ライボルト - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

ライボルト 節を編集

No.310 タイプ:でんき
通常特性:せいでんき(接触技を受けたとき、3割の確率で相手をまひ状態にする)
     ひらいしん(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
           ダブル、トリプルで、自分以外のポケモンが使った単体対象のでんきタイプの技の攻撃対象を自分にする。)
隠れ特性:マイナス(特性が「プラス」か「マイナス」の味方が戦闘に出ている時、特攻が1.5倍になる)
体重  :40.2kg(けたぐり・くさむすびの威力60)

・メガライボルト
タイプ:でんき
特性 :いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
体重 :44.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ライボルト70756010560105475せいでんき/ひらいしん/マイナス
メガライボルト70758013580135575いかく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ひらいしん」の場合、でんき無効


第三世代出身の単でんきポケモン。典型的な速攻アタッカーの種族値を持つ。
メガシンカする事でステータスが底上げされ扱いやすくなり、特性が「いかく」になることで擬似的な物理耐久を得る。
また、でんきタイプとしては珍しくほのおタイプの技を覚えることができ、抜群・等倍範囲ともに優秀である。
広い技範囲・高い素早さを活かして役割重視の運用をしつつ、いかく+ボルトチェンジで身軽に立ち回ることもできる器用なポケモン。

第7世代において、仕様変更により強化されたメガシンカポケモンの1体。
初速からゲッコウガメガゲンガーを抜けるようになり役割対象に対する立ち回りが安定するようになった。
主戦法であるいかく+ボルトチェンジの対ミミッキュ性能もあって扱いやすく、環境にも刺さりやすい。
似た戦法の新ポケモンにカプ・コケコがいるものの、いかくやほのお技の有無で容易に差別化できるため意識の必要は薄く、むしろ相手のカプ・コケコのエレキフィールドを利用できるシチュエーションが生まれたのは嬉しい。

メガシンカポケモンとしては火力不足であることに注意。
無補正252振り10まんボルトの火力指数は25245であり、持ち物固定かつ有用な積み技を覚えないため火力増強は望めない。
役割対象であるテッカグヤメガリザードンYアシレーヌといったポケモンに対し耐久無振りでも確定2発となる具合で、無傷の対面ではむしろこちらが返り討ちに遭う。
自身の耐久無はいかく込みでも信頼できず、対面の撃ち合いを制すのは苦手である。
いかく+ボルトチェンジによるサイクル性能を活かし、味方の力を借りて削りを入れていく立ち回りを重視したい。
総じて絶対的なエースというよりは、優れた仲間との連携で力を発揮するパーティーの1ピースといった位置づけである。

XY初期からSM現在に至るまで、傾向が非常に明確に出ているポケモンの1体である。
性格おくびょう、持ち物メガストーンがいずれも95%以上を占め、技はめざめるパワー・ボルトチェンジ・10まんボルトが90%以上。
次いでオーバーヒート・かえんほうしゃであり、これらほのお技を選択とした上記の構成が9割以上を占めるといってよい。

〈通常ライボルトについて〉
通常ライボルトはメガライボルトの下位互換に近い。
通常型大辞典Wikiに、マイナー&ネタ型対戦雑記まとめWikiにあります。



特性考察 節を編集

ひらいしん
電気技読みで繰り出して火力アップ→メガシンカという流れが可能。
どのシーズンも8割程度はこの特性が採用されている。
せいでんき
せいでんきそのものの発動狙いというよりは、出てきやすいポリゴン2サーナイトのトレース対策で採用。
ライボルトは先発起用が多く、電気技を吸収できるシーンは少ないと判断するなら。
実際に特性がバレない限りはこちらの特性でも相手の電気技牽制は可能。
マイナス
シングルでは発動せず、じばそうさも覚えないため、実質特性なし。
むしろ、真の意味でのトレース対策になるか。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果備考
10まんボルト90(135)100麻痺10%安定した一致技。
かみなり110(165)70麻痺30%命中は不安だが火力を求めるなら。
ボルトチェンジ70(105)100交代交代読みや退却に便利。いかくと相性がよい。
オーバーヒート13090特攻↓↓草や鋼に有効。メガクチート確1。連発には向かない。
かえんほうしゃ90100火傷10%威力は足りないがみがわりナットレイなどに連発できる。
めざめるパワー-60100-基本的に氷推奨。
でんこうせっか40100優先度+1きあいのタスキで耐えられた時のとどめに。
変化技タイプ命中備考
どくどく90特殊受け対策に。
みがわり-素早いので様子見に使える。

型考察 節を編集

メガライボルト 節を編集

基本型 節を編集

特性:ひらいしん/せいでんき→いかく
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:素早さ252 物理耐久調整 余り特攻
持ち物:ライボルトナイト
確定技:10まんボルト/ボルトチェンジ
優先技:オーバーヒートorかえんほうしゃ/めざめるパワー(氷or草)/どくどく

メガシンカによるスピードアップ&特性いかくを活かして戦う型。
序盤はいかくを撒いてボルトチェンジで退却、終盤は圧倒的な素早さから高火力特殊技で攻められる。
いかくによる物理耐久があるため先制技持ちに縛られにくいのも強み。

配分はガブリアス(こだわりスカーフ想定)のじしんをいかく込みで耐える調整が主流。

オーバーヒートorかえんほうしゃは電気半減の草タイプに有効。
オーバーヒートなら等倍でもそれなりのダメージが入り、ボルトチェンジとの相性も良い。
めざパ氷はガブリアスランドロスグライオン意識。めざパ草は水・地やランターン意識。

炎技・めざめるパワーを優先技にし、選択肢にどくどく追加。
受けだされることの多いポリゴン2への役割破壊に有用であり、ランターンなど電気受け全般にも安定して刺さる。
電気技2つが戦略上必須であるため、切るとすれば上記2つのいずれかとなる。

性格について

おくびょう
130族+αを抜けるため、メガシンカしていかくを撒き、ボルトチェンジという行動が安定する。
しかしめざパ氷でガブリアスが乱数1(43%)、上述のじしん耐え調整では確2と火力に不安が残る。ある程度削っておくと動きやすい。
ひかえめ
めざパ氷でガブリアスが乱数1発(87%)となる。じしん耐え調整では中乱数。
ただしゲッコウガオンバーンファイアローなどに抜かれてしまうのでパーティでの補完が必要。

相性考察 節を編集

霊獣ランドロスギャラドスと相性がよい。
ライボルトの弱点の地面はランドロス、ギャラドスには無効(メガで等倍)で、
ランドロスの弱点の水はメガライボルトで相手できる。
ギャラドスの弱点の電気はひらいしんで無効、メガライボルトでも半減。
またどちらもいかく持ちのため、サイクルを回しても強い。特にランドロスはとんぼがえりがあるので交代でまわせる。
まひ無効で、かいでんぱもあるので特殊相手にも強い。


対ライボルト 節を編集

  • 注意すべき点
    メガシンカすると電気+炎(+氷or草)の広範囲をS135の素早さから放ってくる。
    ただ殴るだけでなく、いかくを撒いてボルトチェンジで撤退もできるため非常に小回りが利き、後出しから仕留めるのはかなり難しい。
  • 対策方法
    後出しから対処しようにもボルトチェンジで逃げられるため、最善の対策は後出しできる電気無効ポケモンを使うこと。
    最悪でも構築に電気無効ポケモンを入れ相手にボルトチェンジを使うか使わないかの択を発生させ、安直なボルトチェンジを許さないようにすること。
ランターン
ちくでんにより電気無効、炎氷半減とライボルト対策だけを見ればかなり優秀。裏にいるギャラドスランドロスなどにも有利。
電気無効よりボルトチェンジを阻止できる上、地面を呼びにくいのでこちらの後攻ボルトチェンジを阻止されにくい。
問題は汎用性の低さ。
マンムー@とつげきチョッキ
後出しできる対策ポケモンの中で最も汎用性が高い。
ドサイドンラグラージバクーダ
電気無効・炎半減以下。
Aガラガラ
ひらいしんによりにより電気無効、炎氷半減。
ランターン同様ボルトチェンジを阻止でき、高い火力により交代先にも負担をかけていける。
ポリゴン2(特性トレース持ち全般)
メガシンカ前のひらいしんをトレースをすることで、メガシンカ→ボルトチェンジによる退却を許さない。
特性トレース持ちのポケモンは全般的に特殊耐久も厚く、サブ技程度では落ちないため有利な読み合いを進められる。
トレース対策のせいでんき採用型もいなくはないが、PGLでも9割近い数が特性ひらいしんであり、安定性は十分と言える。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

OA
SM
威力命中タイプ分類PP備考
ラクライライボルト
-1エレキフィールド--でんき変化10
-1とおぼえ--ノーマル変化40
11たいあたり40100ノーマル物理35
11でんじは-90でんき変化20
-1にらみつける-100ノーマル変化30
-1とおぼえ--ノーマル変化40
44にらみつける-100ノーマル変化30
77とおぼえ--ノーマル変化40
1010でんこうせっか40100ノーマル物理30
1313スパーク65100でんき物理20
1616かぎわける--ノーマル変化40
1919かみなりのキバ6595でんき物理15
2424かみつく60100あく物理25
2930ほうでん80100でんき特殊15
3436ほえる--ノーマル変化20
3942ワイルドボルト90100でんき物理15
4448じゅうでん--でんき変化20
4954かみなり11070でんき特殊10
-60エレキフィールド--でんき変化10
+  過去世代

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技50オーバーヒート13090ほのお特殊5
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技72ボルトチェンジ70100でんき特殊20
技73でんじは-90でんき変化20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技93ワイルドボルト90100でんき物理15
技95バークアウト5595あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
第4世代まで
技23アイアンテール10075はがね物理15
技34でんげきは60-でんき特殊20タマゴ
技43ひみつのちから70100ノーマル物理20
技58こらえる--ノーマル変化10
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技82ねごと--ノーマル変化10技88
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
かみくだく80100あく物理15
ずつき70100ノーマル物理15
さわぐ90100ノーマル特殊10
のろい--ゴースト変化10
スピードスター60必中ノーマル特殊20
ほうでん80100でんき特殊15Lv
こおりのキバ6595こおり物理15
ほのおのキバ6595ほのお物理15Lv
かみなりのキバ6595でんき物理15Lv
HSすりかえ-100あく変化10
エレキボール不定100でんき特殊10
でんげきは60必中でんき特殊20
はじけるほのお70100ほのお特殊15
かいでんぱ-100でんき変化15

教え技 節を編集

FLEmXD4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
でんじは-90でんき変化20技73
みがわり--ノーマル変化10技90
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
いびき50100ノーマル特殊15
こらえる--ノーマル変化10
どろかけ20100じめん特殊10
いばる-85ノーマル変化15技87
ねごと--ノーマル変化10技88
スピードスター60-ノーマル特殊20タマゴ
シグナルビーム75100むし特殊15
でんじふゆう--でんき変化10
ずつき70100ノーマル物理15HSのみ
さわぐ90100ノーマル特殊10タマゴ
アイアンテール10075はがね物理15
でんげきは60-でんき特殊20タマゴ

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP備考
リフレッシュ--ノーマル変化20XD
こおりのキバ6595こおり物理15PDW
シグナルビーム75100むし特殊15PDW

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化条件ラクライ(Lv.26)→ライボルト

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

のろいバクーダ系統・コータスビーダル系統
すりかえペルシアンAペルシアンマッスグママフォクシー
エレキボールピカチュウデンリュウ系統・パチリスエモンガ
でんげきはORAS教え技・ゼブライカ系統・エモンガ
はじけるほのおロコンガーディアチャモバクーダ系統・バオッキー系統・クイタラン
かいでんぱエレザードメリープ→ラクライ