パッチラゴン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

パッチラゴン 節を編集

No.880 タイプ:でんき/ドラゴン
通常特性:ちくでん(受けたでんきタイプの技を無効化し、最大HPの1/4を回復する)
     はりきり(使用する物理技が威力1.5倍、命中率0.8倍になる)
隠れ特性:すなかき(天気が「すなあらし」の時、素早さが2倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
体重:190.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
カセキのトリHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
パッチラゴン9010090807075505ちくでん/はりきり/すなかき
(176)(581)はりきり全振り換算
パッチルドン9010090908055505ちくでん/せいでんき/ゆきかき
はりきり竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
パッチラゴン9010090807075505ちくでん/はりきり/すなかき
(176)(581)はりきり全振り換算
アップリュー7011080956070485じゅくせい/くいしんぼう/はりきり
(191)(566)はりきり全振り換算

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/じめん/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/くさ/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)でんき
こうかなし---

特性「ちくでん」の場合、でんき無効


今作の化石ポケモンの1体ででんき/ドラゴン複合。
ゼクロムは禁止伝説級である為、通常ルールで使用できるのはパッチラゴンのみ。

このポケモンとパッチルドンのみが覚える準専用技「でんげきくちばし」は先制で撃つことで威力が2倍になる。
Aは100と特別高いわけではないが、この専用技と特性はりきりを絡めた超火力アタッカーとしての運用が主。カビゴンラプラスを一撃で仕留めるほどの破壊力は圧巻である。

ただしウオノラゴン同様、素早さは75族とあまり高くなく、最速スカーフで136族のカマスジョーまで抜く事ができるが最速ドラパルトには及ばない。
一応こちらはでんじはやダイジェット、からぶりほけんなどでS操作は可能。

はりきりは外しの危険がつきまとうものの、ダイマックスによってデメリットのみ打ち消す事ができるため、ダイジェットとあわせてそのまま抜きエースに転じることも可能。
対となるウオノラゴンとは真逆でダイマックスとの相性は良い。

一致技の組み合わせは相性が良く、電気技を半減以下にするタイプには竜技が等倍以上で通る。ただし環境に多いドリュウズナットレイには両方通らないため注意。

はりきりアタッカーのイメージが強いが、あえてちくでんを選択し、独自の耐性やボルトチェンジ無効化を活かしサイクルを回す型も少数ながら存在する。

前シーズンの上位10匹が禁止されているシーズン10においては苦手なドラパルトカバルドンミミッキュが使用禁止になっている現在、使用率1位を記録している問答無用のトップメタと化している。パーティ構築をする際にはでんげきくちばしの一貫性を作らないなど常に意識しておく必要がある。

DLC第2弾「冠の雪原」においてレイドバトルで野生の個体が登場し、隠れ特性のすなかき及びモンスターボール以外での使用が解禁された。
既存の個体も「とくせいパッチ」を使用して隠れ特性に変更できる。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ちくでん
電気タイプの技を無効化して自身のHPを1/4回復する。
「ボルトチェンジ」などの効果まで無効化できるのは利点。特にロトムに対してより圧力をかけられるという独自の役割も生まれる。
貴重な回復ソースでもあり、ダブルバトルでは味方のほうでんで能動的に発動できる。
ただし、電気の耐性は元々4分の1で、はりきりを失ってしまうので火力は俄然下がってしまう。
はりきりのデメリットを嫌う、あるいはサイクル戦のパーツとして運用する場合に。
はりきり
自身の攻撃力が1.5倍、物理技の命中率が0.8倍になる。環境にいるパッチラゴンの特性はほとんどこれ。
外しの危険はつきまとうものの、でんげきくちばしによるもともと高い突破力を更に高められる。
ダイマックス技は必中となるためこちらとも相性が良く、状況に応じて使い分けられる。
また、電気の物理アタッカーという役割自体が希少でもある。
すなかき
すなおこしから繋いで全抜きを狙う。砂パで使うなら。
攻撃力こそ平凡だが、タイプ・習得技共に独特なので他との差別化は不要だろう。
「でんげきくちばし」で高火力を出しやすいのが魅力。砂パで苦手な水タイプの面々に対して有利対面が狙える。
ただし、水・地面タイプのヌオートリトドンには無力。
はりきりの補正も無くなっているので単体での突破力そのものは下がっている。上手くサポートしてやることで光る。
地味に砂嵐でダメージを受けなくなるので、きあいのタスキが潰れにくくなる。
ダイマックスしてダイロックを撃つことにより自ら起動することも可能になり、用途はさらに広がっているが天候上書きもされやすいため注意。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
でんげきくちばし通常:85(127)
先制:170(255)
100先制で威力2倍一致技。命中安定かつ、先制で威力2倍。
物理アタッカー型の必須技。
げきりん120(180)100行動固定一致技。行動固定が痛い。
ドラゴンダイブ100(150)75怯み20%一致技。命中不安。はりきりだと更に命中不安になってしまう。
ドラゴンクロー80(120)100-一致技。命中安定。
アイアンテール10075防御↓30%対妖。はりきりの場合はギャンブルになる。
等倍先制くちばし>抜群アイアンテールであることは把握しておこう。
じしん100100-対電・炎・鋼・岩・毒。
じならし60100素早↓100%素早さを補う。
がんせきふうじ6095素早↓100%素早さを補う。
ロックブラスト25*2~590-コオリッポ。ダイマックスしてすなあらしを発動させる為にも。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
ナットレイ
つばめがえし60-必中技はりきりでも必ず当たる。ダイマックス技で素早さ上昇。
ついばむ60100きのみを食べるダイマックス技で素早さ上昇。
特殊技タイプ威力命中効果解説
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓一致技。はりきり型なら撃ち逃げ用として割り切れる。
りゅうのはどう85(127)100-一致技。
かみなり110(165)70麻痺30%一致技。命中不安。
10まんボルト90(135)100麻痺10%一致技。命中安定。
ほうでん80(120)100麻痺30%一致技。麻痺狙いの他、ダブルバトルでも。
だいもんじ11085火傷10%対草・氷・鋼・虫。命中不安。
かえんほうしゃ90100火傷10%命中安定。
だいちのちから90100特防↓10%対電・炎・鋼・岩・毒。
げんしのちから60100全能力↑10%対炎・氷・虫・飛だが、通常では威力不足。
変化技タイプ命中解説
でんじは90素早さを補う。サポートにも。
ちょうはつ100耐久型に。
みがわり-交代読みや状態異常対策に。

ダイマックス技考察 節を編集

  • はりきりの威力1.5倍はダイマックス技にも適用される。技をどうしても外せない展開でダイマックスするといい。
    ダイマックス技元にする技威力効果解説
    ダイサンダーでんげきくちばし130(195)場:EF一致技。先制でんげきくちばしより威力が低いが命中に優れる。
    ダイマックスするかしないかは状況をよくみて判断したい。
    追加効果で電気技威力1.3倍&ミストフィールドの除去。
    ダイドラグーンげきりん
    りゅうせいぐん
    140(210)敵:A↓一致技。先制で使えば疑似物理耐久アップ。
    ドラゴンダイブ
    ドラゴンクロー
    130(195)
    ダイスチルアイアンテール130味方:B↑フェアリー。追加効果が優秀。
    ダイアースじしん130味方:D↑はがねでんき。追加効果が優秀。ちくでんでの電気への遂行として。
    じならし110
    ダイバーンだいもんじ140天候:晴はがねくさ。範囲が優秀。天候奪取にも。
    特性すなかきを採用する場合は相性が悪い。
    かえんほうしゃ130
    ほのおのキバ110
    ダイナックルけたぐり100味方:A↑はがねこおり。また、唯一の攻撃強化技でもある。
    ダイロックストーンエッジ
    いわなだれ
    ロックブラスト
    130天候:砂嵐範囲の広い技。すなかきアタッカー型で。
    がんせきふうじ110
    ダイジェットつばめがえし
    ついばむ
    110味方:S↑すばやさ上昇で全抜きを狙う。でんげきくちばしの間接的な強化にも。
    ダイアークぶんまわす110敵:D↓ゴーストを強く意識するなら。
    ダイアタックたたきつける130敵:S↓抜群が取れない。また、追加効果もダイジェットで十分。
    ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックス切れを狙う。

型考察 節を編集

はりきり物理アタッカー型 節を編集

特性:はりきり
性格:いじっぱりorようき
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ/いのちのたま/じゃくてんほけん/とつげきチョッキ
確定技:でんげきくちばし/つばめがえし
選択攻撃技:げきりんorドラゴンクロー/ほのおのキバ/じしん/けたぐり/ドラゴンダイブ/アイアンテール/かえんほうしゃ

でんげきくちばしとはりきりを組み合わせ超火力を出す、パッチラゴンの基本型。
いざというとき外しの心配がなく、そしてダイジェットの媒体になるつばめがえしもほぼ確定。
もちろん電気技とあわせて等倍範囲が広い竜技も候補。
ダイマックスすることではりきりのデメリットのみを打ち消すことができるため非常に相性がよい。

エースバーンゴリランダーポリゴン2などのトップメタに互角以上の戦いができることから徐々にパッチラゴンの採用率も上昇している。技構成や積み状況次第ではトゲキッスジバコイルにも有利。
特にダイマックスエースとしてぶつかりやすいリベロエースバーンに対して、相手がどんな変化をしようともパッチラゴンが不利になることはないことは現環境で見逃せない強みである。

基本はAS全振りだが、はりきりにより火力は足りている為、Aの努力値を耐久に回す調整や役割破壊のC調整も考えられる。

持ち物はスカーフや珠がメジャー。

ちくでんサイクル型 節を編集

特性:ちくでん
性格:いじっぱり(推奨)/ようき
努力値:HASベースで調整
持ち物:たべのこし(推奨)/とつげきチョッキ
確定技:でんげきくちばし
優先技:かえんほうしゃorだいもんじorほのおのキバ
攻撃技:ドラゴンクローorげきりん/じしんorじならし/ついばむ/がんせきふうじ
補助技:みがわり/ちょうはつ/でんじは

独自の耐性とちくでんによる対ロトム性能を活かしてサイクルを回す。
天敵のロトムのボルトチェンジを止められるので、アーマーガアとの相性がいい。(13タイプを受けられる。)これにドヒドイデを加えたサイクルは、対策していないと詰まされかねない。
命中を恐れずに通常技を打てるので、はりきり型にはない安定感がちくでん型の魅力。
基本的には役割対象に後出しし、交代際にみがわりを貼る。そして目の前の相手を一回攻撃し、再びサイクルを回す。受けポケモンは挑発で詰ませる。
とつげきチョッキを持たせると受け出し性能は上がるが、みがわりと挑発で受けを潰せなくなるのでたべのこし推奨。
↑みがわりを盾にして高速アタッカーの上をとれる電磁波が優秀だったので追記。
↑同理由でがんせきふうじ、じならしを追記。

すなかきアタッカー型 節を編集

特性:すなかき
性格:いじっぱりorようきorむじゃき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/じゃくてんほけん/とつげきチョッキ
確定技:でんげきくちばし
選択物理技:げきりんorドラゴンクローorドラゴンダイブ/ほのおのキバ/じしん/けたぐり/アイアンテール/つばめがえし/ロックブラスト
選択特殊技:りゅうせいぐん/だいもんじorかえんほうしゃ

ダウンロードコンテンツ:冠の雪原にて解禁されたすなかきを活用する型。
ダイロックから特性を発動させ、全抜きを狙う。

相手の砂パのポケモンにはタイプ相性により、不利対面を取る事が多い。
ウオノラゴンと違い、対雨パとしての運用も考えたい。

相性考察 節を編集

リザードンアーマーガアナットレイドータクンなどと相性が良い。
ドータクンはトリックルームも展開できる為、微妙な素早さを活かし相手に合わせて先手をとれる様にスイッチする芸当も可能。
炎・水半減、電気1/4のため、それらに対して多く呼ばれるウォッシュロトムヒートロトムウインディなどに対して有利。

飛行技も半減するためギャラドスに強く、モスノウハッサムなどの虫タイプとも補完性が高い。
Gマタドガスも補完として優秀。
ふゆうなら地面が効かず、ミストメイカーならドラゴン技を弱めて状態異常も防げる。


対パッチラゴン 節を編集

注意すべき点
はりきりと専用技により先制を許すと超火力が飛んでくる。
電気タイプにより麻痺しないため、「でんじは」などによる素早さ低下が利かず、Sで劣るポケモンは分が悪い。
耐久へ振る余裕があるのでダイマックスとの相性も良く、生半可な火力では落とせずダイジェットを積まれてしまう。
はりきり+エレキフィールド+一致170技というとんでもない火力によって、そのまま全抜きされてしまう事もある。
上記の戦法が大半を占めるが、稀にサイクル戦用のちくでん型も紛れているため注意が必要。
対策方法
一致技が通らないドリュウズハガネールは相性面では良いが、「じしん」や「ほのおのキバ」、それらのダイマックス技に気を付ける事。
「げきりん」を数値受けし、あくびでダイマックスを流せるカバルドンも有用。
基本的に物理型なのでやけどが有効だが、電気弱点のドヒドイデなどは機能しないので注意。
はりきりによる命中率低下を利用して、「みがわり」連打で外しを狙うのも良い。
シーズン6以降など、上記のポケモンが使えない場合、S75とドラゴンとしては遅い部類であるためサザンドラオノノクスオンバーン(ちなみに最速オンバーンは準速以下パッチラゴンであれば初速はこだわりスカーフ持ちでも抜けない)などで上からドラゴン技やヒヒダルマなどで強力な氷技を撃つのも良い。スカーフを持っていればダイジェットを積まれた時の保険にもなる。
ほぼほぼフルアタであるため襷が残っていればカウンターで対処するのも可。ただあまりに露骨すぎると警戒される。使用率は20%にも満たないがかえんほうしゃ、だいもんじに注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1たいあたり40100ノーマル物理35
1でんきショック40100でんき特殊30
7じゅうでん--でんき変化20
14つばめがえし60-ひこう物理20
21げんしのちから60100いわ特殊5
28ついばむ60100ひこう物理20
35ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
42ふみつけ65100ノーマル物理20
49たたきつける8075ノーマル物理20
56ほうでん80100でんき特殊15
63でんげきくちばし85100でんき物理10
70りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
77ドラゴンダイブ10075ひこう物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技00メガトンパンチ8085ノーマル物理20
技01メガトンキック12075ノーマル物理5
技05かみなりパンチ75100でんき物理15
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技13ほのおのうず3585ほのお特殊15
技14でんじは-90でんき変化20
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技33あまごい95100みず変化5
技34にほんばれ90100ほのお変化5
技39からげんき70-ノーマル物理20
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技54ロックブラスト2590いわ物理10
技66かみなりのキバ6595でんき物理15
技68ほのおのキバ6595ほのお物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技97ぶんまわす60100あく物理20
技98じだんだ75100じめん物理10
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
メテオビーム12090いわ特殊10
ライジングボルト70100でんき特殊20

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技07けたぐり-100かくとう物理20
技0810まんボルト90100でんき特殊15
技09かみなり11070でんき特殊10
技10じしん100100じめん物理10
技15だいもんじ11085ほのお特殊5
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技37ちょうはつ-100あく変化20
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技80エレキボール-100でんき特殊10
技86ワイルドボルト90100でんき物理15
技9410まんばりき9595じめん物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別ふめい