の攻撃力の高さに速さが加わることで凄まじい制圧力を発揮する。
バンギラスメガボーマンダと組んだ「バンドリマンダ」の並びは第七世代でも健在。
他にもカバルドンや、新たにすなおこしを獲得したギガイアスとの組み合わせも考えられる。
ただし、ノーてんき持ちが現れたり天候を変えられたりすると一気に速さが落ちるのでその点には注意。
すなのちから
こちらも砂下で活きる特性だが、すなかきに比べ上から叩ける範囲が大きく狭まり、そのわりに倍率も1.3倍と控えめ。
すなのちからにこだわりスカーフを持たせるならば、すなかきに火力補強アイテムを持たせる方がよい。
トリックルームやおいかぜで補うにしても、すなかきと比較すると明らかに手間に見合っていないのが現実。
またかたやぶりも優秀であり、こちらと比べても見劣りしがち。
効果は悪くないがすなかきやかたやぶりがより強力であるため、基本的には他2つを推奨。
かたやぶり
隠れ特性。砂を利用しない構築で運用するならばこれになる(もちろん砂パでも運用可能)。
強力な防御特性を貫通できる。ウォッシュロトム等のふゆう持ちに一致じしん、
がんじょうを気にせず一撃で落とせたり、一撃必殺技を撃てるほか、
ミミッキュばけのかわを無視してアイアンヘッドで確1を狙える。
ただし、ミミッキュには素の素早さで劣り、相手準速、こちら最速ならアイアンヘッドで確1が取れるが
そうでない場合、B振りでも無補正A振り・Aランク+2のZシャドークローで確1と安定しない。
おにびの存在もあり後出しは慎重に。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
じしん100(150)100-タイプ一致技。性能安定。ダブルでは周囲全体攻撃。
ドリルライナー80(120)95急所ランク+1タイプ一致技。グラスフィールド下や、ダブルでの単体攻撃に。
アイアンヘッド80(120)100怯み30%タイプ一致技。すなかきやこだわりスカーフなら怯みを狙える。
スマートホーン70(105)必中-タイプ一致技。ちいさくなるピクシームラっけオニゴーリに。
いわなだれ7590怯み30%対虫・飛行。すなかきやこだわりスカーフなら怯みを狙える。ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。自身にも後続にも活きる。
つばめがえし60必中-対草・虫。ヘラクロスマッシブーンに。
じわれ-30一撃必殺火傷対策や、有効打の無い相手に。ゴーストに通したいならこちら。
つのドリル-30一撃必殺エアームド(かたやぶりの場合)やテッカグヤ等、浮いている相手に通したいならこちら。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-すなかきとあわせて全抜きを狙う。かたやぶり型でもタスキを持たせる場合に。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
でんじふゆう-教え技。地面を無効化できる。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ライジングランドオーバーじしん180(270)グラスフィールド下でも威力低下無し。ダブルでの単体攻撃にも。
A特化で無振りメガガルーラを高乱1。A特化+つるぎのまいでB特化ナットレイを確1。
ちょうぜつらせんれんげきアイアンヘッド160(240)A特化で無振りサザンドラを確1。※無補正A振りだと中乱1。
スマートホーン140(210)火力はA特化Zスマートホーン<無補正A振りZアイアンヘッド。
ワールズエンドフォールいわなだれ140A特化でH振りギャラドスを確1。いかく込みだと確定耐え。

型考察 節を編集

かたやぶりアタッカー型 節を編集

特性:かたやぶり

こだわりスカーフ 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:じしん/いわなだれ
優先技:アイアンヘッド
選択技:つばめがえし/つのドリルorじわれ

最速でS231となりメガプテラ(最速150族 S実数値222)まで、準速ならS210となりメガライボルト(最速135族 S実数値205)まで抜ける。
抜きたい相手をPTと相談し、強く役割遂行したい相手に合わせある程度耐久に回すなどして調整するのも有り。
ふゆうに地面対策を一任している相手に対しては抜群の抜き性能を発揮する。

こだわりスカーフ持ちのFCロトムを確実に狩るにはようきだが、あちらもこだわりスカーフを持つ場合はひかえめが多いのでいじっぱりで基本安定。
炎・飛行タイプとウォッシュロトムの組み合わせが多く、読み合いでじしんかいわなだれの選択を迫られる。
またロトムを落とした後のそれらの処理の仕方も同時に考える必要が出てくるのでしっかりと後ろに対策ポケモンをいれること。

ようきASキノガッサテクニシャン補正込マッハパンチは無振りで最高乱数以外耐え。B4振りで確定耐え。
キノガッサ・ヘラクロスにささるつばめがえしもあって損はない。
勝ち筋が残せるつのドリルかじわれも選択技に入る。エアームドテッカグヤに通るつのドリルの方が優先度は高いか。

とつげきチョッキ 節を編集

性格:いじっぱり
努力値:S調整 HD調整 余りA
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:じしん/アイアンヘッド/いわなだれorがんせきふうじ/つのドリルorじわれ

特殊電気・フェアリー対策として後出しから遂行する型。
いわなだれを抜けばボルトロスへの有効打がなく、一撃必殺技とスマートホーンを抜けばピクシーを処理できない。
遂行対象・技範囲のどちらの面から見ても技構成はこれで確定になる。

第七世代での新技スマートホーンはピクシーの処理という点では選択技に入るが、アイアンヘッドなら落とせた相手を落とせなくなるという場合もあるので採用は慎重に。

とつげきチョッキ地面枠としてはウォッシュロトムへの有効打を持つ点が大きな個性のため、特性はかたやぶりで確定かつウォッシュロトムを抜けるよう素早さに振る。

きあいのタスキ 節を編集

性格:ようき(推奨)/いじっぱり
努力値:AS252 D4
持ち物:きあいのタスキ
確定技:じしん
優先技:つるぎのまい
攻撃技:アイアンヘッド/いわなだれorがんせきふうじ/つのドリルorじわれ/ステルスロック

きあいのタスキによりタイマン性能の向上、またつるぎのまいを搭載できることで積みエースの役割を持たせることができる。

構成例
AS252/じしん/アイアンヘッド/がんせきふうじ/つるぎのまい
こだわりスカーフ型が苦手とするきあいのタスキアタッカーにかなり強く、自分より速い相手にもがんせきふうじで対抗できる。

すなかき型 節を編集

特性:すなかき
性格:いじっぱり(推奨)/ようき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/ジメンZ/きあいのタスキ/ふうせん/ハガネorイワZ
確定技:じしん
優先技:つるぎのまい
選択技:アイアンヘッド/いわなだれ/つのドリルorじわれ/みがわり

砂パにおけるエースアタッカーの代名詞ともいえる型。
先発のすなおこしに起点を作ってもらいながら展開し、砂下で全抜きを狙う。
いじっぱりでも抜きたいラインは抜けるので性格はいじっぱり推奨。
ようきにしてS実数値141以上に調整するとミラーにも強くなるが、余りを耐久に振ってもさほど変化しない上、
やはり火力が衰えるのであくまで奇襲に使える程度だろう。

ミラーになることも少なくはなく、素早さ調整の余りを振ったところで特に何を耐えるというわけでもないので素早さは全振り推奨。

ジメンZは第五世代後期に流行したじめんのジュエルのほぼ上位互換。任意のタイミングで高火力技を撃ち分けられ、非常に強力。

性格について

S141にはヒードランがいるから、S142以上にするためにようきも悪くない。
毎回砂撒けるわけではないし、確実な役割遂行のためにようきもあり。

↑砂無しでドリュウズを出すような展開はすでに選出と立ち回りが間違ってる(砂が維持できないor撒けないような相手には裏選出すべき)から、
砂無し状態を考えて調整するのは微妙。
高速1.5倍勢(120族以上:ランク+1メガボーマンダ、こだわりスカーフゲッコウガ
こだわりスカーフカプ・コケコなど)を意識する場合ようきの選択肢が生まれるが、
砂エースの役割上火力は最大限が基本なのでいじっぱり推奨。

どくどくまもみが型 節を編集

特性:かたやぶり
性格:ようき
努力値:S252 H60 A196
持ち物:たべのこし
確定技:じしん/どくどく/みがわり/まもる

物理受けや自分より遅い高耐久アタッカーを釣り、完封する地雷型。Hは60振りで実数値193(16n+1)となる。
かたやぶりじしんにより毒の入らない鋼タイプ・毒タイプに非常に強く、比較的相性のよい戦法である。
同じく高耐久対策のつのドリルとは、命中率や仮に突破されても後続サポートとなる面で差別化可能。撃ち逃げもできる。

物理受けを非常によく呼ぶので、相手の交代際にみがわりからのどくどくが刺さりやすい。
ただ耐久型の中でもポイズンヒールグライオンテッカグヤエアームドにはダメージソースが一切無いため、後続での対策が必要。


対ドリュウズ 節を編集

  • 注意すべき点
    地面タイプ、鋼タイプどちらの中でも最高峰の攻撃力。
    かたやぶりによってふゆうにも一貫するじしんの威力と範囲は脅威。
    持ち物もきあいのタスキやとつげきチョッキ、こだわりスカーフなど多岐に渡るため受けづらい。
    耐久ポケモンにもつのドリルの存在でプレッシャーを与えつつ、自分より遅い相手を封じるどくまも型も存在。

    すなかきの場合、砂下で圧倒的な突破力を誇る。多くの高速ポケモンに先手で高火力技を叩き込むエースと化す。
    バンギラスボーマンダ等、取り巻きも一筋縄ではいかないためパーティ単位で対策する必要がある。
     
  • 対策方法
    どくどくが効かず、つるぎのまいや一撃必殺技があるので、耐久型で受けるのは安定しない。
    耐久は低く、弱点もメジャーなので、先制技やこだわりスカーフガブリアス等で弱点を突いて速攻したい。
    麻痺や火傷でも機能停止。でんじはは無効だが、へびにらみやおにびは有効。
    ボーマンダ霊獣ランドロス等のいかく持ちの飛行タイプなら後出ししやすい。ギャラドスなら鋼技も半減。
    地面無効、鋼半減、毒無効のがんじょうエアームドテッカグヤは非常に安定するが、エアームドの場合こちらからの有効打も乏しく、かたやぶりの場合つのドリルで突破される恐れもある。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
モグリュードリュウズ
-1*つのドリル-30ノーマル物理5*SM以降
-1*たがやす--じめん変化10*XY以降
11ひっかく40100ノーマル物理35
11どろあそび--じめん変化15
-1こうそくスピン20100ノーマル物理40
-1どろかけ20100じめん特殊10
55こうそくスピン20100ノーマル物理40
88どろかけ20100じめん特殊10
1212みだれひっかき1880ノーマル物理15
1515メタルクロー5095はがね物理35
1919あなをほる80100じめん物理10
2222つめとぎ--あく変化15
2626きりさく70100ノーマル物理20
2929いわなだれ7590いわ物理10
-31※つのドリル-30ノーマル物理5
3336じしん100100じめん物理10
3642つるぎのまい--ノーマル変化20
4049すなあらし--いわ変化10
4355ドリルライナー8095じめん物理10
4762じわれ-30じめん物理5

※SMでは進化したときに覚える。

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技37すなあらし--いわ変化10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技67スマートホーン70必中はがね物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技81シザークロス80100むし物理15
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15Lv
技28あなをほる80100じめん物理10Lv
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
きんぞくおん-85はがね変化40
こうそくスピン20100ノーマル物理40Lv
じごくぐるま8080かくとう物理20
だいちのちから90100じめん特殊10教え
てっぺき--はがね変化15教え
ブレイククロー7595ノーマル物理10
ロケットずつき130100ノーマル物理15
ロッククライム9085ノーマル物理20

教え技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
ドリルライナー8095じめん物理10Lv
アイアンヘッド80100はがね物理15
てっぺき--はがね変化15タマゴ
でんじふゆう--でんき変化10
だいちのちから90100じめん特殊10タマゴ
いびき50100ノーマル特殊15
ステルスロック--いわ変化20
ねごと--ノーマル変化10

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化条件モグリュー(Lv.31)→ドリュウズ
経験値Lv.50 = 125,000
Lv.100 = 1,000,000

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

ORASマボロシ洞窟のサーチでも入手可能。

きんぞくおんレベル技:ルカリオ
こうそくスピン自力習得:レベル技
じごくぐるまリレー遺伝:カイリキー系統→ヒコザル
だいちのちからレベル技:ニドキングダグトリオ系統・Aダグトリオ系統・ドンメル
自力習得:5th・6th教え技
てっぺきレベル技:Aサンドクチートコータスバンバドロ系統
自力習得:5th・6th教え技
ブレイククローレベル技:サンドパンザングース
ロケットずつきリレー遺伝:カメックス系統→ビッパ
カメックス系統・クレベースサイホーン
ロッククライムレベル技:ズルズキン系統・ルガルガン系統